スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイズ・キャノン・マガジン

ブレイズ・キャノン・マガジン
永続魔法
「ブレイズ・キャノン・マガジン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り「ブレイズ・キャノン・トライデント」として扱う。
(2):自分及び相手メインフェイズにこの効果を発動できる。手札の「ヴォルカニック」カード1枚を墓地に送り、自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分及び相手メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。


SECE収録の新規「ヴォルカニック」サポート。
今までの「ブレイズ・キャノン」とは異なり永続罠。
《ヴォルカニック・ロケット》のサーチ・回収効果は「ブレイズ・キャノン」と名のついた「カード」を指定しているので問題なくこのカードもサーチ可能です。

1の効果はカード名を《ブレイズ・キャノン-トライデント》として扱うもの。
現状のカードプールだと《ブレイズ・キャノン-トライデント》を参照するのは《ヴォルカニック・デビル》のみ。
《ヴォルカニック・デビル》召喚のためには《ブレイズ・キャノン》→《ブレイズ・キャノン-トライデント》の2枚を経由する必要があったので、それを1枚で済ませることができるだけでも嬉しい効果ではあります。
もっとも、《ヴォルカニック・デビル》を使いたいと思って使っている人がどれだけいるのかと。
そして地味に《ブレイズ・キャノン-トライデント》の唯一と言っていい仕事の場が消滅したような気がしますね。
一応このカードは罠なので、《ヴォルカニック・デビル》の最速召喚を狙うのであれば《ブレイズ・キャノン-トライデント》なのかな?狙わない?そうですね。
わざわざ名称変更効果がついているなら他の新規にも《ブレイズ・キャノン-トライデント》指定があったりするかも。

2の効果はヴォルカニックをコストにしたドロー。
ヴォルカニックや爆風ロケットでは《カードトレーダー》での手札交換を行ったりもしましたが、それをサーチの効くテーマカードで行ってくれるのは非常に強い。
お互いのメインフェイズに使えるので、手札交換の回数を稼げる点も良いですね。トレーダーはデッキに戻すので厳密にはちょっと違いますけどその辺はまあ割愛。

《ブレイズ・キャノン》《ブレイズ・キャノン-トライデント》は炎族を指定していたのに対しこちらは「ヴォルカニック」を指定。
ブレイズキャノンで手札を切る場合は大体ヴォルカニックのカードを切ることになるであろうことを考えると問題は無さそうです。
ヴォルカニックの上級も切れるのは純ヴォルカニックを組む上では嬉しいところ。

3の効果は墓地の自身を除外することによる墓地肥やし。
《ヴォルカニック・ロケット》からサーチしてそのまま手札コストにする爆風ロケット的な動きにも噛み合っていますね。
2の効果でもそうですが、相手のメインで《ヴォルカニック・バックショット》を墓地に送ることで全体除去を撃てるのは強力。
特にこちらの効果は直接デッキから墓地に送れるため、このカードを墓地に置いておくだけでフリーチェーンの全体除去を構えることが出来ます。
相手がモンスターを並べたタイミングでバックショットしてあげましょう。

2,3の効果で安定した墓地送りが見込めるため、《ヴォルカニック・カウンター》も多少使いやすくなったか。
相手メイン終了時にカウンターを墓地に送ろう。

総じてなかなか良い感じのカードに思えます。
《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・バレット》《ブレイズ・キャノン》に《ブレイズ・キャノン・マガジン》が加わって出張セットになるか。

やっぱり昔のテーマが強化されるのは嬉しいですね。
この調子でいろいろな過去テーマが強化されていけばいいなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。