武神。

JOTLで登場する新テーマ「武神」。
スピリットのように日本神話をモチーフとしているようですね。

レベルは全て4、属性も全て光で統一され、「武神」は獣戦士、「武神器」が獣・鳥獣族のビーストテーマ。
「武神-ヤマト」「武神帝-スサノヲ」でデッキから武神器を引きずり出し、手札発動と墓地発動でサポートしていく感じですか。
メインとなるヤマトが獣戦士族なので《炎舞-「天キ」》が使えるのはいいですね。

ちなみに既存カードでは《暗黒界の武神 ゴルド》が「武神」に属しています。
一応「武神-ヤマト」でサーチできたりするので、そのまま墓地に送って闇属性揃えてからの《カオス・ソルジャー -開闢の使者》みたいなことができなくもない。

「武神-ヤマト」星4 光 獣戦士族 1800/200
1ターンに1度、自分のエンドフェイズ時に発動できる。デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を手札に加える。その後、手札を1枚墓地へ送る。「武神-ヤマト」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


獣戦士族の武神。エンドフェイズに《ドラグニティナイト-ガジャルグ》のような効果を発揮。
武神器は手札からだけでは無く墓地でも発動するので、手札発動の「武神器-ハバキリ」をサーチしつつ、墓地発動の「武神器-ヘツカ」を捨てることで間接的ではあるもののアドバンテージを取っていくことができますね。
《炎舞-「天キ」》でサーチができ、素の打点も1800、天キと合わせて1900となるのでアタッカーとしても悪くないレベルですね。
デッキの中心になる、というかこいつが居ないと始まらない。

「武神器-ムラクモ」星4 光 獣族 1600/900 
自分のメインフェイズ時、自分のフィールド上に「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが存在する場合、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。「武神器-ムラクモ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


墓地から自身を除外で相手のカードを破壊。実質的にノーコストで発動できるようなものであり、その後に「武神降臨」へと繋げられるので「武神-ヤマト」の次に重要なカード。

「武神器-ヘツカ」星4 光 獣族 1700/1200
自分フィールド上の「武神」と名のついたモンスターがカードの効果の対象になった時、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。


墓地から自身を除外で対象を取る効果を無効。擬似的な効果耐性を付加するようなもので、「武神帝-スサノヲ」を守って行く形に。
1700打点あるのも悪くない。


「武神器-タルタ」星4 光 獣族 1100/2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカード以外の自分フィールド上の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターは戦闘では破壊されない。


自身以外のビーストに戦闘耐性付加。武神においては2体並べて置いておくくらいならとっととエクシーズしろよという感じなので要らないですかねえ。
「武神-ヤマト」が居ないときに初動で置くくらいしかなさそう。

「武神器-ハバキリ」星4 光 鳥獣族 1600/300
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。戦闘を行う自分のモンスターの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ元々の攻撃力の倍になる。


武神専用《オネスト》というか《BF-月影のカルート》というか。
どちらとも違い、パンプ値は効果を受けるモンスターの攻撃力の2倍。かつ上昇する期間がダメージ計算の間のみに限定されています。
「武神-ヤマト」「部神帝-スサノヲ」でサーチが簡単なので非常に使いやすい。

「武神器-オロチ」星4 光 鳥獣族 1700/500
自分のメインフェイズ1で、このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールド上の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。


ダイレクトアタック付加。基本的に入りませんね。打点は及第点ではある。

「武神帝-スサノヲ」星4 光 獣戦士族・エクシーズ 2400/1600 
「武神」と名のついたレベル4モンスター×2
このカードは相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃できる。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。「武神帝-スサノヲ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


武神の切り札でありメインアタッカーであり核。とにかくこいつのエクシーズを狙う。
《阿修羅》と同様の全体攻撃効果と素材消費でデッキから武神をサーチ。単純に手札に加えるだけではなく直接墓地へ遅れるので「武神器-ヘツカ」「武神器-ムラクモ」を直接使えるようになっているのもいいですね。
こいつを召喚して武神器をサーチ、武神器でサポートしながらのビートダウンが基本戦術。

「武神降臨」通常魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体と、ゲームから除外されている自分の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスター2体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターをエクシーズ召喚の素材とする場合、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。


紋章獣における《高等紋章術》のような立ち位置のカード。
除外ゾーンと墓地からの二箇所からの特殊召喚。除外を参照するので一手間かかるかわりに、効果を使用した「武神器-ヘツカ」「武神器-ムラクモ」の再利用が出来るのも重要。
発動条件が《サイバー・ドラゴン》の召喚条件と同じであるため、基本的に返し手となるのがネックといえばネック。

《高等紋章術》と比較すると、直接エクシーズしなくて良いため、追加召喚からの3体エクシーズを狙えたり「武神-ヤマト」の効果を使うことも出来る点は良いところ。
もっとも、現状では獣・獣戦士・鳥獣に4×3のエクシーズは居ないんですが。
その縛りのため、ここから直接エクシーズできるのは
「武神帝-スサノヲ」
《魁炎星王-ソウコ》(獣戦士縛り)
《セイクリッド・オメガ》
《恐牙狼 ダイヤウルフ》
《零鳥獣シルフィーネ》(鳥獣縛り)
の5枚。

わりと優秀なカードが揃っていますね。《セイクリッド・オメガ》が使えるのは嬉しいところ。

「剣現する武神」通常罠
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。
●ゲームから除外されている自分の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して墓地に戻す。


墓地からの回収か《異次元からの埋葬》。
罠ゆえの遅さも考えるとここまで使うのは厳しいか。

「武神逐」通常罠
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスター1体をリリースして発動できる。そのモンスターのカード名と異なる「武神」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する。


武神リリース武神蘇生。
特にメリット効果が付随しているわけでもなく、リリースが無駄に獣戦士縛りであり同名カードは特殊召喚付加とくればさすがに。
《リビングデッドの呼び声》に優っているところが《サイクロン》で無効にされないことだけなら素直に《リビングデッドの呼び声》使いますわな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード