スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルシャドール・アノマリリスとか

ほとんどテキストも判明したので、気になった水シャドールとサイバーを。

エルシャドール・アノマリリス
星9 水 悪魔族/融合 2700/2000
シャドール」モンスター+水属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに魔法・罠カードの効果で手札・墓地からモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。


ようやく登場した水シャドール。
レベル9の水属性ということで《氷結界の龍 トリシューラ》を思い浮かべますね。種族以外のステータスも同じ。
アノマ「リリス」かつ悪魔族なので、今弾の《インフェルノイド・リリス》とも繋がっていそう。
このへんの背景設定は気になるところですね。

効果のほう。
このカードがいる限り魔法罠の効果で手札墓地からの特殊召喚が不可能に。
儀式召喚が止まってしまうことを考えると、見事なまでの影霊衣メタカード。
対影霊衣用の効果を持っているということはストーリー上で影霊衣が食われたんですかね?

手札からの儀式召喚どころか《影霊衣の反魂術》での墓地儀式もできなくなることや《超融合》で吸収が可能になったこともあって、シャドールは影霊衣に対して比較的有利になれるように思えますね。
水属性融合が可能になったことで、影霊衣とシャドールを混ぜることも現実的になった気もしますがどうなんでしょうか。
《簡易融合》からの《旧神ノーデン》で水属性が確保できたり、禁止から戻ってきた《キラー・スネーク》あたりも活躍の場がありそう。

影霊衣側は、今回《剣聖の影霊衣-セフィラセイバー》が追加されたので、汎用カードで退かす以外だとこのカードのモンスター効果による儀式召喚を行うことでアノマリリスの妨害をすり抜けることができますね。

個人的には、水シャドールの登場でようやく《魔導書士 バテル》が融合素材として使用可能になったことが嬉しいですね。
シャドール魔導がより強くなったうえ、《霊滅術師 カイクウ》《昇霊術師 ジョウゲン》以外で影霊衣に対抗できるようになったのでいい感じ。
魔導のメインモンスターである《魔導法士 ジュノン》は光属性、《魔導書士 バテル》は水属性、《魔導教士 システィ》は地属性とシャドール融合の強い側を出しに行けることや《マスマティシャン》が魔法使い族であることも相まってシャドール魔導はなかなか行けそうに思えます。


キメラテック・ランページ・ドラゴン
星5 闇 機械族/融合 2100/1600 スーパーレア
「サイバー・ドラゴン」モンスター×2体以上
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
①:このカードが融合召喚に成功した時、このカードの融合素材としたモンスターの数までフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから機械族・光属性モンスターを2体まで墓地へ送る。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。


WP枠のサイバー新規にして3体目の「キメラテック」。
融合素材は「サイバー・ドラゴン」名称2体以上ということで、キメラテック特有の緩い縛り。
手札の《プロト・サイバー・ドラゴン》や《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》あたりも素材にすることが可能ですね。
しかし《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》《サイバー・ドラゴン・ドライ》《プロト・サイバー・ドラゴン》の《サイバー・ドラゴン》になる効果をガン無視してくるあたりがキメラテックですねえ。

一つ目の効果は融合召喚成功時に素材の数まで魔法罠を破壊するもの。
最低数である2体であっても2枚の除去ができるのは優秀ですね。
キメラテックということで闇属性であり、《オーバーロード・フュージョン》に対応。
オーバーロードを魔法罠除去のように使えるのは強そうな気もする。

サイバーであれば《サイバー・ネットワーク》を能動的に破壊できるのも優秀な点。
《オーバーロード・フュージョン》から特殊召喚してネットワークを割ると、オーバーロードで除外したカードがそのまま特殊召喚されます。
自身がレベル5であるため、そこから《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》→《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》へ繋げられるのも魅力。

2つ目の効果は墓地肥やしをしながら攻撃回数を増やすもの。
墓地に送った数そのまま攻撃回数を追加するため、最大3回の攻撃が可能ですね。
単体で6300のライフを持って行くことが可能で、《パワー・ボンド》で召喚すると後ろを剥がしながら4100が3回殴ってくるという。
強いことしか書いていなくて、最近のカードのインフレっぷりをひしひしと感じますね。


サイバー・ドラゴン・インフィニティ
星6 光 機械族/エクシーズ 2100/1600
機械族・光属性レベル6モンスター×3
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
②:1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:1ターンに1度、カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。



こちらもWP枠2枚目のサイバー。ランページがスーパーレアなのに対しこちらはウルトラレア。サイバーがレア枠持っていく。
ランページは今までの融合サイバーの流れをくむのに対し、インフィニティは《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》からのエクシーズサイバー。
非常にイラストがかっこいい。

召喚条件は機械光レベル6ということで非常に厳しいものですね。
ということで、基本的には《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》に重ねる形で召喚することになりそうです。
こちらも機械族星5縛りではあるものの、それほど難しいものではありません。
また、《星守の騎士 プトレマイオス》からノヴァを出しに行くことが可能なので、実質的にはランク4デッキ全てから召喚できることになりますね。

一つ目の効果は素材の数×200のパンプ効果。地味ではあるものの、2~3枚はあることを考えると2500前後の打点にはなれそうでしょうか。
2つ目の効果。攻撃表示モンスターをエクシーズ素材として吸収するもの。
通常召喚にも対応した《No.101 S・H・Ark Knight》とでも言うもので、かなり強力な効果になります。
エクシーズ素材を消費しないどころか素材が増えるため、3つ目の効果と噛み合っているのも強い。

その3つ目の効果は素材一つを消費するカードの効果の無効。
吸収効果と相まってかなりの制圧力を誇りそうですね。ターン1の無効なのがせめての救いか。

やはりプトレマイオスから出てくるのがかなり強い気がしますね。
エクストラデッキの消費が激しいものの、《セイクリッド・プレアデス》あたりとの選択で出てくるのも嫌らしい。

サイバーであれば自然に出していけるほか、これを盾に融合サイバーでキルしに行けたりしそうなので強そう。
これが流行ったりしたらまた《サイバー・ドラゴン》と《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》が採用されたりしそうですね。


今回のパックはやたらと強力なカードばかりで環境がどうなるかかなり気になるところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。