スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポ ヴァンガード 2016/07/30


ブックスにのへ@7人
使用デッキ:Diablo

1回戦:不戦勝

2回戦:バミューダ(シャングリラスター コーラル)
×
先攻。
相手は連携に失敗しつつ、「シャングリラスター コーラル」のクロスライドも達成できない全く強くない状態。
しかしこちらはこちらで「デススプレイ・ドラゴン」しかG3を引けず、1スキップを挟んでなんとか「ブラスター・ダーク “Diablo”」へライド。
先攻超越「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」から効果を使うも、捲れた2枚がダークDiablo2枚とあって弱いとかそういうレベルじゃない。
Gガーディアンを挟まれ、相手の初回超越は「学園の綺羅星 オリヴィア」。これを完ガ使用で凌ぎつつ、「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」に超越していくも、「黒鎖霊舞陣 カエダン」は絡められ無かった上に当然のようにトリガー0。
ガード値も全く増えず、相手の2度目のオリヴィアと「憧れの煌めき スピカ」の連パンを止めきれずに死。

3回戦:かげろう(ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”)

後攻。
後3で「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」へ乗るいつもの流れ。
「黒鎖炎舞陣 ホエル」を置きつつパンプを2回、ダムドのコストで「黒鎖霊舞陣 カエダン」を食いつつ、殴るとVをノーガードされる。
ここでクリティカルを捲り、相手が4点。カエダンでスペコからライン形成してRでアタック。
これも受けられ、3回パンプとトリガー2枚乗ったホエルで殴るとガードできないようで6点目入って終わり。

2-1と言う体の1-1。
定期的に来る、シャドウパラディン使っていて勝てないシーズン。
大体次のシャドパラ情報が出た辺りで勝てない時期が来る気がする。
まあ今回は大会始まる前にパック買ってたら「ピースフルボイス レインディア」のWSPを引くという運の良さを発揮したので、そっちに吸われた感がありますな。

新規のシャドウパラディンは新シリーズのキャラが使うとのことなので、「ブラスター」「Diablo」「クラレットソード・ドラゴン」辺りの名称は持って無さそうな気もしますね。
今のところシャドウパラディンにはキーワード能力が存在しないので、それを使うのかなあと漠然と。

上から順にパシフィカコーラルDiabloオバロ。謎のバミューダ環境。

2 かげろう
  2 オーバーロード
2 バミューダ
  1 パシフィカ
  1 コーラル
1 シャドウパラディン
  1 Diablo
1 メガコロニー
  1 ダークフェイス
1 グレートネイチャー
  1 アルシャ
スポンサーサイト

大会レポ バトルスピリッツ 2016/07/24

ブックスにのへ@4人総当たり
使用デッキ:黄色

1回戦:赤緑タッチニルヴァーナ
◯◯

2回戦:エグゼシード
◯◯

3回戦:武竜
◯◯

3-0。
どのデッキにも「ディーバメドレー」が有効で非常に楽であった。
バーストメタもほぼ出てくることがなく、存分にバーストできたのも良し。
一番危なかったのは3回戦の1戦目で、相手の盤面のシンボルが5つになった時点でフルアタックされるだけで死んでた。
2戦目も動けないターンが長く、うまく殴られていたら負けていた盤面はもう少しあったような気もする。相手が上手くなかった。

もう裏Xも変わってしまうとか聞いたので、せっかくならと1枚確保してきた次第。
少しはバトスピもやっていきたいところ。

大会レポ ヴァンガード 2016/07/23

ブックスにのへ@5人
使用デッキ:Diablo

1回戦:バミューダ(PRISM-S ヴェール)
×
先攻。
初手ヒール2枚のG1無し。アシストからライドしていく。
初回「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」スタートで、「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」を投げていくも、スペクトラルがさっぱりトリガーを捲らない。
2度のスペクトラルでトリガー0という事態で全く相手が死なず、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」に超越した時点で山が4枚。
かつデッキにトリガー1枚ということでどうしようもなく。

0-1。
トリガー捲れない日であった。
強いて言うなら1ターン目はアシストせずにターン返したほうが良かったかもしれない。

大会レポ ヴァンガード 2016/07/16


ブックスにのへ@6人
使用デッキ:Diablo

1回戦:たちかぜ(帝竜 ガイアエンペラー)

先攻。
相手の初回超越ターンにGガーディアンを投げ、返しに「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」。
横に「黒鎖炎舞陣 ホエル」を2体並べ、Vのアタックでクリティカルを捲り、そのまま押し切る。

2回戦:シャドウパラディン(撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”)

後攻。
G3までの4回アタックを全て守られず、こちらの超越時点で4点。
「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」で「ジャッジバウ・撃退者」を焼きつつ、相手の盤面更地でターンを返す。
全展開から双闘かな?と思っていたらそれすらできないリソースだったらしく、「暗黒騎士 グリム・リクルーター」単騎アタック。
こちらは2点で全然受けられるものの、トリプルクリティカルが唯一の負け筋なのでGガーディアン絡めて完全ガード分投げるとなんとトリクリ。危なすぎわろた。
あとは返しに「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」でクリティカル2枚めくってオーバーキル。

3回戦:バミューダ△(PRISM-I ヴェール→PRISM-P ラブラドル)
×
先攻。
G3タイミングで「デススプレイ・ドラゴン」のみ。乗りたくないのでスキップしてみるも「ブラスター・ダーク ”Diablo”」は引けず、やむを得ずライド。
手札もブラスターやらDiabloのサポートばかりでどうしようも無く、仕方なく普通に「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」へ。
「ダークサーガ・ペインター」を捲るも、VがDiabloではないのでG1になれずに1枚焼き。もうこの時点で無理ゲーの香りしかしない。
ダークへの乗り直しから「暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo”」でワンチャンを狙うもクリティカルは捲れず、返しの「PRISM-サンシャイン ヴェール」からの「PRISM-P ラブラドル」へのブレイクライドが止められずに負け。

2-0で2位。
バミューダ戦は「デススプレイ・ドラゴン」に乗る羽目になったのもあるけれど、1枚も完全ガードを引けなかったのが響いた。
とはいえ、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」へ超越したターンに「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」に乗っていればまた違っただろうし、やりようはあったようにも思える。

「暗黒医術の撃退者」は無事4枚目が手に入ったので一安心。

大会レポ 遊戯王 2016/07/09


ホビースクエアにしな公認@14人
使用デッキ:ブラック・マジシャン

1回戦:儀式青眼
××
先攻。
1:《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》を置いて《黒の魔導陣》《永遠の魂》を構える。
《SRベイゴマックス》から3が2体並んで、彼岸あたりかな?と思っていたら《トーテムバード》が登場。これでバックが死に、《高等儀式術》《カオス・フォーム》で《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》が2体並ぶ。《皆既日蝕の書》は握っていたのでワンチャンくらいあるか?と思ったものの、さすがに返せず。
2:相手の引きもあまり強く無いようで、動きが弱い。無理やりカオスマックスが出てくるも、相手の手札は空でこちらは皆既と魂、魔導陣を構えているのでまあ大丈夫だろうと思っていたらデッキトップから降ってくる《電光-雪花-》。負け。

2回戦:リチュアハンデス
○○
なんだかやたらと相手のデッキ枚数が多い。
1:《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》を置いていたら相手が《リチュアの儀水鏡》を撃ってきたので仕方なしに止めたらそのまま止まって終わり。
2:相手の儀式に《増殖するG》を合わせる。突っ張ってきたので盤面固められそうだなあと思っていたら、最終盤面が《イビリチュア・テトラオーグル》《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》手札2枚。
いやいやいやと思いながら攻撃力4000と化したサイレントマジシャンでぶっ飛ばしつつ返しを止めて勝ち。

3回戦:ABC
○○
後攻。
1:相手の初動は《フォトン・スラッシャー》から《ゴールド・ガジェット》効果。ここに《増殖するG》を合わせると《ギアギガント X》まで。こちらは普通にブラマジの動きをしていくと、《ユニオン格納庫》の無い相手のリソースが消えていったのでABCが出てくることもなく終わり。
2:またも格納庫無しの模様。さらに今回はフォトスラから《B-バスター・ドレイク》通常召喚でギアギガすら出てこない。《霊滅術師 カイクウ》で除外封じながら殴っていく。
《闇の護封剣》で数ターン止まるも、大勢に影響はなく、最後の《ユニオン格納庫》を《マジシャンズ・ナビゲート》で止めて終わり。
そして冷静に考えると《永遠の魂》置いていたから《ブラック・マジシャン》は裏返りませんでしたね…

4回戦:機械天使
××
1:先攻取って《黒の魔導陣》《マジシャンズ・ナビゲート》を構え、《宣告者の預言》にナビゲートを合わせる。しかしここに《増殖するG》を当てられ2ドローを許し、2枚目の予言から2体目の《神光の宣告者》が2800で出てきて返しきれず。
2:パーデクの横に4000になった《サイバー・エンジェル-美朱濡-》が並んで死。


2-2。
ちゃんとマッチが出来る大会に出るのは半年ぶりくらい。
せっかくなのでとブラマジ使ったら、14人中3人がブラマジで首を傾げる。さすがに3人もいるとわかってたら魔導にした。
1回戦の2本目なんかは、自ターンで皆既使って殴りに行ってたら取れていたゲームで、このへんの感覚を失っているのが悲しい。やはりプレイしないとダメですね。
ABCはともかく、儀式青眼や機械天使と無理ゲーを強いてくるデッキが多くてなかなかにアレ。思ったよりはなんとかなりそうな感じもあったけれど辛いもんは辛い。

2次会はコンセプトデュエル。
ブラマジで遊戯とか幻影騎士団でユート、と思ったものの、遊戯は《オシリスの天空竜》が無いし、ユートは幻影騎士団20枚以上が達成できなかったので幻影騎士団に《ウィジャ盤》セットと《ダーク・サンクチュアリ》を入れたバクラコンセプトのサイレント・ソードマン入り幻影騎士団という遊戯なんだかユートなんだかバクラなんだか分からんデッキで参加。

1回戦:海馬(青眼)
×

2回戦:十代(融合HERO)
×

サンクチュアリはともかく、ゴミ7まいがキツすぎわろた。
青眼戦は《ヴェルズ・オピオン》を立てられると思って動いたら《幻影騎士団ダスティローブ》と《幻影騎士団ラギッドグローブ》を見間違えていて無事死亡。
コンセプト終了後にHEROとフリーしてたらダークサンクチュアリだけで7000削るゲームが発生したりしてこれはこれで楽しかったのである。

大会レポ バトルスピリッツ 2016/07/02


トレカショップジョニー@8人
使用デッキ:ツル

1回戦:紫異魔神
××

2回戦:紫異魔神
○○

3回戦:殻人
×○○

デッキを持っていったわけでは無かったので借り物のツルwithゴッドゼクスで参加。
こちらのカードはともかく、相手のカードはほとんどテキストがわからず。
特に紫の、マジックの使用コストがスピリット上からしか払えなくなるやつとか完全に初見殺されだった。
1回戦はどちらもそれに負け。
2回戦は1回戦に比べて多少下手だったうえに異魔神ブレイヴが出てこず。
3回戦は1戦目こそスピリット疲労させないとブロック不可になるスピリットで死んだものの、あとはわりとコントロールしきる感じ。

紫の理不尽押し付けてくる感じの現代バトスピは怖い。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。