スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修験の妖社

修験の妖社
永続魔法
「修験の妖社」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、「妖仙獣」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、このカードに妖仙カウンターを1つ置く。
(2):このカードの妖仙カウンターを任意の個数取り除いて発動できる。
取り除いた数によって以下の効果を適用する。
●1つ:自分フィールドの「妖仙獣」モンスターの攻撃力はターン終了時まで300アップする。
●3つ:自分のデッキ・墓地から「妖仙獣」カード1枚を選んで手札に加える。


正確なテキストが判明したので改めて。

《六武の門》のような挙動をする妖仙獣の専用永続魔法。

1の効果は妖仙獣の召喚ごとにカウンターが乗る効果。
召喚特殊召喚のどちらでも反応すること、同時に複数特殊召喚してもカウントは1度であることは《六武の門》と同じですが、その1度に乗るカウンターの数は1つと控えめ。

2の効果はカウンターを取り除いた数によって発揮す攻撃力アップorサーチ、回収。

上昇値は300と抑え目であるかわり、全体を一度に強化します。
広げれば広げたぶんダメージが増えるため、600~1200程度のダメージ増加が見込めるか。
消費するカウンターも1つであり、通常召喚1度で条件を満たせるため毎ターン継続して使えるのは一応利点。
《魔妖仙獣 大刃禍是》のP効果と合わせて600アップ。《妖仙獣 鎌弐太刀》が2400まで上がったり。
ただやはりできるだけサーチ効果の方にカウンターを回したいので使うタイミングは難しいか。

カウンターを3つ消費するサーチ効果は、モンスターだけではなく魔法罠もサーチが可能かつ墓地からの回収もできる高性能なもの。
特に専用カウンターである《妖仙獣の秘技》を使いまわすことができるのは魅力的。
カウンターが残ったままターンが回ってくる前提ではあるものの、召喚行為前にサーチができると展開が非常に楽になるためできるだけ維持してやりたいところ。

2の効果は「修験の妖社」の「どちらか1つ」を「1ターンに1度」と3重に縛られているうえ、《六武の門》とは異なり自身の上のカウンターしか取り除くことができない。
つまりはどうあがいても1ターンに1度しか使用できず、複数枚張っても意味を成さないということ。
重ねて引くと相手が死んだ《六武の門》とは違い、複数引いてしまうとこちらが死ぬまであるので難しい。

また、サーチ効果の発動に必要なカウンター数は3つであり、召喚行為を3度行わなければならないというのも辛いところ。
かまいたち2種と妖仙獣1種、かまいたちと妖仙獣とペンデュラムセット、かまいたちと《妖仙獣 凶旋嵐》など、3度の召喚を可能にする組み合わせはいくつかあるものの、これを毎ターンやれと言われるとなかなか。
《妖仙獣 鎌壱太刀》→《妖仙獣 鎌弐太刀》→《妖仙獣 左鎌神柱》みたいな流れだと壁を置きつつ《妖仙獣の秘技》を構えることができるので強いんですけどね。

あとは妖仙獣ネームを持っていないので《妖仙獣 鎌参太刀》でサーチができなかったり、《妖仙獣の秘技》のトリガーにもならず。
どうしても使いにくさは目立ちます。

それでも貴重なアドバンテージを取れるカードには違いはなく、《妖仙獣の秘技》を使いまわすのはこのカードにしかできないこと。
採用枚数が難しい気もしますが、うまく使ってやりたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。