デッキ:ヴァンガード 全知の神器 ミネルヴァ


グレード3(8枚)
全知の神器 ミネルヴァ×4枚
叡智の神器 アンジェリカ×4枚

グレード2(11枚)
樹木の女神 ユピテール×3枚
葡萄の魔女 グラッパ×4枚
烏の魔女 カモミール×2枚
ハザード・ボブ×2枚

グレード1(14枚)
挺身の女神 クシナダ
盾の女神 アイギス×3枚
林檎の魔女 シードル×4枚
オレンジの魔女 バレンシア×3枚
オーダイン・オウル×3枚

グレード0(17枚)
戦巫女 アメノホアカリ
戦巫女 ククリヒメ×4枚
サイバー・タイガー×4枚
檸檬の魔女 リモンチーノ×4枚
大鍋の魔女 ローリエ×4枚


ジェネシス。
クリティカル12と「全知の神器 ミネルヴァ」のVスタンドで轢き殺す。

基本は一列ないし二列で殴りつつ先上がりからリミットブレイクを狙うイメージ。

ソウルチャージが可能なカードは
・叡智の神器 アンジェリカ
・葡萄の魔女 グラッパ
・オレンジの魔女 バレンシア
・林檎の魔女 シードル
・戦巫女 アメノホアカリ
・戦巫女 ククリヒメ
の6種。

逆に、ソウルブラストを行うカードは
・全知の神器 ミネルヴァ
・叡智の神器 アンジェリカ
の2種。
ブレイクライドのアンジェリカは順当ライドで2枚、自身の効果で1枚確保できるので、ミネルヴァが要求するSB3刻みで考えていくことになります。

ミネルヴァに素乗りした場合だと2枚。
これに「戦巫女 アメノホアカリ」の効果で3枚。
FVが焼かれなければG3ライドターンには3枚が確保できます。
「葡萄の魔女 グラッパ」「オレンジの魔女 バレンシア」のどちらかにライド出来ていれば、LB後に2枚のソウルチャージ出来るため次のターンには再び3枚。
ここでグラッパバレンシアのどちらかが入ると3回めのLBまで狙うことが可能となるので、アメノホアカリが健在であれば特に意識する必要はありませんね。

アンジェリカにライドできた場合は自身にもソウルチャージ能力があるのでこれもあまり意識する必要はありません。

問題となるのはミネルヴァに素乗りかつアメノホアカリが焼かれるパターン。
こうなるとソウルは素乗り分の2枚しか確保できないため、そもそもLBが発動できない事態に。

最近はかげろうが多いおかげでガンガン後列が焼かれるどころか、そこから「クルーエル・ドラゴン」へのスペリオルライドまで狙ってくるため、FVがギミックとなっているデッキは辛いのが考えもの。

この構築だとG3への再ライドか「戦巫女 ククリヒメ」「林檎の魔女 シードル」の効果を活用する形になります。
特にアニメでミサキさんがやっていたように「盾の女神 アイギス」のクインテットウォール後にシードルをガードに使うパターンは一気に7枚のチャージが可能となり、それ以降のソウルチャージを考えなくても良くなるのは強い点ですね。
シードルは自然な流れでソウルを増やすことが出来、不確定なところがほぼ無いのが利点。また、アンジェリカをガードに使った上でシードルをコールすることでクロスライドを成立させることが出来るのも強み。

ククリヒメはラインとソウルを同時に調整できるので少し大切に。

「黄昏の狩人 アルテミス」はライド出来ればCB消費をせずにSC2が可能なので採用できる範囲か。
「猫の魔女 クミン」も選択肢には入りそう。

CB消費はミネルヴァとアイギス、「烏の魔女 カモミール」。
大体2:2:1くらいな感じですかね。

Vスタンドによるドライブの増加とソウルチャージ、クインテットウォールによってデッキの減りが非常に早いのでそこを意識して回す必要が。
ミネルヴァに必要なソウルの数を意識して無駄なソウルチャージをしないように心がけるべきですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード