大会レポ ヴァンガード 2016/05/21

ブックスにのへ@7人
使用デッキ:Diablo

1回戦:ペイルムーン(ナイトメアドール きゃさりん)

後攻。
お互い4チェンからのお互いG1アシスト。
きっちり「ナイトメアドール きゃさりん」に乗られ、ソウルと場に「ナイトメアドール ありす」を用意される。
しかし「深淵のナイトメアドール べあとりくす」に超越されたときはこちらのダメージが少なく、無理なく守り切って返しに「暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"」。

2回戦:かげろう(ドラゴニック・ブレードマスター)
×
後攻。
先攻超越「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」も焼きは1枚。
返しの相手の「破天皇竜 ボーテックス・デザイア」に完ガを投げるとダブクリ。Rを守れる手札では無く、やむを得ず受ける。
まだ1枚もヒールが見えていないので1枚くらいめくれることに期待するもクリクリドローとそうじゃない感。
仕方がないのでヒールを掘りに「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」に行く。しかしこのドライブは何も強くなくそのまま相手ターンに。
トップがヒールな気がしてならないものの、相手の超越は「超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス」。
6ヒールと完全ガードを封じられた状態で手札には完ガが2枚。
2貫投げつつRに完ガ完ガで手札全て使い切って何とか守るも、トップは案の定ヒール。
これを切って「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」に乗るも相手の手札に完ガが入ったことは確認済み。
RもG1が2枚しかおらず、クリティカルかヒール複数捲ってワンチャンあるかないかといったところではあるものの、ドライブは無情のトリガーなし。
ヒール捲るどころか素引きすらできないゲームであった。

3回戦:ブラスターサンク
×
後攻。
初回超越タイミングでコストが無く、G1を3枚切っての無理やり超越。
「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」は1枚焼きに留まりあまり美味しくない上に、このドライブでG3を2枚捲る噛み合いの悪さ。
さらに「黒鎖炎舞陣 ホエル」を1枚も引けず、CB的にもライン形成的にもなかなか厳しい展開。
相手の超越を耐えて4点、返しに「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」でなんとかしたいところではあったが、この4ドライブでホエルを3枚めくって「今じゃねえ!」などと言いながら無事死亡。

1-2。どうにも勝てぬ。
同じデッキを使い続けているとかならずある、勝てない時期が来ているような気がしなくもない。
3回戦は無理に超越するより、「闇夜の乙女 マーハ」と「ダークハート・トランペッター」はあったのだからGガーディアンでのGB解放から超越なしで攻めたほうが良かった可能性。
あとは無駄にRを展開してコストの切り方が悪くなったのでそのへんか。
2回戦はダブクリに対してこちらは最後までヒール無しと、かなり厳しい展開だったのである程度は仕方ないような気はする。
今回は「黒鎖炎舞陣 ホエル」が全く使えなかったのが響いた印象。

まあナイスファイト賞から「暗黒医術の撃退者」が出てきたので実質優勝ということで。

上からギアクロかげろうサンクDiablo。
2 シャドウパラディン
  2 Diablo
1 ロイヤルパラディン
  1 ブラスターサンク
1 かげろう
  1 ブレマスオバロ
1 ペイルムーン
  1 ナイトメアドール
1 たちかぜ
  1 ガイアエンペラー
1 ギアクロニクル
  1 クロノジェット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード