大会レポ ヴァンガード 2016/06/25


ブックスにのへ@6人
使用デッキ:Diablo

1回戦:かげろう(ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”)

後攻。
特に困ることもなく、普通にプレイ。
初回「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」は1枚焼きも、返しの「破天皇竜 ボーテックス・デザイア」に「ダークエレメント ディズメル」を投げて「黒鎖炎舞陣 ホエル」を守っていく。
この時点で相手は4点であり、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」でそのまま6点まで押し込んで勝ち。

2回戦:かげろう(ドラゴニック・ブレードマスター)

先攻。
相手は3を引けないようでライドスキップ。こちらは「エアーエレメント シブリーズ」でGB開放しつつ、「闇夜の乙女 マーハ」「ダークハート・トランペッター」「ダークサーガ・ペインター」でラインを作ってガンガン殴りに行く。
そこに相手の初回超越「神竜騎士 ムスタファー」からリア2体のスキルが連鎖して盤面が更地にされるも、返しで「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」のガード制限で詰めに行く。
しかしここで相手の手札からヒールトリガーが3枚飛んできて、Gガーディアン3体で守りきられてしまう。
そうは言うものの、こちらの手札に完全ガードが入っていることは相手も見えており、ダメージは未だ3点ということで相手の勝ち筋は「超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス」からのダブクリ以上くらい。
ヌーベルバーグをノーガードするとトリガーは無し、返しで死が確定しているのでここで投了貰う。

3回戦:ロイヤルパラディン(サンクチュアリガード・ドラゴン)
×
後攻。
初手にG3が2枚。1枚戻すも、G3ライドターンまでに3枚戻ってくるG3。
おかげで2ターン目の「光と闇の愛弟子 リュー」「ブラスター・ブレード」「フローラルパラディン ふろうがる」のアタックをほぼすべて受けるはめに。
ここからゲームが終わるまでヒールが捲れず、「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」のトリガーも強くなくさすがに返しきれずに負け。


2-1。
かげろうと2連戦したものの、一度もGガーディアンによる除去を受けなかったのであまり強さがわからなかった印象。
そしてまたサンクに負ける。わりとどうしようも無さ。

2 かげろう
  1 オーバーロード
  1 ブレマスオバロ
1 ロイヤルパラディン
  1 ブラスターサンク
1 シャドウパラディン
  1 Diablo
1 たちかぜ
  1 ガイアエンペラー
1 ギアクロニクル
  1 クロノジェット
スポンサーサイト

大会レポ ヴァンガード 2016/06/18


ブックスにのへ@7人
使用デッキ:Diablo

1回戦:かげろう(ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”)

後攻。
ガンガン「黒鎖炎舞陣 ホエル」を展開してライン形成から殴りかかる。
焼き自体はそれなりに貰うも、攻め手が無くなるほどではなく、きちんと完全ガードも引き込めたのでダブクリ負けもケアしながら「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」で押しこむ。

2回戦:ギアクロニクル(クロノジェット・ドラゴン)

後攻。
相手がGアシストをしているとはいえ、初回「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」が0枚焼きで「チクタク・ワーカー」も焼けずに良くない流れ。
しかし相手にさっぱりトリガーが乗らない上にこちらの捲りも強く、返しも何ら問題なく守り、「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」を投げつけた上でトリプルクリティカルを捲ってオーバーキル。
結局相手はアシスト+ノートリガーとゲームにならないゲームだった。

3回戦:ロイヤルパラディン(サンクチュアリガード・ドラゴン)

後攻。
相手は広がらない展開で非常に楽。
初回超越「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」は2枚焼きと強く、このVアタック自体も守られずに4点まで詰まる。
返しのアタックはしっかり完全ガードでダブクリ負けをケア、「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」へ超越してきっちり〆。

全体的に捲りが強く、特に負ける要素のないゲームが多かった。
珍しく「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」の出番が無い日である。捲りが強かったので「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」が非常に強い。

上から順にDiabloサンクギアクロたちかぜ。

2 シャドウパラディン
  2 Diablo
1 ロイヤルパラディン
  1 ブラスターサンク
1 かげろう
  1 ブレマスオバロ
1 たちかぜ
  1 ガイアエンペラー
1 ギアクロニクル
  1 クロノジェット
1 アクアフォース
  1 サヴァス

新制限。

すっかりヴァンガレポブログと化していますが遊戯王プレイヤーです。

準制限
《クリッター》
《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
《光の護封壁》

解除
《超再生能力》


今回の変更はこれだけ。
前々回の《Emダメージ・ジャグラー》《Emヒグルミ》禁止の回、その前々回の改定無しから見て、6ヶ月スパンでの改定が基本で、その間は緊急用の予備枠みたいなものだとは思っているので、今回の実質改定無しは特に違和感は無いですね。
まあ規制しようと思えばいくらでも案は出るでしょうけど、公式がそういうスタンスなので。

《光の護封壁》はライフ調整が必要な地雷デッキが使いやすくなるかもね、くらいで特に関係はなさそう。
《クリッター》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》はどちらもそれなりに使われる可能性はありそうですね、環境を変えるほどかはともかく。
サウサクに関しては、2枚になったことで《簡易融合》がより使いやすくなったと言えますね。
エクシーズ素材として簡易を使うデッキよりは、除去として利用したり、星1を場に出すために使うタイプのデッキが喜ぶ感じですかね。
個人的にはちょうど使おうと思っていたところだったのでわりと嬉しい形に。
《超再生能力》はブルーアイズあたりが強く使えたりしないんですかね?


改定があると期待していた人からすればかなりガッカリな改定ではあるのかなとは思います。
シンクロダークや先攻《デビル・フランケン》みたいなクソゲー感のあるムーブを潰してくれることに期待するということもあったでしょうし。
自分としてはもう少し変化があってもいいかなー程度で、特に不満があるわけでもないので、楽しく遊んでいきたいと思います。

大会レポ ヴァンガード 2016/06/11


ブックスにのへ@6人
使用デッキ:Diablo

1回戦:ギアクロニクル(クロノジェット・ドラゴン)
×
先攻。
G3ライドターンに「デススプレイ・ドラゴン」のみ。仕方がないので乗って行くも、返しの超越でクリティカル3枚。
完ガ投げてたので即死しなかったとはいえ、手札をゴリゴリ削られて無理ゲー感。
誤魔化しながら殴っていくも、続いて「時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション」で盤面更地にされてどうしようも無し。
ワンチャンにかけて「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で殴ってはみたものの、無慈悲な完全ガードで死。

0-1。
普通に「ブラスター・ダーク “Diablo”」に乗ってたら勝てたゲームだったと思います。

「暗黒医術の撃退者」の2枚目が手に入ったのでまあ満足。
そろそろ4枚揃えたいですね。

上から順にサンクDiabloギアクロたちかぜ。
2 シャドウパラディン
  2 Diablo
1 ロイヤルパラディン
  1 ブラスターサンク
1 かげろう
  1 ブレマスオバロ
1 たちかぜ
  1 ガイアエンペラー
1 ギアクロニクル
  1 クロノジェット

大会レポ ヴァンガード 2016/06/05


トレカショップジョニー@19人ダブルイリミ
使用デッキ:Diablo

1回戦:ゴールドパラディン(救国の獅子 グランドエイゼル・シザーズ)

後攻。
G1アシストかつ、相手の3ライドターンにリミブレ解除から「救国の獅子 グランドエイゼル・シザーズ」が飛んできて無理ゲーやなあ…と思ってたら相手のドライブで裏向きのカードが捲れる。
一応店員さんに指示を仰ぐとロスとのことに。勝ち。

2回戦:かげろう(ドラゴニック・ブレードマスター)

後攻。
相手の手札にガンガンG3が吸い込まれていく。初回超越「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」で2枚焼き、返しの相手の「破天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター “戴天”」にはしっかり完全ガードを投げる。
こちらは「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で4点から詰めに行く。コストで「黒鎖霊舞陣 カエダン」を食いながら6ヒールもケアする構え。
すると案の定6ヒール。ヒット時効果で「ダークハート・トランペッター」→「ダークサーガ・ペインター」と繋いで殴ると相手の最後の手札はG3でそのまま通って勝ち。

3回戦:エンジェルフェザー(黒衣の戦慄 ガウリール)

後攻。
お互い順当な進行。相手は「聖霊熾天使 ラファエル」で耐久戦の構え。幸いこちらもヒールを多めに捲り、トントンのゲーム展開。
ラファエルの回復で全然点が詰まらないものの、Diablo2種を使いながら無理やり押し込んでいく。
こちらの手札もガリガリ削れていった辺りで時間。今回のルールは後攻までプレイして点差で決めるものだったので、最終ターンに超越した「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」で点差がついてなんとか勝ち。

4回戦:ロイヤルパラディン(サンクチュアリガード・アーク)
×
先攻。
こちらのダメージゾーンにゴリゴリとトリガーが乗ってわりとありがたい展開にはなるものの、それでも普通に辛い。
初回超越でのドライブがトリガーなしで、相手の返しの超越自体はそれほど強くなかったものの、ドライブでトリガー2枚を捲られ、こちらのトリガー無しの手札では守りきれずに死。
相手のトリガー1枚少ないか、こちらのトリガーが1枚多ければなんとかなっただけに悔しさ。

5回戦:かげろう(ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”)

後攻。
こちらはクリティカルを貰って早々に4点入ってしまうも、初回超越でのドライブでダブルヒールを捲り、勝ったな感。
相手は超越コストに苦労し、「破天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”」が出てくるも大した問題ではない上に全く広がらない盤面だったので「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo」で〆。

4-1。
またもやサンクに負ける。先週と同じ人である。
ある程度相性の悪さはあるとはいえ、もう少し何とかなりそうな気はするのだが。


優勝はサンク。
3 ロイヤルパラディン
  2 サンク
  1 アルトマイル
3 かげろう
  2 オーバーロード
  1 ブレードマスター
2 ダークイレギュラーズ
  2 ブレイドウイング
1 シャドウパラディン
  1 Diablo
1 ゴールドパラディン
  1 エイゼル
1 オラクルシンクタンク
  1 ツクヨミ
1 エンジェルフェザー
  1 ガウリール
1 なるかみ
  1 喧嘩屋
1 ぬばたま
  1 超越
1 メガコロニー
  1 ギラファ
1 アクアフォース
  1 蒼波紋
1 グランブルー
  1 七海
1 ペイルムーン
  1 無限ペイル
1 スパイクブラザーズ
  1 双闘

大会レポ ヴァンガード 2016/06/04


ブックスにのへ@9人
使用デッキ:Diablo

1回戦:ロイヤルパラディン(サンクチュアリガード・ドラゴン)

先攻。
相手が超越コストをうまく引けないようで、完全ガードを切りながら超越してくるような展開。
お互いトリガーは強めで、クリティカルを捲った返しにヒールを捲る感じのゲーム。
超越コストで枚数を消費したのが響いていたようで、リソースが削れていったところに「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」。

2回戦:たちかぜ(帝竜 ガイアエンペラー)

先攻。
相手がG3ライドを3ターン失敗。こちらは「エアーエレメント シブリーズ」でGB解放しつつ殴っていくので問題のない展開。
クリティカル複数の負け筋だけをケアして無難に勝ち。

3回戦:リンクジョーカー(星輝兵 ダークゾディアック)
×
先攻。
初回超越でFVを焼いた返しに「滅星輝兵 カオスユニバース」から「星輝兵 コールドデス・ドラゴン」が2体降ってきて4面呪縛を食らう。
返しに1枠空いたスペースを使って「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”」で殴りに行く。
次の返しに全面呪縛を受け、そこからずっと呪縛し続けられる。
1面空いたところでもう一度スペクトラルを投げるも守りきられ、デッキがなくなるので投了。

2-1。
いわゆるLOリンクと対戦するのは初めてで、そもそもどういう展開をするのかもよくわからなかった。
とりあえずDiablo2種を叩きつければいいんだろうとは思ったものの、ユニバースとコールドデスで盤面に置かされたのでわりとどうしようも無かった。
早々に割りきって、リソースを削るために「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」を使っていくべきだったようには思える。
一応最後のスペクトラルが4枚全部トリガー捲っていたら守りきれなかったそうな。

上から順にリンクDiabloギアクロたちかぜ。
2 シャドウパラディン
  2 Diablo
1 ロイヤルパラディン
  1 ブラスターサンク
1 かげろう
  1 ブレマスオバロ
1 たちかぜ
  1 超越
1 グランブルー
  1 ナイトローゼ
1 ダークイレギュラーズ
  1 ブレイドウイング
1 リンクジョーカー
  1 LOリンク
1 ギアクロニクル
  1 クロノジェット 
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード