スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽妙の撃退者 デイルノン

軽妙の撃退者 デイルノン
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)]: あなたのヴァンガードが【双闘】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、『【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させて良い。退却させないなら、そのバトル中、相手はカードを手札から(G)にコールできない。』を与える。


急に情報が来たので。覇道竜星のCMからみたいですね。

効果は双闘時CB1で自分のヴァンガードに「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」に似たガード制限効果を付与するもの。
あちらと違い退却させる枚数は1枚になっていますが、撃退者の双闘ユニットといえば「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」。
レギオンスキルでVスタンドするため、ガード制限は2回発揮することが可能ですね。

複数体並べて複数発動した場合、ガード制限の効果はその分重なるらしいので、2体置けば相手に4枚の退却と22000以上のアタックを2度守らせることになります。2体置ければ勝ちまで持っていけそうです。

書いてあることは非常に強く、ゲームエンドを狙えるユニットだと言えそうですね。

じゃあ欠点はなんだろう。

・CBを消費する
「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」は自身の効果起動にCB2を使用します。
そこにこのカードを使うとなると、表のCBが3枚必要になるわけです。
この点は「ブラスター・ダーク・撃退者」「督戦の撃退者 ドリン」によるCB回復や、超越ビートでCBを使わないような立ち回りをすることで補えるレベルであるものの、複数並べようと考えるのであれば必要なCBは4となり、なかなか難しくなってきそう。

・枠がない
撃退者(というかシャドウパラディン)のG2は非常に激戦区。
「ブラスター・ダーク・撃退者」「ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”」「闘気の撃退者 マックアート」「詭計の撃退者 マナ」etc...
このカード自体は複数引ければそれだけカードパワーが上がるため複数投入したいものの…

・序盤は?
あくまでガード制限であるため、相手のダメージが少ないうちは効果を使ったところでノーガードされるだけ。
それでも2回殴ればどちらかは止めてくるでしょうが、それではCB1で対象を指定できない除去を撃ったに過ぎず。
点を詰められれば強く撃てるものの、序盤はバニラになりやすいのは気になる点ではある。

・オーバーキルではないか?
そもそもガード制限しなくてもアビス起こすと相手は死ぬみたいなところがある。
このカードに割くCBを除去なり展開なりに利用して盤面を有利にしていくほうが強いのでは?


ミラー戦などでは有利なのかもしれない。
「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」を撃つと返しで殺されるなら、殺せる状況を作ってから撃てばいい。
「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」で超越ビートしつつ手札にデイルノンを集め、ブレイクライドからレギオンでゲームエンドを狙う、といったゲームプランもありだったりするのだろうか。

カードとしては強いけどデッキとしてみると必要ない、みたいな感じになりそうな気もするんですけどね。
実際どのくらい使われるんでしょうねこのカード。

しかしこのタイミングで双闘時誘発のカード出すんだなーと。
撃退者名称も持っているわけで、もう少し撃退なり双闘なりが収録されるんですかね?
Gユニットらしきカードのイラストはファントムブラスターにしか見えなかったので、新規の超越はブラスター名称を持っていそうな気はします。

スポンサーサイト

デッキレシピ:ヴァンガード シャドウパラディン

グレード3(8枚)
ブラスター・ダーク “Diablo”×4枚
撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”×4枚

グレード2(10枚)
血戦の騎士 ドリン×3枚
闇夜の乙女 マーハ×3枚
ブラスター・ダーク “Abyss”×2枚
闘気の撃退者 マックアート×2枚

グレード1(15枚)
暗黒の撃退者 マクリール×4枚
無常の撃退者 マスカレード×2枚
力戦の騎士 クローダス×3枚
ダークハート・トランペッター×3枚
真黒の賢者 カロン×2枚
黒翼のソードブレイカー

グレード0(17枚)
ジャッジバウ・撃退者
撃退者 ウーンテッド・エンジェル×4枚
撃退者 エアレイド・ドラゴン×2枚
厳格なる撃退者×2枚
氷結の撃退者×4枚
暗黒医術の撃退者×4枚

Gゾーン
暗黒竜 ブラスター・ダーク “Diablo”×4枚
真・撃退者 ドラグルーラー・レブナント
暗黒騎士 グリム・リクルーター
レインエレメント マデュー
スノーエレメント ブリーザ


