黒鎖炎舞陣 ホエル&黒鎖霊舞陣 カエダン

黒鎖炎舞陣 ホエル
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):他のあなたのグレード1のユニットが(R)に登場した時、あなたの「Diablo」を含むヴァンガードがいるなら、あなたのヴァンガードを1枚まで選び、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+3000。さらに、その登場したユニットが「黒鎖霊舞陣 カエダン」なら、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。


ゴールドパラディンの「黒鎖の堅陣 ホエル」のリメイクカード。シャドウパラディンに戻ってきた。
ゴルパラではG0だったのに戻ってきたらG2まで上がってる謎。
CB1時にVが「Diablo」なら、G1登場時にこのユニットとVに+3000、さらにカエダンが出てきたらCC1SC1。
感覚的には「超克の撃退者 ルケア」と「ブラスター・ダーク・撃退者」「督戦の撃退者 ドリン」セットの間みたいなイメージ。
あちらや「屈強の騎士 グロヌ」とは異なり、G0のコールでは誘発しないのは残念。
その分Vにもパンプが入り、コスト回復を狙えるように。
「ダークハート・トランペッター」とは相性がよく、2回効果を誘発させることができ、トランペッターで消費したソウルはカエダンを呼んでくることで戻ってくる。
2回誘発できれば21000ラインも作れるので強そう。

黒鎖霊舞陣 カエダン
ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):あなたのユニットの能力のコストで、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたの「Diablo」を含むヴァンガードがいるなら、あなたのヴァンガードを1枚まで選び、そのターン中、パワー+5000し、『【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、山札からグレード1のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、(R)に「黒鎖炎舞陣 ホエル」がいるなら、そのターン中、この効果でコールされたユニットのパワー+5000。』を与える。


こちらもゴールドパラディンの「黒鎖の進撃 カエダン」のリメイク。
Vが「Diablo」の時にコストで退却するとVに+5000。
さらにヒット時G1スペコ、ホエルがいればスペコしたユニットに+5000の能力を付加。
コストによる退却前提であること、Vに付加する効果がヒット時ということで少し使いにくさはある印象。
ホエルとのセットでコスト回復ができるのでヒットさせられなくとも仕事があるのは良い点。
ヒットすれば強く、ホエルがいるともっと強い。相手の4ノーも強く牽制できるのはメリットで、当たればそのまま詰めを狙えるか。


今日のカードの解説から考えると、「暗黒竜 スペクトラル・デューク “Diablo”」はやはりVスタンドを持っていそうですね。
カエダンもホエルもVにパンプや効果を付加する形なので、Vスタンドできれば強そう。
結局のところ、「Diablo」名称はVの性能によって未来が決まる感じ。
そして「撃退者」と組むのはさすがに難しそうなので、スペクトラルの性能や撃退者の増え方によっては超越型がメインになることも十分に考えられますね。
スペクトラルの効果が気になりますね。最近の風潮的にGB3はありそうですけど、シャドウパラディンは初回超越で自然にGを2枚表返せるのであまり苦にならないのはメリットになりそう。
追加情報はよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード