異端の魔女 イエリッド&罪業の魔女王 イエリッド

異端の魔女 イエリッド
トリガーユニット 【治】(ヒールトリガー) 〈0〉 (ブースト)
シャドウパラディン - エルフ パワー4000 / シールド10000 / ☆1
(【治】はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[あなたの手札からグレード1以下のカードを1枚選び、捨てる] Gゾーンから「罪業の魔女王 イエリッド」をコールするコストで、
このカードを手札から捨てた時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。



罪業の魔女王 イエリッド
Gユニット 〈4〉
シャドウパラディン - エルフ パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのグレード1以下のリアガードを2枚まで選び、(G)に移動させる。2枚移動させたら、1枚引く。


FC収録の新規Gガーディアンと対応ヒールトリガー。

GガーディアンはGB1で登場時G1以下2体までをガーディアンへ移動、2枚移動で1ドローという、
「暗黒騎士 ルードヴィーク」互換と言っていいもの。

ルードヴィークの扱いからして、このカードの必要性なんぞ推して知るべしというところ。
特に最近のシャドウパラディンは「覚醒を待つ竜 ルアード」をメインとして戦うわけで、
出来る限り盤面にユニットを残したままターンを貰いたいというのも向かい風。

1ドローが付いているものの、ドローするためには2体移動が必要で、効率としてはルードヴィークと変わらない。
有効に使えるのは盤面が溢れるくらいリソースを稼いでいるときで、そういうときはこれが無くても勝てる。

ヒールトリガーとの組み合わせで手札交換が付いてくるものの、手札交換したいだけなら「ライトエレメント アグリーム」で事足りてしまう。
というかアグリームで手札から切れたG2,3が切れないので手札交換としても微妙な印象。

単体のパワーが4000なのでいざ盤面に出すときにラインが組めないということも30回に1回くらいはありそう。
さすがにGガーディアンを放棄してまで出さなきゃならない場面だとラインとか関係無さそうな気はしますけど。

双方「魔女」名称を持っているため、特にG4イエリッドに関してはGゾーンの魔女名称の数を参照するカードが出てきたらいいんじゃないですかね(投げやり

現状ではシャドウパラディンにおいてGガーディアンでGゾーンのカードを表に出来るのは当然ながらこのカードだけなので、そういう意味では唯一無二。
「天空を舞う竜 ルアード」を積極的に使いたいならまあ?

ルードヴィークの時からずっと言い続けているんですけど、例えばこのカードなら2体退却してその分ガード値アップでいいじゃないかと。
ギアクロニクルやグランブルーのGガーディアン絡みの動きを見て、退却時が発動したら強すぎるとか言う気なんですかね。

少しは褒められる所あるだろと思って書き始めたはずなのにボロクソに言って終わってしまった。
正直相当に期待ハズレだったので、Gユニット枠も期待せずに待ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード