スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポ ヴァンガード 2017/07/29


ブックスにのへ
使用デッキ:ぬばたま

1回戦:ダークイレギュラーズ(シャルハロート)

後攻。
「忍竜 ドレッドマスター」を絡めながら押していく。
こちらの先攻超越でFVを除去しつつ、相手の初回「罪深き者 シャルハロート」の除去を受ける。
盤面が更地で帰ってきたので、「魔忍竜 シラヌイ"朧"」で1蘇生から「閻魔忍竜 キンゴクテンブ」。
ここにドレッドマスターを重ねてそのまま詰め。

2回戦:たちかぜ(ガイア)

後攻。
今回も「忍竜 ドレッドマスター」が絡む。
ゴリゴリと手札が削れ、初回超越時に後列全部ドレッドマスターになってそのまま終わり。

3回戦:バミューダ(ChouChou)

後攻。
無理やり押し込みに行くと相手は3を引けないようで、スキップに対して「エアーエレメント シブリーズ」で更に押し込む。
初回超越を受けて相手は4点。ここで「六道忍竜 ツクモラカン」。
クリかスタンド捲れば勝ちも、どちらも捲れず耐えきられる。
しかしまあ相手のリソースも多くはなく、RRVの2回めに「六道忍竜 ゲホウラカン」で後列を飛ばすと「ChouChou 超主役 ラプリア」のバウンス対象を2枚にして追加コールを封じて守りきり、返しに「閻魔忍鬼 ムジンロード」で締め。


3-0。
全ゲーム後攻。カズミちゃんかな?
まあ調整の甲斐ありという感じですかね。最終戦は相手がゲホウラカンの存在を忘れていたのが大きい気もしますけど。
ようやく「忍竜 ドレッドマスター」を発掘したので採用したら強い強い。

新弾はまだもう少し先ですけど、シャドパラとぬばたまの二本で楽しく行きましょう。
スポンサーサイト

デッキ:遊戯王 EM魔術師

モンスター(34枚)
EMオッドアイズ・ディゾルヴァー
EMペンデュラム・マジシャン×2枚
EMドクロバット・ジョーカー
EMギタートル
EMリザードロー×2枚
EMダグ・ダガーマン×2枚
EMラディッシュ・ホース
EMセカンドンキー×2枚
虹彩の魔術師×3枚
紫毒の魔術師×3枚
黒牙の魔術師×2枚
調弦の魔術師×3枚
慧眼の魔術師×3枚
賤竜の魔術師
エキセントリック・デーモン
灰流うらら×2枚
増殖するG×2枚
幽鬼うさぎ
召喚士アレイスター

魔法(7枚)
ハーピィの羽根帚
デュエリスト・アドベント×3枚
星霜のペンデュラムグラフ
揺れる眼差し
召喚魔術

罠(4枚)
神の宣告
虚無空間
時空のペンデュラムグラフ×2枚

エクストラデッキ
覇王眷竜クリアウィング
爆竜剣士イグニスターP
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン
EMガトリングール
召喚獣メルカバー
覇王眷竜ダーク・リベリオン
No.39 希望皇ホープ
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
No.41 泥睡魔獣バグースカ
キングレムリン
星刻の魔術師
デコード・トーカー
アカシック・マジシャン
ミセス・レディエント


前回使ったEM魔術師。
《EMペンデュラム・マジシャン》の効果を軸にリソース回収をしつつ、リンク召喚からキルへ向かう。

・《召喚師アレイスター》
《星刻の魔術師》からサーチができるため、《慧眼の魔術師》を経由するパターンであれば魔術師2体のペンデュラムから、
《星刻の魔術師》で《召喚師アレイスター》サーチ、アレイスター召喚で《召喚魔術》サーチ→星刻アレイスターで《アカシック・マジシャン》リンク、
召喚魔術で《召喚獣メルカバー》をアカシックの真下に融合召喚と構えられる。
《No.41 泥睡魔獣バグースカ》+地属性を構えられない場合の展開パターンの一つであり、
2体とも残ったままターンが帰ってくればアカシックを《デコード・トーカー》に変換しつつさらにエクストラから展開が可能になる。
《召喚魔術》は手札融合限定とは言え普通に融合も可能なので、手札の《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》を利用して《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》を融合召喚したりも。

・《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》
手札誘発で戦闘破壊を無効にしつつ自身が特殊召喚され、融合召喚の起点になるモンスター…ではあるものの、ほぼ有効に使える機会が無かった。
今回用意したエクストラの中では《EMガトリングール》は一度も使わず、《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》も《召喚魔術》での融合召喚しかしなかった。
一度場に出なければいけないのにもかかわらず、レベル8でペンデュラム召喚ができないのが非常に使いにくい。
融合したいなら《デュエリスト・アドベント》からサーチできる《ペンデュラム・フュージョン》を使ったりしたほうが何かと便利そう。
《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》は貴重な無効効果持ちなので積極的に狙いたいところではあり、
ボルテックスを狙うに当たってはEMオッドアイズはほしいので、《EMオッドアイズ・ミノタウロス》《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》《EMオッドアイズ・ユニコーン》あたりにしたほうが色々と便利な気がする。

・魔術師
《賤竜の魔術師》が要らなそう。P効果もモンスター効果も便利ではあるものの、レベルも属性も合わないので場に出たときに処理する手段が融合しか無い。
この枠を《白翼の魔術師》あたりにしておくとペンマジを素材に《爆竜剣士イグニスターP》が出せたりして良いかもしれない。

・リンクモンスター
概ね問題なかったものの、やっぱりリンク4が欲しくなることがあったので、下2方向にマーカーが向いている《ヴァレルロード・ドラゴン》でも入れましょうか。でもこれだとデコード+1体ではリンクできないし、《ファイアウォール・ドラゴン》だと下1方向しか向かないしで地味にかゆいところに手が届かない感じ。

《拮抗勝負》の存在がだいぶ向かい風ではあるものの、使っていて楽しいデッキなのでもう少し考えましょう。

大会レポ 遊戯王 2017/7/8

ホビースクエアにしな公認@16人
使用デッキ:EM魔術師

1回戦:EM魔術師
××
1:先攻取るも裏守備エンドしかできず、返しに4体ペンデュラムされる。
2:先攻取るも1伏せエンドしかできない。死亡。

2回戦:真竜召喚獣
○×○
1:先攻で《アカシック・マジシャン》《召喚獣メルカバー》と構えてメルカバーが封殺。
2:押し切れそうなところにトップ《ハーピィの羽根帚》から《WW-アイス・ベル》で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》登場。処理しきれず。
3:先攻展開から妨害しきって勝ち。

3回戦:オルターガイスト
○○
1:新規テーマで割と何してくるかわからなかったものの、素直に殴っていったら押し切れた。
2:後1《拮抗勝負》で3枚飛ばし、《EMドクロバット・ジョーカー》から展開してターンを返すとそのままリソース差で詰め。

4回戦:インフェルニティ
○×○
1:先攻《No.41 泥睡魔獣バグースカ》で押さえ込んで次のターンに展開、キルルートを止めて押し切る。
2:《虚無空間》維持で削りきれた気がするのだが、ミスで虚無が自壊。そのまま《アマゾネスの射手》でキルされる。
3:もう一度バグースカ。これを処理できるカードを引けなかったようで、そのまま勝ち。


3-1。悪くはない。
1回戦からミラーが発生した上に事故事故でゲームにならず悲しみ。
ところどころプレミで死にかけていたり、ペンデュラムで展開する位置を間違って、続くエクストラからの展開に支障が出たりもしばしば。
EM魔術師はかなり色々できて楽しく強いものの、プレイがかなり難しい気がする。
今回は新弾発売日ということで《拮抗勝負》は飛んでこなかったものの、食らうとかなりキツいのでなにか考える必要がありそう。

CIBRのテーマだと魔法使い族なオルターガイストが若干気になるところ。
汎用も含めてだいたい集まったので、オルターガイストだったりサイバースだったり、色々組んでいきたいですね。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。