大会レポ バトルスピリッツ 2016/09/25

ブックスにのへ@8人
使用デッキ:赤黄起導神皇

1回戦:アヴリエル
×◯◯
1:早々に「アルティメット・アヴリエル」が登場。触れるカードが殆ど無いのでマジックで誤魔化しながら引き伸ばして「赤の起源龍アマテラス」で盤面リセットを狙うも、そのターンで仕留められずにアルティメットが戻ってきて負け。
2:相手が事故。特に問題なし。
3:相手が事故気味。アルティメットが並んでくるも、「戦鬼ムルシエラ」のアクセルで吹き飛ばして終わり。

2回戦:黄色強化
◯◯
1:適当に除去当てながら「寅の十二神皇リボル・ティーガ」まで辿り着いたのでそのまま押し切る。
2:初手でバースト伏せなかったら返しで2点取られ、続くターンで「アルティメット・リーン」が降ってきて若干危ない。
幸い直接除去が全く飛んでこなかったので、広げながら防御カードでターン稼いで「寅の十二神皇リボル・ティーガ」。

3回戦:エグゼシード
◯◯
1:相手が大体「コレオン」単騎。そこから「午の十二神皇エグゼシード」「刃狼ベオウルフ」と来るも、封印に合わせて「古の神皇 鯨のエルダレイオ」をバースト。エグゼシードを消しつつ3ドローが入り、あとはそのまま押し切る。
2:どう見ても「戦国覇王ギュウモンジ」なバーストが伏せてあってイマイチ動けない。するとどうせ読まれてるならと張り替えてくる相手。2枚目のギュウモンジの可能性も若干考えつつも召喚時を打っていくと「維持神ヴィシューテン」。
盤面干渉が無ければそれほど困らない。「甲の使徒レーディア」「壬馬トラケナー」で破壊とバウンスをケアされて地味に辛いも、「古の神皇 鯨のエルダレイオ」で消滅から盤面を崩していき、「戦鬼ムルシエラ」で盤面飛ばしながら殴り切る。

3-0。
やっぱりアルティメット相手はなかなかに辛い。
それでもだいぶマシにはなった感。
スポンサーサイト

大会レポ バトルスピリッツ 2016/09/24

トレカショップジョニー@10人
使用デッキ:赤黄起導神皇

1回戦:滅龍?
×◯◯
1:「滅龍帝ジエンド・ドラゴニス」にブレイヴが合体したところに防御も除去も噛み合わず。

2回戦:武竜
◯◯
1:お互い膠着状態が続く。相手の「魂皆伝ブゲイシャー・ドラゴン」を「ディーバメドレー」で飛ばしながら「寅の十二神皇リボル・ティーガ」が着地。これでそのまま押し切る。

3回戦:ディエス
◯◯
1:「陰陽童」が出てきてうわぁとなるも、引きが寄ったのか次のターンに「紫煙獅子」と一緒に残り2体の陰陽童も出てきて吹く。
しかし上手いことバーストがハマり、適当にさばきながら負けない盤面を作って「鉄の覇王サイゴード・ゴレム」で大粉砕。
2:「六冥魔導ディエス・レイス」が出てくるも、「レーシングペンタン」のアクセルでしっかり防御。これを守ってターンを返したところで時間切れで後攻までのエクストラターン。ライフ差は4点でまず勝ちの場面、相手が並べてきたのが全て4コスト以上だったので「己械人シェパードール」でシャットアウトして終わり。

3-0。なんか優勝した。
今までのデッキに3章のカードを採用してなんやかんやしたので微妙な出来のデッキだったわりにはなんとかなった。デッキ名が酷い。
全ては「寅の十二神皇リボル・ティーガ」が強い。
膠着状態をこじ開けつつ手札が2枚増えて防御カードも引き込みやすく、本体はBPが高くてBP負けし難い。
「侵食されゆく尖塔」は相性がいい感じで、軽減シンボルを1つ稼ぎつつ、リボル・ティーガで引いたカードを返しにそのまま使うコアが捻出できる。

「申の十二神皇ハヌマーリン」も手に入ったので、いろいろ試していきたいところ。 

大会レポ ヴァンガード 2016/09/17

トレカショップジョニー@10人
使用デッキ:Diablo

1回戦:ロイヤルパラディン(サンク)
×
毎回ここで負けるサンク使いの人。
ヒール3回捲るも相手にクリティカル4回は捲られてたのでわりとどうしようも無かった。
CBを与えないプレイをきちんと取っていくべきなのだろうとは思った。

2回戦:ジェネシス(フェンリル)

後攻。
こちらがクリティカル捲ってG3ライドタイミングで相手が3点。
ここでスキップしてきたのでこちらもスキップに付き合い、こちらが先攻超越。
返しはソウルチャージするだけで何も置きず、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」でクリティカル捲って勝ち。

3回戦:不戦勝

4回戦:グレートネイチャー
×
先攻。
相手のG2タイミングのダブル「バイナキュラス・タイガー」含みの3面からクリティカル捲られてG3ライドタイミングで5点。
やむを得ずライドするも、当然返しの超越を耐えられるわけも無く死。


2-2という体の1-2。うーむ。
対サンクは3回もヒールしてるわけで、もう少しなんとかできたような気もする。

大会レポ 遊戯王 2016/09/17

トレカショップジョニー@6人
使用デッキ:Kozmo

1回戦:シンクロン
◯◯
シンクロダークにあらず。
1:先攻取られて相手の初動が《クイック・シンクロン》コスト《レベル・スティーラー》で呻き声が上がる。
誘発無いどころかそもそも上級Kozmoしかなくて動けない手札でどうしたものか。
最終盤面は《スターダスト・ウォリアー》《デビル・フランケン》《ナチュル・エクストリオ》みたいな感じ。
パッと見強そうではあるものの、こちらのトップが《Kozmo-ドロッセル》。
ドロッセルでデビフラ殴って効果で《Kozmo-ダークシミター》。盤面崩して対象取られない上級が突破されず。
2:相手はまたクイックスティーラー。1枚目のスティーラーは《D.D.クロウ》で潰すも即座に《手札断殺》から2枚目補充。
しかし全く強い盤面が作られず、普通に返してそのまま終わり。

2:魔界劇団メタルフォーゼ
ET×--
ただでさえペンデュラムの壁が辛いのに、《魔界劇団-サッシー・ルーキー》が硬すぎて全く押し込めない。
融合された《メタルフォーゼ・カーディナル》を《No.61 ヴォルカザウルス》で吹き飛ばして残りライフ200まで追い込むも、《迅雷の騎士ガイアドラグーン》が手元に無くてエクストラに入っていないせいで殺しきれず、ひたすら耐えられて回答引かれ、ET3ターン目にワンショット食らって負け。

6人しかおらず、階段の自分が崩れたのでこれで終わり。
なんか知らんけど2位だったらしい。

Kozmoは思っていた以上に楽しいデッキで、思っていたよりだいぶ遊戯王してる気がした。
対ABCにはわりと有利を取れる印象だったものの、メタルフォーゼがかなりきつい感じだったのでサイドはメタルに寄せるのが良さそう?
あとはエクストラはきちんと用意していきましょう…

大会レポ バトルスピリッツ 2016/09/17

トレカショップジョニー@8人マッチ
使用デッキ:黄色

1回戦:増食
××
ドローカード引けずにわりと勝負にならず。
相手のカードの効果を全て把握してたらまた違ったとは思う。

2回戦:黄色
◯◯
戦姫系。相手が上手くない。

3回戦:紫アルティメット
××
アルティメットは処理できないデッキなのでまあ仕方なし。
周りの反応を見るに、この人大会中にデッキ変えてた臭くて釈然としないところは無くもない。

1-2。
地元で勝ててもこっちまで出てくれば無理なのは知ってた。
地味に抽選で裏X貰って笑う。

大会前に違う店をうろうろしてたら来週発売の3弾のバトスピタワー見つけて喜び勇んで回す。
「寅の十二神皇リボル・ティーガ」も2枚引いて、全体的に強めの引きではあった模様。
「申の十二神皇ハヌマーリン」も早めに手に入れて、赤黄でアクセル使いながらデッキ組みたい。

新制限。

新禁止
《レベル・スティーラー》

新制限
《デビル・フランケン》
《マジェスペクター・ユニコーン》
《PSYフレーム・ロードΩ》

《聖なる魔術師》

新準制限
《DDスワラル・スライム》
《DDラミア》

《アーティファクト-モラルタ》
《甲虫装機 ダンセル》
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
《慧眼の魔術師》
《光天使スローネ》
《マスマティシャン》
《神の写し身との接触》
《真帝王領域》
《モンスターゲート》

解除
《クリッター》
《クリフォート・ツール》
《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
《光の援軍》
《六武の門》
《堕ち影の蠢き》
《光の護封壁》


10月からの新制限リストが判明しました。
今回も規制緩和のカードが多いですね。

主に規制されたのは【シンクロダーク】【DD】。あとは【メタルフォーゼ】ですね。
シンクロダークは《レベル・スティーラー》《PSYフレーム・ロードΩ》の2種が禁止と制限とあって、既存のデッキコンセプトは崩壊することになったのでは無いでしょうか。
DDは2種が準制限に。展開力の低下と、《強欲で貪欲な壺》を使うリスクがだいぶ上がったのがポイントか。
メタルフォーゼに関しては《デビル・フランケン》《マジェスペクター・ユニコーン》。
これらはまあ汎用に近いカードではあるので一概にメタル規制とは言えない気もしますが。
逆にメインギミックは無規制なのでやりようはいくらでもありそうに思えはします。

世界大会優勝デッキたる【ブルーアイズ】、DDと共に選考会を勝ち上がり、現在も環境の中心にいる【ABC】はどちらも完全にノータッチ。
ABCはまだリリースされてから日が浅いので本体がノータッチなのは理解できるんですが、さすがに《テラ・フォーミング》くらいは掛かるのではと思っていたので少し意外ですね。
ブルーアイズもメインギミックはともかく、《トレード・イン》あたりにメスが入るのではと思ってはいました。
世界大会でも大活躍していた《ソウル・チャージ》もそのままで、わりと規制が緩めの改訂になっている気がしますね。

この手の改訂の時の話題はやはり解除組。
今回の禁止からの緩和は《聖なる魔術師》。
とはいえ、このカードが強かったのは《強欲な壺》や《天使の施し》、《いたずら好きな双子悪魔》のようなパワーカードを回収できたからという面も大きいので、今となってはあまり強く無さそうに思えますね。
ゲームスピードの上昇で、リバースしてる余裕がないことも多そうです。

その他解除組で気になるのはやはり《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》。
《見習い魔術師》から《聖なる魔術師》を出して開闢に繋げたり、《オネスト》《アームズ・エイド》でワンキルを狙ったり、《原初の種》で遊んだりしたいですね。
解除された《光の援軍》とも合わせて【カオス】を組んでみたさはあります。勝てるかどうかはともかく。

《甲虫装機 ダンセル》が2枚になったり、《光天使スローネ》が2枚に戻ってセプスロできたり、《六武の門》が解除されて六武衆がフルパワーになったり、少しずつシャドールパーツが緩和されていたりと、緩和組の動きは楽しそうです。

環境としてはやはり【ABC】が中心になりそうですね。
そこに【メタルフォーゼ】【ブルーアイズ】【DD】や【HERO】、【堕天使】、《餅カエル》を使うタイプのデッキ、【Kozmo】【帝王】など環境、準環境くらいのデッキは比較的多いように感じるので、ABC一色の環境にならないことに期待しています。 

大会レポ バトルスピリッツ 2016/09/11

ブックスにのへ@4人総当たり
使用デッキ:黄色

1回戦:エグゼシード
×◯◯

2回戦:エンタープライズ
◯◯

3回戦:不死増食
◯◯

まあ無難に優勝。
1-1はドローカードを1枚も引けずに息切れした。
エンタープライズは直接処理できるカードが1枚もなかったものの、黄色のくせにブレイヴ付けて殴ると打点で勝てるようになってて、最近のBPはインフレしてるなあと。
増食戦では「辛速の勇者ソニックワスプ・A」がかわいそうなくらい刺さってて笑った。
最近同じデッキで出てるせいか、地味にメタられるようになってきてそれはそれで楽しい。

大会レポ 遊戯王 2016/09/10

ホビースクエアにしな公認@16人スイス
使用デッキ:堕天使

1回戦:堕天使
先攻。
×◯×
1:先攻取ってある程度回すも大した盤面にはならず、相手の返しの《ソウル・チャージ》に屈する。
3:先攻堕天使《虚無魔人》スタンバイ《魔封じの芳香》で勝ったろと思ったものの、《魅惑の堕天使》が強く、奪われた《堕天使イシュタム》に《背徳の堕天使》するも《堕天使テスカポリトカ》に身代わりされ、虚無が死にそのまま押し切られる。

2回戦:メタルフォーゼ
後攻。
◯×ET×
3:せっかくの先攻も《強欲で貪欲な壺》打つしか無い手札。打ったら打ったで既に手札にある《堕天使マスティマ》と2枚目の強貪引いてなんとノーガードエンド。
相手ターン中にET入ってほぼ詰み。《堕天使ゼラート》で盤面開けて殴ればワンチャンなので蘇生連打してくも、カウンターと除去3回食らって負け。

3回戦:ブラマジ
後攻。
◯×◯
1,2戦目共に相手の先攻《魔法族の里》。死ぬほどきついも、1戦目は《魅惑の堕天使》で魔法使い消して殴り切る。
2戦目は《堕天使マスティマ》SSからのアタックが通るも堕天使罠がほぼ引けずにブラマジ連打を止めきれず。
3戦目は先攻なので普通に勝ち。

4回戦:HERO
先攻。
◯◯
1:先攻ぶんまわし。
2:相手の先攻《餅カエル》《バハムート・シャーク》《E・HEROシャドー・ミスト》に《マスク・チェンジ》構えを《超融合》で吹き飛ばして押し切り。


二次会はコンセプトデュエル。
使用デッキ:ブラック・マジシャン(遊戯)

1回戦:D-HERO(エド)
×
糞事故。

2回戦:幻影彼岸(ユベル)

《幻影霧剣》の対象にされたモンスターが処理されずに膠着状態。
攻めに行くと2枚目の霧剣撃たれたので三体生贄に《オシリスの天空竜》降臨。
その頃には相手は防戦一方の状態だったので、追加で《ブラック・マジシャン・ガール》まで投げつけて勝ち。
最終盤面が《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》《オシリスの天空竜》でちょっとかっこいい。

地味に16人も集まり、コンセプトは16人以上来てたのでだいぶ盛況だった。一時期のさっぱり人が居なかった時期を考えると素晴らしい。
せっかくなので堕天使使ったものの、2-2としょっぱい結果。
ミラーは正直まったく考えていなかったのである程度仕方なくはあるし、メタル戦も事故からのET負けだし…と言い訳。
ミラーの《魅惑の堕天使》が強すぎて困る。こっち全然撃てないのに相手に全ゲーム2回ずつは撃たれてる感。
《強欲で貪欲な壺》で2枚目を引いてきて破り捨てたくなるのを3回はやったのでもう1枚でいいんじゃないかなとすら思ってくる。

幻想の見習い魔導師

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。


今月のVジャンプ付属。
(1)の効果は《THE トリッキー》と同様の特殊召喚。
《銀河戦士》とは異なりチェーンに乗らない特殊召喚なので《増殖するG》を打たせないのは良い点。
能動的に手札を切れる手段としても一定の価値はあるか。

(2)の効果は場に出た時に発動する《ブラック・マジシャン》サーチ。
SSコストで捨てた分がブラマジとなって戻ってくるので1の効果がノーコストみたいなものにはなる。
当然【ブラック・マジシャン】ではサーチとして活躍できる。
1の効果で特殊召喚する必要はないので、普通に蘇生カードなどでも発動でき、タイミングも逃さないのは良し。
特殊召喚制限もなく、サーチが入って手札コストも確保できるため、重ね引きしても複数投げつけられるのは嬉しい。
むしろ重ね引きすると《マジマジ☆マジシャンギャル》から《幻想の黒魔導師》に繋がるのでそのほうが強いかもしれない。

(3)は自身をコストにした闇魔法使いへの2000パンプ。
《BF-月影のカルート》などとは違ってモンスター同士の戦闘でしか発動できないものの、上昇値は2000と高め。
場からも発動できるため、《マジシャンズ・ナビゲート》から特殊召喚して効果を使いに行ったりも。
基本的にブラマジデッキでは効果を受けない・対象を取れない2500を超えるモンスターの処理に手間がかかるため、そこを埋めてくれるのは悪くない。

(1)の効果によって、非常に条件の緩い特殊召喚能力を持つ星6魔法使いとして運用が可能。
ランク6エクシーズ、チューナーと絡めて高レベルシンクロも。
特に《マジマジ☆マジシャンギャル》《風紀宮司ノリト》を狙いやすくなるのは利点といえるか。

ブラマジで使うことを考えると、《ブラック・マジシャン》のサーチ手段が増えること、戦闘に強くなることは利点。
また、《マジマジ☆マジシャンギャル》の運用が視野に入ってくるのも魅力。
レベル6なので、素引きしてしまった《ナイトエンド・ソーサラー》と8シンクロが組めるのも悪くない。
ただし、単純にサーチ手段として見ると《召喚師のスキル》の存在が強い。あちらは使用後に《黒魔導の継承》へと繋がる。
《マジシャンズ・ナビゲート》からの特殊召喚先の選択肢が増えたことは歓迎ではあるが、大体《マジシャン・オブ・マジック・イリュージョン》で良かったり。
また、当然ブラマジサポートにアクセスできるわけではないため、「《ブラック・マジシャン》が場に出ない」という事故を解消するカードでは無い。
自身がブラマジネームを持っているわけでもあらず。

総じて、強いことは書いてあるけど求めている方向性とは少し違う、という印象。
とはいえ弱いわけでは無いと思うので、このカードに寄せた構築にすればまた変わってくるだろうとも。
強化自体としてはなかなか良い物を貰っただろうと感じるので、いろいろ試してみたいですね。

大会レポ ヴァンガード 2016/9/4


ブックスにのへ@2人
使用デッキ:Diablo

1回戦:メガコロニー(ダークフェイス)

相手がG1でアシストかつアシスト失敗。
広げながら殴り、相手に先にG3乗せて先攻超越。
アシストもあり広がらない相手に「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」を連打するゲームで特に問題なく勝ち。

1-0。
さすがに2人しか居ないとは思わなんだ。続くウィクロスの大会も2人しか居なかったようで、そういう時期なんだろうか。

来月からは優勝プロモがもらえるようになるとのことなので、来月からはまた人が増えるんじゃないかなとは思いますけどね。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード