ダークサーガ・ペインター

ダークサーガ・ペインター
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - エルフ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】:このユニットが(R)に登場したとき、あなたの「Diablo」を含むヴァンガードがいるなら、1枚引き、手札から1枚選び、捨てる。
【永】【山札】:あなたの「Diablo」を含むヴァンガードがいるなら、このカードのグレード-1。


「刃華超克」収録のシャドウパラディン。
かつての「ナイトメア・ペインター」の成長した姿というところか。
G1だったナイトメアから、このカードはG2へと変化。「督戦の騎士 ドリン」→「血戦の騎士 ドリン」的な。

GB1はR登場時の手札交換。ただし、「Diablo」のVを指定している上にGBなので使用タイミングはかなり遅くなってしまうことから、事故回避というよりは引きたいカードを探しに行くような運用になりそうか。

メインとなるであろう効果は二つ目のほう。
Vが「Diablo」ならデッキにいるこのカードはG1に。
要するに、G1以下をスペリオルコールするユニットの対象にできるということ。
「闇夜の乙女 マーハ」「ダークハート・トランペッター」や「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」へ超越した「覇道竜 クラレットソード・ドラゴン」などの効果でスペリオルコールが可能。
基本的にシャドウパラディンのスペリオルコール効果は後列に特化しているため、その効果でアタッカーを持ってくることができるのは便利そうに見える。逆にG2のスペコをメインとするロイヤルパラディンには山でG2になるG1が登場してた。
G1スペコでこのカードを持ってくる場合はGBはまず達成されているはずなので、そのまま手札交換も可能。
マーハが絡む場合だと、バトル中にダークハートスペコからこのカードをさらにスペコすることで16000ラインを作り直す擬似スタンドが可能。
一応今まででもダークハートから「力戦の騎士 クローダス」を引っ張ることでライン形成は可能であったものの、G2を前列に送り出せるならそのほうがうれしいのは確か。

ただしこのカード自体を素引きした場合は手札交換を行うだけのユニットになってしまうため、スペコが絡まないと微妙なカードにしかならないのは注意が必要か。

現状のカードプールだと、Gレギュレーションファイトならお呼びはかかりそうですけど、通常の構築戦だとこのカードは採用圏外かなあという印象。他に「Diablo」名称なりそのへんのサポートなりが出るかどうか。

「Diablo」が名称となったことで、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」が3つの名称を持つユニットになりましたね。
ポスターの「スペクトラル・デューク・ドラゴン」っぽいデザインのユニットが「Diablo」名称を持つカードなのかは気になるところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード