スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポ バトルスピリッツ 2016/11/27

ブックスにのへ@5人
使用デッキ:赤緑アルティメットタッチ黄色

1回戦:粉砕的な
◯◯
2本目はわりとガリガリ削られたものの、「アルティメット・ドラゴニックタウラス」でライフを消し飛ばす。

2回戦:ブラムザンド
◯◯
「戦鬼ムルシエラ」が非常に強い。相手のアルティメットを根こそぎ吹き飛ばしながら、「断罪の滅龍ジャッジメント・ドラゴニス」で追加ターンを得つつ、「光導星剣ゾディアックソード」でバースト飛ばしながら押し込み。

3回戦:エグゼシード
×◯◯
1本目は「炎魔神」と「午の十二神皇エグゼシード」がそれぞれアルティメットも対象に取れる効果持ってるのを知らずに死。
こいつらがアルティメットに触れるならアニメの展開なんて全くの茶番じゃないかね?
2,3本目は少し丁寧にプレイするのを意識。


4回戦:ブラムザンド
◯◯
1本目はお互い展開しあいに、こちらが先に「アルティメット・セイリュービ」を絡めて殴り切る。
2本目は相手の動きが鈍い間に盤面を固め、殴り返してきたところに「戦鬼ムルシエラ」から「断罪の滅龍ジャッジメント・ドラゴニス」で〆。


4-0。
1本だけ落としたのが悔やまれる。1戦目だったので1本先取なら負け。
テキストはきちんと読みましょう。
どうせミラーだらけだろうと踏んで多めにムルシエラ積んだら刺さりに刺さって笑う。
逆に他の人はあまりミラー見てないようでわりと膠着してた。

なんにせよ、数年ぶりに烈神速できて楽しかったです。
スポンサーサイト

大会レポ ウィクロス 2016/11/26

ブックスにのへ@3人
使用デッキ:メル

1回戦:緑子
×
先攻取られて相手に先に「因果応報」食らって負け。

2回戦:ピルルク
×
「因果応報」打つも、ルリグの墓地からスペル打つ効果に軽減付加があるのを読み飛ばして殺しきれずに負け。

0-2。
さすがにどうにもならんぞ…

大会レポ ヴァンガード 2016/11/26

ブックスにのへ@4人
使用デッキ:ルアードDiablo

1回戦:七海ランナー

先攻。
FV表向けた瞬間悲鳴を上げる。
とにかく広げて殴るしか無いのでひたすら殴りに行く。
すると案外相手の落ちが弱く、普通の3面アタック程度にしかならず、こちらはダメヒール1回アタックヒール1回を捲り、最後の相手の1貫ガードにクリティカル捲って勝ち。
捲りが強い。

2回戦:なるかみ(ヴァンキッシャー)

後攻。
相手はG1で1ターンスキップからのアシスト。
こちらもスキップして先攻超越をもらっていく。
盤面吹き飛ばしながら点を詰めて行くと雷激も貯まりきる前に終わり。


2-0。
さすがに七海ランナーは死ぬかと思ったものの、捲りが強くて事なきを得た。
なるかみは負ける気がしなかったので、やっぱりナイトローゼギアクロを除いたらかなり強い部類のデッキなんだろうなあと。

デッキ:ヴァンガード シャドウパラディン ルアードDiablo(1)


グレード3(7枚)
覚醒を待つ竜 ルアード×4枚
ブラスター・ダーク “Diablo”×3枚

グレード2(12枚)
ブラスター・ダーク・スピリット
黒鎖炎舞陣 ホエル×4枚
竜刻魔道士 モルフェッサ×3枚
ダークサーガ・ペインター×3枚
闇夜の乙女 マーハ

グレード1(14枚)
真黒の賢者 カロン×2枚
黒鎖霊舞陣 カエダン×3枚
竜刻守護者 エスラス×4枚
黒翼のソードブレイカー
哀慕の騎士 ブランウェン
ダークハート・トランペッター
ナイトメア・ペインター
アビサル・オウル

グレード0(17枚)
フルバウ “Diablo”
撃退者 ウーンデッド・エンジェル×4枚
撃退者 エアレイド・ドラゴン×4枚
鬼眼の魔道士 アルスル
ハウルオウル×3枚
暗黒医術の撃退者×4枚

Gゾーン
暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”×4枚
暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”×2枚
暗黒竜 カーニバル・ドラゴン
覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド
覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン
天空を舞う竜 ルアード×3枚
暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン×2枚
ライトエレメント アグリーム
ダークエレメント ディズメル


新弾発売直後に組んだルアードDiablo。
Diablo2種への乗り分けはそのままに、ルアードの超越ボーナスでアドバンテージを稼ぐ。
でも前より「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」に乗りたくなったような気もする。
ルアード自身は「Diablo」「ブラスター」を持っていないので、覇道黒竜への超越時に各種名称指定が使えないのは注意点。
また、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」によるガード制限をかける際に「ブラスター・ダーク “Diablo”」の超越ボーナスによる1除去が大切になってくるため、詰めの再ライドのために1枚抱えておくプレイは必要かもしれない。

基本的にルアードでリソースを稼ぎ、そのリソースでスペクトラル起こしに行くので、ドライブ分がそのままアドバンテージとして入ってくる。
手札を切らないVスタンドに、ルアードのノーコスト超越や「竜刻守護者 エスラス」の回収効果も相まって、今までより手札が増えやすくなった印象。

ルアードの儀式でドロップのG1は毎ターンデッキに戻せるため、1枚の採用でもダメージにさえ落ちなければ何度でも使い回しが効くのが嬉しいところ。
デッキが回復するので、ドローとスペコを多用する割にはライブラリアウトしにくいのも魅力といえる。

ルアードからDiabloへ超越、効果で「フルバウ “Diablo”」を退却しながら「ダークハート・トランペッター」「黒翼のソードブレイカー」をコールし、ダークハートで追加スペコ、フルバウで「ブラスター・ダーク・スピリット」を展開すると、超越するだけで盤面が3枚増え、1ドローと1除去が付いてくる。
ピン採用のカードを3枚使う動きなので最大値が出ないこともしばしばあるものの、まず楽しい。

CBもSBも継続的に消費するため、「黒鎖炎舞陣 ホエル」による回復は大切。
引けてしまえばあまり考える必要はないものの、引けない時のリソース管理は重要。
「ナイトメア・ペインター」はその一助で、ルアードの効果で引っ張ってくることで超越時タイミングでソウル回復が可能。

新規組の「竜刻魔道士 モルフェッサ」は儀式3の達成で14000アタッカーとなり、7000ブーストでの21000ラインの形成が可能。
ホエルと共に常時21000ラインを作ってプレッシャーをかけられるのは良い。
ホエルとは異なりVがDiabloで無くても良く、かつG1の追加コールがいらないため、爆発力こそ少ないものの非常に使いやすいと言える。

「アビサル・オウル」は弱い弱いと言いつつもあれば便利なカードではある。
ルアードから超越したユニットの効果で退却してもCCは発動するため、CB運用が行い易くなる。

「竜刻守護者 エスラス」は儀式3が必要とはいえ回収効果を持った守護者というだけでもう強い。
そもそも発動に同名2体必要な時点でこれは儀式1なのではという気がしなくもない。
ドロップでの起動はユニットの効果では無いため、「黒鎖霊舞陣 カエダン」などのNEXT以前のユニットの効果は発動しないものの、アビサルオウルは反応するし、今まで圧殺で盤面を組み替えていたところにこれを挟んだりと非常に便利。
詰めの盤面では圧殺しながら複数枚のエスラスを回収→コールを繰り返してホエルの効果を連打するパターンもあったり。

Gユニットはまだ考える余地がありそう。
3枚目のスペクトラルが欲しい時もあるし、Gガーディアンの変更や「エアーエレメント シブリーズ」の採用も考えられる。
そしてここに来て「暗黒騎士 ルードヴィーク」に採用の余地が生まれてきた気がしないでもない。
1枚採用やダメ落ちで1枚しか無いG1を盤面から離すことで、返しのターンにデッキに戻して再利用するパターンが発生する。
ピンポイントではあるものの、欲しくなる場合があったので、枠と相談しながら採用を検討できるようにはなったのでは。

「天空を舞う竜 ルアード」は積極的に乗りたいほどでは無いものの、CBが足りずにスペクトラルに向かえないパターンや、盤面を更地にされた時などに欲しくなる。
1枚目のスペクトラルでルアードを表にしておくと、超越時に2体の展開とパンプが行えるためわりと仕事はする。

デッキ全体としては、G3を減らしてみたり、逆に「デススプレイ・ドラゴン」を採用してみたりは考えられる。
G2枠はそもそも「闇夜の乙女 マーハ」にさっぱり出番が来ないのでこのへんは弄れるところ。
G1、G0枠はルアードのおかげでなんでも持ってこれるので、色々考えるところはありそう。
GB1で登場ターン11000になれる「ナイトスカイ・イーグル」なんかは検討の余地があったりするのでは。

デッキとしてだいぶ強くなったように感じるものの、その分構築もプレイも難しくなったと思うので色々考えていきたいですね。

大会レポ ヴァンガード 2016/11/19


ブックスにのへ@4人
使用デッキ:ルアードDiablo

1回戦:シャドウパラディン(撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”)


2回戦:メガコロニー(ダークフェイス)


2-0で優勝。2枚目の「黒翼のソードブレイカー」確保。

今回はTDと新弾から儀式周りのカードを採用したDiabloに。
メインVが「覚醒を待つ竜 ルアード」になり、初めて超越ボーナス持ちユニットをまともに運用した気がする。

1回戦は「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」の撃ち合いになるも、超越ボーナスでリソース稼ぐこちらと、枚数の増えない撃退者ならそりゃ勝つ。
2回戦は自然と手札が増えていき、終盤は常時10枚超えの手札を抱えるような感じに。
最大の敵であるデッキアウトもルアードの儀式で多少なりとも軽減できて、デッキが切れることもなく、最終的に「ブラスター・ダーク “Diablo”」への再ライドから「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で〆。

ルアードになってデッキ自体のパワーはとても上がったように感じる。
超越ボーナスもノーコスト超越も十分に強い。
ルアード本体が「Diablo」も「ブラスター」も持っていないので、名称周りのプレイとCBSBの管理は大事になってくる印象なので、しっかり回せるようにしたいところ。

大会レポ ウィクロス 2016/11/5

ブックスにのへ@5人
使用デッキ:真実の記憶 リル

1回戦:戦慄の旋律 アン=フォース
×
先攻。
相手の「水流の打落 マーライ」でメイン中の除去が入らずに点が詰まらない。
「三日の天下 アケチ」などで点を取りに行くも、ライフ4ほど残ったまま4まで行ってしまう。
「矜持の豪魔 オダノブ」から「戦意の方舟」で盤面を開けていくも「多元描写」に阻まれる。
返しのアタックに「火竜点睛」を合わせるも除去しきれず、続けて「龍滅連鎖」を使わされる。
どうせ返しは無いのでオーネスト起動から「アーク・ディストラクト」で殴りに行くもまあ守りきられて負け。

一落ち。
どうにもウィクロスは勝てぬ。
ゲームシステム自体があまり得意じゃないタイプのゲームな気もするので、それなりの戦い方を考えるべきか。

大会レポ ヴァンガード 2016/11/5

ブックスにのへ@4人
使用デッキ:Diablo

1回戦:メガコロニー(ダークフェイス)
初手にG2が無く、少し前のめりに攻めていく。
幸いライドまでには引き込みライドし事なきを得る。
こちらの初回超越はいつもどおり「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」で行くも、ヒールを捲られて超越後にもかかわらず1点に留まる。
逆にそのせいで相手はCBが足りないパターンになったようで、初回超越は「暴槍怪人 パラスピアー」。
これは特に問題がなく、返しで「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」に超越して4点まで詰める。
返しに「暴虐怪人 ダークフェイス」で盤面を3体縛られ、ヒールを捲られて3点まで回復されるも、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」と空いたスペースに「真黒の賢者 カロン」をコール、ガード制限アタックにクリティカルを捲り3点入って勝ち。

2回戦:ギアクロニクル(クロノジェット)

後攻。
今回も序盤から広げて殴る。
相手の引きはあまり良くないようで、速攻気味に殴っていくと手札がゴリゴリ減っていく。
こちらのライドは「ファントム・ブラスター・ドラゴン(BR)」。登場時効果で「フルバウ “Diablo”」を巻き込んでいくも、相手の前列がG3で「ブラスター・ダーク・スピリット」が機能せず。
初回超越の「覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン」で「クロノ・ドラン」を焼きつつ「黒鎖霊舞陣 カエダン」を巻き込んで殴るとVに完全ガード。
RのアタックにGガーディアンから返しに「クロノドラゴン・GG」。
ダブクリ以上でなければ問題は無いためノーガード、こちらは「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」へ。
効果で「黒鎖霊舞陣 カエダン」を食いながら殴りに行く。
ヒット時効果で「ダークハート・トランペッター」から「ダークサーガ・ペインター」でラインを作ってさらに詰める。
手札を使いきった相手は超越できず、アタックをしっかり捌いて「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」。
本体のアタックはGガーディアン連打で止められるも、Rのアタックが当たり、ヒールもなしで無事勝利。

2-0。
「黒翼のソードブレイカー」期の一発目は無事に優勝。
今回は2戦目が「ブラスター・ダーク “Diablo”」に乗れずに少し面倒だったくらいで、特に問題のないゲームであった。
しかしまあ、「暗黒騎士 ルードヴィーク」が「暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン」だったらなあと思うことは2ゲーム中4回くらいあったので、早いところ新弾出て欲しいものですな。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。