FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒騎士 イルガン・ヴェート

「暗黒騎士 イルガン・ヴェート」
Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(8):[【カウンターブラスト】(1)] あなたのリアガードを5枚まで選び、退却させる。あなたの山札からグレード1以下のカードを、退却させたユニットと同じ枚数まで探し、別々の(R)にコールし、そのターン中、パワー+15000し、相手のリアガードをコールされたユニットと同じ枚数まで選び、退却させ、山札をシャッフルする。


ファイターズコレクション収録のシャドウパラディン。
今回のGユニット枠は全てGB8で行くようですね。

CB1で自身のRを退却、同じ枚数のG1以下をスペリオルコール、その枚数まで相手のRを退却、さらに出てきたユニットは全て+15000。
5枚退却させれば5枚焼きをしながら41000,46000,41000のパワーラインが形成され、そのままゲームエンドを狙える形。
デッキからG1を5枚引きぬくので、「覚醒を待つ竜 ルアード」の儀式と「竜刻守護者 エスラス」でトリガー率が下がったデッキが一気に圧縮されるため、デッキに戻る「ベリアルオウル」と合わせてそこそこのトリガー率も期待できそうですかね。
当然場に出た時の効果は誘発するので「黒翼のソードブレイカー」なんかが使えるほか、退却効果に「ベリアルオウル」を巻き込んだり「アビサルオウル」でカウンターチャージしたりも可能。
GB8タイミングだと、さすがに儀式使っても山にG1が5枚もなかったり、ドローやらCB回復してる場合じゃねえ!とかありそうなのはアレですけど。

GB8を要求するだけに、効果自体は強力なものの、やはりその達成条件が非常にネック。
普通のルアードで無理なくプレイしてGB8を達成するなら、
3ターン続けてGペルソナを使い、この間にGガーディアン1枚投げると、このカードに超越した時にちょうどGB8。
しかしまあ大体はDiabloが2回挟まるわけで、だいたいそのまま終わるというか、最悪でも2回目の「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター ”Diablo”」でゲームエンドすることがゲームプランとして考えられているはずなので、そのあたりは噛み合わなさを感じるところ。

逆に言えばスペクトラル連打のプランが取れない時、例えば「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」で盤面を取りながらゲームを引き伸ばすような展開になった場合はフィニッシャーの選択肢として見えてくるか。

他のGB8がどうなるかは分かりませんけど、このカード自体はGB8に特化するほどのパワーを持ち合わせているわけでは無いでしょう。
焼きはともかく、パワーラインは「黒鎖炎舞陣 ホエル」が絡んだ時のスペクトラルの方が強いですしね。
そういう意味でも、主軸というよりはサブプランのような役割かなと。
枠が取れるなら1枚差しておきたいものの、これを採用するにあたって抜いたカードとどちらが使用率高くなるかは悩ましいところ。

まあなんにせよ、Gガーディアンと違って採用を検討できるレベルのカードで何より。
最初の公開なので、これからもっと強いGB8がどんどん出てきそうなのはなんとも言えないですけども。


どうでもいいんですけど、グランブルーの「贖いの海賊王 ドラクート」のテキストはこれ。

ドロップゾーンから、あなたのリアガードと同じ枚数まで選び、別々の(R)にコールし、コールされた亡霊能力を持つユニット1枚につき、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。相手のリアガードがいないなら、あなたは1枚引く。


…こっちのほうが強いこと書いている気がしなくもない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。