大会レポ ヴァンガード 2017/09/2

ブックスにのへ
使用デッキ:ルアード

1回戦:なるかみ(ヴァンキッシャー)
×
先攻。
素直に先乗りから相手に初回を与えてみる。
まあ当然全焼き食らってボーナスが使えなくなるものの、新規のパワーは偉大で十分に立て直せる感じ。
しかしまあアタッカーをうまく引き込めないのもあって点数が詰まらず、Gガーディアンを吐かせられないまま
「覚醒せし竜皇 ルアード」でワンチャン狙うしかなくなりGガーディアン連打されて守られGB8を受けて負け。
さすがに先超越渡すのは失敗だったか。

2回戦:たちかぜ(ガイア)

先攻。
順当にスキップ。相手は3が来ないようでスキップを繰り返されたので「エアーエレメント シブリーズ」から詰めていく。
返しで超越されるも特に強くもなく、そこから3ターン「覚醒せし竜皇 ルアード」を投げ続けて勝ち。

1-1。
なるかみ戦はまだどうにでもなったような気がするものの、
こちらがデッキを回しきれないところに対戦経験の少ないなるかみ相手でうまく立ち回れなかった印象。
「覚醒せし竜皇 ルアード」は強いカードだけれど、もっと強く使える立ち回りがある気がするなあと。

今回はまだウィナーカードが変わらないタイミングだったので、次までにはきちんと回せるようになりましょう。

大会レポ ヴァンガード 2017/08/19

ブックスにのへ
使用デッキ:ルアード

1回戦:バミューダ(ChouChou)

後攻。
初手アシストから入る羽目になって若干辛い。
初回「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」でしっかり回していく。
相手はGガーディアンから「ChouChou 超主役 ラプリア」での連パンを狙ってくるも、「ライトエレメンタル ホノリー」でシャットアウト。
「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"」で削りつつ、Gガーディアンを重ねてGB8解放、「暗黒騎士 イルガン・ヴェート」で〆。

2回戦:たちかぜ(ガイア)

相手が事故気味。
G2帯でVを殴れない「焼炎竜 ギガントフレイム」にしかライド出来なかったようで、広げていなかったこちらが丸々得をする形に。
完全ガードが重なってガード値も皆無だったようで、先乗りの返しに「暗黒竜 カーニバル・ドラゴン」でFVを潰しながらパンプして3パン、
返しを適当に受けて「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"」で終わり。


2-0。
新弾に備えて普通にルアードを使う。
回していた感じ、「覚醒せし竜皇 ルアード」は有効に使える場面がしばしばあったので、ここは確実に欲しいところ。
現状のバニラいっぱいの構築から、新弾のカードでG2帯は結構変わりそうな印象。
Gゾーンも新規Gガーディアンとクラレット、GRルアードでそこそこ変化はありそうですかね。
数枚まだ未判明があるようなので、そのあたりにも期待はしておきますか。

大会レポ ヴァンガード 2017/08/5


ブックスにのへ
使用デッキ:撃退者

1回戦:たちかぜ
×
後攻。
さっぱりトリガー捲れない+相手にダメドローヒールで3ライドタイミングで1点という事態。
先乗りされて点を詰められてしまったのでやむを得ずライドから超越へ。
しかしまあメインのGゾーンを忘れていったせいで初回超越はストレージに残っていた「暗黒騎士 グリム・リクルーター」。
しょっぱい初回超越の返しに「大帝竜 ガイアダイナスト」で盤面を荒らされ、こちらのリソースはボロボロ。
2度目の超越「暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"」と「ブラスター・ダーク・撃退者」でガード不能を作るも、
「弾幕巨砲 ブーリッシュプライマー」で3貫のガード値を叩き出されトリガーは0。
返しの「絶対王者 グラトニードグマ」こそギリギリで耐えたものの、こちらができる超越は「天空を舞う竜 ルアード」。
Vに対する完全ガードにクリティカル3枚捲るも守りきられ負け。トリプルトリガーが1ターン遅い。

2回戦:バミューダ

後攻。
そもそも3が捲れないのでスキップ。
とにかく3列作って殴り続け、相手3点から「撃退者 ファントム・ブラスター "Abyss"」へライド。
クリティカル4枚戻して双闘してRRVで殴る。
4ノーされたところにクリティカル捲ってそのまま勝ち。

1-1。
元々撃退者を使うつもりではあったものの、ルアード入ったケースを忘れていったせいでGゾーンがボロボロであった。
1回戦とかGゾーンが万全なら行けた気がしますね。

わりかし思った通りに動いた気はするものの、もう少し練れそうな気もする。

新弾には「クラレットソード・ドラゴン」新規が来るそうで。
G4のほうが「覇道真龍 クラレットソード・ヘルヘイム」で非名称なので、これが「炎熱機竜 ズィーゲンブルク」とか「静水の祭神 イチキシマ」のサイクルなんですかね。
今までのこのシリーズはどれも強力なカードなので、クラレットくんにも期待したいところ。
G3の方は「覚醒を待つ竜 ルアード」「ベリアルオウル」「アビサルオウル」を超えてこないと差し替わることは無さそうなのでさすがにね。
2種目のルアードは出ないか出てもだいぶ先のことになりそうですな。
来週あたりはこの辺とかGRルアードなんかの情報が出てきますかねえ。

大会レポ ヴァンガード 2017/07/29


ブックスにのへ
使用デッキ:ぬばたま

1回戦:ダークイレギュラーズ(シャルハロート)

後攻。
「忍竜 ドレッドマスター」を絡めながら押していく。
こちらの先攻超越でFVを除去しつつ、相手の初回「罪深き者 シャルハロート」の除去を受ける。
盤面が更地で帰ってきたので、「魔忍竜 シラヌイ"朧"」で1蘇生から「閻魔忍竜 キンゴクテンブ」。
ここにドレッドマスターを重ねてそのまま詰め。

2回戦:たちかぜ(ガイア)

後攻。
今回も「忍竜 ドレッドマスター」が絡む。
ゴリゴリと手札が削れ、初回超越時に後列全部ドレッドマスターになってそのまま終わり。

3回戦:バミューダ(ChouChou)

後攻。
無理やり押し込みに行くと相手は3を引けないようで、スキップに対して「エアーエレメント シブリーズ」で更に押し込む。
初回超越を受けて相手は4点。ここで「六道忍竜 ツクモラカン」。
クリかスタンド捲れば勝ちも、どちらも捲れず耐えきられる。
しかしまあ相手のリソースも多くはなく、RRVの2回めに「六道忍竜 ゲホウラカン」で後列を飛ばすと「ChouChou 超主役 ラプリア」のバウンス対象を2枚にして追加コールを封じて守りきり、返しに「閻魔忍鬼 ムジンロード」で締め。


3-0。
全ゲーム後攻。カズミちゃんかな?
まあ調整の甲斐ありという感じですかね。最終戦は相手がゲホウラカンの存在を忘れていたのが大きい気もしますけど。
ようやく「忍竜 ドレッドマスター」を発掘したので採用したら強い強い。

新弾はまだもう少し先ですけど、シャドパラとぬばたまの二本で楽しく行きましょう。

大会レポ ヴァンガード 2017/06/25

トレカショップジョニー@11人ダブルエリミ
使用デッキ:ルアード

1回戦:なるかみ(スイープコマンド)
×
初手の6枚にヒール3枚あってわりと絶望してるところにG2タイミングでクリティカル貰って負けを覚悟。
スキップ合戦から「エアーエレメント シブリーズ」に乗ったらそこからCB管理がめちゃくちゃになって攻めきれず、
GB8が直撃、5万パンプとか言われて完ガ2回打ちながら死。完ガ3枚あったら守って返しにGB8だったけど言っても仕方ない。


2回戦:スパイクブラザーズ(ライジング)

とにかくスキップで殴りきる。単純に相手は3を引いていなかったようで、2のまま押し切り。


3回戦:ゴールドパラディン(グルグウィント)
×
スキップして殴ってたら相手のG2でクリティカル貰って、「エアーエレメント シブリーズ」からクリスタンドスタンドで死。


1-2。負け越してしまった。
普段やらないデッキと対戦するとまあこうなるよねって感じではある。
シブリーズの使い方も良くないし、シブリーズの使わせ方も良くない。
負けたゲームはどちらも取りようがあったゲームなので精進。


久しぶりに分布。
割と散っているなか、ぬばたまと同数の最大勢力ゴールドパラディン。

2 ゴールドパラディン
  2 グルグウィント
2 ぬばたま
  2 支配
1 ロイヤルパラディン
  1 サンクチュアリ
1 シャドウパラディン
  1 ルアード
1 ダークイレギュラーズ
  1 ブレイドウィング
1 かげろう
  1 ブレードマスター
1 なるかみ
  1 スイープコマンド
1 スパイクブラザーズ
  1 ライジング
1 メガコロニー
  1 ダークフェイス
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード