スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポ ヴァンガード 2013/3/31

トレカショップジョニー@34人
使用デッキ:宝石騎士

1回戦:解放者

G3ライドターンまで手札にG3が無くて死ぬかと思った。
なんとかトップで「純真の宝石騎士 アシュレイ」を引き込めたのでライド。序盤から3列作って殴りつつ、アシュレイのままダブルクリティカルで押し込み。

2回戦:抹消者(ディセンダント)

順当ライド。3点からクリティカル2で狙って行く。3回目のアタックでようやくスルーされるもクリティカルを捲れず5点。返しでリミットブレイクを完ガ2回で守って返しで勝ち。

3回戦:PR♥ISM
×
相手がヒール2回こちらがトリガーほぼ無しとかでこっち4点あっち2点みたいな。幸いリミットブレイク出来ていたので今回も「導きの宝石騎士 サロメ」で3点から狙うも、当然のようにクリティカル捲れず。ブレイクライドからのアタックは守ったものの次ターンが凌げず。

4回戦:バトルシスター
×
相手先攻。G2が「教条の宝石騎士 シビル」しかおらず、仕方なくライドするとクリティカル込み3パン。その上ダメージに非宝石騎士が混ざってサロメが使えず、展開不足トリガー不足でどうしようもなく。

2-2。
いまいちしっくり来ない。クリティカル10にしても捲れないものは捲れない。
スポンサーサイト

大会レポ 遊戯王 2013/3/30


トレカショップジョニー非公認@18人
使用デッキ:魔導

1回戦:ライトロード@ユリノ
○○
1:先攻《魔導書の神判》。
2:後1で神判からの《昇霊術師 ジョウゲン》。これを守りつつ、《次元の裂け目》まで張ってほぼ完封。

2回戦:六武衆
○×○
1:先攻《魔導書の神判》。
2:相手先攻で《ナチュル・ビースト》。これに対するこちらの初手が《グリモの魔導書》《グリモの魔導書》《セフェルの魔導書》《セフェルの魔導書》《魔導書の神判》《魔導書の神判》というスリーペア。無理。
3:先攻で動けず、《見習い魔術師》1伏せで返すと《大嵐》から《ナチュル・ビースト》《六武衆の師範》。見習いが殴られたので《執念深き老魔術師》セット。これには触れずターンが返ってきたので反転すると《神の宣告》。《魔導書士 バテル》召喚して自爆特攻からの《トラゴエディア》でナチュビを潰してメイン2で《魔導書の神判》。そのまま勝ち。

3回戦:3軸炎星
××
1:《魔導書士 バテル》スタートから《魔導書院ラメイソン》《ゲーテの魔導書》構えて返すも、《焔征竜-ブラスター》起動でバテルが割られ、ゲーテが撃てないまま動かれてそのまま死ぬ。
2:先攻とったものの、魔導書が《アルマの魔導書》《ネクロの魔導書》《ヒュグロの魔導書》と撃てないものだらけ。幸い《魔導法士 ジュノン》はあったので展開して《ガガガシールド》《ヒュグロの魔導書》伏せて返し、《暗炎星-ユウシ》の効果に対してシールド。残りの伏せには《炎舞-「玉衝」》を撃たれ、玉衝対象のジュノン効果には《エフェクト・ヴェーラー》。ここから次に繋がる魔導書を引けずジリ貧になって負ける。《ヒュグロの魔導書》を伏せないか1ターン目動かないのどっちかならなんとかなったはず。

4回戦:征竜カラクリ
○×○
1:《魔導書の神判》から昇霊術師 ジョウゲン》。
2:先攻展開されて返せず。
3:こちらのスタンバイに《No.11 ビッグ・アイ》コストの《闇のデッキ破壊ウイルス》を撃たれ、7枚ほど落とされたものの、《魔導書院ラメイソン》が2枚破壊されたので《魔導法士 ジュノン》×2を展開。さらに手札に唯一残った《霊滅術師 カイクウ》を投げつけてそのまま勝ち。

3-1で5位。
3回戦の2戦目が悔やまれる。伏せるカードをミスして負けるパターンは比較的多い感じなので注意しないといけないですね。

デッキ:ヴァンガード バミューダ△ オーロラスター コーラル軸 その2

グレード3(6枚)
オーロラスター コーラル×4枚
PR♥ISM-I ヴェール×2枚

グレード2(10枚)
シャイニースター コーラル×4枚
PR♥ISM-S リグリア×3枚
トップアイドル アクア×3枚

グレード1(15枚)
フレッシュスター コーラル×4枚
マーメイドアイドル セドナ×2枚
マーメイドアイドル エリー×4枚
PR♥ISM-I クリア×3枚
鏡の歌姫 ビスケ×4枚

グレード0(17枚)
エンジェリックスター コーラル
PR♥ISM-M カナリア×4枚
コミカル・レイニー×4枚
ガンスリンガースター フロリダ×2枚
PR♥ISM-M アドリア×2枚
PR♥ISM-M ティモール×4枚


・「オーロラスター コーラル」
メインV。G3が6枚なので「エンジェリックスター コーラル」から回収できると良い感じ。
LBはできるだけ詰めに使いたいところ。

・「PR♥ISM-I ヴェール」
サブV。G3コーラルとどっちも持ってるならこっちにライドで。
というかしばらくこれでも問題は無い。「鏡の歌姫 ビスケ」「PR♥ISM-I クリア」、先駆で下がった「エンジェリックスター コーラル」の回収を意識。

・G2バニラ
この枠を「PR♥ISM-S ケルト」と争う感じ。バニラのほうが安定はしそう。
ケルトは打点を稼げるものの、バウンスする手段がそこまで多いわけでも無いので難しいところ。

・「鏡の歌姫 ビスケ」
もはやこのデッキの核と言っても過言ではない。
初手に抱えたいカード。G2ライドターンにコールして「フレッシュスター コーラル」の回収を狙う。できるだけ試行回数を増やしてアドバンテージを取って行きたい。

・「PR♥ISM-I クリア」
「PR♥ISM-S ケルト」を採用する場合ここを削るのも。
V裏に置いても18000まで作れるので最低限の仕事はする。

トリガーは10-2-4。
なんだかんだ言ってドローは強い。

何が楽しいって
「エンジェリックスター コーラル」
「フレッシュスター コーラル」のライド失敗時
「鏡の歌姫 ビスケ」
の3種でひたすら上から7枚見れるところ。

とくにビスケは数少ない純粋にアドバンテージをとれるカードなのでこいつが成功するかがわりと重要。
楽しくなってきたのでもう少し弄ってみます。

大会レポ バトルスピリッツ 2013/3/27


ホビースクエアにしな みたけ店@12人
使用デッキ:ブレイヴループヒドラ入り

1回戦:颶風ガルード
××
1:ネクサス無し。イマイチ動けない手札。相手の「颶風高原」を「双光気弾」で割ったらトップで引かれたり。次のターンに「鳥獣烈神ガルード」登場。その次のターンに「鉄の覇王サイゴード・ゴレム」まで出てきて負け。
2:今回もネクサス引けず。ガルードのアタックを受けて落ちたネクサスを「コンストラクション」で回収しに行くも、こういう時に限って大した数落ちず。「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」でガルードを処理した時点で残りデッキ3枚。相手はデッキ破壊持ちのスピリットが引けないようで守りに入る。回収駆使して色々動くも、「ドリームチェスト」でトップに積んでターン返すとさすがに殴ってこられて負け。

2回戦:妖蛇っぽいの
○○
1:適当に「霊峰魔龍ヤマタノヒドラ」を置いてターン返したら「虚皇帝ネザード・バァラル」が出てきて死にかける。も、ブレイヴで相手のリソースを根こそぎ削ってブレイヴと「戦神乙女ヴィエルジェ」のフルアタックで5点削り切る。
2:相手の手札がそこそこ削れた辺りで「霊峰魔龍ヤマタノヒドラ」投げつけ、「砲皇竜フェニック・キャノン」を合体、スピリットも全て吹き飛ばし、次ターンで〆。

3回戦:ウィニーっぽい紫
××
1:バースト1枚も引けず、「シキツル」に3点持ってかれる。「戦神乙女ヴィエルジェ」で凌ぎに行くも、「闇王蛇ペンドクルス」で処理され負け。
2:初手が「ヤシウム」「神聖鳥サンダ・バード」「神聖鳥サンダ・バード」「英雄皇の神剣」、トップ「ブレイヴセメタリー」。何を回収しろと。バーストも引けず死。

1-2。
さすがに引きが寄り過ぎてる気が。
やっぱりグッドスタッフっぽいデッキ使ったほうがいいんですかねえ。

デッキ:ヴァンガード バミューダ△ オーロラスター コーラル軸

グレード3(8枚)
オーロラスター コーラル×4枚
PR♥ISM-I ヴェール×4枚

グレード2(10枚)
シャイニースター コーラル×4枚
PR♥ISM-P ケルト×3枚
トップアイドル アクア×3枚

グレード1(15枚)
フレッシュスター コーラル×4枚
マーメイドアイドル セドナ×3枚
マーメイドアイドル エリー×4枚
マーメイドアイドル ファルーカ
PR♥ISM-I クリア×3枚

グレード0(17枚)
エンジェリックスター コーラル
コミカル・レイニー×4枚
PR♥ISM-M カナリア×4枚
ガンスリンガースター フロリダ×4枚
PR♥ISM-M ティモール×4枚


なんか4枚集まった「オーロラスター コーラル」を使おうの会。買取50円って…

Vにコーラル乗っけてRの「PR♥ISM-P ケルト」「PR♥ISM-I クリア」をバウンスしながら殴るだけ。

名称を無視出来るのは「PR♥ISM-P ラブラドル」と差別化出来る点なのでトリガーはクリティカル12。
ハンドアドバンテージは取りにくいので速攻気味に殴りに行きたいところ。

アルテミス型の連携ライドは微妙ですねえ。

大会レポ バトルスピリッツ 2013/3/23

トレカショップジョニー @19人
使用デッキ:ブレイヴループヒドラ入り

1回戦:緑シードラ
○○
1:相手が全く動いてこなかったので適当なところで「霊峰魔龍ヤマタノヒドラ」投げつけて勝ち。
2:今回も相手のスピードが遅い。ヒドラで轢き殺す。

2回戦:緑
○○
1:相手の後1「オウゴンオニクワガー」を「烈光閃刃」で焼くと動きが止まったのでヒドラまで。
2:今回も後1オニクワガーをバーストで焼きつつ、「黒蟲魔王ディアボリカ・マンティス」のアタックを「絶甲氷盾」と「神聖鳥サンダ・バード」で凌ぎながらヒドラ投げつける。

3回戦:赤緑@蜻蛉さん
××
1:ネクサススタートを「ブロンソードザウルス」で割られてテンポ取られて押し切られる。
2:「サンク・シャイン」バーストで凌ぎに行くも、ドローソースが引けずジリ貧。頼みの綱の「サンク・シャイン」も「光速三段突」で飛ばされて負け。

4回戦:想獣
○○
1:「霧中漂う桃源郷」を引かれず、相手のリソースが増えない。「シユウ」を「双光気弾」「ドリームチェスト」で適当に飛ばしつつ「霊峰魔龍ヤマタノヒドラ」。
2:今回も桃源郷は無し。「シユウ」が「犬将クー・シー」に合体した地点でライフ4のブレイヴ破壊無しで焦ったものの、「剣の誕生地」で無理やりデッキ回して気弾とチェスト引き込む。あとは負けない状況作ってヒドラ。

3-1で2位でした。例によって身内に負け。
減少バースト引けないと緑系列は辛い。

所謂ブレイヴループを使っておきながら、キッチリ回しきれる自信が無かったので「霊峰魔龍ヤマタノヒドラ」に逃げる。
結果的に勝った試合は全部ヒドラでしたね。

黄色いデッキが組めなくなってるのでしばらくはこれを調整して行く感じで。

デッキ:遊戯王 武神 その2

モンスター(21枚)
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
暗黒界の武神 ゴルド
武神-ヤマト×3枚
武神器-ヘツカ×2枚
武神器-ムラクモ×3枚
武神器-ハバキリ×3枚
暗炎星-ユウシ×2枚
召喚僧サモンプリースト
オネスト
フォトン・スラッシャー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(15枚)
大嵐
ブラック・ホール
死者蘇生
強欲で謙虚な壺
禁じられた聖槍×2枚
武神降臨×2枚
サイクロン×2枚
月の書
炎舞-天枢
炎舞-天幾×3枚

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
リビングデッドの呼び声
神の警告

こうなった。
何かの気の迷いで《暗黒界の武神 ゴルド》を採用することに。案外《カオス・ソルジャー -開闢の使者》出せますね。
展開力を《フォトン・スラッシャー》で補いたい。《武神降臨》はダブると弱かったので2に。

《炎舞-「天枢」》は場に《武神-ヤマト》が立っている時にユウシを追加召喚、アタックして天枢サーチ、メイン2《魁炎星王-ソウコ》から《炎舞-「天キ」》、発動してヤマト回収から再召喚、の流れが楽しい。
ユウシダイレクトからサーチして安全確認してからのヤマト展開したりも。

モンスターはもう少し減らして罠を増やしたほうがいい気もする。

とかやってたら。

《暗黒界の武神 ゴルド》は「武神」の読みが「ぶしん」であるため、このカテゴリには含まれない。



マジかよ……

武神あれこれ。

前回の考察的なのと違って回してみてからの印象。

・《オネスト》《武神器-ハバキリ》による戦闘における強さ
専用サポートである《武神器-ハバキリ》、光属性の利点である《オネスト》の2種があるため、戦闘にはめっぽう強い。
加えて《禁じられた聖槍》、もしかすると《炎舞-「天セン」》あたりも採用圏内かも。

・《武神器-ヘツカ》による効果耐性
戦闘での除去が難しいところにこの《武神器-ヘツカ》。
対象を取る効果ならばなんであろうと無効に出来ます。単純な除去だけではなく、《エフェクト・ヴェーラー》のような無効系や《強制脱出装置》のような破壊以外の除去にも耐性を持てるのは良いところ。このカードを素材に《武神帝-スサノヲ》を召喚している場合はヘツカをコストに効果を使用するとこのカードに対する《エフェクト・ヴェーラー》を無効に出来ます。一応。
炎星のような、起動効果で除去を行い戦闘でアドをとるデッキには強い感じですね。
対象を取らない除去は《禁じられた聖槍》でなんとかしたい。

・《武神器-ムラクモ》による除去
《武神-ヤマト》からの選択肢の中で唯一直接アドに変わるカード。しかし裏に触れないのが本当に辛い。
どちらかと言うと、能動的に効果を発動出来ることを利用して《武神降臨》発動の条件を整えるために使うパターンのほうが多いかも。
ヤマトの場合はサーチタイミングがエンドフェイズなので発動できるのが次のターンになってしまうのは辛いところ。
《武神帝-スサノヲ》の場合は即効果を発揮できるので、切り返すには持って来い。
《武神降臨》によって、除外されている《武神器-ムラクモ》を利用してエクシーズ、スサノヲのコストで墓地に送りつつ《武神器-ハバキリ》をサーチする流れは非常に強いですね。
全体攻撃とハバキリのおかげで《幻獣機ドラゴサック》とトークン2体の場も切り返せたり。

・《武神-ヤマト》の重要性
この3枚の《武神器》は全て獣戦士族を指定しているため、《武神-ヤマト》が居なければバニラ同然であることが問題。

2体並べる術があれば《武神帝-スサノヲ》をエクシーズすることで有効に使えるんですが。
現状だと《武神降臨》する以外は蘇生カードや《血の代償》のようなカードを使わないと行けないのは厳しいところ。
裏を返せば、《武神-ヤマト》さえ維持出来ればなんとかなるとも言えますけども。
《炎舞-「天キ」》のおかげである程度はカバーできるものの、やっぱり辛いときは辛い。
《召喚僧サモンプリースト》もそこまで悪い選択ではない気はするものの、止められた時が辛すぎるわけで難しい。

・《武神降臨》
《サイバー・ドラゴン》と同じ条件で発動できる専用魔法。
発動条件以外は非常に強い。墓地と除外を指定するのであらかじめ除外が必要ではあるものの、ムラクモヘツカが自身を除外するので噛みあってはいる。
エクシーズ先が縛られるデメリットも専用の《武神帝-スサノヲ》だけでは無く、《セイクリッド・オメガ》《恐牙狼 ダイヤウルフ》が出せるためほとんど気にならない印象。

ネックはやっぱり発動条件。
実質的に切り返しにしか使えない上に、初手に引くと辛い。武神器を除外(=効果の起動)するためには《武神-ヤマト》が必要なので、ヤマトが引き込めないパターンに置いて紙屑になりやすい。
《ビビット騎士》が獣戦士以外も除外出来れば良かったんですが。

しかしまあ今の武神では貴重な1枚でエクシーズを行えるカードであり、撃てれば強いのは確かなんですよね。
よく初手にダブって泣きたくなるんですけど。

・展開力の無さ
獣戦士武神を要求する以上《武神-ヤマト》を引けないときはエクシーズを狙うしか無いわけで。
しかし展開ができるカードが存在しないのが厳しい。
《フォトン・スラッシャー》は比較的良い感じではありますね。光属性なので《輝光子パラディオス》《セイクリッド・オメガ》の素材にもなれます。
《炎舞-《天枢》》はそれなりに強いことは確かなんですけど、結局ヤマトがいるときに強いカードなのが微妙。
《血の代償》くらいは無くもないんでしょうかねえ。

・《暗黒界の武神 ゴルド》
既存カードで唯一の《武神》ネーム持ち。
《武神-ヤマト》《武神帝-スサノヲ》でサーチができ、《武神器-ヘツカ》で守れ、《顕現する武神》で回収でき、《武神降臨》《武神逐》で特殊召喚が可能。
《武神降臨》で2体特殊召喚した場合、《ZW-獣王獅子武装》が出せます。
たぶん最も輝く使い方はヤマトスサノヲで墓地送りにしての《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》召喚かと。
サーチが出来る闇属性ということで採用される可能性が微粒子レベルで…無いか。
一応こいつサーチから開闢投げたゲームと、《デモンズ・チェーン》を受けたモンスターをリリースから自爆特攻で場を開けて《武神降臨》から切り返したゲームはありました。
後半は別に《デーモンの召喚》とかでも変わらなかったんですけどね。


炎星、ヴェルズ辺りには有利を取れそうな印象。征竜はかなり辛い。
魔導は《ゲーテの魔導書》さえ躱せればなんとかなりそうな。

もうちょいカードプールが増えれば強くなりそうですねー

デッキ:遊戯王 武神

新しいのはこっち

モンスター(17枚)
武神-ヤマト×3枚
武神器-ヘツカ×2枚
武神器-ムラクモ×3枚
武神器-ハバキリ×3枚
暗炎星-ユウシ×2枚
召喚僧サモンプリースト
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(17枚)
大嵐
ブラック・ホール
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
禁じられた聖槍×2枚
武神降臨×3枚
サイクロン×3枚
月の書
炎舞-天枢
炎舞-天幾×3枚

罠(5枚)
奈落の落とし穴×2枚
リビングデッドの呼び声
神の宣告
神の警告


武神デッキ。ADSに速攻で実装されたので実際に回せるのがいいですね。

《炎舞-「天キ」》から「武神-ヤマト」をサーチしてデッキを回す。
「武神器-ムラクモ」で除去をしつつ「武神降臨」の準備。
武神が2体並んだら「武神帝-スサノヲ」から後続の武神器をサーチして補助に。

ハバキリ、ムラクモ、ヘツカの3枚はどれも優秀。
「武神-ヤマト」を置いてヘツカで除去に耐性を付けつつ手札からハバキリを切って3600打点の壁。
ヤマトが残れば「武神帝-スサノヲ」へのエクシーズやハバキリによる除去へ。
「武神降臨」からの「武神帝-スサノヲ」、通常召喚で《召喚僧サモンプリースト》から《オネスト》サーチして全体攻撃に《オネスト》付加っていう一発ネタも。

もう一種くらいまともな獣戦士族の武神が来れば相当強くなりそうではあります。
あとは出来れば《ヴェルズ・カストル》的な召喚権増やすカードか《フォトン・スラッシャー》的な特殊召喚できる武神が欲しいですねえ。

もうちょい弄りたいところ。

武神。

JOTLで登場する新テーマ「武神」。
スピリットのように日本神話をモチーフとしているようですね。

レベルは全て4、属性も全て光で統一され、「武神」は獣戦士、「武神器」が獣・鳥獣族のビーストテーマ。
「武神-ヤマト」「武神帝-スサノヲ」でデッキから武神器を引きずり出し、手札発動と墓地発動でサポートしていく感じですか。
メインとなるヤマトが獣戦士族なので《炎舞-「天キ」》が使えるのはいいですね。

ちなみに既存カードでは《暗黒界の武神 ゴルド》が「武神」に属しています。
一応「武神-ヤマト」でサーチできたりするので、そのまま墓地に送って闇属性揃えてからの《カオス・ソルジャー -開闢の使者》みたいなことができなくもない。

「武神-ヤマト」星4 光 獣戦士族 1800/200
1ターンに1度、自分のエンドフェイズ時に発動できる。デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を手札に加える。その後、手札を1枚墓地へ送る。「武神-ヤマト」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


獣戦士族の武神。エンドフェイズに《ドラグニティナイト-ガジャルグ》のような効果を発揮。
武神器は手札からだけでは無く墓地でも発動するので、手札発動の「武神器-ハバキリ」をサーチしつつ、墓地発動の「武神器-ヘツカ」を捨てることで間接的ではあるもののアドバンテージを取っていくことができますね。
《炎舞-「天キ」》でサーチができ、素の打点も1800、天キと合わせて1900となるのでアタッカーとしても悪くないレベルですね。
デッキの中心になる、というかこいつが居ないと始まらない。

「武神器-ムラクモ」星4 光 獣族 1600/900 
自分のメインフェイズ時、自分のフィールド上に「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが存在する場合、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。「武神器-ムラクモ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


墓地から自身を除外で相手のカードを破壊。実質的にノーコストで発動できるようなものであり、その後に「武神降臨」へと繋げられるので「武神-ヤマト」の次に重要なカード。

「武神器-ヘツカ」星4 光 獣族 1700/1200
自分フィールド上の「武神」と名のついたモンスターがカードの効果の対象になった時、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。


墓地から自身を除外で対象を取る効果を無効。擬似的な効果耐性を付加するようなもので、「武神帝-スサノヲ」を守って行く形に。
1700打点あるのも悪くない。


「武神器-タルタ」星4 光 獣族 1100/2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカード以外の自分フィールド上の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターは戦闘では破壊されない。


自身以外のビーストに戦闘耐性付加。武神においては2体並べて置いておくくらいならとっととエクシーズしろよという感じなので要らないですかねえ。
「武神-ヤマト」が居ないときに初動で置くくらいしかなさそう。

「武神器-ハバキリ」星4 光 鳥獣族 1600/300
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。戦闘を行う自分のモンスターの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ元々の攻撃力の倍になる。


武神専用《オネスト》というか《BF-月影のカルート》というか。
どちらとも違い、パンプ値は効果を受けるモンスターの攻撃力の2倍。かつ上昇する期間がダメージ計算の間のみに限定されています。
「武神-ヤマト」「部神帝-スサノヲ」でサーチが簡単なので非常に使いやすい。

「武神器-オロチ」星4 光 鳥獣族 1700/500
自分のメインフェイズ1で、このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールド上の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。


ダイレクトアタック付加。基本的に入りませんね。打点は及第点ではある。

「武神帝-スサノヲ」星4 光 獣戦士族・エクシーズ 2400/1600 
「武神」と名のついたレベル4モンスター×2
このカードは相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃できる。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。「武神帝-スサノヲ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


武神の切り札でありメインアタッカーであり核。とにかくこいつのエクシーズを狙う。
《阿修羅》と同様の全体攻撃効果と素材消費でデッキから武神をサーチ。単純に手札に加えるだけではなく直接墓地へ遅れるので「武神器-ヘツカ」「武神器-ムラクモ」を直接使えるようになっているのもいいですね。
こいつを召喚して武神器をサーチ、武神器でサポートしながらのビートダウンが基本戦術。

「武神降臨」通常魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体と、ゲームから除外されている自分の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスター2体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターをエクシーズ召喚の素材とする場合、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。


紋章獣における《高等紋章術》のような立ち位置のカード。
除外ゾーンと墓地からの二箇所からの特殊召喚。除外を参照するので一手間かかるかわりに、効果を使用した「武神器-ヘツカ」「武神器-ムラクモ」の再利用が出来るのも重要。
発動条件が《サイバー・ドラゴン》の召喚条件と同じであるため、基本的に返し手となるのがネックといえばネック。

《高等紋章術》と比較すると、直接エクシーズしなくて良いため、追加召喚からの3体エクシーズを狙えたり「武神-ヤマト」の効果を使うことも出来る点は良いところ。
もっとも、現状では獣・獣戦士・鳥獣に4×3のエクシーズは居ないんですが。
その縛りのため、ここから直接エクシーズできるのは
「武神帝-スサノヲ」
《魁炎星王-ソウコ》(獣戦士縛り)
《セイクリッド・オメガ》
《恐牙狼 ダイヤウルフ》
《零鳥獣シルフィーネ》(鳥獣縛り)
の5枚。

わりと優秀なカードが揃っていますね。《セイクリッド・オメガ》が使えるのは嬉しいところ。

「剣現する武神」通常罠
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。
●ゲームから除外されている自分の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して墓地に戻す。


墓地からの回収か《異次元からの埋葬》。
罠ゆえの遅さも考えるとここまで使うのは厳しいか。

「武神逐」通常罠
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスター1体をリリースして発動できる。そのモンスターのカード名と異なる「武神」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する。


武神リリース武神蘇生。
特にメリット効果が付随しているわけでもなく、リリースが無駄に獣戦士縛りであり同名カードは特殊召喚付加とくればさすがに。
《リビングデッドの呼び声》に優っているところが《サイクロン》で無効にされないことだけなら素直に《リビングデッドの呼び声》使いますわな。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。