スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年。


2013年の総括的なことを書こう書こうと思いつつこんな時間に。計画性のなさが露呈する…


個人的には正直今年はそこまで良い年でも無かったように感じてしまいます。
来年こそはいい年だったと言えるようにしていきたいですね。


なんだか締まらない感じではありますが、皆様良いお年を。
スポンサーサイト

大会レポ バトルスピリッツ 2013/12/28


ブックスにのへ@3人総当たり
使用デッキ:黄色

1戦目:青
○○
1:「天使の舞い降りた場所」でドロー加速していく。相手はがデッキ破壊系のスピリット、アルティメットを展開できず、こちらが「アルティメット・ミカファール」を先出し。増えた手札から「アルティメットプラズマ」を食らわせて行きそのまま押し切る。
2:「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」バーストでこちらペース。「サファイアの彫像」で7枚吹っ飛んだり「秘剣燕返」踏んだりするも、「夢幻の天剣トワイライトファンタジア」をヤマトに合体、相手の場を殲滅して勝ち。

2戦目:紫

時間が無かったので1本勝負にさせて頂く。
1重スリーブなのにこちらの2重スリーブ50枚より厚いデッキ。
「闇楯の守護者ナーガン」が最初に出てきて「天使グレット」「エンジェルストライク」が使いにくい。
続けて登場した「双頭の龍王バイ・ジャオウ」もあり、相手のカードを消せないものの「アルティメット・ミカファール」を立てて牽制。
「アルティメットプラズマ」が来れば一気に流れを引き寄せられるものの、引き込めず膠着状態。
しかしそこから「大天使アヴリエル」+「光翼の神剣エンジェリックフェザー」の組み合わせで相手の場4体から一気にライフ削りとって勝ち。


2-0で優勝。
ここのお店は今月2回目のショップバトルだったので「角武神ネプチューン・カイシン」を頂きました。正直「華の女王カトレア」が欲しかったよ…

青はともかく、「白蛇帝アルデウス・ヴァイパー」「偽りの地下帝国」「サードアイズスネーク」なんかが見えてた紫は正直怖かったので勝てて何より。
まあデッキ枚数多すぎだろという感じは否めなかったのでアレなんですけど。

今年のショップバトルも終わり、来年からは裏Xも「アルティメット・グラントルタス」に変更ですね。
アルティメットバトル02や詩姫ブースターも待っているので来年が楽しみです。

続・アーティファクト

「アーティファクト-ベガルタ」星5 光 天使族 1400/2100
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールド上にセットされたカードを2枚まで選んで破壊する。「アーティファクト-ベガルタ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


相手ターンの特殊召喚成功時に自分のセットカードを2枚まで破壊。
自分のアーティファクトを能動的に起動するための効果ですね。単体ではただ場に出るだけなので《アーティファクトの神智》などで特殊召喚を狙うのが基本ですかね。


「アーティファクト-フェイルノート」星5 光 天使族 2000/1600
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地から「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を選択して自分の魔法&罠カードゾーンにセットできる。


相手ターンの特殊召喚で墓地からアーティファクトをセット。1枚分のアドバンテージを取るカードではあるものの、あくまでセットであるため他のカードが必要。
ベガルタと同一チェーン上で発動できればセットしたアーティファクトをそのまま展開出来るので狙いはそこか。


「アーティファクト-アイギス」星5 光 天使族 1200/2500
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、ターン終了時まで、自分フィールド上の「アーティファクト」と名のついたモンスターは相手のカードの効果の対象にならず、相手のカードの効果では破壊されない。


相手ターンの特殊召喚で自分のアーティファクトに耐性付加。対象に取れなくなり効果破壊できなくなるとあって耐性はなかなかの物ではあるものの、戦闘破壊はされることに注意。
相手ターンで展開したアーティファクトが自分のターンまで場に残る可能性が上がるので、次のターンでのエクシーズに繋げやすいのは良さそう。


「アーティファクト-ラブリュス」星5 光 天使族 2300/1000
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。また、「アーティファクト」と名のついたカードが破壊され、自分の墓地へ送られた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。


アーティファクトの破壊をトリガーに自身を手札から特殊召喚。
アーティファクトの性質として基本的に相手ターンでの破壊がメインとなるため、特殊召喚してもそこから次に繋げにくいのが難点。
逆に、自分のターンで破壊されると何も出来ないため、そこを埋めるものとしてはとしてはそこそこ?
《簡易融合》のような5エクシーズを狙いにいけるカードを採用していかないと少し使いにくそうなイメージ。


《アーティファクト-モラルタ》《アーティファクト-カドケウス》に続いてメインデッキに入るアーティファクトが4枚追加。
効果モンスター6枚、エクシーズ1枚に魔法罠2枚となかなかの収録数ですね。

これなら形になるデッキも組めそうなのでいろいろ考えてみたいところ。

デッキ:ヴァンガード ネオネクタール


グレード3(8枚)
メイデン・オブ・トレイリングローズ×4枚
メイデン・オブ・ビーナストラップ “Я”×4枚

グレード2(10枚)
アイリスナイト×4枚
メイデン・オブ・チェリーブルーム×4枚
チューリップの銃士 アルミラ×2枚

グレード1(15枚)
カローラ・ドラゴン×4枚
メイデン・オブ・ブロッサムレイン×4枚
メイデン・オブ・チェリーストーン×4枚
木漏れ日の貴婦人×3枚

グレード0(17枚)
菜の花の銃士 キーラ
月下美人の銃士 ダニエル×4枚
ダンガン・マロン×4枚
メイデン・オブ・エッグプラント×4枚
ハイビスカスの銃士 ハンナ×4枚


ネオネクタール。
「メイデン・オブ・トレイリングローズ」「メイデン・オブ・ビーナストラップ “Я”」のどちらに乗っても良いVと「メイデン・オブ・チェリーブルーム」「メイデン・オブ・チェリーストーン」のヒット時効果でアドバンテージを稼ぐ。
チェリーの2種とトレイリングローズはVヒット時の誘発なのでガードを強要しやすく、序盤でヒットを狙えれば強力。

Vスタンドやクリティカル増加、超パワーのような詰め能力は持っていないので、しっかり3面展開してコツコツダメージを積む必要がありますね。
言ってしまえば地味。
序盤で展開してもビーナストラップのおかげでリカバリーが効くのは良い点と言えますが。

難しい動きをするわけでは無く、RR以上のカードも3種かつRRRは無しで安く組むことができるのでわりと初心者向きではあるのかなと思ったり。

しかし「メイデン」の名を持つカードが多い割には名称サポートが無くて違和感。
次に強化をもらうときは名称サポート付いたりしませんかね?

デッキ:遊戯王 カオスダイソンワンキル

モンスター(18枚)
聖鳥クレイン×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
フォトン・スラッシャー×3枚
ゴブリンドバーグ×2枚
カゲトカゲ×2枚
アステル・ドローン×2枚
D-HERO ドグマガイ
D-HERO ダイヤモンドガイ×2枚
D-HERO Bloo-D×2枚

魔法(19枚)
増援
手札抹殺
死者蘇生
闇の誘惑
トレード・イン×2枚
デステニー・ドロー×3枚
ギャラクシー・ウェーブ×2枚
RUM-アストラル・フォース×3枚
RUM-アージェント・カオス・フォース×3枚
RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース×2枚

罠(3枚)
無謀な欲張り×3枚

エクストラデッキ
CNo.101 S・H・Dark Knight
CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス
CNo.6 先史遺産カオス・アトランタル
CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー
No.101 S・H・Ark Knight
No.32 海咬龍シャーク・ドレイク
No.9 天蓋星ダイソン・スフィア
キングレムリン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7


《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》のバーンで先行ワンキル狙うデッキ案。
エクストラはとりあえず確定で使いそうなところだけ。

カオスダイソンは素材の数×300のダメージを与える効果と、《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》が素材にあるときにエクシーズ素材をすべて取り除いてその数×800のダメージを与える効果を持ちます。
素材が8つあれば、8×300=2400、8×8=6400で計8800となり、初期ライフ8000を削りきれることになります。

どうやって素材を貯めるかが問題となるわけですが、今回は

1.素材3。通常エクシーズ 《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》 
2.素材4。エクシーズチェンジ 《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》 
3.素材5。エクシーズチェンジ 《FA-クリスタル・ゼロ・ランサー》        
4.素材6。《RUM-アージェント・フォース》により《CNo.6 先史遺産カオス・アトランタル》 
5.素材7。《RUM-アストラル・フォース》により《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》 
6.素材8。自身の効果で回収した《RUM-アージェント・フォース》により《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》

を基本ルートとして考えました。


コメントで指摘された通り、《FA-クリスタル・ゼロ・ランサー》はランク5からしかチェンジできませんでした。
この構築のままだと、一度RUMで《CNo.101 S・H・Dark Knight》を経由しないと行けませんね。

《No.39 希望皇ホープ》と《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》を絡めるのは面白そうです。

光×2で《セイクリッド・オメガ》をエクシーズ召喚することで
《セイクリッド・オメガ》→《セイクリッド・トレミスM7》→《CNo.6 先史遺産カオス・アトランタル》→《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》→《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》
までは繋がり、素材6までは達成できます。この場合、《ギャラクシー・ウェーブ》が場にあれば1800+4800+2500で8100となります。

つまり、《RUM-アストラル・フォース》と《RUM-アージェント・カオス・フォース》の2枚を持ち、4×3もしくは光4×2+《ギャラクシー・ウェーブ》を成立させればワンターンキルとなります。

この場合必要となるのは、《RUM-アストラル・フォース》《RUM-アージェント・カオス・フォース》の2枚に加えて、3体エクシーズ用に《フォトン・スラッシャー》《カゲトカゲ》《ゴブリンドバーグ》《召喚僧サモンプリースト》あたりから3枚と5枚。
ワンキルとしてはパーツが多いものの、エクシーズ召喚は
フォトスラ+サモプリ+魔法
トカゲ+バーグ+星4
フォトスラ+トカゲ+星4
サモプリ+トカゲ+魔法
といった感じで比較的組み合わせパターンが多いためそこそこ揃う印象。

4エクシーズが軸となるため、ワンキルに向かえない場合は一応エクシーズビートで戦えないこともないです。

《増殖するG》が刺さるとか言うレベルじゃなかったり《エフェクト・ヴェーラー》食らうと即死なので《次元の裂け目》を入れたい。

一応先行ワンキル出来る可能性があるとは言え、そうそう先攻で決まるわけでもなく。
なんとかまともな感じにならないもんですかね。

アーティファクト

アーティファクト。
すべて光天使で共通効果として魔法罠ゾーンに魔法扱いでセットできる効果と、相手ターンに破壊されると特殊召喚される効果を持ちます。
今のところまだ二枚しか判明してないですけど。

今までの多くのカードと違い、相手によって破壊される必要は無いため自分から破壊していくことで効果を発揮できるのが良いですね。
《邪神の大災害》に巻き込んだり《ダブル・サイクロン》のようなカードで破壊してやるのは強そう。

アーティファクト-モラルタ 星5 光属性
天使族 ATK/2100 DEF/1400
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。
相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選んで破壊できる。


相手ターンに特殊召喚されると相手のカード1枚を破壊。
特殊召喚効果は強制効果、破壊効果は場合の任意効果ということでタイミングを逃す心配はありません。

破壊効果は自身の効果による特殊召喚以外でも発動するため、「アーティファクトの神智」《リビングデッドの呼び声》などで特殊召喚を狙っていくと強そうです。
リビングデッドは相手の腐っている除去を発動させる機会を作ってしまうので少し工夫が必要な気はしますが。


アーティファクト-カドケウス 星5 光属性
天使族 ATK/1600 DEF/2400
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。
また、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、相手ターン中に「アーティファクト」と名のついたモンスターが特殊召喚された時、デッキからカードを1枚ドローする。
「アーティファクト-カドケウス」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


自身が場にいるとき相手ターン中にアーティファクトが特殊召喚されるたびに1ドロー。
複数のアーティファクトが同時に破壊された時にこのカードをチェーン2以降に組むとドロー出来ますね。
場に維持しておいて《リビングデッドの呼び声》で「アーティファクトーモラルタ」を特殊召喚してやるとこちらが1ドロー相手1枚破壊とかなり強力。


アーティファクト-デュランダル 星5 光属性
天使族・エクシーズ ATK/2400 DEF/2100
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールド上でモンスターの効果が発動した時、または通常魔法・通常罠カードの発動時にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。その効果は「相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を
選んで破壊する」となる。
●このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。お互いの手札を全て持ち主のデッキに戻してシャッフルする。その後、それぞれデッキに戻した枚数分だけドローする。


アーティファクトのエクシーズ。
今のところ「アーティファクト」を指定するカードは無いので名前はあまり関係なし。
モンスター効果を相手の魔法罠破壊に変更する効果とお互いに《リロード》を行う効果を持ちます。
相手のモンスター効果を無効にしつつこちらのアーティファクトを発動を狙いに行く効果ですね。

アーティファクトが光レベル5ということで《セイクリッド・プレアデス》を出す機会の方が多そうな気はしますが、相手モンスター効果を封じつつアーティファクトの効果を発動する機会を増やすものとしては良さ気。

アーティファクト・ムーブメント
速攻魔法
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊し、デッキから「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を選んで魔法カード扱いとして魔法&罠カードゾーンにセットする。
また、このカードが相手によって破壊された場合、次の相手のバトルフェイズをスキップする。


《サイクロン》にアーティファクトをセットする効果が付き、破壊されるとバトルフェイズをスキップするなんだか凄まじいカード。
恐らくデッキからアーティファクトをセットできないと発動できないとは思いますが、基本的には《サイクロン》のほぼ完全上位カード。なんだこれ。

今までの破壊された時に効果を発揮するカードと違い「セットされたこのカード」といった但し書きが無いので、相手の《サイクロン》に対象を取られた時にチェーン発動して破壊されてもバトルフェイズスキップ効果が発動しそうに見えますね。
アーティファクトなら3積み確定、下手をすると他のデッキにもモラルタとセットで出張することもあるかも。


アーティファクトの神智
通常罠
デッキから「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。「アーティファクトの神智」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
また、このカードが相手によって破壊された場合、フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。


アーティファクトをデッキから特殊召喚する罠。
ムーブメント同様破壊された時も効果を発揮し、フィールドのカード1枚を破壊。
バトルフェイズを行えない制約はあるものの、アーティファクトの性質として特殊召喚するのはほぼ相手ターンということを考えればあってないようなもの。

ムーブメントと神智の2伏せに《大嵐》を受けた時に両方チェーン発動すると、デッキからモラルタセット、デッキからカドケウス特殊、ムーブメント神智モラルタが破壊され相手のバトルフェイズスキップ+モンスター破壊、カドケウスで1ドローモラルタでモンスター破壊とかいう大惨事が発生する恐怖。


全体的に見てなかなか高スペックな集まりですね。
アーティファクト単体では基本的にセットからしか入れないのが欠点ではあるか。
また、今のところレベル5しかいないので《ヴェルズ・オピオン》で完全に機能停止するのが怖い。

既存のカードと組み合わせるなら、レベル5を作りやすく光属性を共有するセイクリッドや、こちらもレベル5を立てやすく光属性で《サイバー・ネットワーク》にアーティファクトを巻き込むことの出来るサイバーなんかはわりと相性が良さそう。

もう少しモンスターが増えてくれれば動かしやすくなりそうなので、追加カードに期待。

アルティメット・ガイ・アスラ

アルティメット・ガイ・アスラ
アルティメット
8(4)/赤/新生・神星・星竜
<1>Lv3 15000 <3>Lv4 25000 <5>Lv5 35000 <10>Lv6 50000
【召喚条件:自分の赤スピリット1体以上】
【Uトリガー】Lv3・Lv4・Lv5・Lv6 『このアルティメットのアタック時』
Uトリガーがヒットしたとき、自分のスピリットすべてのコアすべてをこのアルティメットに置き、コアが1個以上置かれたら、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
【クリティカルヒット】:ヒットしたカードがスピリットカードなら、さらに自分のトラッシュにあるスピリットカード1枚を手札に戻す。
(Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)

Lv4・Lv5・Lv6 『このアルティメットのアタック時』
破壊された相手のスピリットのコアすべてはボイドに置かれる。


まさかの「幻羅星龍ガイ・アスラ」新生。
レベルを6まで持ち、最大BPは衝撃の50000。

Uトリガー効果は自分のスピリットすべてのコアを自分に集め、相手ライフを1点削るもの。
一応【超覚醒】を意識してはいるんでしょうか。
さらにスピリットを落とすとクリティカルヒットでトラッシュのスピリット1枚を回収。
これで消滅したスピリットを使いまわすデザインですね。

自身のコストが8ということもあり、相手にアルティメットが居ようがほぼ確実に1点持っていくのは脅威。
ただ、すべてのコアを強制的に集めるため自分の場からスピリットが消滅してしまう欠点があります。
これに関しては、アルティメットを並べてブロッカーにしたり防御マジックを構えておけば良いのでそこまで辛くはないように思えます。
レベル5でも35000のBPを持つので最悪殴らずにブロッカーとしても活躍できますしね。

レベル4からの効果は「幻羅星龍ガイ・アスラ」が持っていた、アタック中に破壊したスピリットのコアをボイドに飛ばすもの。
あちら同様アタック中なら何で破壊しても構わないので「サジッタフレイム」なんかで巻き込んでいきたいところ。

全体的に見てなかなか強力そうな印象を受けますね。黄色もこのくらいで良いのよ?
どうでもいいけどこれconcept by が付いてるんですよね。アニメで出てくるっぽいけどだれが使うんでしょ。

スゴイカード特集 黄色 アルティメット・イスフィール他

アルティメット・イスフィール
アルティメット
7(4)/黄/新生・天霊
<1>Lv3 11000 <3>Lv4 16000 <4>Lv5 20000
【召喚条件:自分の黄スピリット1体以上】
【Uトリガー】Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
Uトリガーがヒットしたとき、自分のマジックカード1枚を、フラッシュタイミングでコストを支払わずに使用できる。
【クリティカルヒット】:ヒットしたカードがマジックカードなら、さらに、
自分のマジックカード1枚をフラッシュタイミングでコストを支払わずに使用できる。
(Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)
Lv4・Lv5『自分のアタックステップ』
系統:「天霊」を持つ自分のアルティメットがBP3000以下の相手のスピリットにブロックされたとき、
相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。


「大天使イスフィール」の新生。イスフィールは好きなスピリットなので期待してたんですけども。

Uトリガーはヒットするとマジックのノーコスト発動。クリティカルヒットでもう一度ノーコスト発動。
本家イスフィールとは違い、1枚のマジックを2回発揮するわけでは無くノーコスト発動のチャンスが2回あるという話ですね。

「アルティメット・ミカファール」のとき同様Uトリガーの発動にマジックを要求されるのは難しいところ。
他の色がトリガーのみでアドバンテージを稼いでくるのに黄色が出来るのはマジックの発動というのはどうにも悲しい。
マジックの発動タイミングも結局はフラッシュタイミングでUトリガーがヒットする必要があるわけですしね。

レベル4からは天霊アルティメットをブロックしたスピリットがBP3000以下なら1点貫通。
アルティメットに対するチャンプブロックを牽制する効果ですね。

スピリットにブロックされた時1点貫通を持つ「アルティメット・バーチュ」と組むと2点持っていける…と思ったけど激突持ってるわけでもないのでどうせライフで受けられますね。
BP-マジックを連打して無理やりライフに通していくイメージでしょうか。

基本的には「アルティメット・ミカファール」で十分のような気がするのがなんとも言えない。


天使令嬢アサエル
スピリット
5(黄3金1)/黄/天霊
<1>Lv1 4000 <2>Lv2 6000 <3>Lv3 7000
Lv1・Lv2・Lv3『相手のアタックステップ』
バトル解決時、バトルしている相手のスピリットがBP5000以下のとき、そのスピリットのアタックでは自分のライフは減らない。
Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
系統:「天霊」を持つ自分のアルティメットすべてをコスト+2する。


エリスデッキに多かった、解決時のBPで効果を発揮するタイプのカード。
スピリットが5000以下ならライフが減らないので一応速攻系への対応は出来ているのかな?
赤や紫の多さを考えるとバトル解決前にこいつがいなくなってそうな気もするわけですが。

レベル2からは自分のアタックステップ中に天霊アルティメットのコスト+2。
Uミカファールがコスト8、UヴァリエルUイスフィールがコスト9となるのでまずトリガーはヒットしそうですね。
4コストの「アルティメット・エンジュ」5コストの「アルティメット・バーチュ」がそれぞれ6,7コストになるので使うならこの辺りの中コスト帯のアルティメットを利用していく感じになりそうな。

金軽減を持っているのでアルティメットを展開したあとが繋ぎやすいのは評価点。


パワーダウン
マジック
4(2)/黄
このマジックカードは、相手のUトリガー/「デッキ破棄効果」によって自分のデッキからトラッシュに置かれたとき、手札に戻る。
さらに、このターンの間、自分のデッキは破棄されない。
フラッシュ:
相手のスピリット1体をBP-3000し、自分はデッキから1枚ドローする。


デッキから落ちると手札に戻り、デッキ破壊対策をしてくれるドロー付きのBP-マジック。
1ドローが付いているおかげでアドバンテージを失わずBP-を発生させることが出来るのがありがたいところ。
光芒、魔光芒で撃ちに行きたいカード。特に魔光芒で撃つと6000下げつつ2ドローしてこれが手札に戻るので非常に強力。

破棄対策効果に関しても、通常のデッキ破壊だけではなくUトリガーにも対応し、手札に加わる優秀さ。
今回のイチオシ。


ゴールデンカウンター
マジック
8(5)/黄
フラッシュ:
このターンの間、相手のスピリット/アルティメット1体をBP-10000する。
その相手のスピリット/アルティメットがターンで初めてBP0になったとき、
このターンの間、そのスピリット/アルティメットのシンボルすべてを無いものとして扱う。


アルティメットにも対応したBP-マジック。BP-10000と非常に大きなBP変化を起こします。
BP0になったときの追加効果はシンボルの消滅。
アルティメットのBPを0にまで持っていくのは難しいにしても、スピリットに対してであれば0にできることも多そうで「ミストカーテン」「幻影氷結晶」のような使い方が出来なくもないでしょうか。

問題は8コストというやたら大きなコスト。最大軽減できれば3コストまで下がるものの…
こういうカードにこそ金軽減が欲しいんですけどね。


「パワーダウン」は良いカード。
「アルティメット・イスフィール」はもう少し強いのを期待してたのでちょっと微妙。
BP-を駆使したデッキは面白そうではあるので組んでみたくはありますね。

大会レポ ヴァンガード 2013/12/14

ブックスにのへ@5人トーナメント
使用デッキ:撃退者

1回戦:マジェ

先攻。
こちらは「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」へ。
2ターン目の「ブラスター・ブレード」+「ういんがる・ぶれいぶ」のアタックに20000投げるとG3ライドスキップされたので次ターンのぶれいぶブーストも守ると「爆炎の剣士 バロミデス」へライド。
返しに3列作って殴るとVに完ガ。捲れたクリティカルを横に振ると守れなくなったようで4点から2点通して勝ち。
4枚引いたレイジングはRとして活躍しましたとさ。

2回戦:抹消者

先攻。
こちらは「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」、相手は「抹消者 ボーイングソード・ドラゴン」。
Rを殴りつつこちらのダメージを3点程度に抑えていく展開。
相手に4点入れるもブレイクライドはされなかったのでこちらも3点目を受け、「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」へのブレイクライドで3列作ってRVRしに行くとVをノーガード。
ここできっちりクリティカル捲って勝ち。

3回戦:ペイルムーン

「星空の旋律使い ファラ」「妖剣の奇術師 サーラ」「ナイトメアドール ありす」辺りで回すやつ。
先攻。
こちらは「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」、相手は「妖剣の奇術師 サーラ」。
通常ドローでトリガー引きすぎて3列作りにいけない格好に。
幸いサーラは10000Vだったので「無常の撃退者 マスカレード」を前列に出して殴っていく。
ここでありす+「ミッドナイト・バニー」の17000でマスカレードを殴られていると辛かったもののこれを殴ってこないおかげで比較的楽に。
ドライブで2枚目のモルドレッドが見えた瞬間ひたすらRを潰しに来るものの、こちらはひたすらV狙い。
お互いのリソースが尽きてきた辺りで「黒衣の撃退者 タルトゥ」でラインを作り直し、トリガー捲ってなんとか勝ち。


3-0で優勝でした。勝因は全部先攻だったことですかね。
3回戦はそもそも初手にG3が無く「クリーピングダーク・ゴート」でギリギリ引き込んだはいいものの、「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」に乗れずに非常に心臓に悪い試合だった。
相手のVが10000だったのだからV裏にはなんとか7000を置くべきだったなあと。

しかし新弾出たというのに
撃退者×2
抹消者
マジェ
ペイル
とかいう謎環境であった。

デッキ:バトルスピリッツ

スピリット(17枚)
龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード
歌姫ミレファ
魅惑の覇王クレオパトラス×2枚
導化姫トリックスター
導魔神姫ジェラルディー
戦神乙女ヴィエルジェ×2枚
華の女王カトレア
歌姫ココ
歌姫マリカ
冥土の魔女ヘレン
天使グレット×3枚
歌姫アーシア×2枚

アルティメット(6枚)
アルティメット・ヴァリエル
アルティメット・ミカファール×2枚
アルティメット・エクスシア
アルティメット・エンジュ×2枚

ネクサス(2枚)
天使の舞い降りた場所×2枚

マジック(15枚)
アルティメットプラズマ×2枚
パニックヴォイス
光速三段突
エンジェルストライク
マーク・オブ・ゾロ
絶甲氷盾×2枚
リバイヴドロー
ライフドリーム
秘剣燕返
バーストスナップ
クリアエッジ
双光気弾
シンフォニックバースト

ブレイヴ(8枚)
シユウ
光翼の神剣エンジェリックフェザー
夢幻の天剣トワイライトファンタジア
神聖鳥サンダ・バード
騎士王蛇ペンドラゴン
ネオ・ケルベロード
イビル・フィッシャー


12月14日優勝分。48枚。
枚数多いのはいつものこと。

デッキタイプ的には【アルティメット・ミカファール】なんですかね。プラズマ採用型だし。

まあバランスの良くない感じが。
詩姫はとりあえず使ってみるかという感じで全種入れてみたものの、正直「歌姫マリカ」がいればそれでいいような。
詩姫ブースターを見てからですね。

アルティメットは未だに枚数がよくわからないので安定しそうな6枚で。
「アルティメット・クレイオ」も気になったけれど5分で弄った関係で素直な効果の「アルティメット・ヴァリエル」「アルティメット・エクスシア」のみ採用。

エリスデッキのカードたちは比較的優秀な印象なのでもう少し黄色に寄せても大丈夫な気はします。

2戦しかやってないのでアレなんですけど思ったより場に軽減が置けない気がしたのでそのへんも調整要素。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。