スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖龍皇アルティメット・セイバー&アルティメット・リーン

聖龍皇アルティメット・セイバー
アルティメット
7(3)/赤/三龍神・戦竜
<1>Lv3 10000 <2>Lv4 13000 <5>Lv5 20000
【召喚条件:自分の赤スピリット1体以上】
【バースト:相手のスピリット/アルティメットのアタック時】
自分のライフが3以下の時、自分のリザーブのコア1個を自分のライフに置く。
この効果発揮後、このアルティメットカードを召喚する。

【Uトリガー】Lv4・Lv5『このアルティメットのバトル時』
Uトリガーがヒットした時、自分の手札にあるバースト効果を持つカード1枚をセットすることで、このアルティメットは回復する。
(Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)


アルティメットバトル04の看板であり、エリスが使う三龍神。
初のバースト持ちアルティメットということで期待がかかっていたものの。

バースト条件は相手のスピリット及びアルティメットのアタック時。
自身がアルティメット化したことでアルティメットにも対応できるようになった感じですかね。
その時ライフが3以下ならリザーブから1点回復しつつ召喚。
「超覇王ロード・ドラゴン・セイバー」のライフ回復効果を思い出させるものですね。

アルティメットにも反応するBP20000の「刀の覇王ムサシード・アシュライガー」と思えばなかなかの強さでは無いでしょうか。
アルティメット特有の召喚条件はバーストでも無視できないみたいですね。さすがに無視できると強すぎるか。
元のセイバーはバースト転召だったので、ある意味召喚条件は軽くなってる気もしますが。

Uトリガー効果は手札のバーストを伏せることによる自身の回復。
この効果はバトル時かつ回数制限も無いため、バーストが続く限り回復し続けることが出来ますね。
バーストからそのまま半無限ブロッカーになり、返しで半無限アタックなんてことも。
相手からすれば手札にバーストがあるかはわからないので立っているだけでプレッシャーになったりするのが面白い。

しかしどうにも地味な気がしてしまいますね。
書いてあることは強いと思うものの、なにか物足りないような。
もう一つくらい効果があっても良かったような気がしなくもないですね。

バーストなので「双銃機神ディルム・ダイナ」とか「アルティメット・グラン・ウォーデン」あたりに破棄されてしまうのも少しつらいか。
先にスピリットを焼かれて召喚条件が満たせなくなることもありそうですしね。
多分召喚できなくても回復効果は発揮されると思うので最低限の仕事はしてくれるっぽいですけど。
あとは元セイバーが10コストだったのにアルティメット化して7コストになってしまったのも微妙に良くない気が。
効果の性質上連続でヒットさせたいものですし、コストはバーストで無視できるわけでもう少し自身のコストが高かったらなあと思ってしまったり。

「爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル」のバースト発揮効果と合わせると、
Uセイバーアタック→バーストセットで回復→バゼルアタック→バーストオープンで回復→Uセイバーアタック→…
みたいなループが発生したり。オーバーキルな気しかしないですが。

良くないところのほうが目につきやすいのは仕方ないところ。使ってみたいと思うカードではあるので、手に入れておきたいですね。


アルティメット・リーン
アルティメット
6(3)/黄/新生・想獣
<1>Lv3 11000 <2>Lv4 15000 <4>Lv5 21000
【召喚条件:自分の黄スピリット2体以上】
【WUトリガー】Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
ヒットしたUトリガー1回につき、相手のスピリット/アルティメット1体を指定する。
指定されたスピリット/アルティメットはブロックできない。
【ダブルヒット】Uトリガーが2回ヒットしたら、さらに、
このターンの間、自分のアルティメットすべては、BPを比べて破壊されたとき、回復状態でフィールドに残る。
(WUトリガー:相手のデッキの上から2枚をトラッシュに置く。それらのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)
Lv5
このアルティメットに黄のシンボル1つを追加する。


閃光のゼロのアルティメット。

「アルティメット・サジット・アポロドラゴン」と同様のダブルトリガー持ち。

Wトリガー効果はヒットするたびに発動する「イリュージョンミラー」(フラッシュ)。
アルティメットもすり抜けてライフを狙えるのは良いですね。
さらにダブルヒットでターン中にBP負けしても回復する効果を自分のアルティメット全てに配る。

微妙にトリガー効果とダブルヒットが噛みあってないような気がしなくもないものの、まあ優秀な効果ですね。
サジットは7コストでこいつは6コストなので、多少ヒット率が下がるのは気になるところではありますね。

そしてLv3効果は黄色のシンボルを追加。タイミングの指定もなく、常時金と黄のダブルシンボルになるのは非常に強力。
ようするにサジットのダブルヒット効果を素で持ってるようなものですからね。
トリガー効果ともしっかり噛みあっていて、単体で2点を狙えるのは偉い。

問題は召喚条件ですか。
黄のスピリット2体を要求するのは地味ながら辛い。
特にいまはUサジットが場をガンガン焼いてくるので、スピリットを残すことを意識しないとちょっと厳しいかも?


セイバーもリーンも使いたいカード。
Uサジットも使いたいので、赤黄の混色でも考えて見ようかなと思う次第です。
スポンサーサイト

大会レポ バトルスピリッツ 2014/4/26


ブックスにのへ@2人
使用デッキ:黄色

1回戦:メガデッキ改
○×○
今日発売のメガデッキに「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」が入った感じ。
1:ライフで受けつつ「マーク・オブ・ゾロ」で3体飛ばし、減ったライフは「幻獣神姫エキドゥナ」で回復。「アルティメット・サジット・アポロドラゴン」が出てくるも、指定アタックをされずエキドゥナが生き残り、「ライフドリーム」を絡めてライフ3点を持って行って勝ち。
2:「シユウ」で2点削り、のこり3点をライフドリームで削り切るつもりが、「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」でライフ全快される。次のターンでUサジット、その次にもう一体Uサジット追加で完全に制圧されて負け。
3:「ダンデラビット」スタート。今回もまた「マーク・オブ・ゾロ」で綺麗に入って相手のスピリットが消滅。こちらは「天使の舞い降りた場所」でドロー加速しつつ、「砲皇竜フェニック・キャノン」の召喚と激突でスピリットを潰し続けてそのまま勝ち。

1-0で優勝。
「アルティメット・ギガ・ガルレイヴ」は2枚頂きました。

ほとんど構築積みデッキのままっぽかったですが、普通に強い感じ。
ヴァンガードとか遊戯王も見習って欲しい。

実際のところ、「マーク・オブ・ゾロ」を当てられなかったら勝てなかったかもしれないですね。

「アルティメット・サジット・アポロドラゴン」はやっぱり強かった。制圧能力が半端じゃない。
トリガーによる破壊だけでは無く指定アタックとライフダメージまで持っているのはかなりのものですね。

Uサジットはわりと使いたいので今回の構築積みデッキは買うつもり。
目玉であるUサジットが2枚入っているのも嬉しいですね。必須系のカードも多めだし。

延々と言い続けているデッキに対するしっくり来なさがなんとかなればいいんですけどね…

大会レポ 遊戯王 2014/4/20

ブックスにのへ@10人シングル戦
使用デッキ:青眼征竜

1回戦:不戦勝

2回戦:竜星

《トレード・イン》《竜の渓谷》《竜の渓谷》《超再生能力》《青眼の白龍》でスタート。渓谷で《嵐征竜-テンペスト》落としてテンペスト起動に《増殖するG》貰ったのでストップ。超再生で3ドローしてターン返す。
相手は裏守備1伏せ。
渓谷から墓地を肥やして《焔征竜-ブラスター》特殊《伝説の白石》召喚に《激流葬》を貰う。相手は《炎竜星-シュンゲイ》でダイレクト。次のターンに竜蘇生から《デブリ・ドラゴン》召喚には《神の警告》。
次のターンに《カードガンナー》効果、《D・D・R》からブラスター特殊に対して竜星の相手ターンシンクロで素材3体の《輝竜星-ショウフク》が出てくるも、これでブラスターが戻されず。
なので続けて《瀑征竜-タイダル》を蘇生から《No.11 ビッグ・アイ》でショウフクを頂く。次の相手の行動は裏置きエンドだったのでビッグアイで追加で《地竜星-ヘイカン》を奪い《幻水龍》を特殊、《森羅の守神 アルセイ》でドローロックかけてそのまま勝ち。

3回戦:テラナイト
×
先攻。
《ガード・オブ・フレムベル》《トレード・イン》《トレード・イン》《死者蘇生》《デブリ・ドラゴン》のなにも出来ない初手。
ガフレセットでターン返すと《星因士 デネブ》召喚1伏せエンド。
トップが《竜の渓谷》だったので喜んで発動したところこれに《サイクロン》。
返しで《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》を投げられ、次のターンはなにも出来ず。
その次のターンで《手札抹殺》を引いたので抹殺から《死者蘇生》で《嵐征竜-テンペスト》で殴り返すも、《星因子 シャム》のバーンから《輝光子パラディオス》作られて負け。

4回戦:魔導

先攻。
《竜の渓谷》《調和の宝札》から《超再生能力》。
《閃こう竜 スターダスト》を横で置いてターン返すと《魔導書廊エトワール》《魔導書庫クレッセン》から《魔導書士 バテル》《グリモの魔導書》《セフェルの魔導書》《ゲーテの魔導書》見せ《魔導書院ラメイソン》と回しに来る。
ゲーテを2枚除外で撃たれたのでチェーン閃光竜で自身対象。
解決時に裏でも破壊耐性は適用されると説明するとバテルを裏に。

閃光竜の発動にチェーンで裏にしても破壊耐性は適用されてしまうものの、破壊耐性を受けたモンスターを裏にすると耐性は消滅する裁定。
つまりこの場合は先に殴って閃光竜の効果を使わせてから処理後ゲーテと使っていれば突破できた模様。

1伏せエンドされたので竜蘇生から白石召喚で《スクラップ・ドラゴン》。これにはヴェーラー貰ったものの、渓谷で《エクリプス・ワイバーン》を落とし、《大嵐》発動。
ラメイソンの効果で出てきたのが《お注射天使リリー》だったので《嵐征竜-テンペスト》蘇生、《幻水龍》特殊、幻水除外《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》、《焔征竜-ブラスター》蘇生から《No.11 ビッグ・アイ》エクシーズ、リリー奪ってフルパンでワンキル。


2-1で3位だそうで。
テラナイト戦は動けないハンド貰ってしまったのでどうしようもないかなあ…
じゃんけんも負けてるので先攻後攻の選択権も無かったわけで。
ピンだったという《サイクロン》をピンポイントで《竜の渓谷》に当てられたのが辛かった。
マッチでやりたいんですけどねえ。

竜星は非常に相手にするのがめんどくさいデッキでした。モンスターを破壊以外の方法で退かす手段が無いと辛い。
これはシャドールに対しても同じことが言えるので難しいところですね。
《ゲーテの魔導書》を擁する魔導ならいける…?

《輝竜星-ショウフク》のシンクロ時バウンスはてっきり手札に戻すものだと思っていたけれどこれがデッキバウンスで思っていたより数段強くて驚き。
竜星戦はショウフクでブラスターを戻されていたら負けまで見えてたので相手のミスに助けられた感じになりました。

新弾のパックはまだ15パックしか買ってないものの、
レリ
《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
ウル
《輝竜星-ショウフク》
《No.86 H-C ロンゴミアント》

スー
《超重武者ビッグベン-K》
《光竜星-リフン》
《エルシャドール・ミドラーシュ》

と悪くない引き。
竜星はリフンを2枚回収すれば組めそうな感じなので最初に目指すのはここですかね。
シャドールも組みたいんですけどさすがにあと最低スー4枚とウル2枚集めるのは面倒ですね。
せっかくの魔法使い群なので魔導と混ぜたりして遊びたくはあるんですけど。

ペンデュラムするにもオッドアイズがあと2枚欲しいし、テラナイトや光天使を組むにも《星輝士 デルタテロス》が2枚くらいは必要そうなのでもうちょっと買って行きたいと思います。

大会レポ ヴァンガード 2014/4/19


ブックスにのへ@10人
使用デッキ:探索者

1回戦:不戦勝


2回戦:探索者

先攻。
ミラー発生。FVバニラのわりに1回戦でヌーベル倒しててなんとも。
こちらは「聖獣の探索者 クロード」にライド。相手は「秘剣の探索者 ヴォルティガーン」。
クロードから「探索者 セイクリッド・ういんがる」に乗り、きっちり4枚トリガー戻してレギオン。
そこから2ターン連続ダブクリめくるトリガーの強さで押し切り。

3回戦:ドミネイト

先攻。
こちらがういんがるに乗ったアタックでクリティカルを捲り、G3時点で相手4点こちら1点。
次のアタックでもクリティカルを捲って手札がガリガリ削れる。
6ヒールされて一瞬焦ったものの、そのターンのドライブが両方G3で返しで勝ち。

4回戦:ネオネク
×
後攻。
てっきりグレンディオスが来ると思ってたらネオネクがグレンに勝ってて吹く。
マリガン後にG3が3枚あって悶絶。こういう時に限って「湖の巫女 リアン」も引けない。
速攻をかけれない上に、ツインドライブでクリティカルを捲ったところにダメドローダメクリ。
さらにもう1枚ダメドロー食らってさすがに厳しい。
再ライドからひたすらトリガー戻していくも息切れ。
レギオンで戻してデッキに3枚残っているヒールにかけるも捲れず。

3-1というか2-1で2位。

TDは3つしか買っていない上に守護者も「召集の宝石騎士 グロリア」1枚だけしか入ってないという未完成っぷりでもなんとかなった。
Vのパワーの高さと「ブラスター・ブレード・探索者」のCB1除去は強いですね。

速攻でプレッシャーを掛けられれば良い感じ。

来月には新弾でるわけですが、シングセイバーは組むのかなあ…
シングセイバーは高そうなので、手に入らないようなら手に入らないなりにデッキを作って6月まで遊びたいところ。

デッキ:ヴァンガード TD探索者

グレード3(8枚)
探索者 セイクリッド・ういんがる×4枚
聖獣の探索者 クロード×2枚
秘剣の探索者 ヴォルティガーン×2枚

グレード2(11枚)
天賦の探索者 ヴァルロッド×3枚
ブラスター・ブレード・探索者×4枚
爛漫の探索者 セルディック×4枚

グレード1(14枚)
誠実の探索者 シンリック×4枚
湖の巫女 リアン×4枚
召集の宝石騎士 グロリア×2枚
閃光の宝石騎士 イゾルデ×2枚
秘薬の魔女 アリアンロッド×2枚

グレード0(17枚)
始まりの伝説 アンブロシウス
必殺の探索者 モドロン×4枚
炎玉の宝石騎士 ラシェル×4枚
宝石騎士 ノーブル・スティンガー×4枚
探索者 ラヴィングヒーラー×4枚


トライアルデッキまでのカードで探索者。
はじめようセットを4つ買うのはあまり現実的じゃないと思うので、先行収録の「弩級の探索者 ギルダス」と「ぐりんがる・探索者」は無しで。

G3は素直に「探索者 セイクリッド・ういんがる」「聖獣の探索者 クロード」の11000を8枚体制の方がいいかもしれない。
「秘剣の探索者 ヴォルティガーン」は単体で25000というよくわからないパワーを発揮したり、Rでも12000出せるのでそれはそれで悪くない気もするんですが。

G2は素直に双闘出来る2種とバニホ互換。
この時点で「実直の探索者 エグバート」がいれば良かったんですけどね。

G1はケイ互換とレギオン補助兼事故回避の「湖の巫女 リアン」。
ロイヤルパラディンはクランファイトでも10枚まではシャドウパラディンを採用できるということで、リアン互換な「秘薬の魔女 アリアンロッド」を採用してみたり。

守護者枠は完全ガードとクインテットウォールを両方。
QWの必要なカードが落ちてしまうデメリットは双闘20000でデッキに戻せるので気持ち使いやすくなったイメージ。

FVは手札交換で最速レギオンのサポートも出来る「始まりの伝説 アンブロシウス」。
どうしてロイヤルパラディンにはシズク互換がいないんですかね。
トリガーは前のめりにクリティカル12で。

まあ良くも悪くもトライアル仕様という感じですね。
Vのパワーが今までに無いレベルで高いので思ったよりは戦える印象。
速攻気味に殴りに行って轢き殺せればいい感じ。

再ライドからレギオン連打でひたすらトリガーをデッキに戻してやるのはわりと楽しい。
1ゲームに5回以上ヒールが捲れる感じは面白いですね。昔でも「ロゼンジ・メイガス」なんかで出来ましたけど。

竜剣双闘が出てしまえば探索者は「探索者 シングセイバー・ドラゴン」軸1択になってしまうので、新弾までのこの期間はそれはそれで面白いんじゃないかと思います。

シャドパラ使いとしては早くシャドウパラディンのレギオンが欲しいところです。

呪符竜(アミュレット・ドラゴン)

呪符竜(アミュレット・ドラゴン)
融合・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2900/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分・相手の墓地の魔法カードを任意の数だけ対象として発動する。そのカードを除外し、このカードの攻撃力はその除外したカードの数×100アップする。
(2):このカードが破壊された場合、自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。その魔法使い族モンスターを特殊召喚する。


やっぱり収録されたアミュレット・ドラゴン。
《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》以上に乗っただけ。

1の効果は特殊召喚時の魔法除外を条件としたパンプ効果。
お互いの墓地を対象にするため、5枚前後は除外できそうですね。
素の打点が2900とそこそこ高いので、2枚除外で3000ラインを超えることが出来ますね。
4枚除外の3300なら《星態龍》まで超えられるので十分でしょうか。
魔導や炎星のような魔法を使いまわしたりするデッキが相手ならばメタ的にも使えるのはよいところ。

2の効果は破壊された場合に発動する蘇生効果。
《融合》《ティマイオスの眼》による召喚であれば、基本的に墓地には《ブラック・マジシャン》が存在しているのでこれを蘇生することになりそうですね。
「場合~できる」の効果なのでチェーン2以降で破壊されてもタイミングを逃さないのは地味ながら嬉しい。
また、墓地に送られる必要もないため《次元の裂け目》なんかがあっても発動出来ますね。

融合素材は《ブラック・マジシャン》+ドラゴン族という《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》と同様の緩いものなので《超融合》は使いやすいところ。
《龍の鏡》で融合召喚出来るのも同じですね。

《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》とは違い、融合素材である《ブラック・マジシャン》自体もレベル7なので征竜とは組みやすい印象。
縛りなしランク7の《幻想の黒魔導師》も存在しているのでうまく組めればそこそこのデッキになりそう。

墓地に征竜落として《龍の鏡》で除外、サーチ効果発動から動いたり、呪符竜はレベル8なのでシンクロや《幻水龍》と合わせた8エクシーズも狙えたり。

青眼征竜として存在している今の征竜に《ブラック・マジシャン》を採用して《青眼の白龍》と《ブラック・マジシャン》の共演とかできたら楽しそう。


大会レポ バトルスピリッツ 2014/4/12



ブックスにのへ@4人
使用デッキ:黄色…?

1回戦:白紫
×○○
1:「星空の冠」置いて「麒麟星獣リーン」に「シユウ」合体して殴った返しに「黒皇機獣ダークネス・グリフォン」+「白夜の宝剣ミッドナイト・サン」で死。

2:初手「月照らす氷結湖」でテンポを取っていく。「ワルキューレ・ミスト」で場を固め、「シユウ」でライフを取る。相手のUトリガーで飛び出た「聖騎士ペンタン」は「ドリームネビュラ」でバウンスされるも、次のターンに手出ししてシユウ合体で3点。

3:「華の女王カトレア」を置いて行くも、グリフォンはカトレアのアタック効果封じをすり抜けてくる辛さ。連鎖を発揮されない状況で「魅惑の覇王クレオパトラス」からの「ディーバメドレー」を当てるタイミングを伺っていたらミッドナイトサンが合体。しかたなくパトラスを伏せ、「双光気弾」を回収して連鎖は潰すも、ライフが1まで追い込まれる。
「戦神乙女ヴィエルジェ」でライフを回復、「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」伏せで耐えていくも、「アルティメット・グランウォーデン」が登場。クリティカルヒットでバウンスされ、バーストは効果で破棄される。ここでトップ「リバイヴドロー」。これで今日当たったばかりの「幻獣神姫エキドゥナ」を回収。神聖命でライフを回復、相手の場唯一のブロッカー「双銃機神ディルム・ダイナ」に「イリュージョンミラー」を当て、神聖命での回復込みで3点持って行って勝ち。

2回戦:緑
○○
1:初手に出せるカードは無かったものの、「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」がいたので一安心。相手の攻撃は受けつつヤマトをバースト。「戦神乙女ヴィエルジェ」でアタックを抑えつつ、「幻獣神姫エキドゥナ」に「シユウ」合体して押し切る。
2:今回も初手にヤマト。ヤマトを踏ませつつ、「次代獣王ライオドラス」を展開。相手のスピリットの生存権をなくしつつ、合体してゴリ押し。


2-0で優勝でした。
一応白紫を見た「月照らす氷結湖」だったのでわりと噛みあってた。

いろいろやりたいカードを入れて行ったらよく分からなくなるいつものパターン。
開始前にパックを買ったら「幻獣神姫エキドゥナ」が当たったので即投入。

今回は度々トリガーカウンターも飛んできたのでこのへんの環境もそこそこ動いて来たような気がしないことも無いですね。

「獣槍王ギガ・ガルレイヴ」は初めて手に入れた裏Xなので「アルティメット・ギガ・ガルレイヴ」は少し嬉しいかも。

せっかくエキドゥナが手に入ったので、これを軸にひとつ組みたいところ。

デッキ:遊戯王 征竜

モンスター(21枚)
瀑征竜-タイダル
嵐征竜-テンペスト
伝説の白石(ホワイト・オブ・レジェンド)×3枚
超電磁タートル
青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)×3枚
幻木龍
幻水龍×2枚
巌征竜-レドックス
焔征竜-ブラスター
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
ドラグニティ-コルセスカ
デブリ・ドラゴン×2枚
ガード・オブ・フレムベル×2枚
エクリプス・ワイバーン

魔法(17枚)
竜の霊廟×2枚
竜の渓谷×2枚
封印の黄金櫃
超再生能力
調和の宝札×3枚
大嵐
手札抹殺
トレード・イン×3枚
テラ・フォーミング
おろかな埋葬
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)

罠(3枚)
鳳翼の爆風
ブレイクスルー・スキル
トラップ・スタン


こんな感じの征竜で遊んでます。
思ったより普通に戦えるレベルなのでわりと楽しい。意外と後攻ワンキルも出来たりするもんだ。
制限になっても死んでないですねこれ。

最近はめっきりワンキルに行けるデッキを使わなくなったのでけっこう新鮮。

《超電磁タートル》は《デブリ・ドラゴン》で釣り上げられるくらいしかシナジーは無いものの、裏で置くと地味に生き残ったり《竜の渓谷》《手札抹殺》《おろかな埋葬》で切れるのでそんなに悪くもないような。
せっかく決闘王の記憶買ったんだからどっかで使いたいってだけなんですけどね。

《クリバンデット》の登場で征竜が息を吹き返すかどうかが気になるところ。

大会レポ ヴァンガード 2014/4/5


バトスピが無かったので午後のヴァンガードの大会。
しかしこれが8人のところに14人来る謎の参加人数。

そのためプロモパックをもらえる8人の大会と、デッキケースと前回のプロモパックを賞品にした6人大会に別れることに。
自分は遅く行ったせいで6人大会のほうでした。

ブックスにのへ@6人
使用デッキ:撃退

1回戦:獣神

獣神相手と言うことで速攻が非常に怖かったものの、手札がトリガーまみれだったらしく速攻されず。
こっちは順当に「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」にライド、「ジャッジバウ・撃退者」のブーストも通る。

相手のG3「最凶獣神 エシックス・バスター “Я”」への直接ライドだったのでダブクリケアしつつ「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」で押しつぶす。


2回戦:次元ロボ

怖いのは「超次元ロボ ダイカイザー」のブレイクライドのみ。ライドされたのは「超次元ロボ ダイユーシャ」だったので怖いところが皆無。
Rも15000ラインで済むため非常に楽。相手の手札が4枚になったところでレイジングのブレイクライドで勝ち。


3回戦:カオスブレイカー
×
相手は「星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン」と分かってはいる状態でゲーム開始。
一つ前のゲームの様子とスタンドアップ「ホワイトナイト・フェンリル」で正直勝っただろこれと思ったものの、2ターン目の時点でレイジング3枚とモルドレッド1枚の4枚が手札に。
殴れるカードも引けず、ブレイクライド連打も出来ない状態で非常に辛い。
ついでにヒールを4枚素引きしたあたりで負けを覚悟。

相手は「星輝兵 インフィニット・ゼロ・ドラゴン」からゼロゼロカオブレの2連ブレイクライド。
こっちもモルドレッドからブレイクライドするも、残りデッキにトリガー2枚しか無いのを見て諦め。

一応最後までやったもののこちらのデッキアウトで終わり。


2-1で2位でした。
カオスブレイカーはどうしようもない状況が発生するのが辛いですね。
そんなに上手い相手では無かったものの… うーん。

5点入れて勝つのはまず無理だったので、相手のデッキアウトを狙うプレイをするべきだったのだろうか。
この辺りはよく分かっていない上にもはやカオブレも環境から消えているので使う機会が無さそうなんですけど。

8人のほうの大会は優勝がグレンディオス、2位が撃退だった模様。
リンクとシャドパラ強い。

レギオンも出て環境が大きく変わりそうなので、早く6月のシャドパラEBが欲しいところ。

ティマイオスの眼&竜騎士ブラック・マジシャン・ガール

ティマイオスの眼
通常魔法
このカードはルール上、「伝説の竜 ティマイオス」としても扱う。
自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスターが融合素材として記されている融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
「ティマイオスの眼」は1ターンに1枚しか発動できない。


海外のほうで効果が判明したみたいですね。
このテキストは英語テキストの日本語訳なので、日本で出るときは9期仕様の①②テキストになるはず。

効果自体は公式サイトで公開されたものと違う点は特にありませんね。
「融合召喚する」と明記されているので《超魔導剣士-ブラック・パラディン》も出せそうでなによりです。

こうなるとやっぱり選択肢の関係で「アミュレット・ドラゴン」も出して欲しいところ。

竜騎士ブラック・マジシャン・ガール
融合・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2600/守1700
「ブラック・マジシャン・ガール」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚墓地へ送り、フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
その表側表示カードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


そして《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》の効果も判明。
融合素材はガール+ドラゴン族。まあ妥当なところですね。

《ティマイオスの眼》の方が融合召喚での特殊召喚なのに「融合召喚または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。」のテキストがあるというのが非常に気がかりなんですが。
ティマイオスの~のテキストを持っているカードしか《ティマイオスの眼》で出せないとか無いよね?

それはさておき、持っている効果は表側限定の《サンダー・ブレイク》。
手札コストを要求するとはいえ、タイミングを選ばない破壊なので比較的強力。

手札コストを要求する関係で《超魔導剣士-ブラック・パラディン》とは似たような構築が出来そうな気がしないことも無いですね。
自身がドラゴン族を融合素材にすることもあって、ブラパラとはわりと噛み合っている印象。

《暗黒騎士ガイア》が《竜騎士ガイア》になるとドラゴン族になるように、このカードもドラゴン族になっています。
魔法使い族サポートを受けられなくなった代わりに、《龍の鏡》での融合召喚が可能になりました。

レベルも7なのでやっぱり征竜を絡めることが頭に浮かびますね。
《ブラック・マジシャン》と征竜で《七星の宝刀》を共有しつつ、《E・HERO プリズマー》で師弟を落として融合、墓地に送られたドラゴンはブラパラの攻撃力アップに貢献。
竜騎士ガールを《融合》して効果でモンスターを破壊した後に征竜とエクシーズや1チューナーとシンクロ。
手札コストも《超再生能力》でカバー、とか。

エクストラが厳しいというレベルでは無さそうですけどね。


《ブラック・マジシャン》まわりのサポートが増えてきて、なんとか使えるレベルになって来ている感じはあるので嬉しいです。
サポートもっと増えろ!
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。