大会レポ バトルスピリッツ 2013/10/30

ホビースクエアにしな@5人
使用デッキ:黄赤的な何か

1回戦:ジークフリード
○×○
バースト伏せミスとかして死ぬかと。
2戦目の負けは「アルティメット・ジークフリード・ネオ」のアタックで4コスが落ち「アルティメット・ジークフリード・ベビー」のアタックで3コスが落ちて負け。
逆なら勝ってたというのに。
3戦目は詰みかと思ったところに「光翼の神剣エンジェリックフェザー」を引いてきて一気に5点狙いに行ったら「絶甲氷盾」を撃たれたものの、コストで相手の場が更地になりそのまま勝ち。

2回戦:フリーデン@K水さん
×○○
全試合ピンの「アルティメット・ジークフリーデン」を引く。
そして全試合相手のデッキトップから「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」を落とす謎のトリガーヒット率。ヒットしてねえけど。
3試合目はお互い「アルティメット・ジークフリーデン」を展開して膠着状態に。お互いデッキアウト寸前までもつれ込む。
相手の手札も無くなったのでフル展開してジークフリーデン3体の上から削りに行き、相手のアタックはひたすら「絶甲氷盾」をトラッシュから回収して使いまわして凌いでいく。
2ターン続けて「絶甲氷盾」「バーストシールド」に阻まれるも、返しのフリーデンのトリガーが外れアタッカーが残って返しで勝ち。

階段が崩れたので2-0で優勝でした。

初の対アルティメット戦。
一度場に出ると除去ができないせいもあって、お互いがアルティメットを展開すると膠着状態になりやすい印象。
そういう点では「アルティメット・ジークフリード」の真覚醒はなかなか良い効果だったりするんですね。
BP勝ち出来ない状態だと大量展開から無理やりライフを削りに行くしか無くなったりするんですけど(2回戦の3戦目とかそんな感じ)、そういう場に「究極巨神アルティメット・トール」が居たりすると詰みまで見えるという。

こちらもアルティメットで殴りあうのはそれはそれで楽しそうではありますが「ライフドリーム」や「冥府三巨頭ザンデ・ミリオン」のような壁となるアルティメットが居てもライフを取れる手段か、「鉄の覇王サイゴード・ゴレム」のようなデッキアウトによる勝利を狙えるカードを採用していきたい感じ。

ウィニー気味の環境だったりするせいで地味に「光翼の神剣エンジェリックフェザー」が輝いて楽しい。
スポンサーサイト

デッキ:バトルスピリッツ アルティメット・ミカファール

スピリット(18枚)
龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード
魅惑の覇王クレオパトラス×2枚
導化姫トリックスター
戦神乙女ヴィエルジェ×2枚
英雄皇ロード・ドラゴン・ドミニオン(黄)×2枚
歌姫アーシア×3枚
歌姫マリカ×2枚
冥土の魔女ヘレン×2枚
麒麟星獣リーン×3枚

アルティメット(6枚)
アルティメット・ミカファール×3枚
アルティメット・ソフィア×2枚
魔龍帝アルティメット・ジークフリード(黄)

ネクサス(3枚)
天使の舞い降りた場所×2枚
星空の冠

マジック(13枚)
アルティメットプラズマ×3枚
パニックヴォイス
光速三段突×2枚
絶甲氷盾×2枚
双光気弾
ペガサスフラップ
ネイチャーフォース
バトルキャンセル×2枚

ブレイヴ(2枚)
シユウ
夢幻の天剣トワイライト・ファンタジア


「アルティメット・ミカファール」。
このカードを使う一番の利点はほぼ専用マジックたる「アルティメットプラズマ」の存在でしょう。
相手にマイナス2、こちらにプラス2の差し引き3アドを稼ぎ、ミカファールのUトリガーがヒットしていればさらにバトル前にライフ1点。
決まれば一気に流れを引き寄せられそうですね。

ここで問題になるのは、マジックの効果は相手の除去耐性に引っかかること、ミカが単体ではバニラであることの2点でしょうか。
バウンスが効かなければUトリガーも無意味で、かつアルティメットに対しては何も出来ないのが辛い。
除去耐性はどうしようも無いので、単体でバニラである点をオープンドローとマジック回収組でサポートしてあげる感じで。

デッキ的には「天使の舞い降りた場所」で回しつつ歌姫からアルティメットを展開、プラズマで吹き飛ばすイメージ。
ミカファールの効果は「光速三段突」でも有効になるのでバウンスマジックは計5枚。
「魅惑の覇王クレオパトラス」と合わせてバウンスコントロールのような動きができれば良さげ。

アルティメットの召喚条件は「魅惑の覇王クレオパトラス」「英雄皇ロード・ドラゴン・ドミニオン」のバーストと場持ちの良い「戦神乙女ヴィエルジェ」、第1ターンに出せて比較的BP効率のよい「麒麟星獣リーン」で何とかしましょう。

相手のアルティメットは「バトルキャンセル」とライフ回復で流して横に出てきたスピリットにバウンス当てていくイメージ。

綺麗なデッキを組めるようになりたい。

哀哭の宝石騎士 アシュレイ “Я”

哀哭の宝石騎士 アシュレイ “Я”
ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),あなたのカード名に「宝石騎士」を含むリアガードを1枚選び、呪縛する] 相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたの山札からカード名に「宝石騎士」を含むカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。そのターン中、この能力は使えなくなる。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【永】【(V)】:あなたのソウルに「純真の宝石騎士 アシュレイ」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)


宝石騎士にもЯユニットが登場。「純真の宝石騎士 アシュレイ」のЯですね。
デザインがおもいっきりリンクジョーカー。

CB1と1体の呪縛でスペリオルコールと前列除去とあって、カード消費無しで2アド稼ぐ効果はさすがロイヤルパラディンというべきか。
似たような効果を持つ「銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”」や「氷獄の冥王 コキュートス “Я”」と比較すると、デッキからのスペリオルコールであるため下準備が一切必要ない点で使いやすいですね。
その分こちらはスペコ対象が「宝石騎士」に限定されているため、出来ることが限られてしまうわけですが。

また、先の2体はスペコしたユニットにパンプを行う効果を持っているため、Rを呪縛してもある程度のラインを形成出来ました。
アシュレイにはそのパンプ効果が無く、現状の宝石騎士では「大望の宝石騎士 ティファニー」を使わない限り21000ラインを形成出来ないのは辛いところ。
相手の前列のG2を焼ければ実質5000は稼いだことになりはしますけど。

1体を呪縛する関係で、盤面が全て宝石騎士でないと「友愛の宝石騎士 トレーシー」「必中の宝石騎士 シェリー」がバニラ化するのが残念。

あとはいつもどおりのクロスライド効果。
ただ、「純真の宝石騎士 アシュレイ」のブレイクライドは単純なクリティカル追加であるためとくに噛み合っているわけでもないのが悲しい。

追加のカードプール次第ではあるものの、このカードを使うなら今までの「導きの宝石騎士 サロメ」を使った形とは少し変わってきそうな気はします。
サロメ側から見れば、Rで11000として戦えるカードが増えたことになるので十分に嬉しいんですけどね。
サロメ4、Я4みたいな構築も無くは無い?

何枚か新カードはあるようなので、残りのカードに期待しておきましょう。

大会レポ ヴァンガード 2013/10/26


ブックスにのへ@8人
使用デッキ:撃退者

1回戦:ジェネシス

相手がG2でストップ。最後まで3に乗れず勝ち。

2回戦:マジェ

先攻。こちらがG2に乗れないも、相手もG2に乗れず。
次のターンでこちらはG2に乗るものの相手は乗れず、G2にようやく乗ったターンのアタックを受けてリミットブレイク。
ブレイクライドから「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」のペルソナを狙って行くもヒールを捲ってしまいリミットブレイク解除。
しかしここでトリガー2枚捲ったおかげで横のラインが止められずそのまま勝ち。

3回戦:DAIGOデッキ

後攻。
DAIGOデッキ未改造。デッキ持ってこなかったとかだそうで。
無難に展開。相手はきっちり「サンクチュアリガード・ドラゴン」に乗ってくる。
相手2点の時にVで殴るとダブクリで一気に5点まで。クリティカルが2枚見えていることを確認してから3点ノーガード、返しにブレイクライドで勝ち。


3-0で優勝。決勝DAIGOデッキて。
3戦全部きっちり「サンクチュアリガード・ドラゴン」にライドしている辺り才能ある。

最近どうにも撃退がしっくりこない感じ。シャドパラの追加はまだ先だろうし、どうしたもんだろうか。

デッキ:遊戯王 サイバー・ドラゴン

モンスター(16枚)
プロト・サイバー・ドラゴン
サイバー・ドラゴン・ドライ×3枚
サイバー・ドラゴン・ツヴァイ
サイバー・ドラゴン・コア×3枚
サイバー・ドラゴン×3枚
サイバー・エルタニン
サイバー・ヴァリー×3枚
ヴァイロン・キューブ

魔法(18枚)
貪欲な壺
大嵐
精神操作
死者蘇生
機械複製術×2枚
リミッター解除
マジック・プランター×2枚
パワー・ボンド×3枚
サイバー・リペア・プラント×2枚
サイクロン×2枚
オーバーロード・フュージョン
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)

罠(9枚)
神の宣告
神の警告
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声
トラップ・スタン
デモンズ・チェーン×2枚
サイバー・ネットワーク×2枚

エクストラデッキ
アームズ・エイド
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
キメラテック・オーバー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
サイバー・エンド・ドラゴン
サイバー・ツイン・ドラゴン×2枚
サイバー・ドラゴン・ノヴァ×2枚
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・プレアデス
輝光子パラディオス
閃珖竜 スターダスト
発条装攻ゼンマイオー


とりあえず仮組み。ADSにはサイドラストラクまでのカードしか無かったので《サイバネティック・フュージョン・サポート》はおあずけ。
《サイバー・ドラゴン・コア》《サイバー・ヴァリー》を軸にデッキを回して《パワー・ボンド》による融合や、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を狙いに行く感じ。
《サイバー・ネットワーク》で《ヴァイロン・キューブ》を除外しておくと、自ターンに破壊された時でも《閃こう竜 スターダスト》を立てつつ《D・D・R》を回収、残りの除外次第では《セイクリッド・プレアデス》まで狙いに行けたりして面白い。

例によってどうにも不安定な感じが否めないのでもう少しいじっていきたいところ。

サイバー流新規

サイバー・ドラゴン・ノヴァ
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/機械族/攻2100/守1600
機械族レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の「サイバー・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。
また、1ターンに1度、自分の手札・フィールド上の「サイバー・ドラゴン」1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、2100ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
このカードが相手の効果によって墓地へ送られた場合、機械族の融合モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。


機光竜襲雷のパッケージ。《サイバー・ドラゴン》のエクシーズモンスター。
機械5×2ということで、《サイバー・ドラゴン》が素材に使えます。《簡易融合》からの《メカ・ザウルス》が使えるのも嬉しい。
《サイバー・ドラゴン・ドライ》が増えたことでサイドラ縛りでも出しやすくはなりましたね。

墓地のサイドラ蘇生効果と自身のパンプ効果で2体のレベル5から6300打点が作れるのはわりと良さげ。
相手ターンにも使えはするものの、サイドラ+機械を場においてターン返すことはあまりしたくないですね。
《リビングデッドの呼び声》のような蘇生カードと合わせればそこそこ利用価値もあるんだろうか。

後半の機械族融合を特殊召喚する効果も合って損はない効果。
破壊されるとこれを使うデッキにはまず入っているであろう《サイバー・エンド・ドラゴン》《サイバー・ツイン・ドラゴン》が出てくると考えると、擬似的な破壊耐性としても考えられないこともない。

ただ、これを出せる状況は《パワー・ボンド》があるとワンキルを狙いに行けそうな気はするのでエクシーズをメインにするよりはエクシーズも出来るよ、程度に考えていたほうがいいような気はします。

サイバー・ドラゴン・ドライ 星4 光属性
機械族 ATK/1800 DEF/800
このカードが召喚に成功した時、自分フィールド上の全ての「サイバー・ドラゴン」のレベルを5にできる。
この効果を発動するターン、自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚できない。
また、このカードが除外された場合、自分フィールド上の「サイバー・ドラゴン」1体を選択して発動できる。
選択したモンスターはこのターン、戦闘及びカードの効果では破壊されない。
このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。


プロト、ツヴァイと来てドライ。
召喚時に《サイバー・ドラゴン》を全てレベル5にする効果。
自身も《サイバー・ドラゴン》として扱うため、自身もレベル5になります。
《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚→このカードを召喚で《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を狙うためのカードでしょうか。
単純に《サイバー・ドラゴン》の数が増え、自身の打点も1800とそこそこ。
後半の効果はいまいち使いにくい感じはありますね。
《オーバーロード・フュージョン》に巻き込んで、召喚された《キメラテック・オーバー・ドラゴン》の破壊効果から場の《サイバー・ドラゴン》を守ったりはできるものの…?
《サイバー・ネットワーク》で除外してやることで耐性を付加できるとはいえ、処理の関係上先打ちが必要になりどうにも噛み合わない。


サイバー・ドラゴン・コア 星2 光属性
機械族 ATK/400 DEF/1500
このカードが召喚に成功した時、デッキから「サイバー」または「サイバネティック」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える。
また、相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
「サイバー・ドラゴン・コア」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。


召喚時サーチャー。こういうカードが欲しかったんですよ。
サイバー、サイバネティックの魔法罠をサーチ。対応しているのは
《サイバーダーク・インパクト!》
《サイバー・ボンテージ》
《サイバーサモンブラスター》
《サイバー・シャドー・ガードナー》
・《サイバー・リペア・プラント》
・《サイバー・ネットワーク》
・《サイバネティック・フュージョン・サポート》
《サイバネティック・ゾーン》
《サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー》
の9枚。《サイバー・ボンテージ》の無意味さよ…
新規の3種をサーチ出来るだけでもそこそこ有用ですね。裏サイバー的には《サイバーダーク・インパクト!》がサーチ出来るようになったのは嬉しいところ。

後半の効果は《サイバー・ドラゴン》のSS条件と同じ条件でデッキから《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚。
と名のついた、なのでプロトツヴァイドライコアも特殊召喚出来ます。

純粋に《サイバー・ドラゴン》をサーチ出来るので融合もしやすく、星2~5までを自由に持ってくることが出来るためシンクロ、エクシーズへも繋ぎやすい。
自身の攻撃力が400ということで《機械複製術》にも対応していると素晴らしいですね。
こいつのために3箱買わねばなるまいて…


サイバー・リペア・プラント
通常魔法
自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が3体以上存在する場合、両方を選択できる。「サイバー・リペア・プラント」は1ターンに1枚しか発動できない。
●デッキから機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
●自分の墓地の機械族・光属性モンスター1体を選択してデッキに戻す。


機械・光版《増援》…と呼ぶにはちょっと弱いか。
まず発動条件として墓地に《サイバー・ドラゴン》を要求するため、第1ターン目には使いにくいのが難点。
この点に関しては《サイバー・ドラゴン・コア》でサーチ、戦闘破壊された返しのターンに発動できると考えれば目を瞑れる範囲ではありそう。
今までサーチの手段が無いに等しかった《サイバー・エルタニン》をサーチ出来るようになったのは大きい気はします。
相手の展開をこのカードか《サイバー・ドラゴン・コア》、《サイバー・エルタニン》のどれかを引くだけで返せるように。
エルタニンは《サイバー・ネットワーク》の帰還効果ともある程度噛み合っているのも嬉しい。

2つ目の効果はどうなんですかね… コアや《機械複製術》特殊召喚したいサイバーがデッキに無いときに使うくらいでしょうか。
選べて損は無いのでいいんですけどね。



サイバー・ネットワーク
永続罠
発動後3回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを破壊する。
1ターンに1度、フィールド上に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合に発動できる。
デッキから機械族・光属性モンスター1体を除外する。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、除外されている自分の機械族・光属性モンスターを可能な限り特殊召喚し、自分の魔法・罠カードを全て破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。


1枚ずつ機械光を除外していき、破壊された時に全てをフィールドに戻す効果。
自壊効果はあるものの、自ターンのスタンバイフェイズかつそのターンはバトルフェイズを封じられるため、出来るだけ相手ターン中に割ってあげたいところ。
自ターンで壊されたときは《セイクリッド・プレアデス》とか立てて返せればいいですね。

除外からの特殊召喚なので、《サイバー・ヴァリー》や《サイバー・エルタニン》で除外したカードも帰還できます。
《サイバー・エルタニン》で場をリセット、相手ターンのエンドで破壊して展開、返しで融合とか出来ればカッコ良さげ。


サイバネティック・フュージョン・サポート
速攻魔法
ライフポイントを半分払って発動できる。
このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、これらを融合素材にできる。
「サイバネティック・フュージョン・サポート」は1ターンに1枚しか発動できない。


こちらはゴールドシリーズの新規カード。
サイバー流ファンには待望の、《ミラクル・コンタクト》並にOCG化が待ち望まれていたカードですね。
アニメでの初出は2005年の9月だったので、実に8年越しのOCG化ということに。

わかりやすく言うと、融合を行うカードが別に必要となった《ミラクル・フュージョン》。…分かりにくい気がする。
1枚余計にカードが必要な代わりに《パワー・ボンド》の恩恵を受けることが出来るということに。
《サイバー・ドラゴン》
《プロト・サイバー・ドラゴン》
《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》
《サイバー・ドラゴン・ドライ》
《サイバー・ドラゴン・コア》
と《サイバー・ドラゴン》も5種類となり、《プロト・サイバー・ドラゴン》以外は墓地でも《サイバー・ドラゴン》として扱うため《サイバー・エンド・ドラゴン》も非常に融合召喚しやすくなりました。
また、墓地に《サイバー・ドラゴン》が1枚と機械族があれば《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を狙っていけます。
2体でも《パワー・ボンド》から融合すると3200の全体攻撃となるのでなかなかの破壊力。

墓地がある程度無いとどうしても威力が下がってしまうので、そのあたりは難しいところではありますね。


サイバー流単体で見てもなかなか優秀で、他の光機械を使うデッキにも出張可能とあってなかなか楽しそうなカードたちですね。
久しぶりに3箱買うことが確定したストラクなので12月が非常に楽しみです。

大会レポ 遊戯王 2013/10/19


トレカショップジョニー非公認@8人
使用デッキ:魔導

1回戦:甲虫装機
○○
後攻。先週スト負けした甲虫装機。
1:《デモンズ・チェーン》が強い。《エフェクト・ヴェーラー》と合わせて効果止めつつ《魔導書院ラメイソン》でアド差付けて押し切る。
2:今回も強いデモチェ。《甲虫装機 ホッパー》のダイレクト効果を発動したせいでワンキルされず、捌いていったら相手のデッキからモンスターが消えた。

2回戦:水鱗精
××
後攻。
1:《グリモの魔導書》《魔導書士 バテル》に到達できず。
2:今回もグリモバテルが遠い。《聖なるバリア-ミラーフォース-》で3枚吹き飛ばすも、逆に《ヒュグロの魔導書》が撃てなくなったり。
返せそうな盤面では合ったものの、相手のトップが強く、 《水精鱗-メガロアビス》を叩きつけられて負け。

3回戦:マドルチェ@こっぱ
○○
先攻。
1:相手のプレミにも助けられ、今日一番の回りを見せて勝ち。
2:終始こちらペース。《魔導書院ラメイソン》でガンガンアド差ついて押し切り。


2-1。圏外。
《デモンズ・チェーン》が強い気がする。
魔導は暫く変わらないだろうし、12月のサイドラストラクから本気だす。

ポケットモンスターX プレイ日記的な その5

クリア後の世界。

続きを読む

ポケットモンスターX プレイ日記的な その4


~殿堂入り

続きを読む

ポケットモンスターX プレイ日記的な その3


~クノエシティ

続きを読む

プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード