スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポ 遊戯王 2013/9/29


あまりにも暇だったので参加してしまった。

ブックスにのへ非公認@9人トナメ
使用デッキ:魔導

1回戦:スクラップ

後攻。
《カードガンナー》3枚落としスタート。これを《魔導教士 システィ》+《ヒュグロの魔導書》で殴り、《聖なるバリア-ミラーフォース-》伏せて《魔導法士 ジュノン》《グリモの魔導書》回収エンド。
相手手札の《巌征竜-レドックス》起動でガンナー蘇生、《スクラップ・キマイラ》で《スクラップ・ビースト》蘇生でダイレクトされたのでミラフォオープン。
《魔導法士 ジュノン》《魔導書士 バテル》《魔導書院ラメイソン》《ゲーテの魔導書》《トーラの魔導書》でターン返すと、《大嵐》。トーラをジュノンに、ゲーテをバテルに、ラメイソンでカイクウ出していくと続けて《ブラック・ホール》。正直負けたかと。
こちらも《ブラック・ホール》を撃ち、《魔導戦士 ブレイカー》でダイレクト。
また出てきたカードガンナーを《月の書》で裏返すとレドックス横でSSでターン返ってきたので《魔導書士 バテル》で《ゲーテの魔導書》サーチ、バテルでガンナー殴り、ゲーテでレドックス飛ばしてブレイカーダイレクトで勝ち。

2回戦:4軸炎星

先攻。
先攻取った時に限って打てる魔導書無いっていうね。
《サイクロン》《月の書》伏せてエンドすると《サイクロン》で月が抜かれ《暗炎星-ユウシ》でダイレクトもらう。続く《炎舞-「天キ」》にはサイクを当て、トップした《魔導教士 システィ》に《ヒュグロの魔導書》《セフェルの魔導書》で《炎舞-「天セン」》1枚ならケア出来るように殴りに行くとこれが通り、《魔導書院ラメイソン》《魔導書廊エトワール》《ゲーテの魔導書》と構えてエンド。
《ゲーテの魔導書》に《炎舞-「玉衝」》を受け、《間炎星-コウカンショウ》が出てくると詰みまで見えたものの、出てきたのは《魁炎星王-ソウコ》。
一命を取り留め、相手手札にモンスターが無かったようなのでゲーテをループさせに行く。
ゲーテで延命している間にエトワールが成長していき、10個の大台を超え、《魔導戦士 ブレイカー》で天センの上から叩いていって、返しのエクシーズもゲーテで飛ばして勝ち。
《殺炎星-ブルキ》の効果でガンガン炎舞が飛んでいったのが逆にありがたかった気がする。

3回戦:海皇水鱗精氷結界

後攻。
先攻《氷結界の封魔団》をされると面倒だったものの、引けなかったようで裏守備スタート。
《水精鱗-アビスリンデ》読みで《魔導書士 バテル》から《ヒュグロの魔導書》で殴ると案の定リンデ。
ここから嬉しい事に《水精鱗-アビスパイク》が出てきたのでタイミングを逃す旨を伝え、《和睦の使者》《ゲーテの魔導書》伏せてターン返す。
《死者蘇生》で《魔導書士 バテル》取られて《アーマー・カッパー》。
《魔導教士 システィ》使ってターン返すと2体目のアビスパイクが出てきて《バハムート・シャーク》→《水精鱗-アビストリーテ》。エンドフェイズに《強制脱出装置》でカッパを飛ばしつつバテルを墓地へ。
《魔導法士 ジュノン》から入ると《ドラゴン・アイス》。《海皇の重装兵》でジュノン割られたのでバテルで《ネクロの魔導書》回収からジュノン蘇生、《ヒュグロの魔導書》でバハムートを殴り、《ゲーテの魔導書》でトリーテを飛ばす。
返しで《深海のディーヴァ》からの《海皇の狙撃兵》のバテルへのアタックは《和睦の使者》で止め、メイン2《氷結界の龍グングニール》は《神の警告》。
返しで殴って投了もらう。

4回戦:ゴーストリックバーン…?

先攻。
開幕《デス・メテオ》。
《魔導戦士 ブレイカー》と《魔導法士 ジュノン》でバックを剥がし、出来るだけ攻撃反応を踏まないようなプレイを。
ジュノンがガリガリリソース削っていくのであっという間に相手が息切れ、《魔導書院ラメイソン》の存在もあってアド差が開き押し切る。


4-0で優勝でした。
シングル戦ということで魔導使うのは不安なものの、まあなんとかなるもんですね。
《和睦の使者》が好感触。《スケープ・ゴート》よりも使いやすい感じ。
スポンサーサイト

デッキ:ヴァンガード 呪槍の撃退者 ダーマッド軸シャドウパラディン

グレード3(7枚)
呪槍の撃退者 ダーマッド×3枚
幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム×4枚

グレード2(10枚)
ブラスター・ダーク・撃退者×4枚
黒衣の撃退者 タルトゥ×3枚
虚空の撃退者 マスカレード×3枚

グレード1(14枚)
暗黒の撃退者 マクリール×4枚
撃退者 ダークボンド・トランペッター×4枚
督戦の撃退者 ドリン×4枚
無常の撃退者 マスカレード×2枚

グレード0(19枚)
クリーピングダーク・ゴート
魁の撃退者 クローダス×2枚
厳格なる撃退者×4枚
撃退者 エアレイド・ドラゴン×4枚
デスフェザー・イーグル×2枚
氷結の撃退者×2枚
暗黒医術の撃退者×4枚


「呪槍の撃退者 ダーマッド」を軸に。「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」を差し置いてまでメインにする価値があるかと言われると無いですねはい。

アタックごとに1枚ずつカードが減っていくので「撃退者 ダークボンド・トランペッター」「黒衣の撃退者 タルトゥ」でカバーしてあげたいところ。

基本的に先上がりから3点止めを狙う形になると思います。2乗り貫通ガードは1枚目クリなら全部Vでぶち抜いていきましょう。

せっかく単体13000になれるんだからV裏にバニラ置いて21000ラインを作りたいところなんですけどね。枠が無い上に「漆黒の乙女 マーハ」が斜めにコールできない関係で素引きしなきゃいけなかったりでなかなか辛い。

デッキ:遊戯王 ゴーストリック その4

モンスター(25枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
深淵の暗殺者(ナイト・アサシン)
魂を削る死霊
ダーク・アームド・ドラゴン
ゴーストリックの魔女
ゴーストリック・ランタン×2枚
ゴーストリック・マリー×3枚
ゴーストリック・スペクター×2枚
ゴーストリック・シュタイン×3枚
ゴーストリック・キョンシー×3枚
カメンレオン×2枚
カオスポッド×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(10枚)
貪欲な壺
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
悪夢再び
ゴーストリック・ハウス×3枚

罠(7枚)
神の宣告
神の警告
つり天井×2枚
ゴーストリック・パニック×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.47 ナイトメア・シャーク
ゴーストリック・アルカード×2枚
シャイニート・マジシャン
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
虚空海竜リヴァイエール
幻層の守護者アルマデス
機装天使エンジネル
氷結界の龍 トリシューラ
発条機雷ゼンマイン
妖精竜 エンシェント


ゴーストリック。
《ゴーストリック・マリー》の登場で非常に戦いやすくなった印象があります。
《ゴーストリック・キョンシー》へのアクセスがしやすくなり、安定した展開が出来るように。
相手のアタック終了後にゴーストリックを展開できるので、次のターンには表側での召喚が可能になり、《ゴーストリック・シュタイン》も動かしやすい。
自分のターンでも自爆特攻からダメージを受けて裏守備を置きつつ《ゴーストリック・パニック》の起点にしたりといろいろ使い道がある良いカードですね。

マリーから展開したキョンシーでまたマリーを持ってきて… みたいなつなぎ方もあるので便利。
ダメージを受けたい関係で《ゴーストリック・ランタン》が少し使いにくい感じもあったため枚数減らし。

《カメンレオン》はなんか怪しい感じがするので変更を検討中。

もう何枚か新弾で増えてくれれば嬉しいですね。

キャッスルゴレム・カイザーアトラス・詩姫・ベヒモス

カードゲーマーフラゲからアルティメットと黄色い分を。

アルティメット・キャッスルゴレム
アルティメット
7(3)/青/新生・造兵
<1>Lv3 12000 <4>Lv4 16000 <6>Lv5 26000
【召喚条件:自分の青スピリット1体以上】
【Uトリガー】Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
Uトリガーがヒットしたとき、トラッシュに置いたカードのコスト1につき、相手のデッキを上から3枚破棄する。
(Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)

Lv4・Lv5 『自分のアタックステップ』
コスト5以下の相手のスピリット/ネクサスの「デッキは破棄されない」効果すべてを無効にする。


青のアルティメットは「機動要塞キャッスル・ゴレム」の新生。
Uトリガーで飛ばしたカードのコスト×3のデッキ破壊を行うトリガー効果と相手のデッキ破壊対策カードを無効にする効果を持つ。

Uトリガー効果は自身が7コストなので最も大きくて6×3の18枚破棄。
多いであろう4コストでも12枚破棄となかなかの破棄枚数。

レベル2からのデッキ破壊メタメタの効果も優秀で、大抵のメタカードはコスト5以下であるためまず無効に出来る感じですね。
「鉄の覇王サイゴード・ゴレム」がバーストしたあとにこいつが出てきたりすると目も当てられないことに。

アルティメット・カイザーアトラス
アルティメット
6(3)/緑/新生・殻人
<1>Lv3 11000 <3>Lv4 15000 <6>Lv5 23000
【召喚条件:自分の緑スピリット1体以上】
【Uトリガー】Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
Uトリガーがヒットしたとき、相手のスピリット3体を披露させる。
(Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)

Lv4・Lv5 『このアルティメットのアタック時』
BPを比べ相手のスピリット/アルティメットだけを破壊した時、相手のライフのコア1個をボイドに置く。


緑のアルティメットは「カイザーアトラス皇帝」の新生。
Uトリガーヒットでの3体疲労とBP勝ちでの貫通効果を持つ。

緑らしいシンプルだけど強力な効果。
「アルティメット・ジオ」のUトリガーは3体ブロックだったので、Uトリガーが色ごとに固定では無いことが確定した形ですね。
装甲・重装甲に弾かれない3体疲労ということで後続のアタックを通しやすくなるのは緑らしいというかなんというか。

貫通効果もシンプルながら強力。地味にボイド送りに進化してる。
アルティメットの破壊にも対応しているので、ある意味では対アルティメットとしても見ることが出来るのかな?

歌姫アーシア
スピリット
3(2)/黄/詩姫
<1>Lv1 2000 <2>Lv2 3000 <3>Lv3 4000

Lv1・Lv2・Lv3
系統「詩姫」を持つ自分のスピリットが相手によって消滅/破壊されたとき、自分はデッキから1枚ドローする。

Lv2・Lv3『相手によるこのスピリットの破壊時』
自分のアルティメットがいるとき、このスピリットは疲労状態でフィールドに残ることが出来る。


新系統「詩姫」。
高苗京鈴イラストかつU,Cも全面ぶち抜きイラストでなんというか違うカードゲームのような。

系統は「詩姫」なのにカード名は「歌姫」でややこしい。

アーシアは歌姫の破壊時にドローする黄色にはよくある効果。
ステップの縛りのない常時効果で消滅にも対応する優秀さ。

レベル2からはアルティメットがいるかぎり場に留まる効果。
アルティメットがどの程度噛み合うのかわからないですが、場もちがいいのが悪いわけはなく。
相手ターンの破壊だと結局ドローさせて貰えないのはいつもどおりですね。


歌姫マリカ
スピリット
4(2)/黄/詩姫
<1>Lv1 3000 <2>Lv2 5000

Lv1・Lv2 『相手のアタックステップ』
コスト3以下の相手のスピリットがアタックした時、ボイドからコア1個を自分のライフに置く。

Lv2
自分の「歌姫アーシア」/「歌姫マリカ」/「歌姫ココ」/「詩姫ミレファ」が1体ずついる間、自分のアルティメットすべてをBP+10000する。


詩姫その2。

共通効果は相手のコスト3以下のスピリットのアタックによるライフ回復。
速攻対策としては非常に優秀な効果ですね。アタック無効にして1コアブーストしてるようなものなわけで。
よくいる効果読まない人は突っ込んできてから「え?」って言いそう。

レベル2は今回の詩姫4人集めるとアルティメットに10000パンプ。
さすがに4種を盤面にそろえて得られるのがそれだけというのは…という感じもするんですが、アルティメット同士の戦闘が多くなるようならこの効果も生きてくるのかなとは。


歌姫ココ
スピリット
5(3)/黄/詩姫
<1>Lv1 3000 <2>Lv2 3000 <3>Lv3 6000

Lv1・Lv2・Lv3 『このスピリットのバトル時』
相手のスピリット1体を指定する。このターンの間、そのスピリットはアタック/ブロックできない。

Lv2・Lv3
自分のアルティメットがいる間、系統「詩姫」を持つ自分のスピリットすべては、相手のスピリットの効果を受けない。


3人目。
共通効果はバトル時に相手のスピリット1体をアタックブロック不能にする、「妖精騎士ピーター」の上位効果。
アタック時はもちろんブロック時も発揮するため、単体で2体のアタックを止めることが出来ると考えると強いですね。

レベル2からはアルティメットがいる間、詩姫全体にスピリット効果体耐性を与えるもの。
どれも盤面にいてこその効果なので除去されにくくなるのは嬉しいところ。

歌姫ミレファ
スピリット
8(4)/黄/詩姫
<1>Lv1 4000 <2>Lv2 6000 <3>Lv3 8000

自分のアルティメットがいる間、手札にあるこのスピリットカードをコスト5にする。

Lv2・Lv3
自分のアルティメットがアタックした時、自分のデッキを上から1枚オープンできる。そのカードが系統「詩姫」をもつスピリットカードのとき、そのアルティメットは相手のスピリットカードからブロックされない。オープンしたカードは手札に加える。


最後。

アルティメットがいるとコスト5になる効果が一つ。
もう一つはアルティメットのアタック時に自分のデッキを捲る逆Uトリガーの如き効果。
トップが詩姫ならアンブロッカブルというまさに擬似Uトリガー。

どちらの効果もアルティメットが存在しないと無意味な効果なので少し辛いか。

この効果も黄色のアルティメット次第ですね。
現状の黄色いアルティメットはブロックされた時に効果を発揮する「魔龍帝アルティメット・ジークフリード」だけなのでなんとも。


千年獣ベヒモス・シダー
スピリット
9(緑3黄3)/緑黄/樹魔・想獣
<1>Lv1 8000 <2>Lv2 10000 <3>Lv3 14000

Lv1・Lv2・Lv3 『このスピリットの召喚時』
自分の黄のスピリット1体につき、ボイドからコア1個を自分のリザーブに置く。

Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
カード名に「ベヒモス」と入っている自分のスピリットがアタックした時、スピリットでブロックするなら、相手はスピリット2体でないとブロックできない。そのスピリットがブロックされた時、どれか1体とだけバトルする。


しれっと入ってくる「ベヒモス」サポートかつベヒモス。
レベル1効果は自身の黄色スピリットの数だけコアブーストする効果。自身も黄色を持っているので最低1個、軽減や「舞踏の魔女マイヤ」などを考えると3~4個くらいは狙えそうですね。

後半の効果は「ベヒモス」に「巨蟹武神キャンサード」の複数ブロック効果を与えるもの。
キャンサードと同様に自身にもその効果は付与されるので単体でも動けるのは嬉しいところ。

キャンサードの効果はアルティメットには効かない、ということでエラッタの形も兼ねているのかなーと思ってみたり。

緑黄のくせに黄色要素がなく、フレーバーによるとアーシアの親衛隊員で、「ベヒモス」とかいういろいろとネタの塊なカード。


わりと多めの情報が来たので少しモチベーションが上がった感じ。
来月頭あたりに発売するのかと思ってたけど月末なんですねこれ。

今回上がった詩姫とベヒモスはどちらも組んでみたいと思わせてくれたので、プロも回収も兼ねてそれなりに買おうかなとは思ってます。

大会レポ ヴァンガード 2013/9/21


ブックスにのへ@6人トーナメント
使用デッキ:テトラドライブ

1回戦:なるかみ

抹消にあらず。そもそもG2、8000で相手が止まったので。

2回戦:マジェ

先攻取るも2ターンG1乗れず。しかし3面展開もされず、「忠義の騎士 ベディヴィア」→「ブラスター・ダーク」→「ブラスター・ブレード」→「マジェスティ・ロードブラスター」とかいう何がしたいのかわからないようなライドをされたのでG3乗る頃にはアド差が逆転している不思議。
あとは適当にダブクリケアしながら殴ってたら勝った。

3回戦:アクアフォース

後攻。
序盤トリガー連打され、G3ターンにダブクリされて3点から死ぬところをなんとかヒール捲って耐える。
幸いVが「満潮の水将 クセノフォン」の10kだったのでR潰しながら殴っていくもトリガーがあまり強くなく、相手のアタックはひたすらお願いガードを切ることに。序盤にトリガー出すぎたせいかお願いが3回通る奇跡でガードしきって勝ち。

3-0で優勝でした。
撃退使うのもさすがに飽きてきた+スリーブボロボロで変えるの面倒ということで未完成のアクアフォース使ったら何故か優勝してしまったという。

以下今日のデッキ。

グレード3(7枚)
蒼波龍 テトラドライブ・ドラゴン×3枚
ストームライダー ディアマンテス×4枚

グレード2(13枚)
ティアーナイト ラザロス×4枚
双撃のブレイブ・シューター×3枚
タイダル・アサルト×4枚
ティアーナイト ヴァレリア×2枚

グレード1(13枚)
ティアーナイト テオ×2枚
遊撃のブレイブ・シューター×4枚
ホイール・アサルト
シャローズ・スイーパー×2枚
ヘヴィラッシュ・ドラゴン×2枚
翠玉の盾 パスカリス
発光信号のペンギン兵

グレード0(17枚)
士官候補生 エリック
マザーシップ・インテリジェンス×2枚
高速遊撃のイルカ兵×4枚
虹色秘薬の医療士官×4枚
索敵するカモメ兵
輝石光線の蒼竜兵
マスプロ・セイラー
戦場の歌姫 マリカ×3枚


なんでこれで勝ってしまうんですかねえ…

どっからどう見てもパーツ足りない。
「マスプロ・セイラー」が1枚だけ入ってたりするのがもうひどい。

この形を保ちつつきちんと組むなら

グレード3(7枚)
蒼波龍 テトラドライブ・ドラゴン×4枚
ストームライダー ディアマンテス×3枚

グレード2(12枚)
ティアーナイト ラザロス×4枚
タイダル・アサルト×4枚
双撃のブレイブ・シューター×3枚
ティアーナイト ヴァレリア

グレード1(14枚)
ティアーナイト テオ×2枚
遊撃のブレイブ・シューター×4枚
翠玉の盾 パスカリス×4枚
ホイール・アサルト×2枚
発光信号のペンギン兵×2枚

グレード0(17枚)
士官候補生 エリック
高速遊撃のイルカ兵×4枚
索敵するカモメ兵×4枚
輝石光線の蒼竜兵×2枚
戦場の歌姫 マリカ×2枚
虹色秘薬の医療士官×4枚

こんな感じかなあ…

14弾にはシャドウパラディンが入りそうな雰囲気があるのでそっちを楽しみにして待ってようと思います。

デッキ:遊戯王 魔導

モンスター(14枚)
霊滅術師 カイクウ
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導戦士 ブレイカー
魔導書士 バテル×3枚
魔導教士 システィ×2枚
お注射天使リリー
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(22枚)
魔導書廊エトワール
魔導書院ラメイソン×2枚
大嵐
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
ヒュグロの魔導書×2枚
ネクロの魔導書
トーラの魔導書×2枚
セフェルの魔導書×2枚
スケープ・ゴート×2枚
ゲーテの魔導書×2枚
グリモの魔導書×3枚
アルマの魔導書

罠(5枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の警告
激流葬
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
クリムゾン・ブレーダー
シャインエルフ
ダイガスタ・フェニクス
フォーミュラ・シンクロン
マジックテンペスター
霞鳥クラウソラス
幻獣機ドラゴサック
聖光の宣告者(セイント・デクレアラー)
閃光竜 スターダスト
氷結界の龍 トリシューラ

サイドデッキ
サイクロン×3枚
ソウルドレイン×3枚
ブラック・ホール
群雄割拠
月読命(ツクヨミ)
増殖するG×2枚
魔導戦士 ブレイカー
霊滅術師 カイクウ
和睦の使者×2枚


第8回秋田CS使用デッキ。

全体的にあまり納得の行ってはいない構築だったので負けるのも仕方ない。

大会レポ 遊戯王 第8回秋田CS 2013/9/15


124人予選スイス4回戦+決勝トナメ
使用デッキ:魔導

1回戦:ヴェルズ
××
後攻。
1:相手先攻《ヴェルズ・カストル》《ヴェルズ・マンドラゴ》で《ヴェルズ・オピオン》、《侵略の汎発感染》サーチ3伏せエンド。こちら初手に《魔導法士 ジュノン》が2枚と撃てない魔導書が2枚に《魔導書士 バテル》《エフェクト・ヴェーラー》。バテルを裏で置いてターン返すと《ヴェルズ・ヘリオロープ》追加でアタックされたので《グリモの魔導書》サーチ。トップで《魔導戦士 ブレイカー》。《トーラの魔導書》も持っていたので召喚無効が無いことに期待しつつ召喚すると案の定《神の警告》。負け。
2:初手《魔導法士 ジュノン》《ゲーテの魔導書》《ネクロの魔導書》《アルマの魔導書》《神の警告》《聖なるバリア-ミラーフォース-》。ジュノン置いて警告ミラフォ伏せてエンドすると《大嵐》から《レスキューラビット》で《ヴェルズ・バハムート》。ジュノン取られて両方ダイレクト、トップは《魔導書廊エトワール》で負け。
会場最速の1回戦負けである。

2:ヴェルズ
○×○
先攻。
1:《魔導教士 システィ》《ヒュグロの魔導書》でスタートすると、相手は《ヴェルズ・ヘリオロープ》召喚からダイレクト、5伏せエンドでターンが帰ってくる。《魔導法士 ジュノン》から入るとここに《神の宣告》を撃とうとしてくる。まあ撃てないのでそのまま。あとは《グリモの魔導書》《セフェルの魔導書》《魔導書院ラメイソン》《ゲーテの魔導書》と回しつつバック剥がして返しの召喚を《ゲーテの魔導書》で止めて終わり。
2:先攻《ヴェルズ・オピオン》を《月読命》《ヒュグロの魔導書》で返そうとしたものの《エフェクト・ヴェーラー》貰って返せず。
3:《魔導書士 バテル》からグリモセフェルラメイソン。1体目のオピオンを処理した後に《ヴェルズ・マンドラゴ》《ヴェルズ・カストル》《ヴェルズ・ケルキオン》と入られ、ケルキでカストル回収されるもケルキの召喚効果を使う前にエクシーズするプレミのおかげで事なきを得てそのまま勝ち。

3:ヴェルズ
××
後攻。

2:先行取るも動けず1伏せエンド。相手《レスキューラビット》から《ヴェルズ・ヘリオロープ》ダイレクト、メイン2《ヴェルズ・オピオン》、《侵略の汎発感染》サーチ2伏せ。《魔導戦士 ブレイカー》召喚、効果でバックを対象に取ると《禁じられた聖杯》。これをオピオンに撃たれる。《ヒュグロの魔導書》を撃つと《神の宣告》されたので《ゲーテの魔導書》1枚除外から《アルマの魔導書》経由で再発動、《セフェルの魔導書》と合わせて殴り、《ゲーテの魔導書》をセットしてターン返すも、《侵略の汎発感染》を持たれている状態から《ヴェルズ・マンドラゴ》《ヴェルズ・カストル》《ヴェルズ・ケルキオン》とか出てきてフルアタックからメイン2《ガガガガンマン》で削りきられて負け。

4:六武衆
○×○
後攻。
1:《六武衆の結束》《真六武衆-カゲキ》のスタートに《エフェクト・ヴェーラー》。返しに《魔導法士 ジュノン》から入ってバック割りつつ殴っていくと返されず。
2:後1スタンバイに《マクロコスモス》。これが割れず、《スケープ・ゴート》やらなんやらで凌ぎつつシンクロしようと並べたところを《月の書》《強制脱出装置》あたりで棒立ちにさせて《お注射天使リリー》《ヒュグロの魔導書》《トーラの魔導書》でワンチャンライフ狙いに行くも、2伏せが両方《強制脱出装置》で負け。
3:《魔導書士 バテル》から入って次ターンに《魔導法士 ジュノン》。とくに困ることもなくそのまま。

予選2-2で予選落ち。

仕方がないので気を取り直してサブイベントへ。
チーム戦ということだったので
A:灰猫@カラクリ B:四条@ヴェルズ C:あさふ@テンペル魔導
のチームで出場。

1回戦:カオスドラゴン
××(チーム×××)
後攻。
1:裏守備エンドに《魔導書士 バテル》《ヒュグロの魔導書》で殴ると《ライトロード・ハンター ライコウ》。《魔導書院ラメイソン》置いてターン返すと《ライトパルサー・ドラゴン》でダイレクトもらう。返しで《魔導戦士 ブレイカー》《ヒュグロの魔導書》で殴り《ゲーテの魔導書》伏せてエンドするも《ライトパルサー・ドラゴン》《カオス・ソーサラー》《カオス・ソーサラー》とか出てきて《セイクリッド・トレミスM7》。これが返せず。
2:何も出来ない手札だったのでノーガードでターン返したらワンキルされた。

2回戦:征竜
○××(チーム○△×→サイコロで負け)
1:相手の動きが鈍く、《魔導法士 ジュノン》で押していくだけで勝ち。
2:先攻《神竜騎士フェルグラント》の処理に手間取っているうちに負け。
3:相手のリソースがほぼ枯渇するところまでは持って行けたものの、《クリムゾン・ブレーダー》を受けて《魔導召喚士 テンペル》が使えない状況に追い込まれ、《魔導書院ラメイソン》のドローでなんでもいいから魔導書を引ければ返せるところで《増殖するG》引いて負け。

3回戦:パーデク
○×○(チーム○×○)
1:先攻とるも1伏せのみ。すると《宣告者の預言》から《神光の宣告者》登場でだいぶ焦る。しかし全然攻めて来られなかったので地道に手札削っていったらなんか勝った。
2:先攻パーデクから今度は《マスター・ヒュペリオン》まで行かれて負け。
3:《魔導書士 バテル》からスタート。パーデクも出てこずそのまま。

サブイベントは個人1-2チーム1-2でした。
《魔導天士 トールモンド》の効果1回も使えてないという。

なんというか全体的に不甲斐無い結果ですね…
予選1回戦のほぼ何も出来ずに死んだのが悲しすぎる。強いて言うなら初動で《魔導書士 バテル》を表で置いて《神の警告》を撃たせていればチャンスは合ったのかなーとは思いますけど。

明らかに調整不足感漂う結果になってしまいました。全勝で決勝トナメに進んだ魔導の人も居たので勝てないということは無いはずなんですけどね。
次にいつCS出れるかわからないですが、今度は納得の行くデッキを持ち込みたいものです。

大会レポ ヴァンガード 2013/9/8

トレカショップジョニー@33人スイス
使用デッキ:撃退者

1回戦:リンクジョーカー(星輝兵 インフィニット・ゼロ・ドラゴン→星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン)
×
「獄門の星輝兵 パラジウム」は入ってませんでした。
お互いBRユニットへのライド。「ブラスター・ダーク・撃退者」も引けずトリガーも捲れず厳しい展開。
その上3点止めするつもりがうっかり4点入れてしまってブレイクライドさせてしまうミス。
3箇所呪縛をされずにワンチャンが残り、返しで「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」を起動するもトリガー1枚も捲れず死。
G1ライドターンに捲ったクリティカル1枚(相手にヒールされてる)以外にトリガー捲れなくて辛い。

2回戦:不戦勝

なんも嬉しくない。

3回戦:撃退者(幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム→撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン)

ミラー。序盤全くトリガーが見えなかったので2乗り貫通を積極的に貫通狙っていく構え。
相手5点からドロー→クリティカルで貫通するも、6点目ヒール7点目ヒールで凌がれてさすがに焦る。
しかし相手がレイジングを引き込めず、守りきって改めて返しで勝ち。

4回戦:抹消者(抹消者 ボーイングソード・ドラゴン→撃退者 ガントレットバスター・ドラゴン)
×
特に不利な動きもなく、「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」も2枚抱えることが出来てこれは行けると思っていた時もありました…
お互い4点からガード値確保も兼ねてレイジングを狙いに殴っていくと無駄にヒールを捲ってしまいLBが不成立に。
おかげで守りきられてしまうどころか手札のガード値が20000しか無く、返しでの「抹消者 ガントレットバスター・ドラゴン」へのブレイクライドとガントの効果を合わせたクリティカル3+37000打点を守れずに3点からロングシュート食らって負け。

5回戦:抹消者(抹消者 ボーイングソード・ドラゴン→抹消者 ボーイングセイバー・ドラゴン ”Я”)

ひたすらにRを焼く。相手には最速クロスをされるものの、「ブラスター・ダーク・撃退者」を三度使ったこともありラインがボロボロ。「抹消者 ボーイングセイバー・ドラゴン ”Я”」+V裏の一列なんていうのもザラだったのでこちらがクロスに対してライン作れないこともそこまで苦では無く、ツインドライブで「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」捲って勝ち。


3-2、不戦勝を考えないと2-2。負け越してはいないからまあなんとか…
負け試合はトリガー捲れなかった1回戦と自分のヒールに殺された4回戦。

1回戦に関してはきっちり3点止めしつつ、ブレイクライドされるまで3面展開をしないスローゲームを心がけて行くべきだったと。デッキ掘っていけばトリガー固まってるであろうゾーンにも辿りつけただろうし。
4回戦はまあ無理かなと。完全ガード引けていればなんとでもなったんですけどねえ…

来週はもう絶禍繚乱発売。「星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン」に対してのプレイングなり構築なりを考えておきたいですね。逆にリンクジョーカーを使うという選択肢もあるのかなあとは思いますけど。

大会レポ バトルスピリッツ 2013/9/7

ブックスにのへ@5人シングルトーナメント
使用デッキ:黄軸ブレイヴ

1回戦:緑

バーストで守りつつゆっくり攻めようと思っていたところに「黒蟲魔王ディアボリカ・マンティス」+「深淵の巨剣アビス・アポカリプス」が登場。回復マジック撃たれたら負けだったものの、回復はされず、返しのターンで「真・裁きの神剣トゥルース・エデン」「氷火の剣聖スフィエル」「夢幻の天剣トワイライト・ファンタジア」「麒麟星獣リーン」と一気に並べてフルアタックで勝ち。

2回戦:白紫
×
相手の初動が遅く、比較的有利に立ちまわる。ブレイヴも暫く出てこなかったのでありがたかったものの、攻めきれないうちに「白夜の宝剣ミッドナイト・サン」が「黒皇機獣ダークネス・グリフォン」に合体。「機獣要塞ナウマンガルド」のリフレッシュと合わせてなかなかに辛い。
大会後の予定が迫っていたのもあって、普段は殴らないようなところで雑に殴りに行ったところ「黒天狐ネガ・ナインテイル」を踏んで負け。
指定アタックと自壊を組み合わせて丁寧なアタックをするか、1ターン置いてじっくり攻めていれば勝てたゲームでしたとさ。

2回戦という名の決勝だったのでまあ一応2位です。
プロモパックは青と赤。微妙。

裏Xが消滅したことで正直モチベーションの維持が難しい感じですね。
今はまだ「アルティメット・ワルキューレ」があるからマシなものの、構築済みデッキが出てしまえば用無し感もあるわけで。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。