「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」のVスタンドとレジェンドデッキのGB組を両立させたかったデッキ。
Vスタンドもそこそこ自然な流れで撃てるような気もする程度にはなったのでとりあえず。

超越ビートしながら詰めでアビスを狙うのが恐らく理想の形。
基本的に「ブラスター・ダーク “Diablo”」に乗ったほうが融通が効きやすいか。
Diabloだと「ジャッジバウ・撃退者」が反応できないものの、「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」で無理やり使っていくことは可能。
残ったら残ったでコストにしていけばよし。Vスタンドする頃まで残っているかは怪しいところだけれど。

撃退要素にしろGB要素にしろ言ってしまえば中途半端なのでだいぶピーキーな感じになってしまった。
まだまだ調整の余地はあるだろうし、そもそも撃退に「ダークハート・トランペッター」を数枚入れるだけのほうが強かったりしそうでなんとも。

大会レポ ヴァンガード 2015/4/25


ブックスにのへ@11人
使用デッキ:シャドウパラディン

1回戦:ノヴァグラップラー(メッチャバトラー ビクトール)

後攻。
できるだけダメージ抑えながらターンを進めるも、相手の超越で一気に点を詰められる。
相手は「エナジー・ガール」をガンガン置いてきたので盤面のリソースが減少。
こっちは一度目の超越で「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」、効果は使わず除去を入れていく。
相手の2度目の超越、「ビクトカイザー メテオプラズマ」を何とかしのぎ、返しにガー不のDiablo入れて勝ち。

2回戦:撃退者(撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”)

後攻。
相手はG1でライドストップ。しかしこちらもG2が居ない。
お互いGアシストも外してなんとも言えない展開に。
こちらの2度目のGアシストでG2を引き込み、先にG2へライド。
相手は返しにアシスト無しでG2へ。ようやくゲームが始まる感。
とはいえ、クリティカル捲られているせいでダメージがだいぶ不利な展開。
とりあえず先乗りから、返しの超越に完ガ、こちらも超越で返していく。
これ自体は守られるものの、「闇夜の乙女 マーハ」「黒翼のソードブレイカー」でしっかりアドバンテージを確保する。
続く「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」は3ノーから凌ぎ、返しに「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」を入れていく。しかしまだ2点からでトドメには至らず。
続くターンはダメージとソウルに「ブラスター・ダーク “Abyss”」が消えた相手が超越してくるも、これをきっちり守って、「血戦の騎士 ドリン」「力戦の騎士 クローダス」ラインを2つ作って押し込む。

3回戦:かげろう(煉獄竜 グロウスヴァイル・ドラゴン)

先攻。
序盤のアタックをきっちり守られた上、相手のG3ライドターンにダブクリを捲られダメージ差が0-4かつ完ガ無しという今日最大のピンチ感。
幸い返しの「暗黒騎士 グリム・リクルーター」は止められず、「ダークハート・トランペッター」「黒翼のソードブレイカー」でアドバンテージを増やす。ヒールも捲れたことで一息つける状況に。
超越、双闘されるも、単騎だったり後列無しだったりに加えこちらのダメージトリガーにも助けられて優勢に。
あとは2ターン続けて「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」のガー不食らわせて勝ち。

4回戦:シャドウパラディン(ブラスター・ダーク “Diablo”)

先攻。
G1でストップ&Gアシスト失敗。
次のターンもGアシストでここでなんとかG2引き込む。
相手は先に超越されるのを嫌ってG3へのライドはスキップ。こちらはライドして殴りに行く。
返しの「暗黒騎士 グリム・リクルーター」は完ガを投げ、返しにこちらもリクルーター。
除去入れるためだけに「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」が出てきたのでこれを通しつつこちらもDiabloへ。「真黒の賢者 カロン」を噛ませて3面残しつつガー不起動。これは守られるも相手もガー不を起動しに来る。3体食われたので退却させて完ガ投げ、のこり1列にトリガー全部投げつける。
あとはこちらのアタックはガード不能確定なのでしっかり盤面固めて殴り、おまけにクリティカル1枚捲って3点。

4-0。優勝でした。
さすがにそんな勝てないだろうと思いつつレジェンドデッキで出たものの、案外何とかなるものですね。
決勝は前列引けねえし「ダークハート・トランペッター」には繋がらないしでどうしたもんかと思ったわりにはなんとかなった。「力戦の騎士 クローダス」が強い。
相手のミスに助けられた場面もわりとありましたけども。

しかし先週と今週の計8ゲームで行ったGアシストの回数は実に7回。
ほぼ全ゲームでアシスト使っている計算で、アシストシステムが無い時代だったらボロボロだろうなと思う次第。

今回の内訳。
4 シャドウパラディン
    3 超越
    1 撃退者
1 ノヴァグラップラー
1 探索者(エクシヴ
1 抹消者
1 ギアクロニクル
1 かげろう(グロウスヴァイル
1 スパイクブラザーズ
1 なるかみ(ヴァーミリオン

と言った感じでさすがにのシャドウパラディン率であった。


続きは今回のデッキ。

続きを読む

レジェンドデッキ雑感。


レジェンドデッキを買ってきてそこそこ回したので感想をば。

・「ブラスター・ダーク “Diablo”」
ほぼ文句なし。
CB2があまり強くないと思っていたものの、GB2達成後はゲーム終了まで確実に超越し続けられるというのは優秀だった。
除去効果は言わずもがな。「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」のGペルソナを使うことを考えると2度しか撃てないものの、Gペルソナを使わず除去に回すのも相手によってはありかもしれない。
GB2の達成を第一に考えると、初手の超越は「スノーエレメント ブリーザ」にしてGゾーンを表にしに行くのも十分選択肢として入ってくる印象。
GB2の達成以後は手札にG3を抱える必要が無くなるのは大きい。
とはいえGBの対象は現状一種類しかなく、早い段階でPBDiを使わされると終盤の超越に支障が出る場合が無いこともないように感じたので新弾で「ブラスター」名称のGユニットが追加されることに期待ですね。

・「暗黒大魔道士 バイヴ・カー」
手札コスト。以上。
これに乗る羽目になったらさすがに負けでしょう。「真黒の賢者 カロン」でなんとしてでもDiabloを持ってきたいところ。
こういうところはGB達成後しか動けないのがちょっと辛いところか。
この枠は「ブラスター」ネーム持ちのなにかか、2止めされた時用の非GBユニットを採用すべきかと。
Rに置いてVに当てれば「ダークハート・トランペッター」のスペコで1列作り直せるけれど、10000要求しか取れないのもあってそんなに強くもないですね。

・「血戦の騎士 ドリン」
21000ラインの作りやすさが素晴らしい。
GBさえ達成していれば裏が無くても単体でVを殴りにいけるのも良い。
CB回復は有用ではあるものの、そもそもそこまで大きくCBを消費しないのであまり目立たない印象。

・「闇夜の乙女 マーハ」
普通に強い。バトル中のコールなので「ダークハート・トランペッター」を引っ張り、ダークハート列に「力戦の騎士 クローダス」を持ってくると16000ラインが成立するので、RRVRの4パンが可能。
カロンを持ってきて手札入れ替えをしたり、ドリンの裏にクローダスを持ってきたりとやることは多い。

・「外道の盾 マクリール」
まあ効果使える状況にならないよね。
GB無しで効果を使える数少ないカードなので、2ライドターンに置ければそこそこ。
前回こいつじゃライン作れねえだろって書いたけど、「力戦の騎士 ドリン」が9000ブースターなのでライン作れますね。
ここは「虚空の騎士 マスカレード」とかその辺にしとけばいいんじゃないだろうか。

・「真黒の賢者 カロン」
序盤に「ブラスター・ダーク “Diablo」を持ってきつつ、後半に「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」のコストになる綺麗な流れ。
GB2達成のめどが立ったら積極的にこのカードでデッキを圧縮したいところ。
G3サーチで圧縮かけてると「ブラスター・ジャベリン」を思い出す。
このユニットを利用することでPBDiのガード制限を2:2交換の除去として使えるようになることもあって、撃退なんかで使うPBDiよりもかなり使いやすい印象。積極的に撃っていけそうに思えた。

・「力戦の騎士 クローダス」
「血戦の騎士 ドリン」との21000ラインを作れるのは言わずもがな、GB解放で自ターン9000となるのでアタッカーとしてもブースターとしても動けるのは魅力。
G1と列を組んで16000出せるのがよい。

・「ダークハート・トランペッター」
強い。
SBなのでコスト競合を起こしにくいのは魅力。
普通に回すと再ライドすることはあまりないデッキなので、「ハウルオウル」でうまくコスト確保をしてやりたいところ。
特に「黒翼のソードブレイカー」を採用するとあっという間にソウルが消えるのでそこだけ注意。

・「髑髏の魔女っ子 ネヴァン」
中盤のG3フラッドを解消出来るだけでも悪く無いかという感じ。
トップから3枚目の完ガ引いてきて守りきれるパターンもあったりでまずまず。
Rを守れないのがどこまで問題になるのが知りたいところではある。

・「フルバウ・ブレイブ」
動くフルバウ。
このデッキだとサーチ先が「ブラスター・ダーク “Diablo”」しか無いこともあって相当使いにくい。
そもそもGB1を達成するためにG3が欲しいのに、そのG3をサーチするのがGBという辛さ。
GBまで行く前に焼かれてしまうことも多いと思われ、「クリーピングダーク・ゴート」あたりでいい気がする。
撃退者だと2枚目の「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」を探しにいけるのでありのように思えるものの、「ジャッジバウ・撃退者」を素直に使うほうがカードパワー高い感じでイマイチ噛みあってない感。

・「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」
「ブラスター・ダーク “Diablo”」と組んで除去打ちながらクリティカル増加で殴りに行くのが強い。
ガード制限は確実に通せる時か、リソースが上回っている時にカロン込みで撃つ感じだろうか。
撃退だとアビスをスタンドさせに行ったほうが強いことが多いので積極的に使うものではないけれど、リアガードを2体以下にすると即死が飛んでくるというだけでもプレッシャーになるのでその点は良い所か。

・「暗黒騎士 グリム・リクルーター」
レジェンドデッキではあまり優先しないような気がした。
とはいえ、当たると「ダークハート・トランペッター」から連鎖するので十分に強い。
これに関しては「ジャッジバウ・撃退者」を擁する撃退者が非常に強く使える。
当たると「黒翼のソードブレイカー」が2体飛び出て2ドローしつつ「督戦の撃退者 ドリン」まで置かれる。


メインの動きに絡まないカードは「暗黒大魔道士 バイヴ・カー」「外道の盾 マクリール」くらい。
他のカードは大体どれもシナジーがあって構築積みデッキとしての完成度は凄いんじゃないですかね。
結構そのままでも勝てたりしそう。しかし逆にいじりにくいまである。
バイヴカー、マクリールは入れ替え候補筆頭として、あとはマーハの枠は削れそうな気がした。
「黒翼のソードブレイカー」はぜひ採用したいカードなのでまずはそこからですかね。

ギアクロ同様2止めでバニラと化すのが気になってしかたがないものの、こればっかりは難しいか。
あとはどうしても超越主体ということで動き始めが遅くなってしまうのが辛いか。
自身が先攻であれば特に問題はないように思えたものの、先攻を相手に取られて序盤からガンガン殴ってこられるとだいぶ辛い感じがあった。
撃退とは違い除去はPBDiへの超越でしか撃てないので、速攻に対する殴り返しが難しいのは難点。

色々言ってますけど、ここ半年以上撃退しか回していなかったので新しいデッキは新鮮でいいですね。
撃退に関しても超越が増えたことで取れる選択肢は増えていますし、結構考えるところもできていい刺激になってる気がします。
超越型のシャドウパラディンはブースターパックが出てからが本番なので今度はそこを楽しみに待ちましょう。

外道の盾 マクリール

外道の盾 マクリール
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが【インターセプト】した時、あなたの後列のリアガードが1枚以下なら、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。


最後の未判明枠がこのカード。…弱くない?

所謂エスペシャルインターセプト枠。
インターセプトした時のガード値が15000となるのでガード値だけ見ればそこそこ。
とはいえ、条件は後列が1枚以下というもの。
レジェンドデッキの中だけを見ても、「ダークハート・トランペッター」とか「闇夜の乙女 マーハ」あたりと噛みあってなくて非常に使いにくく、「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」とかで後列食ってから使おうにも自身は撃退者ではなく、そもそもパワーが8000でまともなラインが作れないときた。
非名称のアタック時に1体食べる系のカードをメインVにするなら無しではないレベル?
それでも後列要件のせいで普通にエスペ使ったほうが良さそうですけど。

ということで、せっかくのマクリールなのにまず使われ無さそうですねというお話でした。

トリガーユニットは「撃退者 ウーンデッド・エンジェル」という新規クリティカルトリガーが追加されたので、撃退者でも無理なくクリティカル12枚構築が可能になりました。
やらない気がするけど。

発売まで後2日。
どう使うか考えながら待ちましょう。

東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.

新作が出るときだけ東方の記事書くマン。

東方Project15弾は「東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.」。
読みは「かんじゅでん」。また読みにくいし一発変換してくれず。

自機キャラは霊夢魔理沙の2人に、もはや基本キャラとなった早苗。
そして今回は新規自機キャラとしてうどんげこと鈴仙・優曇華院・イナバが登場することに。
これで紅~風までの5ボスは全員本編の自機キャラとして登場したことになりますね。

咲夜とか妖夢なんかは人間要素が入っているので、自機キャラは人間縛りでもあるのかなと思っていたんですけど、そういうわけでも無いみたいですね。
逆にこれで地霊殿以降の妖怪な5ボスも自機キャラ参戦の目が出てきたと言えそう。

前作は咲夜自機、前々作は妖夢自機、今作でうどんげ自機ということで、紅妖永意識の3作目なのかな?

*画面は開発中の物です。確実に変わるので色々推測しても無駄です。
だそうです。とは言えあれこれ予想するのは楽しいので知ったこっちゃねえぜ。

まずはタイトルの「Legacy of Lunatic Kingdom」から。
「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」「綿月のスペルカード ~Lunatic Blue」という月絡みのキャラのテーマに冠される「Lunatic」、そして自機キャラに鈴仙がいることを考えるとどっからどう見ても月が絡んでくる気しかしませんね?
「月の都の遺産」みたいな訳になるんでしょうかね。紺珠は月のアイテムかな?

次は紺珠。
とりあえずググって一番上のものを。
かん じゅ [1] 【紺▽珠】
手でなでると記憶がよみがえるという紺色の玉。唐の張説が持っていたという。

ふむ。レアアイテムっぽいなにかですね。
では唐の張説とは何者ぞや。

これもググったところ、唐の政治家、文学者らしいですね。
667―730くらいを生きた人らしい。永夜抄絡みのキャラを考えると、生年が700年前後と予想できる妹紅、ひいては輝夜が地上に居たあたりと被ってる感じがありますね。
これを考えるとやっぱり紺珠は輝夜秘蔵の月のアイテムか何かっぽい雰囲気。

システム面はまだまだ変わるんでしょうけど、複雑なシステムは排除したと言っていた輝針城に対して、かなり冒険したシステムになると言っている今作。
STGの部分はよりシンプル、とのことなので、星蓮船的なSTGとして複雑っていう感じではなさそう?
画面にもゲージとか何も無いですし。
鈴仙のキャラ選択画面のスクリーンショットにある「中断データあり」が気になるところで、セーブリセットでも出来るんですかね?

永夜抄、というか月まわりの話は好きなので、掘り下げられていく感じならいいなあと思いつつ。

「ブラスター・ダーク “Diablo”」&「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」

ブラスター・ダーク “Diablo”
ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】【Gブレイク】(2)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが2枚以上で有効):あなたが【超越】のコストを払う際、カード名に「ブラスター」を含むGユニットが【超越】するなら、あなたの手札のカードのグレードを+3する。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたの「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」が【超越】した時、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。


グレード3の「ブラスター・ダーク」。
所謂GB2と超越ボーナス持ちの互換ではありますね。

GB2での効果は「ブラスター」ネームのGユニットへ超越する時に手札のカードすべてにグレード+3するもの。
要するに手札のどのカードでも超越コストとして捨てることができるようになるわけですね。
あって損はなく、弱い効果ではないものの少し物足りない気はします。
GB2なので基本的には3度目の超越でしか使えず、超越先も「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」しかいないわけで。
ガード制限をしてくる「クロノジェット・ドラゴン」あたりと比べてしまうとちょっと見劣りしてしまう感は否めないかなと。
終盤に超越コストが無くて動きようがない、ということは無くなるので使ってみると便利だったりはしそうですけども。

最初の超越で「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」へ超越してCB1払うと表が2枚になるので、超越ボーナスを使いつつ次のターンにはGB2を有効になるため、そういうデザインがされている気もしますね。

超越ボーナスは「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」へ超越するとノーコストで除去を放つもの。
1種のカード名を指定しているので使いにくさはあるものの、ノーコスト除去は強力。
「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」のガード制限効果とも噛み合うのでわりと良さ気。


暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”
Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1) [あなたのGゾーンから裏の「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」を1枚選び、表にする] あなたのGゾーンの表のカードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1し、
『【自】【(V)】:[あなたのリアガードを3枚選び、退却させる]このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを2枚選び、退却させてよい。2枚退却させないなら、そのバトル中、相手はカードを手札から(G)にコールできない。』を得る。



ようやく公開の運びとなった超越ファントムブラスター。

効果はCB1とGペルソナによるパワー+10000とクリティカル+1。
ロイヤルパラディンの「神聖竜 セイントブロー・ドラゴン」のように扱えるだけでもいいですね。
さらにこの効果を使っている場合、アタック時に自身のリアガード3体の退却をコストに、相手に2体退却orガード制限の2択を迫る効果が発揮されます。
ガード制限はよくあるG0出せないとかG1以上はダメというものではなく、一切のガードができなくなるため非常に強力。
ただし、ガードされてしまう場合は自身のリアガード3体をコストに相手のリアガード2体を退却させる効果に成り下がってしまうため、使用タイミングはよく考えないといけないですね。
先にリアガードを殴ったり除去で相手のリアガードを1体以下に出来ればガード不能が確定するので、狙えるタイミングもありそうではあります。
【抵抗】持ちのユニットがいるならそれは退却できないため、相手のRをが全部抵抗持ちならガード不能になったりも。

後はこのカードもですけど、「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」や「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」のようなアタック後に3体退却しなければいけないカードは、返しに「ブラスター・ダーク “Diablo”」から「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」へ超越されるとリアガードが1体になってしまいガード不可が確定してしまうので注意が必要ですね。シャドウパラディンミラーはだいぶ面倒な気がするぞ。

退却コストを支払いたくない場合でも、パンプとクリティカル増加は使用できるのは嬉しいところ。
単純にこのカードが存在しているだけで、相手はRを少なく出すことが危険になるのでそういった意味でも影響を与えるカードではありそうです。

次からのシャドウパラディンが超越に寄せたほうがいいのか、撃退者に超越要素を組み込むような方向性がいいのかはまだ良くわかってないんですが、久しぶりの新規カードということで非常に楽しみですね。


烈火伝1弾雑感。


全然バトスピやってません(挨拶

大体烈火伝1弾の情報も出揃ってきてますね。
黄色は全部見えたので適当に。
最近全然プレイしてないので見当違いなこと言ってるかも。

・「戦国姫 那由多」
黄色のX。新系統「戦姫」のサポート能力持ちですね。
しかしレベル4があってBP27000まで上がるとかお前ホントに黄色かよって感じ。

レベル1からは戦姫のバトル中にマジックを撃つとそのスピリットはアンブロッカブルになる効果。
マジックに「インビジブルクローク」効果を付加するイメージ。
当然自身も戦姫なので、軽いマジックを打ちながらすり抜けていくのは強そうに見える。
アタック中にこのカードが焼かれるとクローク効果も消えると思われるので少し注意が必要か。
レベル3までは今までの黄色と大差ないBP効率なので、インフレが進んだBP除去が直撃しそうな気もする。

レベル2からはソウルコアが乗っている時のバトル中にマジックをノーコス使用するもの。
「1枚を」なので要するにターン1ですよね。
踏み倒しは当然強いので、他色のマジックでも撃っていきましょうか。

他に戦姫を採用しなくても、これにシンボル付きブレイヴ付けて殴るだけでも強そうな気はしますね。

・「戦国姫トリックスター」
トリックスターがまた増える。
レベル1からはアタック時。5枚オープンしてマジック回収。
最大5枚回収できるとはいえ、自身が6コストと軽くは無く、アタック時というタイミングもあって使いにくそう。
先の「戦国姫 那由多」と並べば強そうですけどそんな余裕は無いだろうと。

レベル2からは手札のマジックコスト-1。
これはループか?と思ったけれど指定が『自分のアタックステップ』でうーん。
3体並べて「聖魔皇メフィスト・フェレス」とかします?

・妖戒たち
デッキは成り立ちそう。
ぱっと見2コスビートと想獣ビートの中間くらいの印象が。
さすがに最新弾のカードとあってスペックは高めか。
「座敷ガール」でドローして「マヨイ家」から飛び出したり「朧ギッシャー」が飛び出してきたり、「カシャネコ」で回収されて低コススピリットが殴りかかってくる。
「火球アタック」も強く使えるのでそこそこ強そうに見えますね。

・「桜姫鶴」
回収効果持ちブレイヴ。
戦姫か黄色のマジックが回収できるだけでも及第点。
自身はシンボル無しなものの、合体時のアタック中にマジックを使うとダブルシンボル化。
軽減も3つと多めでなかなか使いやすそう。
今弾でいうなら「戦国姫 那由多」に合体してマジック回収、アンブロッカブルなダブルシンボルアタックが普通に強そう。

・「No.38 ラブプリンセス」
愛媛。
自分アタックステップ中にマジック撃つたび1ドロー。
ターン制限も無いので自ターン中は消費なしでマジックが使用可能に。「ライトニングデリバリー」とか撃ちたい。

レベル2からはソウルコアを置くことで「No.」以外のネクサスを無効化。
行動制限系のネクサスを一瞬でも無視できるのは強そう。
召喚時封じを消して、召喚時効果を使い終わったらレベル1に下げれば良いし便利なカード。

・「イエローリカバー」
黄色指定の「ダイヤモンドストライク」。
最大軽減で1コストの軽さは魅力。
ターン1制限がついていて光芒での使い回しはできないものの、回復マジックの強さは言わずもがな。
「桜姫鶴」と一緒に使いたいカードですね。

・「とうせんぼウォール」
「ヌリカベ」がいると最大軽減で撃てる効果が付いた黄色いウォール。
普通に撃ってもスピリットのアタックを封じ、ソウルコアを使うとアルティメットも止める。
黄色のウォール系マジックは「サンダーウォール」「シンフォニックバースト」のようにライフ要件があったので、ライフを気にせず撃てるのは良さげ。
黄色回収の恩恵を受けられたり、色拘束中でも撃てる防御マジックなので「絶甲氷盾」と相談して採用枠を争う感じですかね。

・「火球アタック」
スピリット/アルティメットのBP-6000し、0になると破壊する、「エンジェルストライク」の完全上位互換なカード。
さらにソウルコアを使った場合、自分の妖戒の数だけ対象を増やす。
3体妖戒がいれば2コストで3体に-6000を飛ばすわけで破格の効果。妖戒デッキ強そう?


他の色も適当に眺めてみたけど着々とインフレが進んでいる印象。
ソウルコア使えば何してもいいってわけじゃないんだぞ?

アルティメットの時は方向性の違うぶっ飛び方だったけれど、今期は普通のバトスピの延長上で強力な感じで怖い。
そしてアルティメット絶対殺すマン多くないです?

まあやってみればなんだかんだ言っても面白いのではないかと思うので、そろそろプレイしていきたいところではありますね。

ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

ラーの翼神竜-球体形
効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻?/守?
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、自分フィールドのモンスター3体をリリースして自分フィールドに召喚、または相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚しなければならず、召喚したこのカードのコントロールは次のターンのエンドフェイズに元々の持ち主に戻る。
(1):このカードは攻撃できず、相手の攻撃・効果の対象にならない。
(2):このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「ラーの翼神竜」1体を、召喚条件を無視し、攻撃力・守備力を4000にして特殊召喚する。


まさかまさかの《ラーの翼神竜》のスフィアモードがOCG化。
原作ではマリクvs孔雀舞戦で舞が《アマゾネスの鎖使い》で奪って生贄召喚したあれですね。

それを再現してか、自分の場から3体の生贄を揃える以外にも、相手フィールドのモンスターで相手の場に召喚するというなかなか珍しい召喚条件を持ったカードとなりました。
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》のようにモンスター除去として使用できるのは面白いですね。
HEROの先攻展開で《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》《M・HERO ダーク・ロウ》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》みたいな場を作られてもこれ1枚で返せます。
現実的かどうかはまた別として。

さらに、相手の場に召喚されてもこのカードは次のエンドフェイズにこちらに戻ってくるという効果。
これも古代神官文字を唱えることで起動するスフィアモードの再現でしょうか。

殆どの場合、相手のデッキに《ラーの翼神竜》が入っていることなんて無いと思われるのでまず確実に戻ってきますね。
相手も1ターンの猶予があるものの、そのターンでこのカードを処理できないと次のターンに《ラーの翼神竜》が召喚されることに。
原作の、ラーが相手の場で起動する絶望感を味わうことができそうです。

(2)の効果は自身をリリースすることで手札・デッキから《ラーの翼神竜》本体を召喚条件を無視して特殊召喚するもの。
さらにこの効果で特殊召喚した《ラーの翼神竜》は攻守が4000となります。
《ラーの翼神竜》のカードがスフィア、バトル、フェニックスの3種類に分かれていたDM8でいうところの「バトルモード」ですかね。

OCGのラーは生贄召喚したところで攻守が0であり、召喚時の効果でライフを消費するか、攻撃力0のまま破壊効果を使うかという酷い二択を迫られていました。
スフィアモードを経由することで攻撃力4000を維持しつつ破壊効果を使えるようになるため、破壊効果で盤面を開けて4000打点を叩き込むことが可能に。
ライフを払う効果は召喚成功時にしか使用できないので、さらにライフを払って打点を上げることはできないものの、まあ及第点といったところでしょうか。

恐らくこのリリースすることで本体を特殊召喚する効果は《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》のように《ファントム・オブ・カオス》でコピーできると思われるので、《ファントム・オブ・カオス》を利用することで特殊召喚することも容易になり、ひいては《光の創造神 ホルアクティ》の特殊召喚も狙いやすくなったのでは無いでしょうか。

しかしこのスフィアモードを使っても墓地から特殊召喚することはできないんですよね。
原作再現してくることを考えると、《ラーの翼神竜》専用の《死者蘇生》とか、DM8でいうところの「フェニックスモード」がOCG化されたりするんですかね?

あとちょっと面白かったのは《ラーの使徒》は《ラーの翼神竜》を指定しているのでこのスフィアモードは出せないっていう話。

こういう方向で原作再現してきたのは全くもって予想外だったものの、なかなかテンション上がる情報でした。
なんだかんだ言っても初代世代にとって神のカードは特別なんですよ。

《ラーの翼神竜》はたびたびデッキを作ってたりしたりはしてたんですけど、さすがにどうしようもなさが漂ってきていたのでようやくまともに運用できるようになりそうでなにより。
除去耐性も《神縛りの塚》で付与できるようになっていたりもするので、これが出たらまたデッキを組んでみたいですね。

髑髏の魔女っ子 ネヴァン

髑髏の魔女っ娘 ネヴァン
ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
シャドウパラディン - エルフ パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのアタックされているヴァンガードを1枚選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。さらに、あなたのドロップゾーンに「髑髏の魔女っ娘 ネヴァン」があるなら、1枚引き、あなたの手札から1枚選び、捨てる。


ニコ生で公開された新ネヴァン。
「魔女」の名称持ちだしどうせ今までの完ガと一緒だろと思っていたので同名ボーナス持ちは嬉しい誤算。

しかし今までのG完ガと違い、同名ボーナスは手札交換。
「秘薬の魔女 アリアンロッド」系列とは異なり、引いたカードを見てから捨てるカードを決められるため手札の質は確実に良くなりますね。
守れなかったものが守れるようになったり、返しの展開が楽になったりしそうで良い効果。
序盤に手札交換出来れば双闘もしやすくなるんですが、そんなに早く2枚落ちてたらさすがに負けそう。

気になるのは今までのクランに配られたCBを表にするタイプの完ガが来るのかどうかというところ。
超越ボーナスがクランごとに異なっているように、守護者のボーナスも変えてくるということなんですかね。
今まではブースターパックのほうにCB回復完ガが収録されていたものの、この手のカードは1クランに1種な気もするのでさすがにCB回復は無いかなあ。

シャドウパラディンのCB消費は非常に強力なので、簡単にCB回復させたくないと言われてもおかしくはないか。

「撃退者」名称を持っていないので「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」の退却コストには使用できないとはいえ、現状であっても「暗黒の撃退者 マクリール」を盤面に置くことはほぼ無いと言っていいと思いますし、これが出たら撃退であってもマクリールと入れ替えですかね。
2枚目以降の「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」が引き込みやすくなるということもあって、良い働きをしてくれるのでは無いかと思います。

これで残りの未判明枠は
「ブラスター・ダーク “Diablo”」「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」「外道の盾 マクリール」にクリティカルとヒールトリガー1枚ずつ。
来週末にはもう発売なので、そろそろ正確なテキストが知りたいところ。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。