大会レポ ヴァンガード 2015/8/29


ブックスにのへ@10人
使用デッキ:シャドウパラディン

1回戦:メガコロニー

後攻。
相手がG2を引けない。
一度スキップから2度アシストしても引けないものの、ヒールを多めに捲って来ることもあり、超越までは漕ぎ着けられる。
しかしまあアド差は大きく、返しに「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」でスタンド封じされた3枚を喰いながらG1を2枚捲って焼きながら押しつぶすゲーム。


2回戦:シャドウパラディン

後攻。
相手は「覇道竜 クラレットソード・ドラゴン」軸。
今度は相手がG3に辿りつけないゲーム。そもそも2すら引けていなかったようで。
相手がアシストで2を持ってきた時点でG3が無く、超越されない手札だったのでこっちは3に乗ってガンガン殴る。
結局ゲームが終わるまで3が出てこなかった。


3回戦:ゴールドパラディン(青き炎の解放者 プロミネンスコア)

先攻。
後2で「ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”」をFVに当てて悪くないスタート。
相手の返しは「誓いの解放者 アグロヴァル」「定めの解放者 アグロヴァル」で一気に展開されてわりと辛い。
こちらはライドスキップからRを潰す形のプレイ。今思うと普通にV殴りに行ったほうが良かった気もする。
相手の初超越の「疾駆の黄金騎士 カンベル」には完全ガードを投げ、返しに「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」。この捲りがG1以下2枚で相手のRを焼きつくす。
続く相手の超越は「黄金竜 スピアクロス・ドラゴン」。
捲りはそこまで強くなく、これを受けて返しに「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」を起こしに行く。
ヒールが噛んでそこまで削れず、こっちは4点なので「青き炎の解放者 プロミネンスグレア」が飛んでくると厳しいなと思っていたものの、飛んできたのは「黄金竜 スカージポイント・ドラゴン」。
これに完全ガードを投げ、相手はアビス用のCBを与えたくないようでVを殴らずエンド。
「レインエレメント マデュー」への超越からドロップのアビスを回収して展開、殴るも詰め切れず、相手の返しを受けることに。
これは苦もなく生き残り、返しにアビスへの再ライドから手札の「闘気の撃退者 マックアート」を2枚投げつけ双闘、ドロップからトリガーを消しつつデッキから「無常の撃退者 マスカレード」を2体引っ張り山を圧縮。
Vのアタックに4点ノーガードを宣言され、ここでダブクリを捲る。
相手は1枚ヒールを捲ったものの、2枚目のヒールは無くなんとか勝ち。


3-0。
とはいえ1回戦2回戦は相手のライド事故だったので微妙に不完全燃焼感があるんですが。

討神魂撃は3パックしか買っていないものの、ここでシークレットパックを引き抜くという非常に運の良い引きをしたおかげで無事「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」を使うことができたのである。
せっかくなので「ファントム・ブラスター・ドラゴン(BR)」も入れてみたものの、1枚じゃ引けるわけでもなく。

ダムドは捲りに左右されるとはいえ非常に強いですね。
Gゾーンの選択が少し難しい気もしますけどどうなるんですかね。
とりあえずDiablo4ダムドガイザーリクルマデューにしましたけど。

ここからしばらくシャドウパラディンに追加が無いのでお財布には優しい。


今回の内訳。

2 シャドウパラディン
  撃退者
  クラレットソード
2 メガコロニー
  非名称
  マシニング
1 ノヴァグラップラー(アシュラ
1 バミューダ(PRISM
1 なるかみ
1 ギアクロニクル
1 リンクジョーカー(グレンディオス
1 ゴールドパラディン(青き炎

シャドウパラディンと並ぶトップメタはメガコロニーであった。
スポンサーサイト

大会レポ ヴァンガード 2015/8/22



ブックスにのへ@8人
使用デッキ:シャドウパラディン

1回戦:神器

相手が1に乗らず。

2回戦:ギアクロニクル(クロノジェット・ドラゴン)

後攻。
相手が普通にライドしてくれたので返しに「覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン」。
相手は超越コストが無いようでそのまま殴ってくる。
返しに「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」でリソースを一気に削りとる。
しかしここまででダメージに完全ガードが2枚飛ばされて引けない事態。
そこに飛んでくる「時空竜 ミステリーフレア・ドラゴン」。
3ノーせざるを得なく、ダブクリとミステリーフレア効果の2つの負け筋が見える。
トリガーはクリティカル1、ミステリーフレアは1123となんとか生き残り、盤面がら空きの相手に2回目のDiabloを叩き込んで勝ち。


3回戦:ロイヤルパラディン(探索者 セイクリッド・ういんがる)

後攻。
後1でクリティカルを捲るスタート。
Rを殴りに来たので、こっちも出てきたRをつぶしにいくスタイル。
相手のライドスキップをこちらもライドスキップで返し、FVを焼いていく。
「覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン」を投げ、相手の「朧の聖騎士 ガブレード」単騎は3乗り貫通投げて守る。
こちらの「暗黒騎士 グリム・リクルーター」は3乗り貫通投げられ、返しのレギオンアタックを受け、「闘気の撃退者 マックアート」2体コールからの「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」の双闘、Vのアタックに対する4ノーにクリティカル2枚捲って勝ち。

3-0。
ようやく完全ガードを「カルマ・コレクター」にしました。
今回CB回復一度も使ってませんけど。

決勝のシングは一昔前の形だったのでだいぶ楽だった。
一番危なかったのは完全に2戦目のミステリーフレア。

新弾の発売日はもう来週末なんですね。
今のところ「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」くらいしか確保するべきカードがないような気もするんですが。

デッキレシピ:遊戯王 魔導


モンスター(11枚)
魔導法士 ジュノン
魔導書士 バテル×3枚
魔導戦士 ブレイカー
霊滅術士 カイクウ
昇霊術士 ジョウゲン
エフェクト・ヴェーラー×2枚
増殖するG×2枚

魔法(19枚)
グリモの魔導書×3枚
セフェルの魔導書×2枚
ゲーテの魔導書×2枚
アルマの魔導書×2枚
ネクロの魔導書
トーラの魔導書
ヒュグロの魔導書
魔導書院ラメイソン×2枚
魔導書庫クレッセン×2枚
魔導書廊エトワール
ハーピィの羽根帚
ブラック・ホール

罠(11枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-×3枚
群雄割拠×2枚
一回休み×2枚
マジック・ドレイン×2枚
神の宣告
神の警告

サイドデッキ
魔導法士 ジュノン
霊滅術士 カイクウ
魔導戦士 ブレイカー
ヒュグロの魔導書
月の書
強制脱出装置×2枚
激流葬×2枚
王宮のお触れ×2枚
方舟の選別×2枚
大革命返し
エクシーズ・ユニバース

エクストラデッキ
氷結界の龍 トリシューラ
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
アーカナイト・マジシャン
マジックテンペスター
TG ハイパー・ライブラリアン
霞鳥クラウソラス
神竜騎士フェルグラント
ダウナード・マジシャン
シャインエルフ
ダイガスタ・フェニクス
ゴーストリック・サキュバス
聖光の宣告者
ガチガチガンテツ
アーマー・カッパー


今更ながら先週の大会で使った魔導。比較的真っ当な形(だと思う)。

・《魔導法士 ジュノン》1
《魔導教士 システィ》や《魔導召喚士 テンペル》を採用しておらず、手札にかさばると厳しいこともあって1枚。
一方でジュノンが出せないと返せないような盤面もわりと発生してしまうのでサイドに1枚。HEROみたいな相手には増やす。

・《魔導書庫クレッセン》2
貴重な初動ではあるものの、やはり後引きが辛い。
うまく《魔導書院ラメイソン》が回っていれば良いものの、これもダブると打ちづらいので2に抑える。
《魔導召喚士 テンペル》や《魔導教士 システィ》を採用するなら3でいいかとは思う。

・《魔導書廊エトワール》
永続で引き伸ばしているうちにカウンターを増やして打点を伸ばす。
これで押し切ったゲームが何度かあって、そこそこ活躍した印象。
5個程度カウンターが乗るあたりから強くなってくる。
破壊時のサーチ効果もあり、多少は全体除去に耐性が付くと言えなくもない。

・《群雄割拠》
魔法使いで固まっているので無理なく採用可能。
EMEm系統やテラナイトのような盤面解決をエクストラに頼るデッキには強い。
クリフォートには全く効かず、HEROにはエクシーズ体を出させないことはできるものの《マスク・チェンジ》は許してしまうので無条件に信頼できるほどではないか。

・《一回休み》
これも比較的無理なく採用できる永続。
割拠などとは違い、相手のテンポを遅らせることができるのはメリットと言える。
特に魔導はゲームが長引いたほうが有利に立ち回りやすいこともあって相性は良い。
先に《魔導法士 ジュノン》が着地していると発動できなくなるのは注意が必要なところ。
逆に既に表にしてあれば《トーラの魔導書》で効果無効と守備表示変更をすり抜けられる。

・《マジック・ドレイン》
魔法を無効にする不確定カウンター。
昨今のペンデュラムデッキは魔法の採用が少なめで、カウンター自体は決まりやすい。
《E・HERO バブルマン》の関係で手札を伏せてしまうHEROに対しても打ちやすい。
スケール設置に対してカウンターが可能で、発動自体を止めるためエクストラのリソースを増やすこともない。
永続系のデッキに対して致命傷となる《ハーピィの羽根帚》も止められる可能性が上がるので悪くはない。

などと言っているものの、《マジック・ドレイン》がそこそこ使えるらしい、という話を聞いてまず入れてから理由を考えた感じである。
昔のカードが使えるのは楽しいのだ。

・《聖なるバリア-ミラーフォース-》
後出しで盤面を解決できるカードとして選択。
場に魔法使いを残しつつ相手のモンスターを消したかった。
永続でエクシーズを抑える分横に広がりやすいのでそれの対処としても。

エクストラのカードで使ったのは《TG ハイパー・ライブラリアン》《ゴーストリック・サキュバス》《ダウナード・マジシャン》だけ。
大体《ダイガスタ・フェニクス》《ゴーストリック・サキュバス》《シャインエルフ》《ダウナード・マジシャン》くらいしか使わないので他は自由枠と言えなくもない。

サイドデッキの話。
あまりマッチ戦をプレイしていなかったこともあってサイドはボロボロ。
前述のジュノンに墓地依存に対する《霊滅術師 カイクウ》、魔法罠除去の《魔導戦士 ブレイカー》。
これらはモンスターを増やしたい時にも入れ、それに合わせて《ヒュグロの魔導書》も投入する形。

《王宮のお触れ》は永続系に対して効けばいいなあという感じ。
クリフォートやテラナイトに当ててくイメージではあった。
こっちは《ゲーテの魔導書》があるのでそんなに悪くもないと思うがしかし。

《強制脱出装置》《月の書》はシステム系のモンスターに対して、《激流葬》はそれに加えて展開に対する抑止。

《方舟の選別》はEMEm系に対して。
話題になった《エクシーズ・ユニバース》も入れてみたもののそんなでもない。

《サイクロン》を入れていくつもりだったのに忘れたまま大会が始まってしまって、サイド見てうわぁ…ってなったやつ。
サイドの組み方は大会出るようになってからずっとわかんねえと言い続けている気がする。

今の環境で魔導を使うのは厳しい感じではある。
永続をきっちり引ければそこそこ立ち回れるとは言え、もう少し低速環境になってくれないと辛い印象。
《幽鬼うさぎ》が《魔導書士 バテル》《魔導書院ラメイソン》《一回休み》に刺さったりするのも良くない。

それでもまあなんとかやってやれないことも無いように思えるのでそれなりに考えていこうと思います。

大会レポ バトルスピリッツ 2015/8/8

トレカショップジョニー@12人
使用デッキ:黄色い尖塔コントロールのような何か

1回戦:機巧
○○
1:「機巧武者サイウン」コアブから「巨腕の機巧武者ラカン」が出てきたものの、乗っているコアが少なかったので自爆特攻から「マーク・オブ・ゾロ」で消し去る。
黄色装甲は居ないようなので、「ディーバメドレー」「アルティメットプラズマ」に「アルティメット・カグヤ」でバウンス祭りで押し切る。
2:盤面を固められ、「魁の覇王 ミブロック・ブレイヴァー」が登場。これに「シユウ」が合体してライフをひたすら取りに来る。
そこに「アルティメット・オーディーン」が追加されて死にそうになるも、ひたすらシユウを使わせて相手のデッキを削る。
オーディーンは「イリュージョンミラー」で固まってもらい、「絶甲氷盾」でバトルを終わらせ、のこり11枚になった相手デッキに「巨人猟兵オライオン」。

2回戦:機巧
○--
全くと言っていいほど動けず。しかし相手も全く殴ってこない。
そのうちに「侵食されゆく尖塔」「英雄皇の神剣」とネクサスを広げていく。
そうして初めて召喚したカードが「巨人猟兵オライオン」。
相手の「そっちかー…」みたいな声を聞きつつも結局真っ当に動けない。
こいつを回収してもう一度召喚する算段を立てていたら「大機巧武者コンゴウ」のボトムバウンスを食らってどうしたものか。
盤面をみると相手のレベルがレベル2だらけなので「アルティメット・カグヤ」を投げつけ、ライフを削りにいく。
「アルティメット・ミカファール」も合わせてライフを順調に削り、のこりライフ1でターンが帰ってきたので意気揚々とミカファールで「ディーバメドレー」を撃つと「効きません!」。
なんぞと思ったら「六絶神 鉄壁のクロム・リゼルファー」の効果らしい。
さすがになんも効かないスピリット10体を越えてライフ取るのは無理そうなので、ボトムに飛ばされたオライオンの掘りに行く作業が始まる。
幸い「侵食されゆく尖塔」は除去され無さそうなので、「No.38 ラブプリンセス」のドロー効果を使用するために手札で腐ったマジックを片っ端から撃っていく。
手札を入れ替え、トラッシュから「絶甲氷盾」を回収する動きを繰り返しているうちに、相手のデッキが勝手に削れていく。
さらに制限時間が近づいてきたので負けない盤面を作る方向にシフト。
結局時間切れで後攻までプレイのところでこっちターンに「ライフレボリューション」でライフを回復、ライフ差で勝ち。


3回戦:妖戒
○○
1:「No.38 ラブプリンセス」で相手のネクサスを止め、出てきたスピリットを「ディーバメドレー」で片っ端からボトムに飛ばす。
2:相手の動きがあまり早くなかったのでしっかりアルティメットで盤面固めて押し切る。


4回戦:青緑@蜻蛉さん
××
1:動けない手札のうちに盤面を固められて死。
2:バースト伏せるも殴ってくれないので上手いこと動けず、固まった盤面からバースト封じマジック封じで5点持っていかれて負け。

3-1。
遊戯の大会終わった直後、というか終わらないタイミングからギリッギリで参加したのでデッキは全く弄っておらず。
対戦した経験のあるデッキが最後の青緑だけなのでほとんどのカードを確認することになったのである。

青緑は今のこのデッキだとあっちのフィニッシュ盤面のタイミングとこっちの盤面固めるタイミングが相手の方が早いので勝ち目は全くありません。

前に比べとだいぶアルティメットが減ったので、マジックがだいぶ通るようになったのは嬉しいところ。
デッキとしてはいわゆる尖塔コントロールと言えなくもない形なので、新規のカードを混ぜつつ少しは弄っておきたいなあ。

大会レポ 遊戯王 2015/8/8

トレカショップジョニー@14人
使用デッキ:魔導

1回戦:魔術師マジェスペクター
×○○
後攻スタート。
1:《魔導書士 バテル》に《エフェクト・ヴェーラー》を食らい、他のカードはマジェに効かないカードだらけで死。
2:相手の初動に《神の警告》を当て、《揺れる眼差し》に《マジック・ドレイン》を撃ちこんで《一回休み》で抑えこみ。
3:永続で押さえ込みながら《魔導書廊エトワール》にカウンター乗せてビート。

2回戦:EMマジェスペクター@じぇしぃ~さん
××
後攻。
1:魔導書引けず動けず。
2:先攻取るも、《魔導書士 バテル》《魔導書院ラメイソン》《ゲーテの魔導書》を構えるだけにとどまり、相手の展開を抑えきれず。

3回戦:霊獣
○○
後攻。
1:相手の初動が《霊獣使いの長老》×2と1伏せ。《霊獣の相絆》は食らうものの、初手の雑な動きのおかげかリソースが勝手に減っていったので《昇霊術師 ジョウゲン》やらで抑えこんでおしきる。
2:こっちのスタンバイに《魔封じの芳香》が飛んできてどうしたもんかと思ったものの、よく考えると魔導書全然引いていないので特に問題なかった。
《ハーピィの羽根帚》を食らって融合からライフ200まで押し込まれるも、《群雄割拠》でなんとか抑えこむ。
融合をさせず、芳香は《魔導戦士 ブレイカー》で潰してやる。《聖霊獣騎 ペトルフィン》がなかなか越えられず時間が掛かるも、動けない相手に負けない展開をするだけ。
結局最終的に相手のデッキから霊獣リソースが消滅する長期戦でなんとか勝ち。

4回戦:HERO
×○○
先攻。
1:ようやく先攻取ったと思ったら何も出来ず、《ゴブリンドバーグ》に《エフェクト・ヴェーラー》投げたりで誤魔化すも返しきれず。
2:先攻取って《ゲーテの魔導書》と永続、《聖なるバリア-ミラーフォース-》を構えるゲーム。相手の手札的に普通に超えてこられる程度のバックだったものの、ミスにも助けられてなんとか勝つ。
3:後攻で誘発無しのハンドに相手のスタートは《ヒーローアライブ》から《E・HERO エアーマン》。
最終的に《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》《E・HERO シャドー・ミスト》3伏せでターンが返ってくる。
スタンバイに《マスク・チェンジ》されるも、インフィニティに《月の書》を当てて《魔導戦士 ブレイカー》召喚。
これを除去されるもトップした《魔導法士 ジュノン》を投げ込む。相手の《強制脱出装置》は無意味で、《M・HERO ダーク・ロウ》とインフィニティをどちらも除去すると、ライフ半分なのと相まってどうにもならなくなったようで投了貰う。


3-1で5位らしい。
ボロボロに負けることを覚悟して参加したわりには思ったより勝てた。
ブログを読み返すとマッチ戦の大会に出るのは実に一年半ぶりくらい。
今回は1本目取れたのが一度だけなので、これがシングルだったら1-3ですよ。やっぱりマッチでプレイしたいところ。

しかしやっぱりリアルでやる遊戯王は楽しいのだ。

大会レポ ヴァンガード 2015/8/1


ブックスにのへ@8人
使用デッキ:撃退者

1回戦:撃退者(撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”)

後攻。
後1からガンガン広げる。
相手はライドスキップ無しだったので乗ってそのまま超越。
相手の超越を適当に流しつつ押し込んでいくと特に問題もなく押し切る。


2回戦:メガコロニー

後攻。
広げて殴る。
相手のG2でライドスキップされ、返しにこっちはG3にライド。
続く相手のターンもスキップ、普通に殴っていくと結局3がなかったようでそのまま終わり。


3回戦:撃退者
×
後攻。
マリガン後で01123。
せっかくの後攻も広げられる手札でなし。
G2ターンも広げられず、「ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”」も打てず。相手には打たれる。
ライドスキップはされなかったものの、こちらが乗るのは「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」。
「覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン」と「真黒の賢者 カロン」で無理やり動くも完全ガードが複数入るのみで強くない。
返しの相手もオーラガイザー、これを通すもクリティカルが入り、手札も守れるような手札でなく厳しい展開。
相手はまだ2点という状態で、相手に完全ガードなしで起こしたアビスにクリティカル乗せてぶち抜けばワンチャンといったところ。
完全ガードはなかったものの、クリティカル1枚込みのトリガー2枚に留まり守りきられる。一度目のアタックで後1枚乗ってれば押し込めたがしかし。
返しに当然「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」。
こちら4点の相手トリガーなしで6ヒールすればチャンスはあったものの、ヒールは捲れず負け。


決勝で負けの2-1。
最後はかなり厳しい展開だったのである程度は仕方ないような気もする。先攻だったら問題なかったようにも思える。
シャドパラミラーは序盤で決まる、っていうあれの典型的なパターンという感じ。
強いて言うなら最初のマリガンで1と2を引き込めるような形の手札交換をすべきだったか。
3まで乗れても勝てない手札なんだからしっかり変えていくほうが良かったかもしれない。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード