大会レポ 遊戯王 2013/4/27

トレカショップジョニー非公認@11人
使用デッキ:魔導

1回戦:セイクリッド
○×○
1:先攻《魔導書の神判》から。
2:相手先攻《セイクリッド・プレアデス》。次のターンに《セイクリッド・トレミスM7》《シャーク・フォートレス》でジャスト8000食らって負け。
3:ぶんまわし。

2回戦:インフェルニティ
○○
どちらも相手が事故気味。

3回戦:征竜@こっぱ
○×○

3-0で優勝でした。
商品で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》と1000円分商品券GET。

征竜4
魔導2
ヴェルズ2
インフェルニティ
セイクリッド
パーミ

というわりとガチっぽい環境。
決勝卓も魔導vs征竜、征竜vs魔導という。
スポンサーサイト

ブラスター・ダーク・撃退者

ブラスター・ダーク・撃退者
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたのカード名に「撃退者」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させる。


「撃退者」となった「ブラスター・ダーク」。
単純に「ブラスター・ブレード・解放者」の撃退者互換ですね。
「ブラスター・ブレード」の劣化カードだった「ブラスター・ダーク」が、先の大戦を経て「ブラスター・ブレード・解放者」と並ぶ効果を持つに至ったと考えるとちょっと熱い。
ユニット設定も格好良いし。

これしか情報が出てないので考察の余地はほぼ無いんですが。

ライド時の「ブラスター・ダーク」以外にシャドウパラディンに存在しなかった、相手の場に触れることの出来るカード。スカルフェイスなんて知らない。

Vに撃退者を要求するので、実質的に今までのシャドウパラディンでは使えないのがちょっと残念。

あとは「幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム」が名称とイラストのみ判明している程度なのでどうにも。
ダークのユニット設定から考えるとモルドレッドが撃退者のメインVっぽいですね。

6月が楽しみです。

夢幻の天剣トワイライトファンタジア

5(2)/黄/剣刃
<1>Lv1 5000 <0>合体+5000
Lv1『このブレイヴの召喚時』
自分のライフが5以下のとき、自分のリザーブからコア1個を自分のライフに置くことができる。
合体条件:コスト5以上
【合体時】『このスピリットの合体アタック時』
このスピリットが相手のスピリットにブロックされたとき、このスピリットは回復する。
ブロックされなかったとき、ボイドからコア1個を自分のライフに置く。


闇の黄なるソードブレイヴ。
コスト、軽減、合体条件、BPは全て、光のソードブレイヴであるところの「光翼の神剣エンジェリックフェザー」と同じ。

【強化】を持っているあちらに対して、こちらは召喚時に「戦神乙女ヴィエルジェ」に似たライフ回復効果を発揮。
ボイドからではなくリザーブからの回復なので使えるコアは増えないものの、ライフ回復は強いですね。

合体アタック時効果はブロックされると自身を回復、ブロックされなければ擬似聖命と優秀。
「ウイングブーツ」と合わせるとなかなかにいやらしい。

フィニッシャーにしては申し分ないレベルのブレイヴではないでしょうか。
「シユウ」「光翼の神剣エンジェリックフェザー」そしてこの「夢幻の天剣トワイライトファンタジア」と黄色のブレイヴもわりと良い感じになってきた印象。

今回は集めにいかないといけないですねえ。

デッキ:ヴァンガード 宝石マジェ

グレード3(4枚)
マジェスティ・ロードブラスター
導きの宝石騎士 サロメ×3枚

グレード2(16枚)
ブラスター・ブレード×3枚
ブラスター・ダーク×3枚
ブラスター・ブレード・スピリット×3枚
スターコール・トランペッター×3枚
友愛の宝石騎士 トレーシー×4枚

グレード1(13枚)
必中の宝石騎士 シェリー×4枚
閃光の宝石騎士 イゾルデ×4枚
宝石騎士 ぷりずみー×4枚
ブラスター・ジャベリン

グレード0(17枚)
ういんがる・ぶれいぶ
炎玉の宝石騎士 ラシェル×4枚
専心の宝石騎士 タバサ×2枚
熱意の宝石騎士 ポリー×4枚
幸運の運び手 エポナ×4枚
アラバスター・オウル×2枚


宝石騎士を軸にした【マジェスティ・ロードブラスター】。
「マジェスティ・ロードブラスター」にライドできない場合でもクリティカル2を狙うことが出来るのが魅力。
「ういんがる・ぶれいぶ」のブーストがヒットすれば特に問題は無い。
ガードされた場合は早々に「導きの宝石騎士 サロメ」のライドすることを考えるべきですね。

「ブラスター・ブレード」「スターコール・トランペッター」「ブラスター・ブレード・スピリット」による展開と除去が出来るのでわりと戦いやすい印象はある。

「純真の宝石騎士 アシュレイ」の採用は迷うところ。
盟主を持っているのが非常に鬱陶しい。「ブラスター・ダーク」「ブラスター・ジャベリン」が場に置けなくなるのがどこまで辛いかですね。
この構築だと、ブースト要員としてジャベリンをトランペッターから呼んでくるパターンもそれなりにあるので不採用。

デッキ:遊戯王 蟲惑魔

モンスター(22枚)
忍者マスター HANZO×3枚
地征竜-リアクタン
成金(ゴールド)忍者×2枚
巌征竜-レドックス×3枚
トリオンの蟲或魔×3枚
カズーラの蟲或魔×3枚
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
エフェクト・ヴェーラー×2枚
アトラの蟲或魔×3枚

魔法(5枚)
大嵐
増援
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚

罠(13枚)
蟲惑の落とし穴×2枚
狡猾な落とし穴
忍法 変化の術×2枚
忍法 超変化の術×2枚
奈落の落とし穴×2枚
神の警告
神の宣告
深黒の落とし穴
デモンズ・チェーン


蟲惑魔。
今回は昆虫族を特殊召喚できる《忍法 変化の術》を使った忍者型で。
蟲惑魔はすべて地属性なので《巌征竜-レドックス》というドラゴン族を採用できるのも良いところ。
《成金忍者》が罠をコストに要求する点も噛み合っている。

とは言うものの、やることは「落とし穴」をサーチしつつの単純なビートダウンですね。
《トリオンの蟲惑魔》が落とし穴をサーチしてくれるので、バックを供給できるのは良い点。
相手の《奈落の落とし穴》を受けないのも嬉しい点ではある。

大会レポ 遊戯王 2013/4/13

トレカショップジョニー非公認@17人
使用デッキ:魔導

1回戦:魔導
○ET×ED×
1:先攻《魔導書の神判》。加えて《魔導法士 ジュノン》を3枚引けたのでまあ勝つ。
2:わりとすぐにエクストラ突入。《トーラの魔導書》をサーチしなかった結果《魔導法士 ジュノン》に《ゲーテの魔導書》当てられライフ差負け。
3:エクストラデュエルとかやるの初めてなんですけど。先攻取られて《魔導教士 システィ》《魔導書の神判》。《魔導法士 ジュノン》の展開は出来るものの、返しで《魔導法士 ジュノン》が2体飛んできて負け。

2回戦:ヴェルズ
○×○
1:先攻《魔導書の神判》
2:《闇のデッキ破壊ウイルス》を受けるも《霊滅術師 カイクウ》でビート。気を抜いて《ゲーテの魔導書》を3枚で発動した結果《侵略の汎発感染》で止められて押し切られる。2枚除外で自分を裏返してれば返せたところを…
3:先攻神判。

3回戦:パーミ
○×○
1:先攻《魔導書の神判》。
2:先攻で《天空の聖域》《天空聖者メルティウス》が置かれ、こちらのサーチを片っ端から《強烈なはたき落とし》されてどうしようも無く。
3:神判して制圧。

4回戦:3軸炎星
×○ED○
1:先攻展開を返せず。
2:《光の護封剣》が相手の動きを止めてそのまま。
3:本日二回目のエクストラデュエル。先攻取るも《魔導書士 バテル》以外に動くことが出来ず、召喚すると案の定《エフェクト・ヴェーラー》。返しの《速炎星-タイヒョウ》コスト《炎征竜-バーナー》から、《炎舞-「天キ」》→《炎星師-チョウテン》に対して《エフェクト・ヴェーラー》投げる。バテルがチョウテンに殴られ7900の2伏せエンド。こちらの最終ターンで《ブラック・ホール》から《魔導教士 システィ》召喚ダイレクトで1500差。《光の護封剣》置いてターン返すとドロー直後に投了もらう。伏せ2枚とトップドローが《王宮の鉄壁》とかいう酷い引きしてましたとさ。


3-1で4位。
商品で《七星の宝刀》貰いました。
今回は事故らしい事故はしなかったので良かったですね。じゃんけん勝ったときは全部初手で《魔導書の神判》撃ててます。
エクストラターンの攻防が不慣れなので慣れて行きたいところ。

魔導天士 トールモンド

「魔導天士 トールモンド」星9 光 魔法使い族 2900/2400
このカードが魔法使い族モンスターまたは「魔導書」と名のついた魔法カードの効果によって特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カード2枚を選択して手札に加える事ができる。この効果を発動するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚できない。この効果でカードを手札に加えた時、手札の「魔導書」と名のついた魔法カード4種類を相手に見せて発動できる。このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。


JOTLにて登場する魔導の新規カード。ル・モンド=世界なので「世界」担当でしょう。

星9、2900/2400という文句なしの最上級。通常召喚可能な魔法使い族の中では《コスモクイーン》に次ぐステータス。

魔法使い族の効果か魔導書の効果で特殊召喚に成功した時に魔導書回収。さらに手札から4枚公開での全体破壊と、これまた豪快にアドバンテージを稼いでくる効果。

《魔導召喚士 テンペル》からの展開が一番無難か。
《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》《マジカル・コンダクター》のような選択が無いこともない。

魔導書効果では《ネクロの魔導書》《魔導書院ラメイソン》《魔導書の神判》の3種。
現実的なのは《ネクロの魔導書》。切り返しとしては相当強い。
《魔導書の神判》に関しては、ミラーにおけるスタンバイ神判を無視して動くと9枚に達してしまう可能性が無くもないといった感じ。

《魔導法士 ジュノン》以外の上級魔導と同様、自身を特殊召喚する効果は持っていないため、素引きしたときの弱さが気になるところ。
《魔導書の神判》が撃てるなら手札調整で落としてから《ネクロの魔導書》による蘇生が狙える。

回収効果を持っているため、《闇のデッキ破壊ウイルス》にチェーンし《魔導書の神判》を発動、《魔導召喚士 テンペル》から展開することで落とされた魔導書を回収しつつ神判のサーチ効果を狙うことも可能に。

やはり手札に来てしまった時の弱さがネックか。

それでも、《魔導召喚士 テンペル》からの選択肢としては相当強い部類であるのは確か。
今の魔導に採用するのは微妙なところがあるものの、《魔導書の神判》規制後の選択肢が増えたのはいいことです。






雑記。


大会に出ないとネタが無い。

●遊戯王
ひたすらADSで魔導を回す。
ヴェルズなんかは比較的楽に勝てる部類な印象。征竜は《昇霊術師 ジョウゲン》投げつけるゲーム。
一番やりにくいのは魔導ミラーですかね。そもそも環境に居ないデッキを使うことのほうが多かった関係でミラーそのものが苦手な感じ。
サイドを少し魔導に寄せるイメージでやってはいるものの、征竜だらけで魔導と当たらなかったりするのでなんとも。

●ヴァンガード
微妙にモチベが高いようなそうでもないような。
どっかの大会はエイゼル軸が優勝したとか。今更ながらエイゼルはちょっと組みたい。
スペリオルライド楽しいですよね。

本命は6月のシャドウパラディンTD。
TDが「奈落の撃退者(リベンジャー)」ということで、シャドパラの名称は「撃退者」になりそうですね。
リベンジャーとかじゃね?みたいな会話はしてたので大方予想通りというか。
新ブラスター・ダークはG2が確定。
奈落の撃退者、なので奈落竜たる「ファントム・ブラスター・ドラゴン」がどうなってるかは気になるところ。

●バトスピ
思っているほどモチベが低いわけじゃないものの、と言った感じ。
これこそ大会に出ようとしないと弄らない筆頭なのが。

闇の黄色の剣は「夢幻の天剣トワイライト・ファンタジア」とかいうかっこいい感じの名称なのでちょっと期待。
聖命+連鎖でブロック不可とかそういう感じなのかなーと。無難すぎるか。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード