大会レポ バトルスピリッツ 2017/5/28

ブックスにのへ@6人
使用デッキ:黄色煌臨

1回戦:煌臨リボル
○○
1:手札が増えるカードがさっぱり引けずに攻められず、引いたと思えばいくら掘っても煌臨持ちが出てこずに詰めきれない。
ようやく引いて複数シンボルで殴っていくとエクスパルドで爆破を2回受けたのでもう負けないようにして相手がデッキアウトするのを待つゲーム。
2:早々にブレイヴ引けたので盤面開けてブレイヴアタックで6点。

2回戦:武竜
○○
1:負けない盤面作って場が空いたところにフルアタックで5点。
2:「火の熾天使アラフィエル」で盤面飛ばして「猿導師オンコット」で打点上げて詰め。

2-0。
特になにも起きなかった。
両ゲームライフが8~10くらいまで膨れ上がったので真っ当にライフ削るしか勝ち筋のないデッキには負けない。
「黄の起源竜デルフィニュート」が1枚しか入ってないのもあって手札増えないので、まずはここを3枚にするべきですね。
スポンサーサイト

大会レポ ヴァンガード 2017/05/27

ブックスにのへ@6人
使用デッキ:ルアード

1回戦:たちかぜ

後攻。
お互いスキップ、乗り直しのゲーム。
相手に先に乗ってもらい、初回超越で除去を入れるいつもの流れ。
相手の「大帝竜 ガイアダイナスト」で除去を受けたりするも、
盤面の空いた相手に「暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"」と「黒鎖炎舞陣 ホエル」でVを大量パンプしてGガーディアンの上から押し潰すゲーム。


2回戦:ロイヤルパラディン(エクシード)

後攻。
まだガンスロッドが居ないのできっちり点を抑えて動けないようにたちまわる。
「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」でアドバンテージを取りつつ、若干オーバーキル気味のGB8で勝ち。


2-0。
大会の後にしばらくロイヤルパラディンとフリーしてみたものの、ゆっくり立ち回るとわりとGB8が飛んでくる感じ。
次からは「神聖騎士 ガンスロッド・ピースセイバー」とSB守護者の登場で全然変わってきそうなのでまた立ち回りを考えねばなりませんな。

新弾はスルーするつもりだったけど、わりとぬばたまが組みたい。
ガンスロッドも手に入れればロイヤルパラディンもデッキになるのでまあ買ってもいいかなという感じ。

デッキ:ヴァンガード シャドウパラディン ルアード

グレード3(6枚)
覚醒を待つ竜 ルアード×4枚
鋭牙の魔女 フォドラ×2枚

グレード2(13枚)
暗闇の騎士 ルゴス
闘気の騎士 ドルドナ
ブラスター・アックス
彗星の魔女 サーバ
黒鎖炎舞陣 ホエル×4枚
竜刻魔道士 モルフェッサ×3枚
竜刻魔道士 リア・ファル×2枚

グレード1(14枚)
竜刻守護者 エスラス×4枚
黒鎖霊舞陣 カエダン×4枚
アビサル・オウル×3枚
哀慕の騎士 ブランウェン×2枚
黒翼のソードブレイカー

グレード0(17枚)
先鋭の騎士 ダヴィド
ベリアル・オウル×4枚
撃退者 ウーンデッド・エンジェル
撃退者 エアレイド・ドラゴン
ハウルオウル×4枚
カースドアイ・レイヴン
鬼眼の魔道士 アルスル
異端の魔女 イエリッド×4枚

Gゾーン
暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"×2枚
暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"×2枚
暗黒竜 カーニバル・ドラゴン
暗黒騎士 イルガン・ヴェート
覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド×2枚
覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン×3枚
エアーエレメント シブリーズ
暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン×2枚
罪業の魔女王 イエリッド
ダークエレメント ディズメル


FC追加後のルアードはとりあえずこんな感じに。

「黒鎖炎舞陣 ホエル」「黒鎖霊舞陣 カエダン」のDiablo型。
GB8もプランの一つとして考える方向性。
そこまで突飛な構築では無い…と思う。

・G3
G3被りでガード値が手札に無く、そのまま押し込まれるパターンが多すぎて結局6枚に落ち着く。

・G2
バニラ4枚で多少なりとも速攻ケアと相手に先乗りして貰いたい。
「竜刻魔道士 モルフェッサ」は1枚くらい何か差し替えたい気もする。

・G1
「黒鎖霊舞陣 カエダン」は3枚でも良さそうな気もする。

・G0
「カースドアイ・レイヴン」「鬼眼の魔道士 アルスル」の2種のスタンドを採用。
デッキが薄くなったところで山に返してパンプした「黒鎖炎舞陣 ホエル」や「暗黒騎士 イルガン・ヴェート」でパンプしたG1を起こしていきたい。
レイヴン2枚よりは散らして別の動きに向かえたほうが好みではある。

・Gユニット
散々こき下ろした「罪業の魔女王 イエリッド」が入っていたりする。
山を掘りながらGB8へ向かうことを考えるとそれほど悪くはない。
シブリーズ枠がしっくりこない感はある。


3枚しかカードプールとしては増えていないものの、思ったよりは考えられる感じで楽しいですね。

大会レポ ヴァンガード 2017/05/20


ブックスにのへ@8人
使用デッキ:ルアード

1回戦:ロイヤルパラディン(エクシード)

後攻。
点を与えすぎないように立ち回る。
こちらが先に超越してリソース稼いでいくも、相手の初回でダブクリ貰って一気に5点。
ダメトリも無しでなかなかの辛さ。返しに「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"」で攻め込むもトリガーが0。
かなりきついも、相手の「神聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー」を完全ガード2枚でしのぎもう一度スペクトラルへ。
この時点で山がだいぶ薄く、相手の4ノーに対してクリティカルをなんとか2枚捲れて勝ち。

2回戦:リンクジョーカー(グレンディオス)
×
先攻。
相手の展開ミスもあって2点は貰えたのの、そこに落ちていく「ベリアルオウル」2枚。
クリティカルで3点から詰めるのがだいぶ難しくなり、厳しい展開。
「星輝兵 "Ω"グレンディオス」ライドターンにЯコールから「伴星の星輝兵 フォトン」「星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン」で3面ロックをもらい、
ワンチャンのVアタックに対する4ノーにクリティカルは捲れず、返しに「滅星輝兵 "∞"グレンディオス」に呪縛カード2枚追加されてワールドエンド。

3回戦:ギアクロニクル
×
先攻。
たまには先乗りしてみようかと思って先乗り。
点が入っていないおかげで連パンは大したことないものの、思った以上にキツい。
返しで「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」絡めてリソース稼いでいくも返しに「時空竜 クロノスコマンド・レボリューション」。
V3ノーにクリティカル捲られ、返しの「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"」がトリガーなしで返し守れないので投了。

1-2。
負け越しである。
グレンディオスというかリンクジョーカーは対戦経験少なすぎで頭で理解している部分をプレイに反映できない感じ。
未だにカオスブレイカー期のトラウマが抜けないのもある。
ギアクロ戦は素直にスキップするべきでしたね。引き伸ばしてGB8まで持ってくくらいの気持ちが必要だった。


デッキとしてはわりとしっくり来てただけにちょいと残念な感じに。
最近さっぱりトリガー捲れない気がするけどなんとか勝ちたいところ。

大会レポ バトルスピリッツ 2017/4/14

ぶっくすにのへ@5人総当り
使用デッキ:煌臨黄色神皇

1回戦:赤緑U
○○

2回戦:赤煌臨
○○

3回戦:赤神皇煌臨
○○

4回戦:煌臨リボル
○○

4-0。
黄色神皇に煌臨周りのカードを採用した形に。
概ね感触は悪くないものの、かみ合わせが悪くて動けないパターンもあったので要調整。
3積みの「華王の城門」が後半6戦で全く来なくなってさっぱり手札増えなくてだいぶきつかったですまる

大会レポ:ヴァンガード 2017/5/13

ブックスにのへ@5人
使用デッキ:ルアード

1回戦:なるかみ

後攻。
順当にライドから「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」でリソース管理。
相手の初回超越を2点から受け、あとはそのまま流れで勝ち。

2回戦:たちかぜ
×
後攻。
「覚醒を待つ竜 ルアード」がさっぱり手元に来ず、G2でスキップし続けるゲーム。
相手もガイアが来ないようでスキップ仕合う展開に。
相手が先乗りから「エアーエレメント シブリーズ」で殴ってくるとクリクリスタンド。
無理ゲーを感じつつこちらもトップルアードから超越で「ベビーカマラ」を焼きにかかるもヒールは捲れず、
相手の超越は「絶対王者 グラトニードグマ」。スタンドが捲れないかスタンド後にVから殴ってくれれば守りきれるも、
RRVRVと来て最後のドライブでスタンド捲られ、6ヒールは無しで負け。

3回戦:かげろう

後攻。
Rを殴りつつ「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」で盤面消してリソース飛ばすプランに。
「ドラゴニック・オーバーロード ""THE X」や「ドラゴニック・オーバーロード "THE Ace"」が殴ってくるも、
概ね単騎となったのできっちり完全ガード切りつつ負け筋潰して押し切り。


2-1。
たちかぜ戦はルアードを引けないところに相手のトリガーの暴力が噛み合って辛かった。

FC出たので、せっかくだから「暗黒騎士 イルガン・ヴェート」「罪業の魔女 イエリッド」は採用して参加。
GB8まで行く展開にはならなかったものの、イエリッドは使う場面があり。
効率は非常に悪いものの、盤面を手札に変換できるカードではあるのでこれのドローで完ガやヒールを引き込むことで守りきれるパターンがないわけではなさそう。それを差し引いてもGB8を狙わないのであれば現状は怪しいか。

「スチームメイデン メラム」期の1発目。とりあえず2枚は確保できたので、順当に行けば4枚手に入るかな。

大会レポ 遊戯王 2017/5/7

ブックスにのへ@6人シングル
使用デッキ:WW魔導ブラマジ

1回戦:剛鬼テラナイト

先攻。
順当に《ブラック・マジシャン》を手札に構え《黒の魔導陣》《マジシャンズ・ナビゲート》の構え。
相手は《星因士 デネブ》4伏せだったのでエンドナビゲートからデネブを飛ばす。
返しではキルしきれないものの、相手の行動を逐一止めて完封。

2回戦:堕天使

先攻。
ブラマジを構えられないハンドも、相手は1伏せエンドと相当に弱い。
2ターンあればこちらは動けるので《黒の魔導陣》から《マジシャンズ・ナビゲート》でライフを取る。
相手の《トレード・イン》にナビゲートの無効を当てつつ、《堕天使の戒壇》から出てきた《堕天使ゼラート》を除去して返しにフルアタック。

3回戦:青眼ライロ

後攻。
相手が事故気味。《強欲で貪欲な壺》を撃たれるも特に何もなく返ってくる。
《WW-アイス・ベル》から破壊耐性《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を投げつけ、相手の返しの《ライトロード・サモナー ルミナス》を無効に。続けて《裁きの龍》が出てくるも、破壊耐性ついてる上にルミナス消したので4000打点になっており、戦闘破壊もされずターンが帰ってきたので返しでキル。

3-0。
今のプレミアムパックを貰ったけど特に何も出ず。

新弾で《ルドラの魔導書》を手に入れ、WWという魔法使い族でありながら別の攻め手を用意できるカードを取り込み、ブラマジもわりと強化されてはいる感じ。
とはいえこれがサイド後になると《コズミック・サイクロン》やら《砂塵の大嵐》やらがガンガン飛んでくるので難儀なものである。

大会レポ ヴァンガード 2017/5/6

ブックスにのへ@6人
使用デッキ:ルアード

1回戦:かげろう

後攻。
本当に負ける要素が皆無なゲーム展開。
盤面取りながら空いたところに「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で〆。

2回戦:サンクエクシード

後攻。
2回目の超越から3ターンに渡ってトリガー0で相手が全く死なない。
こちらは完全ガードが回ってこないのでわりと厳しい展開も、デッキパワー差的になんとかなる範囲。
それでも相当長引き、GB8ラインはとっくに超える泥仕合も、「ベリアルオウル」分のトリガーとデッキ枚数でなんとか勝ち。

2-0で優勝。
さっぱりトリガーが捲れない日でなんとも。

流行りの?ループルアードを使おうかなと思いつつも結局いつものDiablo型。
バトスピ以外のゲームのループデッキは性に合わないようである。

来週末はFCが一般発売されるので久々のシャドウパラディン強化枠。
箱4だそうで手に入れるのが地味に面倒ではあるものの、まあ大した値段じゃ無さそうなので問題はないか。

最近わりと手なりでプレイしている感があるので少し修正すべきな気はするのである。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード