大会レポ ウィクロス 2016/12/18

ブックスにのへ@4人
使用デッキ:メル=マティーニ

1回戦:あーや

先攻。
順当にエナを増やしながら進める。
比較的ダメージを抑えながら4まで上がり、「コードオーダー ウェディング」+「コードイート メダマヤキ」+「コードイート マヨ」と「コードオーダー ステキ」+「コードイート テキソス」の盤面を作って攻める。
トラップオープンするアーツを使われたりするも、対シグニ耐性のおかげで相当有利。
追加で「因果応報」したり相手の展開に「雲散霧消」したりと特に問題なく勝ち。


2回戦:緑子

後攻。
相手に先に上がられて「因果応報」を受ける。
幸いライフはまだ4枚あり、3点受けて返しに4へグロウ、「コードオーダー ウェディング」2体を並べて一気にアドバンテージを回収する。
ベルセルク起動から相手の展開に「雲散霧消」、残った1面に「愛別離苦」で盤面を空に。
返しのアタックは「暴風警報」で凌がれるも、相手の返しを「龍滅連鎖」のライフ回復で耐え、こちらのターンで「因果応報」で勝ち。

2-0。
多分初めての優勝。
今回の新規の「コードオーダー ウェディング」と「コードイート チョコスプ」が強い。
「コードイート ダイフク」も多分強いんだけど、今回はバニッシュアーツ使ってくる相手じゃなかったので出番なし。
スポンサーサイト

大会レポ ヴァンガード 2016/12/17

ブックスにのへ@3人
使用デッキ:ルアードDiablo

1回戦:メガコロニー(ダークフェイス)

G2を引けず、アシストも1度失敗するなかなか厳しい展開。
2度目のアシストでなんとかライドしていくも、仕方なしに先にG3ライド。
相手に初回超越を渡したせいで、「暴虐怪人 ダークフェイス」に盤面を縛られ多少辛いも、「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」でゴリ推していく。
ダークフェイスへの再超越で盤面が全て縛られるも、「暗黒竜 カーニバル・ドラゴン」で除去を挟みつつ殴ると2貫ガードを投げられる。
ここでクリティカルを2枚めくってぶち抜いて勝ち。相手の残り手札は全て5000だったので仕方ないね。

2回戦:リンクジョーカー(メサイア)

先攻。「ブラスター・ダーク “Diablo”」を2枚引いてルアード引けずに渋い顔をせざるを得ない。
とりあえず広げて殴りかかる。
すると相手のガード値が少ないようで、3ライドタイミング前に4点入る。
さらに相手は3ライドをスキップ。これ幸いとそのまま押し込んでいき、先攻超越は譲るも初回超越を適当に受けて返しの超越で終わり。

2-0。
とりあえず「ヒストリーメーカー・ドラゴン」は4枚確保。
今回はメガコロとリンクでどんだけ盤面縛ってくるねんみたいなアレ。
どちらのゲームも事故気味だったものの、なんとか勝ててなにより。 

新制限。

禁止
《マジェスペクター・ユニコーン》

制限
《SRベイゴマックス》
《氷結界の虎王 ドゥローレン》
《餅カエル》
《炎舞-「天キ」》
《ユニオン格納庫》

《ゴヨウ・ガーディアン》 ※エラッタ
《氷結界の龍 ブリューナク》 ※エラッタ
《レスキューキャット》 ※エラッタ
《洗脳-ブレインコントロール》 ※エラッタ
《未来融合-フューチャー・フュージョン》 ※エラッタ
《王宮の勅命》 ※エラッタ

準制限
《聖なる魔術師》
《ダンディライオン》

解除
《甲虫装機 ダンセル》
《光天使スローネ》
《マスマティシャン》
《馬頭鬼》
《神の写し身との接触》


今回はVジャンプの発売日が早いらしいのでフラゲも早め。
1月の改訂はあまり大きくは変わらないと思っていたので、結構ガッツリと規制が入ってすこし驚き。

・禁止
《マジェスペクター・ユニコーン》が禁止。わりと意外。
《マジェスペクター・ラクーン》の存在がある以上1枚でもサーチが効き、一度場に出ればペンデュラム召喚で無限に戻ってくるのでたしかに規制したいなら禁止行きではあるなとは。
最近はそんなに見ない気もするので、禁止に行くほどかな?とは思う。

・制限
出張パーツの《SRベイゴマックス》、ループの《氷結界の虎王 ドゥローレン》、制圧力が高く簡単に複数並ぶ《餅カエル》、ベイゴマと合わせて十二獣のパワーを落とす《炎舞-「天キ」》、猛威を振るったABCの《ユニオン格納庫》とそれぞれを見ればわりと妥当な印象を受ける。
出たばかりの十二獣パーツの規制がしにくいのもあって、十二獣に対してはベイゴマと天キで対応。
しかしこのあたりは純ではない十二獣系統のデッキは採用していない場合も見受けられるほか、これらが減ってもまだ初動は多いデッキなのでまだまだ見ることになりそう。
ABCは十二獣以降かなり見ることが減ったところにこの規制でかなり辛そう。
わざわざサイドの枠を取るようなことにはならないだろうか。

で、解除組はみなエラッタ。
今までのエラッタに比べれば、わりとそのまま使える程度の弱体化なのが救いか。
《未来融合-フューチャー・フュージョン》なんかはインフェルノイドが使って、次のターンでお前死ぬからな!みたいな感じになりそうではある。
《王宮の勅命》も自由に解除ができなくなったとはいえ、お手軽魔法封殺には違いないので役割は十分にありそう。
今だと《妖精伝姫-シラユキ》で能動的な解除もできたりと、比較的使われそうか。

準制限は2枚。
さらに1枚増えた《聖なる魔術師》に久々の複数使用が可能になった《ダンディライオン》。
ダンディはジャンド系のデッキが《レベル・スティーラー》の後釜で使ったりするだろうか。懐かしのクイックダンディ。

解除組。
《甲虫装機 ダンセル》が3枚になって甲虫装機はフルパワーに。
《光天使スローネ》が帰ってきたのでセプタースローネもメインデッキ分は全盛期へ。《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》が居ないのでそこまでではなさそう?
いつまで準なんだよと言われ続けた《馬頭鬼》も帰ってきて、エラッタかかった《ゴヨウ・ガーディアン》《氷結界の龍 ブリューナク》と合わせて昔ながらのシンクロアンデが(構築だけなら)可能に。


まだ十二獣環境は続きそうですけど、改訂自体はそこそこいい感じのものじゃないかと。
エラッタかかったとは言え、せっかくだから元禁止組を使って遊びたいところ。

大会レポ バトルスピリッツ 2016/12/11


ブックスにのへ@3人
使用デッキ:赤緑アルティメットタッチ黄色

1回戦:赤の十二神皇
◯◯
1:わりと早いタイミングで「アルティメット・キャンサード」召喚。こいつが5点持って行って勝ち。
2:「寅の十二神皇 リボル・ティーガ」が出てくるも、返しに「兎魔神」で退場していただき、そのままライフを削り切る。

2回戦:赤緑アルティメット十二神皇
◯◯
1:早々に「アルティメット・ドラゴタウラス」でライフを削り、相手の「寅の十二神皇 リボル・ティーガ」の返しに「獄炎の四魔卿ブラム・ザンド」のソウルドライブで盤面飛ばして終わり。
2:攻めが遅い相手にコアブーストしながら「断罪の滅龍ジャッジメント・ドラゴニス」ぶち込んで勝ち。

2-0。
裏Xが黄色になったので積極的に取りに行く。

来週はもう新弾。星座編は一番楽しかった時期なので、リバイバル組でデッキ組みたいところ。

大会レポ ウィクロス 2016/12/10


ブックスにのへ:@4人
使用デッキ:メル=マティーニ

1回戦:メル=マティーニ

後攻。

2回戦:真実の記憶リル
×
後攻。

1-1。
リル戦は先攻じゃなかったのが普通に厳しい。
ライフバーストで「矜持の豪魔 オダノブ」2回踏んだり、相手の4グロウ直後に「烈情の割裂」飛んできたりとわりと運がなかったかも。
2戦とも全くもって「因果応報」に辿りつけない展開だったので、ここの枠が違うカードだったらなんとかなっただろうか。

来週は新弾らしいので、とりあえずメルのパーツだけは集めようかなと思います。

大会レポ ヴァンガード 2016/12/10


「ヒストリーメーカー・ドラゴン」期一発目のはずが、なんと参加者1人という事態。
どうやら今日はデュエマのエリア代表決定戦があったようで、デュエマ兼業勢がそっちに行ってしまったっぽい。

ということで、ヒストリーメーカーは3枚貰って帰ってきました。
先週の大会で負け越して、リベンジのつもりで来たのでわりと不完全燃焼ではあるものの、
貰えるもの貰ったのでまあいいかという感じ。

せっかくヒストリーあるんだからギアクロ組みたいような気もしなくはないものの…ねえ?

大会レポ ウィクロス 2016/12/3

ブックスにのへ@6人
使用デッキ:メル=マティーニ

1回戦:あーや

トラップはだいたいシグニなので、「コードイート メダマヤキ」や「コードオーダー ステキ」でシグニ効果をシャットアウトしていく。
ホログラフが単純に面倒な上に、なんか相手がこっちの宣言を待たずに勝手にデッキトップ開けたりしてキレそうになりながらも負ける要素は無いのでそのまま押し切る。

2回戦:紡ぐタマ
×
わりと有利っぽく立ち回っていたらライフバーストで「幻竜神姫 バハムート」を踏んで盤面が壊滅。
エナはともかく手札が無くてわりと厳しい。
若干無理して「因果応報」を撃ちに行くも、3面作れず押しきれない。
サーバントも無く、紡がれる前に負け。

3回戦:緑子

先攻取るも、相手が3の段階で「因果応報」を先撃ちされる。
エナが吹き飛ぶも、ライフバーストが強く4までグロウができ、そこからアクセ捲って展開、ベルセルクで抑えこむ。
エクシード撃てない相手がエナが増えずに手間取っている間に盤面を固め、殴り返しに「雲散霧消」を当てていく。
こちらのアタックで「多元描写」から「一蓮托生」と動かれるも、相手のマルチエナが1枚足りずに続くアーツを撃てなかったようで、そのまま勝ち。

2-1。
勝ち越せた上にじゃんけん勝って光った「羅菌 ニュウサ」も貰って嬉しい。
ベルセルクと「因果応報」で相手を縛れるメルはわりと手に馴染む感ありますね。

大会レポ ヴァンガード 2016/12/3

ブックスにのへ@4人総当たり
使用デッキ:ルアードDiablo

1回戦:ギアクロニクル
×
先攻。
G1でスキップしつつビート。
しかし3ライドは「ブラスター・ダーク “Diablo”」。
先攻超越は貰えたものの、超越した「覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン」が1枚もG1以下を捲らない。
代わりにトリガーがそこそこ強くてゲームになるとはいえかなりキツイ展開。
相手の初回は「時空竜 ワープドライブ・ドラゴン」。「クロノ・ドラン」絡みで展開されて辛い。
相手が3点だったので次のターン「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で決められるかな?と思っていたらヒールを捲られる。仕方なし。
こちらは「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」で攻めていくと、アタックにクリティカルを2枚捲ってだいぶ強い。
こちらのトリガーの強さと相手のトリガーの弱さでなんとかいい勝負になってはいるもののわりと無理ゲーを感じつつ、「クロノドラゴン・GG」ターンにどうしようもなくで5ノー。薄い山にヒール2枚で6ヒールに成功し、返しにワンチャンを見る。
リソースも無く超越するとデッキアウトなのでそのままL字展開でRRVで殴るとVに「時空竜 ヘテロラウンド・ドラゴン」。
これでRが飛ばされるも、デッキから飛び出る「ブラスター・ダーク “Diablo”」。
相手の手札からして守りきれないものの、結局6ヒールを貰って負け。

2回戦:メガコロニー

順当ににライド。
相手はG1のギラファに乗れず、アドバンテージも回収できない。
初回超越で「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」に乗りつつ「フルバウ “Diablo”」「ダークハート・トランペッター」「黒翼のソードブレイカー」「ブラスター・ダーク・スピリット」とフルに使ってアド差が膨大に。
「無双剣鬼 サイクロマトゥース」のブレイクライドから「無法怪人 オブティランドス」のスキルを使われてこちらが再ライドできないという状況になってなお手札も盤面もこちらが多いという展開でわりと問題なくそのまま押し切る。

3回戦:グレートネイチャー
×
先攻。
今回もルアードに乗れず。
さらに相手のG3ターンのアタックでダブクリ貰い、こちらの初回超越時点で4点。
初回超越「覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン」で2枚焼くも、2体分のコストが絡められず手札が無い。
相手の初回超越は4ノーが成功して凌ぎ、盤面の空いた相手に「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で殴りかかるもGガーディアンが2枚飛んできて守りきられ、返しに両面「クレヨン・タイガー」からのダブルヒールとかいうよく分からんトリガー食らって死。

1-2。
負け越し。
やはりルアードに乗れないとだいぶ厳しい。1回戦なんかは展開から見てルアードに乗れていればまず負けなかったゲームである。
まあそのゲームはわりと熱いバトルな感じだったのでいいんですけども。
グレネ戦は相手のトリガー爆って感じで悲しいですな。

4枚目のコングラソードブレイカーは手に入ったのでまあ。
次からはプロモが「ヒストリーメーカー・ドラゴン」になるので頑張りましょう。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード