大会レポ 遊戯王 2011/9/24

はねまんCSと被ったせいか人数が少なかったです。

ホビースクエアにしな みたけ店@16人スイスドロー
使用デッキ:極星TG

1回戦:TG代行天使@四条さん
×○○
いや、この代行自分のデッキなんですけどね。相手のプレイングミスにも助けられてなんとか勝ち。
使い慣れたデッキだったら確実に負けてただろうと。

2回戦:Xセイバー
××
1:《TG ラッシュ・ライノ》が出てきたのでTG読みで《サイクロン》から《極神皇トール》投げたら返しに《強制転移》食らう。
2:そんなに罠無いデッキのだというのに《ナチュル・パルキオン》で止まるなど。

3回戦:
××

4回戦:
×○×

あんまり覚えていないけど1-3でした。なんかもう極星TGは無理な気がしてた次第。
《強制転移》が最悪。戦闘破壊トリガー=《ジュラック・グアイバ》・《BF-蒼炎のシュラ》辺りに弱いのも厳しい。

恒例の二次会。
シングル戦ということで使用デッキはカオスライロ。

1回戦:スキドレTG

幸いにも《スキルドレイン》が出てこない。
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》を《TG1-EM1》されるも、《虚空海竜リヴァイエール》経由で《氷結界の龍 トリシューラ》出して事なきを得る。
そのまま押し切り。

2回戦:TG代行天使@四条さん
×
また当たるとかもうね。
《朱光の宣告者》読みで《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》に対して打たせてから《死者蘇生》の流れを考えていたら効果に対しては打たれず逆に計算が狂う。
それでもなんとか押し込んでいくもののトップ《死者蘇生》で《マスター・ヒュペリオン》蘇生されて切り返される。
そのまま負け。

2落ち。トップ解決は仕方ない。

ライロの感触は良かったのでライロ多めのジャンドを組んでみたらなかなかいい感じ。
とりあえずこれを使っていこうと思います。今度はこんな結果にならないように頑張ります。
スポンサーサイト

大会レポ ヴァンガード 2011/9/25

ファミコンショップジョニーマッハ店@28人スイスドロー
使用デッキ:スパイクブラザーズ

1回戦:オラクルだったような

こちらに全くトリガーが見えず。序盤の相手のクリティカルの時にヒールが見えたのみ。
相手4点からドロー→クリティカルで2点持って行って勝ち。

2回戦:除去かげろう
×
除去かげで相性もそんなに良くない上にライド事故。2ターン「ハイスピード・ブラッキー」で戦う。
あと一歩のところだったものの5000ガード1枚分足りず。

3回戦:ノヴァ

相手のプレイングが微妙な感じ。順調にアドバンテージとっていってからのクリティカルで勝ち。

4回戦:忘れたけど勝った。


3-1で割と上の方でした。
プロモは「ハイドックブリーダー セイラン」。こいつと「ドラゴニック・ヴァニッシャー」だけダブってるという。

やっぱり2戦目のライド事故が辛い。そういう意味ではオラクルあたりは少しでも事故を軽減できるのでいいんですが。
それでもスパイクは強いので使いますけど。虚栄侵食ではスパイクの強化はあるんでしょうか?

無いなら普通にシャドウパラディンをシングルで集めるくらいで終わりそうな。
シャドウパラディンは強さが微妙に見えるんで安くなると踏んでいるんですがさてどうなるか。

英雄龍の伝説

新カードとかとか。Vジャンプフラゲかららしいですね。

龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード
スピリット/赤/ 覇王・古龍
コスト8(3)
Lv1(1)6000 Lv2(3)10000 Lv3(5)13000 Lv4(8)20000
【バースト:自分のライフ減少後】
自分のライフが3以下の時、BP15000以下の相手のスピリット1体を破壊する。この効果発揮後、このスピリットカードを召喚する。

Lv2・Lv3・Lv4 『このスピリットのアタック時』
相手のスピリット1体を指定し、そのスピリットにアタックできる。

Lv3・Lv4 『このスピリットのアタック時』
自分のバーストをセットしているとき、このスピリットのBP以下の相手のスピリット1体を破壊する。


覇王編第1弾のパッケージ。赤のXレア。
ジークの系譜だけあって効果が凄まじい。指定アタックに加えてLv3からは破壊効果まで。
さらに「幻羅星龍ガイ・アスラ」以来のLv4持ちという。
コスト自体は8コストと重たいものの、バーストによってノーコスト召喚が可能というはっちゃけぶり。その上バースト召喚時に15000以下を破壊ときた。
合体スピリットだろうがなんだろうが普通に潰されますよこれ。名称:「ジーク」なので「極龍帝ジーク・ソル・フリード」からも踏み倒し出来ますね。
覇王編序盤はこいつが環境の中心にいそうな予感。


赤き前方後円墳
ネクサス/赤
コスト3(1) Lv1(0) Lv2(1)
Lv1・Lv2 『自分のアタックステップ』
自分の赤のスピリットすべてをBP+1000する。自分のバーストをセットしている間、さらに、自分の赤のスピリットすべてをBP+1000する。

Lv2 『自分のアタックステップ』
BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき、そのスピリットのコアすべては相手のトラッシュに置かれる。


よくあるあんまり使われない感じのネクサス。この程度じゃ使わないよなあ。


バスター・フェンリルキャノン
スピリット/白/機獣
コスト5(3)
Lv1(1)3000 Lv2(2)6000 Lv3(4)8000
Lv1・Lv2・Lv3 『このスピリットのブロック時』
自分の白のスピリット1体につき、このスピリットをBP+2000する。

Lv2・Lv3 『自分のアタックステップ』
自分のバーストをセットしている間、系統:「機獣」を持つ自分のスピリットすべての『このスピリットのブロック時』効果全ては『このスピリットのアタック時』に発揮される。


フェンリルキャノンの系譜。ブロック時に最低2000パンプがかかるので8000から10000前後でブロックできそう。
しかしこいつを使うなら機獣を軸としてブロック時効果を利用していく形になるんでしょうね。機獣にどんなカードが居るかわかんないけど。


はぐれシャ・ズー
スピリット/紫/霊獣
コスト1(0)
Lv1(1)1000 Lv2(3)2000
Lv1・Lv2 『このスピリットの破壊時』
相手のスピリット1体を疲労させる。


小さい「シャ・ズー」。どうも普通の「シャ・ズー」で事足りる気もするけれど。

ムシャ・エイプウイップ
スピリット/緑/遊精
コスト5(2)
Lv1(1)3000 Lv2(3)5000
Lv1・Lv2 『このスピリットの召喚時』
自分のバーストをセットしているとき、ボイドからコア2個を自分のリザーブに置く。

Lv2 『自分のアタックステップ』
自分のバーストをセットしている間、自分のリザーブのコア1個につき、このスピリットをBP+1000する。


こんどは「エイプウイップ」。覇王編は昔のカードのリメイクが多そうですね。
バーストがあれば召喚時2コアブースト。レベル2からは自ターンのみのBPパンプ。
2コアブーストは悪く無いとしてもいかんせん召喚時効果。ちょっと怖い。
遊精を生かして「白羊樹神セフィロ・アリエス」絡みのデッキで?


オリンピアの天使ハギト
スピリット/黄/天霊・四道
コスト5(3)
Lv1(1)3000 Lv2(2)5000
Lv1・Lv2 『このスピリットの召喚時』
自分のバースト1つをオープンできる。そのカードがマジックカードの時自分の手札に戻す。他のカードのときは破棄する。

Lv2 『相手のアタックステップ』
コスト2/4/6/8の相手のスピリットはアタックできない。


5枚目の「オリンピアの天使」。そろそろ名称指定来るんですかね。
召喚時効果はバーストを手札に戻す効果。腐ったバーストを戻して張り替えたり即座に通常の効果を使いたいとき用と。相手にバレるので戻したカードはとっとと使いたいところ。
…と思ったけど戻したバーストをそのまま伏せるっていうのも駆け引きとしてはあるのか。「覇王爆炎撃」を戻して張り替えたと見せかけての爆炎撃伏せとか面白そうではある。
Lv2からは「戦神乙女ヴィエルジェ」「オリンピアの天使オク」系列のアタック抑制効果。今度は偶数指定。
この3体を合わせると0/1/2/3/4/5/6/7/8/11のスピリットがアタックできなくなると。これはひどい。

ストラスト
ブレイヴ/紫/冥主
コスト4(3)
Lv1(1)
合体/0/+3000
合体時:『相手のターン』
このスピリットが疲労したとき、自分はデッキから1枚ドローする。


なんか普通にブレイヴがいてちょっと驚き。
しかし効果は地味ですね。普通に使うとブロック時1枚ドローするだけの効果になるわけで。ストライクヴルム系とか氷壁持ちなんかに合体させるのが良さ気?

武人衝
マジック/緑
コスト2(1)
【バースト:相手の『このスピリット/ブレイヴの召喚時』発揮後】
相手のスピリット1体を疲労させる。そのごコストを支払うことで、このカードのメイン効果を発揮する。
メイン
ボイドからコア1個を自分のスピリットに置く。


バースト版「キャリーコア」。コストも軽いしバースト時の疲労効果もいい感じではあるものの、このカードが入るスペースはあるのだろうか。

幻影氷結晶
マジック/白
コスト2(1)
【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
このバースト発動時に破壊された、自分のトラッシュにあるスピリットカード1枚を手札に戻す。その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
フラッシュ
相手のスピリット1体を指定する。このターンの間、ブロックされなかったそのスピリットのアタックでは、自分のライフは減らない。


バースト版「ミストカーテン」。バースト条件が「相手による自分のスピリット破壊後」。破壊状態のときでは無く破壊されてトラッシュへ送られたあとに発動するようですね。
そのスピリットを回収しつつ「ミストカーテン」。普通に使っても強いし選択肢としては良さ気なカード。
「爆裂十紋刃」読みで伏せつつ召喚時効果を使って相手にバーストを打たせてみたい。十紋刃で破壊されたスピリットはこのカードで回収。


そして次がもはや恒例となったキャンペーンカード。「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」の時のように全色に登場。

英雄皇ロード・ドラゴン・ドミニオン
スピリット/※/覇皇・戦竜
コスト6(3)
Lv1(1)5000 Lv2(3) 7000/ Lv3(5)10000
【バースト:自分のライフ減少後】
このスピリットカードを召喚する。
Lv1・Lv2・Lv3 『このスピリットの召喚時』
自分の手札にあるバースト効果を持つカード1枚をセットできる。この効果で自分のバーストがセットされたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
Lv3 『自分のアタックステップ』
自分のバーストをセットしている間、このスピリットをBP+3000する。


というかまさに「太陽龍ジーク・アポロドラゴン」→「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」の流れと同じですねこれ。
召喚時にバーストをセットしつつの1ドロー。北斗とイメージ的には近い効果。バースト召喚からのバーストセットが出来るのはなかなか。そして召喚時発動のバーストを踏むと。
バーストを大量に積み込むデッキなら使い勝手が良さそう。全色にいるので軽減シンボル稼ぎ的にも使えそうですかね。
北斗の場合と違ってこいつ自身がフィニッシャーになるわけではない感じなのでまあ必須とは言わないでしょう。たぶん。プロモはそれほど強力でないくらいがちょうどいい。


バーストが出ると聞いたときはどうなることやらと思いましたが蓋を開けてみればなかなか面白い。覇王編も楽しみにしています。 

デッキ:バトルスピリッツ

スピリット(21枚)
道化姫トリックスター×2枚
導魔神姫ジェラルディー
大天使イスフィール
巨人猟兵オライオン
戦神乙女ヴィエルジェ×2枚
北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン×2枚
炎星神龍マルス・ドラグーン
犬将クー・シー×2枚
占いペンタン×2枚
ダンデラビット×3枚
くノ一ジョロウ
麒麟星獣リーン×3枚

ネクサス(4枚)
星空の冠×3枚
明星きらめく花園

マジック(11枚)
ウィッグバインド×2枚
ハンドタイフーン
ヴィクトリーファイア
バスターハンマー
ドリームチェスト
サイレントウォール×2枚
デルタバリア
武威煌炎刃
トライアングルトラップ

ブレイヴ(7枚)
シユウ×3枚
砲凰竜フェニック・キャノン
騎士王蛇ペンドラゴン×2枚
ゲッコ・グライダー

もう環境も終わるので終盤使っていたデッキを。デッキタイプ的には「シユウビート」とかそのへんですかね。
・基本的に「シユウ」を合体してぶん殴るか、数を揃えて「ウィッグバインド」。
・「大天使イスフィール」はバトスピを始めた頃に使っていた割と愛着のあるカード。なんとなく使いたくなったので投入。
・「巨人猟兵オライオン」は同系デッキメタ。4試合9戦のうちデッキアウト勝利が3回あったことを考えるとなかなか有効ではあるようです。レオ系のような突破不可能な場を作られてもワンチャン残ります。
・「炎星神龍マルス・ドラグーン」は「獅機龍神ストライクヴルム・レオ」を意識して。
・試しに使ってみた「武威煌炎刃」はかなり優秀に感じました。コスト2系の相手を抑えられるのは大きい。
・「導魔神姫ジェラルディー」は相手の「巨人猟兵オライオン」「天秤造神リブラ・ゴレム」を抑えてくれる活躍。ジェラルディーマジ女神。
 

大会レポ バトルスピリッツ 2011/9/11

ホビースクエアにしな みたけ店@23人スイスドロー
使用デッキ:いつもの黄色

1回戦:2コスビート
○○
1:「シユウ」が対処できなかったみたいです。
2:「砲凰竜フェニック・キャノン」強し。

2回戦:巨人港白緑
1:早々に「ウィッグバインド」から削り切る。
2:「巨人港」に加えて「魔星輝く古戦場」が3枚はられて鬱陶しいものの、むしろ時間をかけてくれれば有利なのはこちら。しっかりと「ウィッグバインド」で。

3回戦:
○○
覚えてないけどたしかストレートで勝った。

4回戦:赤
○○
子供。
1:先攻で何もせずにエンドしたら「レイニードル」が2体出てきて一瞬負けを覚悟する。しかしまあ「騎士王蛇ペンドラゴン」「砲凰竜フェニック・キャノン」辺りで除去していく。「天地神龍ガイアスラ」も「炎星神龍マルス・ドラグーン」で退場してもらって勝ち。
2:「ダンデラビット」ばっかり引いて「晴天竜ウィンドレイク」にじわじわ削られる。「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」をブレイヴ無しで召喚するレベル。幸い11000立てれば相手のアタックも緩んだのでドローカード引きこんでから「レイニードル」を除去して「ウィッグバインド」。

5回戦:ぬるぬる@四条さん
×○×
1:「ウィッグバインド」が止められなかったような
2:クーシーシユウ強いですよね
3:コア計算と手札枚数から勝てる算段を立てていたら「マネキキャット」から「獅機龍神ストライクヴルム・レオ」が飛んできて無理。

4-1で2位。
プロモパックからは「小さな侍イッスンアントマン」と「バーサーク・ドラゴン」。

続けて2次会。
11人スイスドロー。使用デッキは同じ。

さて。問題は1戦分しか覚えていないということだが。

?回戦:リブラデッキ破壊
○××
1:「天秤造神リブラ・ゴレム」+「崩壊する戦線」×2でデッキ破壊。これを不死からの「導魔神姫ジェラルディー」で止めて切り替えし。
2:「瞬星流れるコロッセオ」が突き刺さって普通に強襲で負け。
3:「瞬星流れるコロッセオ」+「未完成の古代戦艦:船尾」で手札がゴミクズに。そこから「天秤造神リブラ・ゴレム」+「雷神砲カノン・アームズ」+「崩壊する戦線」×2でデッキアウト。
さすがに3戦とも3ターン以内にコロッセオ+船尾を配置されれば黄色じゃ勝てないと思いますはい。

1-2だったような。プロモパックからは2枚目の「バーサーク・ドラゴン」。

とりあえずイッスンアントマンが手に入ったのでだいたい満足。
バースト環境になってどう環境が変化するかは楽しみですね。とりあえずぬるぬるは消滅するでしょうし今のところの情報だけならデッキ破壊もやっぱり強そう。
「ウィッグバインド」のカードパワーも相対的には落ちそうですしまた違う方向性を考えないといけませんね。

大会レポ ヴァンガード 2011/9/11


ファミコンショップジョニーマッハ店@30人スイスドロー的な何か
使用デッキ:スパイクブラザーズ単

1回戦:ロイヤルパラディン(ブラスター・ブレード)
×
またも初手にG3が4枚。
しかしライド自体はしっかり出来ていた上に相手がG2でライド事故を起こしたため流れはこちらに。
それでも毎回のようにトリガーを引いてくる関係で防御が足りなくなる。
最終ターンにきっちりクリティカルを捲られて4点から即死。納得いかん。

2回戦:ノヴァグラップラー(アシュラカイザー)@ユリノズク
×
ここでも初手がG3だらけ。いい加減にしろ。なんで8枚の半分を初手に引くのか。
相手のVはアシュラカイザー。デスアーミーセットがいる状況から2ターン連続でG3+スタンドの組み合わせを捲られて死。

大会形式の関係上ここで終わり。
0-2で2落ち。この2日はもうどうしようもない運の悪さだったので諦めます。

10月からは「ジャイロスリンガー」も使えるようになるのでまたデッキ構成も変わってきますね。
G3の割合なんかも考えながら頑張ります。

それはさておきツクヨミ軸のオラクルシンクタンクが楽しい。
デッキを掘る能力の高いオラクルではデッキが一周することがよくあるので、5枚捲る効果でボトムに送ったトリガーをきちんと覚えておくと後半かなり立ち回りが楽になるという。
G2は2枚でもそれなりに動けたので少し考えてみるつもりです。 

仮面ライダーフォーゼ 第2話「宇・宙・上・等」 感想


フォーゼの「前回のあらすじ」は普通だった。なにかひねってくれるかと思ったけれど。

ラビットハッチは月にあると。アストロスイッチの力は万能ですね。

フォーゼドライバー周りはやっぱり賢吾のお父さんが作ったと。
父親を殺された復讐?みたいな形になるわけね。

弦太朗の説得?もあって結局協力関係に。ベタな展開だけどやっぱりいいよねこういうの。

今回は特にライダーであることを隠したりはしないのかあ。
現時点で弦太朗がフォーゼであることを知っているのが5人。

大文字いい感じに小物だなあw でもこいつは後半かっこ良くなりそうな予感。

ゾディアーツはなんかドーパント+ヤミーみたいな感じ?
一定の負の感情がたまると強化形態になるようだし肉体と精神は分かれるみたいだし。

今回はバイクのお披露目。どうも移動用というよりは大気圏突破用に見える。
EDが出来るまでは毎回OP流れるのかね。

ロケット+ドリル+レーダーのリミットブレイク。
いや、普通に宇宙行くとは。このパラシュートスイッチは帰還用なのか。
宇宙行く理由付けとして怪人倒す際に周りを巻き込まない様に、ね。

で。なんかこの世界仮面ライダーがいるみたいですね。1号だったりクウガだったりWだったり。
今回は最初から「仮面ライダー」の名前を背負う感じで。
仮面ライダーが都市伝説なのはブレイドあたりを思い出しますね。

そして弦太朗は「仮面ライダー部」を設立。いや非公認だと思いますが。
たぶんどんどんこれが大きくなって行くんだろうなと。

フォーゼは素直に面白いと思います。
都市伝説になっている他の仮面ライダーが絡んできたりはするのかな?

次回予告。
サブタイトル「女・王・選・挙」。
しばらくはスクールカーストの上位陣に恨みを持つ生徒がスイッチで変身する流れになるのかね。

大会レポ ヴァンガード 2011/9/10

ホビースクエアにしな みたけ店@32人くらいスイスドロー
使用デッキ:スパイクブラザーズ単

1回戦:グランブルー
×
順当にライド。相手のVは「魔の海域の王 バスカーク」。
Rの「不死竜 スカルドラゴン」が大きく余計に手札を使わされる感じ。
最後のターン。スタンド以外なら2枚トリガー出ようが負けない状況で相手のスタンドトリガーは残り1枚。
当然のように相手のトリガーはクリティカル→スタンド。無理。

2回戦:ノヴァグラップラー(アシュラカイザー)
×
アシュラ軸のデッキでヒールを2回も3回も捲られるとさすがに厳しいです。


3回戦:かげろう(ドラゴニック・ウォーターフォウル)
×
初手にG3が4枚。というか「将軍 ザイフリート」が3枚。
さらに2枚引いてきて結局G3だらけ。その上相手はかげろうということで後列も消される。
ウォーターフォウル自体はそれほど脅威に感じないものの、どうにも守りが足らず。


4回戦:オラクル(ツクヨミ無し)

精神的に割となげやりになってたのもあって普段とは違うG1からのガン攻めプレイングしてみた。
その結果うまい具合にハマって速攻で勝利。ゲーム終了時点でこちらのダメージは4だったわけで、そういうプレイングも一考の余地があるのかなと。

1-4で圏外。
なんかもう引きゲートリガーゲーな感じで泣きたくなった。

続けてダークゾーン決定戦。
使用デッキは同じくスパブラ単。

1回戦:ダークイレギュラーズ

「魔界侯爵 アモン」が大きいけれど相手がほとんどトリガーを捲らず。
アモンの効果を使ってくる関係であいてのRも減るので防御面はそれほど苦労せず。
「ジャガーノート・マキシマム」のサイズでゴリ押し。

2回戦:ダークイレギュラーズ
×
G2が引けず2ターンのライド遅れ。
その頃にはアモンのサイズがひどい事になっていてリカバリーが効かず。

1-1。
プロモパックからはドロートリガー。
幸い「ジャイロスリンガー」は2枚確保できたので良かったです。

しかし今回は酷かった。他の人がこのデッキを使っても運悪かったのでたぶんデッキの機嫌が悪かったんでしょう。そういう日もある。
「ジャイロスリンガー」は後列の薄かったスパブラには嬉しいカード。「ダッドリー・ダン」を使わないと余りがちなCBを使えるのも良さ気。

ツクヨミのG2もようやく2枚目が手に入ったのでそろそろオラクルも組み直すとしますかね。

大会レポ 遊戯王 2011/9/3

ホビースクエアにしな みたけ店@12人スイスドロー
使用デッキ:植物TG的な

1回戦:大神官型墓守
××
1:《大嵐》の存在を忘れるという最大のミス。せめてその《おろかな埋葬》は発動しておこうよ…
2:手札がTGだらけ。さすがに《TG ストライカー》サーチしたあとに《TG ストライカー》引いてくるのは辛い。
《王家の眠る谷-ネクロバレー》は全く苦では無いのに負けるこの感じ。

2回戦:カラクリ
○○
2戦とも普通に召喚つぶしながら危なげ無く勝ち。

3回戦:TG代行天使@ぼっとん
×○×
2:初手《ダスト・シュート》が強い。その上相手が《神聖なる球体》を2枚引く引きの悪さもあって勝ち。
3:《魂を削る死霊》のハンデス2回食らってどうしようもなく。

4回戦:ライロ
××
1:《カオス・ソーサラー》を潰したら相手の展開が止まる。しかし欲張って展開かけたら《激流葬》踏んだ。
2:ここでも手札がTGだらけ。サーチ先が無くなるレベル。結局《裁きの龍》に《奈落の落とし穴》打ったら2枚目の《裁きの龍》から《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》出てきて死。

1-3で圏外にもほどがある。
いやもうなんか引きは弱いわありえないレベルでプレミするわでダメダメでした。

2次会のチーム戦は人数の関係もあってランダムでチームを決めることに。
結果、
A:げどー君@六武衆 B:じぇしぃ~さん@カラクリボンバー C:あさふ@極星TG
で。

1回戦:ライロ@ARKくん
○(チーム○×○)
どうも彼とは相性がいい。相手の《カオス・ソーサラー》を《リビングデッドの呼び声》からの《TG1-EM1》で頂けたのが大きかった感。
引き勝負になるも割と引き強くて押し切る。

2回戦:代行天使@ぼっとん
×(チーム○××)
2戦目という名の決勝。
代行天使相手に先攻《ダスト・シュート》食らうという最悪に近い立ち上がり。
それでもTGと《極星獣タングニョースト》で食いつなぐ。
《TG1-EM1》でプレゼントした《TG ワーウルフ》から《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》が登場。
場を制圧されるもエクシーズ素材を使い切らせたのでこのまま守れば勝てるのでは?と思った矢先に《強制転移》。
こいつが処理できない。一端は《月の書》で裏側にすることでシンクロしに行くものの《マスター・ヒュペリオン》に殴られて再び表に。
結局処理できないまま4000食らって負け。
負けたけど楽しかったし周りも割と盛り上がってたので良かったんじゃないかと。

極星TGは比較的勝率も良いし安定して戦えるので悪くはないです。
しかしどうしても戦闘破壊待ちの形になるので《BF-蒼炎のシュラ》とか《ジュラック・グアイバ》《ハイドロゲドン》あたりが出てくると大分厳しい。
特に《ハイドロゲドン》が最悪。手札からの《極星獣タングニョースト》も潰される上に《エヴォルカイザー・ラギア》が出てきてかなり辛い状況になりますね。
このあたりも少し意識して行かないといけないのかなと、ジュラックラギアにボコボコにされて思いましたとさ。 

仮面ライダーフォーゼ 第1話「青・春・変・身」 感想

さて始まりました仮面ライダーフォーゼ。
雰囲気はなんか賛否両論ありそうな。

今回は装着系のライダーですか。個人製作なのかな?賢吾のお父さんが作った的な。
フォーゼは変身ポーズが決められてるんですね。ヒロインの子が楽しそうでいいねえ。
平然と学校壊してたけど大丈夫なのかなこれ。

初見の印象は「なんだこれ…」だったけれどやっぱりというか動くとかなりいい感じ。
カッコイイって感じではないけど見ていて面白い。モジュールの使い方もバリエーションあって面白そう。
今回はロケット+ドリルだったけれどたぶんこれ最大4種の組み合わせで必殺技打てる感じですよね。

1話の戦闘を見た限りだと賢吾と弦太郎の二人三脚で戦っていくのかな?
「なんでこんな体に生まれたんだ…!」のところとかすごく2号ライダーになりそうな気がした。
体が弱いと危ないっていうのは単純に負担が大きいからなのかそれ以外のデメリットがあるのかとか気になる。

弦太郎は平成ライダーには居ないタイプの主人公ではなくて新鮮。
あまり好みなタイプのキャラではないけれど。学園内は古典的な学園モノな感じ。
たぶん実際に友だちになって仲間を増やしていくんだろうなあと。

今回の怪人はWの時のような人間がアイテムで変身する形みたいで。
星座モチーフだとやっぱりバトスピを思い出します。
黒幕は学園長的な人ですか?健吾のお父さんがキーパーソンっぽいけども。

しかし食べ物モチーフのガジェットはどうなんだ。CGのロボットはすぐに出番が減りそうな予感。

今回のタイトル規則は「○・○・○・○」ですね。
掴みはまずまずなんではないでしょうか。とりあえず期待してみていこうと思います。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード