バトスピ新制限予想


せっかくなので流れに乗っかる。

伝説(禁止)
「ルナティックシール」

究極1(制限)

「巨人港」
「ストロングドロー」
「バルカン・アームズ」
「ウィッグバインド」

究極2(準制限)
「道化姫トリックスター」


こんな感じですかねえ。
とりあえずライブラリアウト系に規制をかけてもらいたいところ。
「巨人猟兵オライオン」「機動要塞キャッスル・ゴレム」を制限した所で「英雄巨人タイタス」なんかもいることですし、周りを取り巻くカードたちを。

「ルナティックシール」は個人的にはどうでもいいポジションだけど今回禁止に行くならこいつか「ウィッグバインド」くらいでしょうし、現在究極1のこのカード。

「ウィッグバインド」はこの辺が妥当なんじゃないかなとは。より引いたほうが勝ちになる気もするので微妙ですけど。

「道化姫トリックスター」。いい加減究極2の枠を使って欲しいということで、同名カードでループを組むこの子を。

あとは「シユウ」なんかは割と危ない気がしなくもない。

欲を言うなら「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」なんかも制限枠にぶち込んで欲しいところなんですけどね。
出たばっかりなのでしょうがない。
さて、何枚当たるかな。 
スポンサーサイト

大会レポ 遊戯王 2011/11/26

バトスピ終わってからにしなへ移動。
コナミトーナメント行きたかったけどさすがに一関は遠い。

ホビースクエアにしなみたけ店@25人スイスドロー
使用デッキ:チェーンラヴァルスイッチチェーンバーン

1回戦:カラクリ
×○×
《ナチュル・パルキオン》を展開されると相当厳しくなるものの3戦通して一度も出てこず。
しかし3戦通して《炎熱伝導場》を一枚も引けない悲しさ。

2回戦:甲虫装機@灰猫
××
1:普通に死んだ。
2:チェーンバーンにするも無理。

3回戦:墓守
○×○
1:《王家の眠る谷-ネクロバレー》を貼られるも《サイクロン》から《真炎の爆発》でワンキル。
2:チェーンバーンにするも削りきれず。
3:引き続きチェーンバーン。《Sin スターダスト・ドラゴン》を置いてくれたお陰で手数が少なかったのが助かった。綺麗にライフを削り切る。


4回戦:ジェムナイト
××
1:先攻で《レスキューラビット》を召喚されてラギアかあと思ったらまさかの《ジェムナイト・ルマリン》登場。ジェムナイトでした。全く墓地を肥やせないまま負け。
2:このデッキ《炎熱伝導場》入ってるんですかね?

1-3。
あまりにもひどい。ここまで《炎熱伝導場》も《真炎の爆発》も引けないとどうしようもない。
スイッチチェーンバーンってどうよ?って言われたのを思い出して実際に使ってみたけれどまあ悪くはない感じ。
プレイングは難しくなるけども。


恒例の二次会はチーム戦。
A:灰猫@甲虫装機 B:あさふ@カオスラヴァル C:じぇしぃ~さん@墓守幻銃士
で出場。AとCは逆だったかもしれない。

1回戦:TG代行天使
○(○○×)
《真炎の爆発》はできないものの《炎熱伝導場》は引いた。《バトルフェーダー》なんかでごまかしつつリソースを削る。《ライオウ》でアタックしたら裏守備は《クリッター》。手札にも《TG ワーウルフ》で相当辛そうな相手。ダメ押しの2体目を追加して殴り切る。

2回戦:ラヴァル
×(×××)
ラヴァルミラー。横ではなんか甲虫装機ミラーしてるし。
先攻取られて《炎熱伝導場》発動される。そして2ターン目にして《真炎の爆発》。無駄に裏守備を除去してくれたお陰で《バトルフェーダー》の温存に成功。《ブラック・ホール》から相手の《TG ハイパー・ライブラリアン》を《死者蘇生》。こいつで三回アタック。4回目のアタックで《炎塵爆発》を使わせる。しかしここでこちらも攻め手が無くなる。《フレムベル・ヘルドッグ》に《バトルフェーダー》投げてごまかすも《強欲で謙虚な壺》から《ラヴァル・キャノン》持って来られて負け。
結局最後まで《真炎の爆発》出来なかった。

2落ちだけど2位です。
前も言ったようなきがするけどやっぱり特定のカードに依存するデッキは無理っぽい。
素直に魔法使いあたりを軸にしたカオスビートでも使ってたほうが強い気がする。うーん。

2回戦くらいから体調が崩れ始めて夜には死にそうになってたという。
日月は完全に力尽きてました。なんとか生き返ったけども。
一体あれは何だったんだろう。風邪?寝不足?両方かな。なんにせよ体調には気をつけましょう。

大会レポ バトルスピリッツ 2011/11/26

ファミコンショップジョニーマッハ店@14人スイスドロー ※3,4回戦からマッチ戦
使用デッキ:黄軸混色

1回戦:


2回戦:戯狩ビート
×
「彷徨う無重力島」が入っていれば戯狩ビートよね。
「犬将クー・シー」「ヒポグリフィー」あたりでガンガン殴られる。こっちも聖命で応戦。
手札の「甲竜封絶波」を伏せるか使ってワンチャン殴り切るかで悩んだ末伏せてエンド。
ここが完全にミス。普通の黄色ってあんまり召喚時効果使わない上に数が並んでいる以上効果も薄い。
無理してでも攻めきるべきでした。
ということでジリ貧になって負け。

3回戦:古龍ビート
○×○
2:「ストームアタック」を絡めて殴られる。防御手段が無くて負け。
1.3戦目は相手のデッキタイプがわからない程度には事故ってました。

4回戦:
○○
忘れた。

4回戦は覚えてないけど3位だったので多分ストレート。
2回戦が悔しい。結果論とは言え、あそこで封絶波を打っていれば勝ちだったという。
この辺の感覚はやっぱりプレイしているかどうかなんですかね。最近あんまりバトスピ触ってないからなあ…

ともあれそろそろ新制限も発表されることだし、「光の覇王ルナアーク・カグヤ」なんて新弾の黄Xの情報も聞こえてきたりなのできっとモチベーションは上がるはず!
 

大会レポ 遊戯王 2011/11/23

おもちゃのサルビア@コナミトーナメント20人トーナメント→全勝者の総当り
使用デッキ:チェーンラヴァル

1回戦:天使ストラク改
○○
初心者というかなんと言うか。
1:引っ張って8ドローくらいから《真炎の爆発》。
2:《天空の聖域》から召喚権残したまま手札の《神秘の代行者 アース》除外で《マスター・ヒュペリオン》が出てきて色々とビビる。それでも聖域下ということで除去を連発されてなかなかに厳しい。トップが《ブラック・ホール》じゃなかったら負けてたかも分からんね。
メイン《スケープ・ゴート》から《強制転移》発動、他にモンスターが立ってるのに勝手にこっちの《スターダスト・ドラゴン》を持って行こうとされたりそのターンにトークン生贄に《光神テテュス》召喚しようとしてきたりでもはやどこから突っ込んでいいのか。
その後に出てきた《マシュマロン》で攻めが止まるも《真炎の爆発》引くまで切り返されず勝ち。

2回戦:ヒーロービート@フラン
1:先攻で《ダスト・シュート》を引っ張るか悩んで発動しなかったら死んだ。
2:わりと普通に殴られて死んだ。

2?落ち。
形式がよくわからなかったので実際2回戦じゃない気はする。
2回戦は全く《真炎の爆発》が来なくて泣いた。 

大会レポ 遊戯王 2011/11/20


未来屋書店矢巾店カードボックス@22人トーナメント
使用デッキ:チェーンラヴァル

1回戦:TG代行
××
1:お互い動きが無いままこちらは伏せを追加。相手の除去に合わせて《強欲な瓶》《八汰烏の骸》《無謀な欲張り》《積み上げる幸福》。引いてきた《炎熱伝導場》から《ラヴァル炎火山の侍女》×3《ラヴァル炎湖畔の淑女》《ラヴァルのマグマ砲兵》を落とす。《ラヴァル炎湖畔の淑女》起動から《真炎の爆発》。しかしまあ墓地の非チューナーは1体なので言うほど爆発しない。代行相手だし《ラヴァルのマグマ砲兵》落としが正解だったのだろうか。相手の《マスター・ヒュペリオン》召喚に《激流葬》を合わせてからの《死者蘇生》でヒュペ。これを《ブラック・ホール》で返されての引き勝負。《真炎の爆発》は引けず先に《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》を引かれて負け。
2:チェーンパーツがほぼ来ない。《炎熱伝導場》から回して行くものの《真炎の爆発》は引けずジリ貧に。《鳳翼の爆風》なんかで誤魔化していくのも限界で負け。

はい1落ちです。
未調整のチェーンラヴァルで出場という暴挙に出てる時点で分かっていた結果である。
しかしこのデッキはすごく面白いと思いました。何より自分の好みにぴったりハマっているのが良い。
プレイングはかなり難しい感じはあったものの使っていて楽しいのでもうちょい弄ってみたいですね。

まあ一落ちして暇だったので《明鏡止水の心》探しを手伝ったり《ガガガガール》のシングルを買ってみたり。
EE2から《混沌の黒魔術師》が出てきたのが嬉しいようなそうでもないような。

《マジマジ☆マジシャンギャル》が出るまでにはガガガを使うデッキをまともにしたいところ。

大会レポ 遊戯王 2011/11/19


ホビースクエアにしな みたけ店@コナミトーナメント24人スイスドロー
使用デッキ:カオスラヴァル

1回戦:カラクリ
×○×
1:相手がいろいろプレミしつつも《カラクリ大将軍 無零怒》《カラクリ忍者 参参九》《スターダスト・ドラゴン》(スタロ)バックなしの場を作る。《炎熱伝導場》から《真炎の爆発》に繋げてシンクロ。ここで何故かメイン1で《スクラップ・ドラゴン》の効果を発動するという謎の行動。当然スタダに無効にされる。おかげで切り返せず負け。
2:先攻で《ライオウ》立てたら相手が何もできなくなってライオウビート。初手に《カラクリ商人 壱七七》が3枚いたとか何とか。
3:《マクロコスモス》が強くて仕方がない。相手も《カラクリ兵 弐参六》が事実上腐っていた上に《ダスト・シュート》食らわせてモンスター無しの状況に追い込むも、《真炎の爆発》《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》が紙になった上に《ラヴァル炎湖畔の淑女》が落とせないおかげでバックが剥がせず《ラヴァル・キャノン》が通らないと言うことでさすがに無理。

2回戦:荒行六武
○××
1:後攻1ターン目で《炎熱伝導場》から《ラヴァル炎湖畔の淑女》起動→《大嵐》で安全に《真炎の爆発》を通す。そのまま押し切る。
2:お互い手札1の状態から《炎塵爆発》で4枚割るものの、トップが《真炎の爆発》。次のターンで《ライオウ》を引くもののドローはまたも《真炎の爆発》。《真六武衆-カゲキ》召喚からの《六武衆の師範》が処理できず負け。
3:墓地を肥やせずなぶり殺しに。

3回戦:フレムベルTGラギア@しゃちょーくん
○○
2戦とも1ターン目に《炎熱伝導場》が発動できたこともあって大分楽に。バックを《ラヴァル炎湖畔の淑女》で剥がしつつ《真炎の爆発》。

4回戦:グッドスタッフ的な何か
○××
3:《霊滅術師 カイクウ》でガリガリ除外される。《ラヴァル・キャノン》から《ラヴァル・ステライド》作って殴るも返しに《リビングデッドの呼び声》からカイクウ。これでステライドの効果が発動できなくなって除去られる。さらに2体目のカイクウ。さすがにキツイ。

1-3。なんかひどい結果になった。
全体を通してプレミがひどい。もっとしっかり考えないとダメですね。

続けて二次会はチーム戦。
A:あさふ@ラヴァル B:K水さん@TG代行 C:蜻蛉さん@ジェムナイト
で出場。

1回戦:インフェルニティ
×(×××)
お互い立ち上がりが遅い感じ。
ハンドレスから《インフェルニティ・ネクロマンサー》→《インフェルニティ・デーモン》で《インフェルニティ・ブレイク》サーチしてからアタックされる。裏守備は《メタモルポット》。これで相手の手札を増やしてバックを腐らせつつ動くも攻めきれず返しに再びハンドレスにされて切り返される。
チームも全敗で負け。

1落ち。全然ダメですね。
ラヴァルの感触は良い感じなのでいろいろ試してみる予定。
 

大会レポ ヴァンガード 2011/11/13

ファミコンショップジョニーマッハ店非公認@32人 ※4回戦からマッチ戦
使用デッキ:スパイクブラザーズ

1回戦:たちかぜ@灰猫

当然のように身内戦。終始こちらペース。

2回戦:除去かげ(ブレイジングフレア・ドラゴン)

先攻の相手に「ブレイジングフレア・ドラゴン」のスペリオルライドを成功され、後列も焼かれでコレは厳しいなと思っていたものの相手が4点時点でこちらのVのアタックをスルー。クリティカルが乗って4点から勝ち。

3回戦:ノヴァグラップラー(シュテルン・ブラウクリューガー)
相手の「シュテルン・ブラウクリューガー」17000のアタックに15000ガードを投げたらクリティカル→ヒールでガード貫通。さらにスタンド後のアタックで追加のクリティカルを捲られ死。
手札枚数とダメージを見るとどう考えても20000投げるべきだった。もしくは最初の「メカ・トレーナー」で完全ガードを引っ張ってくるなりやりようはあったはず。

4回戦:ロイヤルパラディン
××
2戦合わせてもトリガーが5枚も捲れず。

5回戦:かげろう@K水さん
××

2-3。参加賞のパックから「連撃のサザーランド」。微妙。
この日の収穫はどう考えても2パックで出てきた「漆黒の乙女マーハ」である。

大会レポ バトルスピリッツ 2011/11/12


この日は普通のショップバトルとハイランカーパスもらえる大会の2種。
最初は普通のショップバトル。

ファミコンショップジョニーマッハ店@22人シングル戦スイスドロー
使用デッキ:黄白

1回戦:黄赤聖命
×
始まる直前にシングル戦だと言われてわりと焦る。
そして初手にある「ウィッグバインド」×2。「犬将クー・シー」がいるものの、相手のバーストが「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」にしか見えずにライフを4以下にできない。
お互い聖命で殴り合うものの「星空の冠」を配置された分こちらが不利に。「シユウ」も連打されたので相手のデッキを削り切る方向性にシフト。
デッキ0にまで追い込んだものの、相手のフルアタックを止めきれずに負け。
結果的に序盤のバーストはヤマトではなかったので、あそこでガンガン殴っていれば手札のウィッグ連打で勝てていたという。
どうもシングルだと一歩引いてしまって良くない。

2回戦:青かったきがする

相手の低コストを「天戒機神グロリアス・ソリュート」で3体くらいバウンスして「シユウ」つけて殴る。

3回戦:


4回戦:


1-3。
シングル戦は嫌いです。ちなみに優勝はミブロックオライオンでした。


そして午後はハイランカーパスもらえる方。
18人スイスドロー。使用デッキも同じ。

1回戦:ぬるぬるミブロックオライオン@灰猫
○○
だいたい「シユウ」で殴るだけ。

2回戦:紫速攻@四条さん
○××
1:一枚ずつの「氷の覇王ミブロック・バラガン」「巨人猟兵オライオン」でミブロックオライオン。「騎士王蛇ペンドラゴン」を召喚されるもバラガンからはコアが抜かれずバウンスが成立してデッキアウト勝利。
2:低コスト帯が処理しきれず。
3:初手に「氷雪の勇者皇ウル」。こいつを展開できれば勝てる場だったものの、3ターン目に4体展開されて捌ききれず。

3回戦:黄赤聖命
×○○
1:聖命での殴り合いでグダる。後半「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」でガンガンリソース削られる。「巨人猟兵オライオン」投げるもアタックを捌ききれず。
2:「シユウ」合体してビート。
3:ほぼ最速でシユウクーシー+「ウィッグバインド」。

4回戦:サジットアポロ
○×○

3-1で4位。

今回はあんまり良くなかったですね。
もう少し対速攻を意識したほうがいいかもしれない。デッキ破壊に関しては「導魔神姫ジェラルディー」思ったよりも頑張ってくれる感じでした。
あとは「鳥獣烈神ガルード」をちょっと使ってみたいなあと思ってみたり。

大会レポ バトルスピリッツ 2011/11/9


ホビースクエアにしな みたけ店@15人スイスドロー
使用デッキ:黄白

1回戦:赤@K水さん
○○
1:相手の手札がブレイヴだらけ。3点から「氷雪の勇者皇ウル」+「シユウ」で〆。
2:バーストはあったものの、フルアタックしても返しでは死なないと判断して「ウィッグバインド」から4体アタックしたら通った。

2回戦:ノヴァ@ぼっとん
○‐-
1:2ターン目で「麒麟星獣リーン」+「神弓鳥ペリュトーン」、次のターンで「シユウ」合体で1点まで削るも、「超新星龍ジークヴルム・ノヴァ」で回復される。ノヴァには「甲龍封絶波」で退場願うもアタックをかけると「氷の覇王ミブロック・バラガン」。こちらもバラガンを展開するものの速攻で焼かれる。
「天戒機神グロリアス・ソリュート」と手札から出す羽目になった「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード」+「獣装甲メガバイソン」で戦線を維持しつつライフを狙う。
相手も「超新星龍ジークヴルム・ノヴァ」の回復をはさみながら割と膠着状態。通れば勝ちのところを「絶甲氷盾」で2回防がれ、相手のアタックを無理やり「ウィッグバインド」で止める。
次のターンは守り切れないと思っていたものの、トラッシュの「導魔神姫ジェラルディー」の存在が忘れられていたおかげで不死からなんとか凌ぎきる。
このターンでデッキが0になっていたためデッキアウトで勝ち。
 この試合が長引きすぎたためこの一戦で終わり。

3回戦:紫
○○
1:相手がスピリットをなかなか引けずこちらペース。「導魔神姫ジェラルディー」「天戒機神グロリアス・ソリュート」の裏Xコンビでテンポをとりつつ「氷雪の勇者皇ウル」。ダメ押しで「月光神龍ルナテック・ストライクヴルム」まで投げ込んで勝ち。
2:初手がまるで身動き取れない手札。それでも「戦神乙女ヴィエルジェ」「風の覇王ドルクス・ウシワカ」で何とか食いつなぎ「氷雪の勇者皇ウル」まで繋げる。序盤で「騎士王蛇ペンドラゴン」を使わせたこともあってこいつが突破されない。ゆっくりライフとアド差を取り返して行って締めに「ウィッグバインド」

4回戦:緑白レオ
○○
1:最速で「マネキキャット」から「獅機龍神ストライクヴルム・レオ」が登場。横の星魂を消しつつ殴る。「ウィッグバインド」絡めて殴りに行くも相手の手札からも飛んでくる「ウィッグバインド」。しかし「神弓鳥ペリュトーン」で2枚目のバインドをめくる。2枚目のレオは引けなかったようで投了もらう。
2:後攻「犬将クー・シー」召喚から「シユウ」。レオが出てくる頃にはライフが8の「星空の冠」。「氷雪の勇者皇ウル」のおかげでレオと星魂絡めても6点しか削られない状況。冠で引いてきた「絶甲氷盾」で凌いで切り返して勝ち。

4-0で優勝。ハイランカーパスをいただきました。去年に引き続きパスが手に入ったので割と嬉しい。
バトスピに触るのが久しぶりだったので我ながらよく勝てたものだなと。
「天戒機神グロリアス・ソリュート」がなかなかに強かった。ヤマトバラガンに除去されないのは大きいですね。

大会レポ ヴァンガード 2011/11/5

ここ最近の記事がヴァンガードだらけ。

カードボックス ブックスにのへ店@8人スイスドロー
使用デッキ:シャドウパラディン

1回戦:グランブルー(スピリットエクシード)

先攻を取るも「ブラスター・ジャベリン」にはなれず。
2ターン目に「スピリットエクシード」にスペリオルライドされてガン攻めされるもドロー→ヒールのトリガーで凌ぐ。
返しのアタックでクリティカル→ドロー。相手のアタックでドロー→ヒールとかもうひどいトリガーゲー。
相手にダブルクリティカル捲られて一瞬ヒヤッとしたものの、増えた手札で「ファントム・ブラスター・ドラゴン」起動してゴリ押し。

2回戦:ノヴァグラップラー(アシュラ・カイザー)
×
「ブラスター・ジャベリン」→「ブラスター・ダーク」まではライドするもG3が来ない。
その1ターンは「ブラスター・ダーク」への再ライドでお茶を濁してみたけれど相手のVが「アシュラ・カイザー」。
次のターンには「ファントム・ブラスター・ドラゴン」にライドできたものの、「デスメタル・ドロイド」と一緒にスタンド2枚捲られてすり潰される。

3回戦:スパイクブラザーズ(ユナイト・アタッカー)

順当にジャベリン→ダーク→ファントム成功。相手のV次第だなーとか思っていたらまさかの「ユナイト・アタッカー」。
中途半端なタイミングで「ハイスピード・ブラッキー」とかのソウルブラストを使ってくれたこともあって、「ファントム・ブラスター・ドラゴン」のCBが綺麗に決まり4点から勝ち。


2-1で3位。特に意味ないけど。
2回戦のライド事故が悔やまれる。まあライド出来ていても負けてた気がしますが。

やっぱりシャドウパラディンはまだ微妙な感じが否めないですね。
「ダークメタル・ドラゴン」をVに置こうかと思って3:3で組んでみたけれど結局1枚も引かなかったという。
どう組むのがいいんですかね。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード