クロノジェット・ドラゴン

クロノジェット・ドラゴン
ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ジェネレーションブレイク】(2)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが2枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、相手はグレード1以上のカードを手札から(G)にコールできない。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、相手はそのユニットを山札の下に置く。


覚醒の時空竜のG3。
ギアクロニクルのカードでは初の公開ですね。

1つ目の効果はジェネレーションブレイク2で「蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム」と同じパンプとガード制限を発揮。
あちらと違いCBも必要なくなっている代わりにGB2。要するに超越を行ったあとでしか発揮できない能力ですね。

効果自体は守護者を使わせないためわりと強力ではあるものの、超越を行っていればそっちに完ガ投げられてる気もしますし、微妙に噛み合っていないように感じられるような。
パンプが入っても16000、普通にブーストしても15000要求にしかならないので10000ガード2枚で止められてしまうわけで。

GBはVかGゾーンの表が2枚以上の条件ではあるものの、超越してしまうとハーツになったこのカードの効果は発揮できないので結局2回超越を行ったあとにしか使えないっぽい?
Gユニットがハーツの効果を得るようなテキストを持っていたりすると強そうですね。

2つ目の効果は超越した時にCB1で相手Rをデッキボトム送りにするもの。
このカードが超越されたときに発揮する効果なので、擬似ブレイクライドと言ったところでしょうか。

これまた超越前提の効果で多少使いにくいものの、CB1除去は無難に強力な効果。
一応双闘コストとしての利用を防ぐメリットがあったりもするのでまあまあ強いのでは。

TD収録のカードとしてはなかなか強いカードのような気はしますね。

現状だとどうしてもGBは発動タイミングが遅くなってしまうため使いにくい印象。
恐らくこれから先にはGゾーンのカードを表にする効果やらコストをもつカードも出てくるだろうと思うので、そうなってからが本番ですかね。


今回からTDに完ガが入ったり、メインのカードの収録枚数が増えたりで非常にデッキが組みやすくなったのは嬉しいところ。
とりあえずTDを2つ買えば組めそうなので、気が向いたら組んでみようかななんて思ったり。
スポンサーサイト

大会レポ WIXOSS 2014/10/25

ブックスにのへ@10人トナメ
使用デッキ:4イオナ

1回戦:紅蓮ウリス
×
先攻。
先攻取ったものの「コードメイズ 凱旋」は無し。返しに2点持って行かれて無理ゲーの香り。
「コードメイズ 金字塔」でアド取りながら削って行くも、「ブラック・デザイア」に阻まれる。
あと黒1あれば「デッド・スプラッシュ」→「コードアンチ ヴィマナ」→「ダーク・マター」でワンチャン生まれた気もするが、結局2枚目のデザイア構えられていたのでどっちにせよ無理だったかなー。

1落ち。
1ターン目がなんかもう無理。レベル1イオナをバニラにするのも忘れてたしもう。
「アンシエント・サプライズ」があればデッキ削ってデザイア止めつつライフ削ってトドメをさせた気しかしないので再録はよ。

新弾のカードは「ダーク・マター」と「コードラビリンス クイン」1枚くらい。
レベル5イオナは使ってみたいけど色々難しそうな印象ですね。

毎回違うデッキとしか当たらないので対戦経験が生かせないのが悲しい。

大会レポ ヴァンガード 2014/10/25

ブックスにのへ@10人トナメ
使用デッキ:撃退者

1回戦:探索者(光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ)
×
後攻。
手札に全くガード値が無く、G3ライド時で3点かつドロップが1枚。
とりあえず「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」へライド、相手の「光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ」には完全ガード。
「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」へブレイクライドするも、ダブルヒールかダブルクリティカルでも出ないとつらい状況。
相手は3点ノーガードしてくれたのでワンチャンもヒールクリティカルのみで仕留められず。
返しのアタックはどうしようもないので1乗り貫通投げるもぶち抜かれて負け。

1落ち。ひっさびさの1落ち。
ゲーム終わるまで有効トリガー2回で見えたトリガー4枚はちょっと無理かな…
先攻だったらなんとかなった気はするんですけどね。

デッキレシピ:遊戯王 妖仙獣 (2)

モンスター(16枚)
魔妖仙獣 大刃禍是
妖仙獣 鎌壱太刀×3枚
妖仙獣 鎌弐太刀×3枚
妖仙獣 鎌参太刀×3枚
妖仙獣 右鎌神柱×2枚
暗炎星-ユウシ
勇炎星-エンショウ
ライオウ×2枚

魔法(11枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
サイクロン×2枚
炎舞-天畿×3枚
炎舞-天枢

罠(14枚)
激流葬×3枚
虚無空間×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-×3枚
妖仙獣の秘技×2枚
神の宣告
神の警告
強制脱出装置
スターライト・ロード


妖仙獣。抜けていくペンデュラム要素。

《修験の妖社》は現状ちょっと使い物にならない感。

・《妖仙獣 鎌壱太刀》
・《妖仙獣 鎌弐太刀》
・《妖仙獣 鎌参太刀》
デッキの核。
バウンス効果を持つ鎌壱太刀が強い。メタビ系のデッキでよくある、打点の高いモンスターを出されて止まるということが無くなるのは良い。
3枚とも通常召喚で動くため、《強欲で謙虚な壺》《虚無空間》の上からワンキルしたりする。

・《妖仙獣 左鎌神柱》
出来る限りPゾーンに置いておきたい。
身代わり効果で《激流葬》《聖なるバリア-ミラーフォース-》等の全体除去をケアしつつ、鎌参太刀でサーチした《妖仙獣の秘技》が撃てるようになる。
たまーに《魔妖仙獣 大刃禍是》と一緒にペンデュラムしたりしなくもない。

・《魔妖仙獣 大刃禍是》
打点アップの永続魔法。
かまいたち→かまいたち→大刃禍是で無理やり出せるので、意外とフィニッシャーになったり。
たまーに《妖仙獣 左鎌神柱》と一緒に(ry

・《妖仙獣の秘技》
万能カウンター。左鎌神柱が置ける前提ではあるものの、がら空きになった盤面を守ってくれたり。
先伏せ出来れば次のターンの展開に対する除去や《エフェクト・ヴェーラー》を弾ける。要らないっちゃ要らないと気もするけれど、せっかくなら使いたい。

・《ライオウ》
つよい。
自分の《炎舞-「天キ」》《妖仙獣 鎌参太刀》《強欲で謙虚な壺》も止めてしまうのでご利用は計画的に。

・《暗炎星-ユウシ》
・《勇炎星-エンショウ》
炎星出張組。無難に強い。
召喚権が嵩張るのがちょっとだけ使いづらい。

・《炎舞-「天枢」》
炎星を増やしたこと、初動に召喚無効、効果無効を当てられた時のリカバリ。
かまいたち並べながら最後にユウシ追加して除去からワンキルとかする。


展開できるおかげで、ワンキルに行けるメタビのような動きが可能なのが楽しいですね。
純粋にライフを取るスピードが速く、手札に帰っていくため返しの戦闘破壊による除去ができないとあって少し遅い相手だと一気に決めにいけるのは魅力。

ドラゴニック・オーバーロード “The X”

ドラゴニック・オーバーロード “The X”
ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘22000】「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:このユニットが【双闘】した時、あなたの山札からあなたの(V)にいるユニットと同名のカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から「ドラゴニック・オーバーロード “The X”」を1枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを2枚まで選び、退却させる。



リバイバル双闘シリーズ.。
「ドラゴニック・オーバーロード」
「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」
「ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”」
「ドラゴニック・オーバーロード(BR)」
「煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート」
と来て6種目のオーバーロードとなる今回の「ドラゴニック・オーバーロード “The X”」。
レギオンメイトに「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」を引っさげての登場。

双闘時能力はデッキからVと同名のカードをサーチするもの。
「ドラゴニック・オーバーロード “The X”」「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」はどちらも効果の発動に同名カードを要求するため、双闘のみの軽い条件でペルソナブラストのコストを確保できるこの効果は非常にありがたいもの。
2つ目の効果はアタックがヒットしなかった場合にCB1とペルソナブラストによる相手R2体の退却。

ジエンドの効果がヒット時にCB2とペルソナによるスタンドであるため、双闘状態であればVスタンドか2体退却の2択を迫れるのは強力。

この効果は双闘時を条件としていないため、相手がG2であったり、「星輝兵 ブラスター・ジョーカー」のメイト退却等で双闘状態を解除されていても起動できるのは強み。

双闘22000であるためV単騎でも11kVに対して15k要求が可能で、ソウルに「ドラゴニック・オーバーロード」があればアタック時は24k。
24kまで行くとクロスライドに対しても有効かつV裏7kで31k。そこまで狙えるものでは無さそうですが、成立してしまうと非常に守りにくくなりますね。

メイト側もG3であり、どちらもペルソナブラストを持つため必然的にG3枠が8枚埋まってしまうのは少し難しいところでしょうか。
BRのオーバーロードを1枚くらい挿してみたい感じではありますね。
当然「ドーントレス・ドライブ・ドラゴン」からのブレイクライドは非常に強力なので、G3枠は悩みどころ。

「煉獄」名称のサポートを受けられないため「煉獄竜 メナスレーザー・ドラゴン」は使えないものの、「オーバーロード」には「ドラゴニック・バーンアウト」の存在があるためそこまで気にならない?
バーンアウトはCBを使わない除去であり、同時にデッキにオーバーロードを戻すことが出来るためペルソナブラストの補助にもなるのは良さそうですね。

あまりパッとしないリバイバル組でしたが、このカードはなかなか強そうに見えますね。
CBをRで使いにくそうに見えるのが気になりますが、Vが与えるプレッシャーは怖いところ。

かつてのトップであるジエンドが再び環境に現れることはあるのでしょうか。

大会レポ WIXOSS 2014/10/18

ブックスにのへ@12人トナメ
使用デッキ:イオナ

1回戦:四型皇艶娘 緑姫

後攻。
「幻獣神 オサキ」がわらわらと出てきて「大器晩成」まで撃たれる。
これエナまで飛ばされるんか…とか思いつつ死を覚悟したものの、相手も手札が無く、上手いこと2面空けることが出来たので「全身全霊」2発の上から殴り切る。

2回戦:ピルルクΩ

後攻。
手札がガリガリ削れて行って辛い印象はあったものの、相手も手札少ないし行けそうな感じ。
序盤からライフ狙いに行っていたらわりと早いタイミングで「ドント・ムーブ」を撃たざるを得ない状況になったようで、そしてそれを撃ったせいでグロウコストが足りない様子。
その隙にアーツぶっぱで盤面開けてフルパン。
2枚目の「ドント・ムーブ」が来ると負けだったものの撃たれず勝ち。

3回戦:四型緑姫
×
1回戦と違い「幻獣神 オサキ」が3体並ぶせいでエナが死ぬほど増える。
「大器晩成」撃ったあとに「全身全霊」3発分のエナ構えられてさすがに無理ゲー臭。
そのうえ手札に白が無くイオナも撃てず、エナが一つ足りずにアーツも1発しか撃てない。
2面開けられればワンチャン?と思ったもののまあ1面しか開けられず全身全霊とサーバントで防がれて負け。

2-1。
3回戦は攻め時を間違ったのだろうとは思う。
全身全霊撃たれる前のターンにアーツ使って無理やり点取りに行っておくべきだった感。
ライフクロスを盾に攻めるイメージを持たないと行けないのかなという印象。
「幻獣 コマリス」3回とエナチャージ2回踏まなければ勝ってたのかなーとか思ったりもするわけですけど。

なんにせよ対戦経験不足がモロに出てる感じですね。精進。

大会レポ ヴァンガード 2014/10/18

ブックスにのへ@12人トナメ
使用デッキ:撃退者

1回戦:根絶者(並列する根絶者 ゼヰール)

先攻。
デリートされた返しに再ライドして殴ったらダブクリ捲って3点から勝ち。

2回戦:解放者(青き炎の解放者 プロミネンスコア)

後攻。
相手がG2でストップ。
乗ったのが「青き炎の解放者 プロミネンスコア」だったので特に怖いこともなく、乗られた返しにレギオンして押し切る。

3回戦:スパイクブラザーズ(ブラッディ・オーグル)

後攻。
相手は直接「ブラッディ・オーグル」へ。
こちらはG3が手札に無く、いっそ乗らずに行くことに。
「ブラスター・ダーク・撃退者」「ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”」で削りながら毎ターン3パン。
「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」が引けずにどうしたものかと思っていたものの、相手のドライブが弱かったタイミングで3へライドして押し切り。


4回戦:探索者(光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ)
×
先攻。
G1で4ターンほどストップ。
その間に「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」が手札に4枚集まってきて3に乗れないまま死。

3-1。ライド事故はしゃーない。

最後の1戦は超越とGアシストがあったらなんとかなったゲームだなあという感じ。
手札にきたモルドを全部アシストと超越で投げて誤魔化せた。

ということで早く超越使わせてください。

大会レポ WIXOSS 2014/10/11


ウィクロス始めてました。

ブックスにのへ@8人トナメ
使用デッキ:イオナ

1回戦:太陽タマ

後攻。
わりとこちらのライフからライフバーストが捲れた印象。
特にエナチャージを2回開いたおかげかエナ運用がかなり楽だった記憶。
「先駆の大天使 アークゲイン」が2面並ぶも、イオナの効果で退場願う。
追加でゲインが出てきて太陽タマのバウンスと合わせてトドメを刺しに来たっぽいタイミングで1エナで撃てる「デッド・スプラッシュ」。
これで「コードアンチ アステカ」から「コードアンチ テキサハンマ」で2面ガード。
返しにイオナでアークゲイン1体を消して殴りに行ったらこれが通って勝ち。

2回戦:四式緑姫

後攻。
相手がシグニをうまく引けないようで、かつ「幻獣 ハチ」の効果も失敗が多く盤面が開いたままターンが帰ってきたり。
おかげでダメージレースで優位に立つことができ、「幻獣神 オサキ」が出てきたタイミングで既にライフ2とか。
そのオサキも「コードアンチ ヴィマナ」を単体では超えてこれず、アーツを絡めて無理やり突破してきたところにライフバーストからヴィマナを踏み、返しでイオナの効果と合わせて盤面開けて勝ち。

3回戦:百火繚乱 花代・肆
×
先攻。
初手に「コードメイズ 凱旋門」も引けて悪くない立ち上がり。
イオナのパワーダウンや強制攻撃も上手いことハマった感じはあるものの、決めに行くターンでエナの置き方を間違えて苦しい展開。
相手のライフは1なのでガーディアン無しに賭けてイオナで場を開けてバトル開始。
開始時何も無しで「やったか!?」と思ったらライフバースト1ドロー。
これでガーディアンをトップされルリグのアタックが止められ返しで死。

2-1で2位。
最後は完全に勝った場面だったので相当きつい。
6点目ヒールどころじゃない負け方なのでなんとも。

先週にTDを買ってちょっとフリーしてみたら全然回せず、そこから適当に一人回しで動き方を覚えたぐらいで大会参加。
1回戦で太陽タマと当たってこれは死んだかと思ったらなんだかんだと決勝まで行き、ほとんど勝ちまで行ったのは頑張った方じゃないでしょうか。

ウィクロス自体は1弾の頃からちょいちょい買ったりしてたんですけど、まともに対戦するのはほとんど初めてでした。
結構楽しいと思ったのでちょこちょこプレイしていければと。

せっかく初の大会参加なので今回のデッキ。

ルリグデッキ
ルリグ
ゼロ/メイデン イオナ
クレセント/メイデン イオナ
ハーフ/メイデン イオナ
ペイル/メイデン イオナ
フル/メイデン イオナ

アーツ
ブラック・クライシス
デス・ビーム
デッド・スプラッシュ
ブラッディ・スラッシュ
チャージング

メインデッキ
コードアンチ アイアン×3枚
コードアンチ キティラ
コードアンチ モア×3枚
コードアンチ アステカ×3枚
コードアンチ クレイ×4枚
サーバント Q2×4枚
サーバント O2×3枚

ライフバースト
コードアンチ ヴィマナ×4枚
コードメイズ 金字塔×4枚
コードメイズ 凱旋×4枚
コードアンチ テキサハンマ
サーバント D
サーバント T
サーバント Q
スラッシュ・ミラクル×3枚


ほとんどTDのまま。というかどう組んでいいかわからない。
「アンシエント・サプライズ」なんかも無いのでなんとも。
「コードアンチ キティラ」とか「コードアンチ テキサハンマ」が1枚だったりライフバーストのサーバントがバラバラだったりするのは単純に持ってないからっていう。

感覚としてエナに白が無くて動きにくい、みたいな状況が発生した気がするので白いカードはもう少し増やしていいのかも?


大会レポ ヴァンガード 2014/10/11

ブックスにのへ@12人トナメ
使用デッキ:撃退者

1回戦:シード

2回戦:探索者(光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ)

後攻。
序盤から積極的に殴る。
こちらは「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」へ。相手が不用意に4点目を入れてくれたので「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」へブレイクライド。
一気に手札を削り、「光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ」には完全ガードを投げつけていってそのまま勝ち。

3回戦:根絶者(威圧する根絶者 ヲクシズ→並列する根絶者 ゼヰール)

後攻。相手が「略奪する根絶者 ガノヱク」に乗ったのでトリガーも置きつつ殴りかかる。
「威圧する根絶者 ヲクシズ」に一度デリートを食らうも、ダメージに余裕があったのでスルー。
その次のターンにVスタンドして手札を削る。
「並列する根絶者 ゼヰール」に再ライドされるも、手札が足りずデリートは無し。
ラインもボロボロなのをきっちり守って返しに再ライドからVスタンドで勝ち。

4回戦:根絶者(威圧する根絶者 ヲクシズ)

先攻。
初手にG2と「ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”」を引けて、これは勝ちだろと。
先2で5面埋めてフルパン。クリティカルも捲って4点入る。
返しでデリートと呪縛を食らうも特に問題は無く、その次のターンに「撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”」でVスタンドして速攻で終わり。

3-0。
根絶者と2度も当たるのは予想外。
撃退vs根絶はよっぽど引きが良くないと根絶側は勝てないと思っているのでボーナスゲームのような感じではあった。
テキストも動きもわかっているので初見殺しすらされず。

あと1ヶ月はこの環境。
次の環境に期待しつつ、双闘環境最後の期間を楽しんでいきましょう。

撃退者
探索者
探索者
根絶者
根絶者
かげろう
ジエンド
アクフォ
マジェ
次元ロボ
スパイク
だいたいあと1人が思い出せないやつ。

大会レポ バトルスピリッツ 2014/10/11

ブックスにのへ@4人
使用デッキ:黄色コン

1回戦:青
○○
1:「鉄の覇王サイゴード・ゴレム」や「アルティメット・ダゴン」が出てきてガリガリデッキが削れる。
デッキのこり3枚のタイミングでようやく「聖騎士ペンタン」が捲れ、相手の行動が完全に止まる。
相手は手札も無いので適当に並べてフルパンで終わり。
2:今度は初手に聖騎士ペンタン。「アルティメット・ダゴン」だけでは無く「アルティメット・オリハルコン・ゴレム」なんかも出てきたものの、聖騎士ペンタンの手出しが間に合って相手が機能停止。魔光芒で除去しながらライフ削りとって勝ち。

2回戦:オーバーレイ
××
1:「水極天プリンセス・オト」のUハンドでなんとか捌いていたものの、反撃する手段まで辿りつけずジリ貧。
2:アルティメット引けず死。

1-1。
中速以下のコントロールだとオーバーレイ相手にするのがきつい…
たぶん「砲天使カノン」をガン積みできていればなんとかなるとは思うけどなあ。

どうせオーバーレイいるんだし殴り切る方向性のデッキにしてみようか。「クリスタルハイドラ」積む?

今更ながら初めてUハンド使いました。非常に楽しい。

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード