スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ:遊戯王 魔導

モンスター(17枚)
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導書士 バテル×3枚
魔導教士 システィ×3枚
魂喰らいのグラットン
BF-朧影のゴウフウ
灰流うらら×2枚
幽鬼うさぎ
増殖するG×2枚
エフェクト・ヴェーラー

魔法(23枚)
グリモの魔導書
セフェルの魔導書×2枚
ルドラの魔導書×3枚
ゲーテの魔導書×3枚
アルマの魔導書×2枚
ヒュグロの魔導書
トーラの魔導書
ネクロの魔導書
魔導書庫クレッセン×2枚
魔導書廊エトワール
魔導書院ラメイソン
スケープ・ゴート×3枚
ブラック・ホール×2枚

罠(2枚)
激流葬×2枚

エクストラデッキ
リンクリボー
リンク・スパイダー
魔導原典 クロウリー×2枚
セキュリティ・ドラゴン
プロキシー・ドラゴン
アカシック・マジシャン
暴走召喚師 アレイスター
デコード・トーカー
サモン・ソーサレス
星杯戦士ニンギルス
ファイアウォール・ドラゴン
ヴァレルロード・ドラゴン
鎖龍蛇-スカルデット
トポロジック・ボマー・ドラゴン



ヴレインズパックで強化が来たので魔導。
誘発で止めて《魔導教士 システィ》で拾って《魔導法士 ジュノン》投げつける方針。
盤面が空くので、攻防一体の《スケープ・ゴート》とモンスター居ないなら、な《激流葬》。

スケゴと《BF-朧影のゴウフウ》はそのまま魔法使い族が盤面におけるので、それだけでも悪くない。
パワーが低いデッキなのでどうしてもリンクに頼りたくなってしまうところ。

確かに強化されているものの、環境とやりあうにはなかなか辛そうな感じ。
どうしても魔導書でスペースが取られるので、魔導書減らしてギミックを最低限にするか、もう《魔導召喚士 テンペル》とか《魔導天士 トールモンド》使ったり《魔導冥士 ラモール》《魔導鬼士 ディアール》のレベル6型にするかの択。
強さを求めるなら最低限入れて魔法使いが絡んだ別テーマあたりと組むのが良いんでしょうけど、
それだと魔導書で戦ってるだけで【魔導】で戦う感じではなくなってしまうジレンマ。
難しいところですねえ。

大会レポ ヴァンガード 2017/12/2

ブックスにのへ@5人
使用デッキ:ガウリール

1回戦:たちかぜ
×
アシストこそ無いものの、かみ合わせが非常に悪くただ殴るだけ。
2回目の超越で2枚切りする羽目になった上に、
メイン中に救援2回、「聖黒熾天使 ガウリール」のドライブ+救援で合計7枚捲ったにも関わらずトリガーなし。
当然ヒールも引き込めていないので返しの「絶対王者 グラトニードグマ」を耐えられるわけもなく。
ゲーム中に救援込みで計16枚チェックしたのにトリガー1、ダメトリあわせても2ってどういうことやねん。

1落ち。

2週続けてガウリールを使ったけれど、先週に引き続きまるでトリガーを捲らない。
そもそもまともに超越させてもらえない感じがかなり辛い。
デッキとしてはかなり好きなだけに悲しみが募る。

デッキ:ヴァンガード シャドウパラディン Diablo 

グレード3(6枚)
ブラスター・ダーク "Diablo"×4枚
連刃の騎士 ディルムド×2枚

グレード2(10枚)
ブラスター・ダーク・スピリット
黒鎖炎舞陣 ホエル×4枚
闇夜の乙女 マーハ×2枚
ダークサーガ・ペインター×3枚

グレード1(15枚)
黒鎖霊舞陣 カエダン×4枚
竜刻守護者 エスラス×4枚
真黒の賢者 カロン×2枚
ダークハート・トランペッター×2枚
哀慕の騎士 ブランウェン×2枚
禁書を読み解くもの

グレード0(18枚)
クリーピングダーク・ゴート
フルバウ "Diablo"
ベリアルオウル×4枚
撃退者 ウーンデッド・エンジェル×4枚
撃退者 エアレイド・ドラゴン×4枚
異端の魔女 イエリッド×4枚

Gユニット
暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"×2枚
暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"×2枚
覇道真竜 クラレットソード・ヘルヘイム×2枚
覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド
覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン
覚醒せし竜皇 ルアード×2枚
エアーエレメント シブリーズ
罪業の魔女王 イエリッド
暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン×2枚
ダークエレメント ディズメル
ミクスドエレメント コオルバーン


Diablo。

ルアードとの差別化は「ブラスター」「Diablo」の名称でなんとかする。
ホエルカエダンのパワーパンプは強く、あちらと違って「覚醒せし竜皇 ルアード」に超越しても使えるのは魅力。
ブラスター名称は主に「ダークハート・トランペッター」のスペリオルコール効果がメイン。
「ダークサーガ・ペインター」や「闇夜の乙女 マーハ」を絡めてバトル中にスペコから擬似スタンドに寄る連パンも狙える。

ルアードと違ってあまりカード枚数は稼げないのでクリティカル12にして短期決戦を狙う。
ルアードがほぼ初回超越を「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」に頼るのに対し、
「覇道真竜 クラレットソード・ヘルヘイム」との使い分けで初回からプレッシャーをかけていきたい。
こちらも初回の1枚スペコであっても、ダークサーガのおかげで全後列選べるのは良し。

「ベリアルオウル」はまあ一応竜皇への超越時には使えるので何もないよりはこちらに。
山に戻る効果は、誘発タイミングよりGユニットが帰るタイミングのほうが早いので使えない模様。残念。

ルアードも好きだけれど、やっぱりブラスター・ダークが好きなんですな。
そろそろ強化が来てくれんじゃないかと思っているんですけど、どうですかね。

大会レポ バトルスピリッツ 2017/11/26

ブックスにのへ
使用デッキ:黄煌臨

1回戦:武竜
○○
1:相手が広げたところに「美食の妖精神 エクレア・シフォン」が直撃、4枚飛ばしてそのまま。
2:相手のブロッカーが1体になったところに「黄魔神」合体の「秩序龍騎νジークフリード」でワンショット。

2回戦:紫
○○
1:νジークで押し切る。
2:引けども引けども煌臨スピリットが引けず、全く詰めに行けない。
それでも防御マジックをいっぱい抱えながら相手の「獄土の四魔卿マグナマイザー」を「イリュージョンミラー」で飛ばしつつ、
煌臨引き込んで押し切る。

2-0。
まあ特に問題はなかった。
メガデッキ発売で早い紫がいそうだったので、防御カード多めにしつつイリュージョンミラーでイージーウィンを狙う感じに。
ちょっと防御マジック多かった気がするので要調整。

大会レポ ヴァンガード 2017/11/25

ブックスにのへ
使用デッキ:エンジェルフェザー(ガウリール)

1回戦:たちかぜ(ガイア)

後攻。
3を引けずにスキップ。殴り方が良くなく、相手に「エアーエレメント シブリーズ」で初回超越を取られる。
アシストから「黒衣の震撼 ガウリール・プリム」、2枚切って無理やり超越。
「愛黒熾天使 ガウリール・エデン」と救援、「黒衣の快刀 イゼゼエル」なんかを合わせて連パンするも、
ドライブのトリガーが0なこともあって仕留めるには至らず。
返しに「破壊新帝 ガイアデバステート」で攻められるも、幸いにしてギリギリしのぎ切る。
しかし手札は1の上にダメージに1枚も救援がなく、超越コストも引けず。
仕方がないので全部出して「黒衣の稲妻 ムンカル」でパンプ入れて殴る。相手も相手でドライブが弱くガード値が無かったので、
1貫のガードを投げられ、これをぶち抜いてなんとか勝ち。

2回戦:たちかぜ(ガイア)
×
先攻。
また3がない。とりあえず3タイミングでアシスト、「黒衣の戦慄 ガウリール」を回収。
このターンはスキップして相手に先乗りしてもらい、返しに2枚切って超越。
「愛黒熾天使 ガウリール・エデン」で攻め込むも、またもドライブでトリガー無し。
今回はターン中に3回救援したのにすべて外れで点すら詰まらない。
相手の「破壊新帝 ガイアデバステート」をなんとか凌ぐも、今回もまた超越できず、そのまま負け。

1-1。うーん。
2戦目はプリムまで引っ張るべきだったかもしれない。

この日はG3を7枚採用のシシルス互換4枚採用なのに2戦ともアシストと複数切り超越に加えて
大会2戦とフリー1戦で4回超越してトリプルドライブが全てトリガーなしという酷い日だったので、
ヴァンガードをやってはいけない日だったのでしょう。

ゼロスドラゴンなどという国家縛りのカードが出てきてしまったので、
ぬばたまを切って前々からきちんと組みたかったユナサン所属のエンジェルフェザーを組みました。
シャドウパラディンとはまた別の方向性なので楽しいですね。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。