Gガーディアン雑感。


Gガーディアンの詳細が公開されました。
Gゾーンに投入するガーディアン専用カードであり、使用条件は
・お互いグレード3であること
・手札からヒールトリガーを捨てること
・Gゾーンの表のGガーディアンが3枚以下
の3つ。
また、Gガーディアンの追加に伴い、Gゾーンの最大枚数が16枚へと増加となります。

手札からガーディアンをコールするわけではないため、ガード制限系の効果を無視してガードが可能。
また、使用後はGゾーンに表で戻るため、GBの条件としてカウントが出来る。

単純にヒールトリガーをガーディアンとして使用するよりもガード値は5000高く、クラン固有のGガーディアンは固有効果でさらに+5000のガード値を持つ他、クレイエレメンタルのGガーディアンも追加効果を持っているようなので、採用しない意味はないですね。

条件の関係上2止めに対するカウンターにはならないものの、使用できればGB開放のタイミングが1ターン早くなる。
具体的には、先乗りから相手に先に超越された時にGガーディアンを投げることで、返しにGB2のGユニットが効果を発揮できたり、先に超越した側も返しでGガーディアンを使うことでGB3が使用可能。
GB3が遅すぎて使いにくかったカードも使いやすくはなりそうでしょうか。
「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」が初回超越で撃てたりしますね。
そのファントムはガード不可アタックもGガーディアン連打で止められる可能性が出てきたりもしますが。

ただし、デッキに4枚しか無いヒールトリガーを使うため、ある程度引きに左右されることになります。
デッキから直接サーチする手段が無いクランは、GガーディアンによるGBの早期解放を当てにした構築は取りにくいか。
とはいえ、やはり先攻側が初回超越でGB2を発揮できると考えると、なかなか先攻側が有利と言えるんですかね。

そしてこれが一番大きいと思うわけですが、Gゾーンの枚数の倍増。
Gガーディアンを4枚採用するとしても、現状の8枚からは4枚増えることになります。
今まで採用圏外だったユニットも採用できるようになったり、枠がなくて使えなかったクレイエレメンタルを使えたりと戦略の幅が広がるように感じます。
Gユニットが非常に多いギアクロニクルや、Gペルソナ持ちのカードだらけのシャドウパラディンなどからするととてもありがたい変更になりますね。
Gアシストをするはめになった場合も、今までよりもGゾーンへの影響も少なくなりそうで良いですね。
Gゾーンの表の数だけパワーが上昇する「スノーエレメント ブリーザ」は最大パワーが40000上がることになったので、枠があるなら1枚くらい入れておくとフィニッシャーとして活躍するかもしれません。

個人的にはGガーディアンの追加は好意的に見ています。後から手のひら返したりするかもしれませんけど。
先攻側の初回超越のパワーが跳ね上がるので、その点を意識したプレイを取る必要はありそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード