スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方Project第13弾 東方神霊廟 ~ Ten Desires.

例大祭新作だそうです。
http://kourindou.exblog.jp/14332117/

神霊廟(しんれいびょう)。
今回は難易度抑え目らしいけど神主の難易度ってあんまり当てにならないんだよなあ。
最たるものが金閣寺。

今回の主人公はいつもの二人に加えて準主人公ポジションが定着しつつある早苗さん。そしてまさかの妖夢。
妖夢の特徴は低速時ショット不可で代わりに溜め打ちできる、みたいですね。スクショ見る限りは。
と思ったけどこの書き方だと溜め打ちは共通なのかな。
共通だったら妖夢の溜め打ちは敵弾消えるみたいな特殊効果持ちとかそういう?

ストーリーは
「何か雑多な霊がワラワラと湧いたと思ったら、それは何と神霊と呼ばれる物だった。これは放っておけないと彼女は調査に出た」

ということで今回の鍵はタイトルにもなっている「神霊」のようです。
結局関係ないオチありそうだけど。またかなすわ絡んでくるとかあるのか?
早苗さんいるし絡んでるようなものではありますけど。
神霊の依り憑く月の姫さんとか出ないかな。

タイトルは「神霊」と「霊廟」をかけてる?
霊廟っていうのは大辞林によると
(1)先祖など、人の霊をまつってある建物。おたまや。みたまや。
(2)卒塔婆(そとば)のこと。

らしいので今回も地霊殿、星蓮船に続いて場所の名前なんですかねやっぱり。


地味に気になるのはタイトル画面を良く見るとSpell Placticeの文字が見えるところ。
自機も四人だし永夜抄っぽくなるんでしょうか。
まあ変わるかもしれないですが。

それにしても
風:神社
地:怨霊
星:なんか復活
ときて、今回の神霊がなんちゃら、ともしかしたら魅魔様復活あるんじゃないかとか毎回思ってる気が。

久々の正式ナンバリングタイトルということで期待してまってます。
スポンサーサイト

仮面ライダーオーズ 第24話「思いでと恋と海のコンボ」感想

映司が大変なことになったところでさて今回。
アンクはともかく伊達さんにも魅了は効かないようで。

それにしてもひどいことになってるな映司。
ラブラブラブで変身したり後藤さんにハリセンで叩かれたりアンクに水ぶっかけられたりと
完全にギャグモードですね。

今回のヤミーはエイサイヤミー。
メズールとガメルのメダルからなってるから「エイ」「サイ」でエイサイヤミーか。
もうカザリが作るヤミーは合成ヤミーになるのかね。

一方伊達さんサイド。
現在の収支状況はマイナス523枚だそうです。1億稼ぐにはまだまだですな。
でかく使わなければ稼げないとは伊達さんの言葉。
そして鴻上も里中さんも賛同。さすが欲望推奨の会社。

クスクシエの割引券をみて震える真木さんが気になるね。
千代子さんに惚れたとかそういう感じ?

ヤミーは妹さんを襲うわけだが。そして由美さんが新社長に。
大方の予想通り伊達さんは昔の由美さんの方が良かったらしい。
アフリカのサハラで働いてたと。

伊達さん曰く「今の君は欲望って言う酒に酔っ払っているだけだ」。
いちいち格好いいことをいうねこの人は。

後藤さんはキザな話もいいですけど、だそうで。そして伊達さん自身も自覚があったようだ。
伊達さんと後藤さんのタッグいいなあ。師弟関係っぽい形になってるのも大きいね。
ドリルアームは修理のついでにパワーアップしてた。

映司サイドにはカザリ登場。
こんな状況で戦えるわけもなく無理やり変身させることに。
無理やり変身させて毒気を払う。ダブルの時のイェスタディ回がこんな感じでしたね。
「ちょっと待っとけよ!」「え…ちょっと…」
とか律儀に待ってくれるカザリがなんか笑える。

怪我をした由美さんを応急手当てする伊達さん。
やっぱり伊達さんの本業は医者でした。国境無き医師団みたいな活動してたのか。

「タカの目でカザリの中を探せ」ってまたそんなことが出来るとは。
タトバってもしかしてメダル奪取に特化したフォームだったりするのかな?

そして奪ったシャチメダルとウナギ、タコのメダルでシャウタコンボ。\シャッシャッシャウータ、シャッシャッシャウータ/
シャウタの動き気持ち悪いなあw
そんでもってCG使いまくりだし水中特化っぽいしあんまり出番なさそうね。
スキャニングチャージはライダーキックだけども。

本当に伊達さんは格好いいなあ。
しかしやっぱり死亡フラグな気がしてならない。

次回予告。
鳥のヤミーが登場。アンクのヤミーなのか?
アンクの左手も出てたしそろそろ話が動きそう。


 

デッキ:ジャンクドッペルカオスTG

モンスター(25枚)
冥府の使者ゴーズ
ライトロード・マジシャン ライラ
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
トラゴエディア
ドッペル・ウォリアー×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン
ジャンク・シンクロン×3枚
グローアップ・バルブ
クリッター
カオス・ソーサラー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
TG ワーウルフ×3枚
TG ラッシュ・ライノ
TG ストライカー×2枚
TG サイバー・マジシャン

魔法(9枚)
貪欲な壺×2枚
増援
死者蘇生
光の援軍
ワン・フォー・ワン
ブラック・ホール
ハリケーン
スケープ・ゴート

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
トラップ・スタン×2枚


デッキ案メモ。あくまで「案」ですよ。
追記するかも。

ルール変更

□■モンスターの起動効果のルール変更に関するお知らせ ■□

平素より遊戯王OCGにてお遊び頂き誠にありがとうございます。

遊戯王OCGにおきましては、常にお客様にエキサイティングなデュエルを楽しんで頂ける様、
バランスを考慮しつつカード毎のルールの変更が発生する事がありますが、
この度、モンスターの起動効果に関してのルール変更がございますので下記の通りお知らせ致します。

◆ルール変更適用日◆

2011年3月19日(土)

今回のルール変更につきましては、遊戯王ゼアルOCG「スターターデッキ」の発売日と同じく2011年3月19日(土)からの適用となります。


◆ルール変更点◆

●変更前
モンスターの起動効果を、モンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚)に成功したタイミングに発動する事ができる。

●変更後
モンスターの起動効果を、モンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚)に成功したタイミングでは発動できない。

※基本的にモンスターの起動効果は、特に指定の無い限り、メインフェイズにて発動する事ができる効果になります。
何らかの効果処理が完了した時や、1つの行動の終了時という特定のタイミングに於いての発動はできません。
2011年3月18日までのルールではモンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚)という特定の行動の終了時に発動ができるとなっておりますが、
2011年3月19日以降はそのタイミングでのモンスターの起動効果は発動できないルールに変更となります。

http://yugioh.faq.konami.jp/EokpControl?&event=IE0004&wid=60796&target=faq


なんというか新制限も吹き飛ぶほどの重大発表ですねこれ。
早い話が今までの「《氷結界の龍 ブリューナク》シンクロ召喚、優先権で効果発動します」っていうあれができなくなった、っていうことです。
 召喚時に優先権を放棄してからでないと起動効果が使えない、ということは召喚自体を無効にされなかった場合でも《奈落の落とし穴》とか使われると効果を発揮する前に潰されてしまうことに。
例を挙げると

今までは
 シンクロ召喚成功時効果発動→《ダンディライオン》をコストに相手の《スターダスト・ドラゴン》を対象に選択。
 相手はこの効果発動にチェーンするしかないため《奈落の落とし穴》を打たれても《スターダスト・ドラゴン》はバウンスされ、さらに綿毛トークン2体が特殊召喚される。
 だったのが
変更後は
 シンクロ召喚成功、起動効果の発動はできないため優先権放棄→《奈落の落とし穴》発動。
 フィールドには《スターダスト・ドラゴン》が残り、効果の発動自体できていないため《ダンディライオン》は手札にあるまま。
  
 となるわけですね。
 
 結構なカードがこれで弱体化することに。そして相対的に《月の書》《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》なんかは強くなりましたね。
 今回の変更の影響を受けるカードを挙げると
 《ダーク・アームド・ドラゴン》
 《マスター・ヒュペリオン》
 《カオス・ソーサラー》
 《裁きの龍》
 《ダーク・グレファー》
 《ローンファイア・ブロッサム》
 《氷結界の龍 ブリューナク》
 《スクラップ・ドラゴン》
 などなど。
 《神炎皇ウリア》なんかはなかなかかわいそうなことに。
 制限改定での《カオス・ソーサラー》緩和と《月の書》規制はこの変更を受けてのものだったのでしょうか。
 
 さて、ここで注意点。
 まず「優先権は無くなっていない」点。
 あくまで今回の変更は、モンスターの召喚成功時に「起動効果が」使えなくなっただけで優先権自体はターンプレイヤーにあります。
 なので誘発即時効果や速攻魔法、罠なんかは今までどおりターンプレイヤーから発動できるわけです。
 まあ実際のところはそのタイミングで魔法罠を発動したいということはあまりないとは思いますが、
 最近は《心鎮壷のレプリカ》なんてカードもあるわけで注意しておくに越したことはありません。

 そして次に「誘発効果は関係ない」点。
 割と見るのが「《邪帝ガイウス》召喚します。優先権で効果発動」とか言ってる人。
 誘発効果は優先権関係なしに勝手に発動する効果なので今回の変更は関係なし。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》《氷結界の龍 トリシューラ》なんかは「任意で発動する誘発効果」なので注意。
 《奈落の落とし穴》を発動したから無効になるなんてことはありません。
 本当に《氷結界の龍 トリシューラ》は強いですね。
 
 この変更で《奈落の落とし穴》はそれなりに地位を取り戻しそうな予感。
 デッキとしてはライトロードあたりは相当辛そうですね。
 切り札の《裁きの龍》を筆頭に《ライトロード・サモナー ルミナス》《ダーク・アームド・ドラゴン》《カオス・ソーサラー》と起動効果まみれ。
 制限改定をすり抜けた天使も《マスター・ヒュペリオン》が弱体化。
 
 エクシーズも登場することだし次の環境が楽しみです。

大会レポ バトルスピリッツ 2011/2/19

ファミコンショップジョニー マッハ店@13人スイスドロー
使用デッキ:ウィッグバインドを打ちたい黄色

1回戦:オライオンタイムリープ
×○×
なんという地雷。
1:初手が「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」×2「大天使イスフィール」「冥土の魔女ヘレン」でトップが「星空の冠」。殴ってこないデッキに冠は意味無しの上にマジックもブレイヴも引けず先に「巨人猟兵オライオン」投げられて次のターンに「タイムリープ」。
2:きちんと回って「ウイッグバインド」から4点。
3:またも初動が遅い。「砲凰竜フェニック・キャノン」が出てきたのもあってオライオンリープを喰らう。
聖命と冠を使う関係上殴って来ないデッキは辛い。今回のデッキはそれほど早いものではなく相性も良くなかったとはいえ、こっちから見ていてもプレイングとかが微妙な相手に負けるのは悔しい。

2回戦:白
○×○
2:「ワルキューレ・ミスト」のLv2効果を忘れて「ウイッグバインド」を打ってしまうミス。
返しで死んだ。
1,3戦目は「ウイッグバインド」で。

3回戦:緑
○○
2:「星空の冠」を2枚張る。1枚は「鎧殻竜グラウン・ギラス」で割られるものの、グラウンギラスが合体したスピリットで殴って来なかったため1枚は残りつづける。そこに「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」&「牙王ケルベロード」登場。これは厳しいかなと思っていたところケルベの効果を起動してくる相手。
当然「星空の冠」Lv2効果で破壊。どうやら効果は知らなかったようです。
返しに「ウイッグバインド」で〆。

4回戦:ペガシーダ入り紫@四条さん
○○
相手のデッキが「天星馬ペガシーダ」が入っているおかげか速度がそれほどなかったこともあって、比較的楽ではあった。
手札に2枚のウイッグを抱えている状況で「神弓鳥ペリュトーン」の効果を使ったらウイッグバインドが落ちるとか。


と、いうことで3-1で2位でした。
ようやくショップチャンピオン決定戦の出場権を入手。ちなみに副賞で「翼神機グラン・ウォーデン」もらいました。

しかしとにかく「ウイッグバインド」が強い。それに尽きますね。
低コストスピリットを並べて打ちにいく方が良さそうではあるけれどやっぱり黄色の大型を使いたいのです。
取り合えず「魔導双神ジェミナイズ」を3枚にしたい今日この頃。

新制限雑感。

●禁止
「ゴヨウ・ガーディアン」
「大寒波」
「マスドライバー」

●制限
「BF-月影のカルート」
「オネスト」
「ダンディライオン」
「月の書」
「六武の門」

●準制限
「カードガンナー」
「魂を削る死霊」
「大天使クリスティア」
「デブリ・ドラゴン」
「王家の生贄」
「オーバーロード・フュージョン」
「巨大化」
「神の警告」
「ゴッドバードアタック」

●解除
「カオス・ソーサラー」
「終焉の王デミス」
「スナイプストーカー」
「氷結界の虎王 ドゥローレン」
「封印の黄金櫃」
「スキルドレイン」
「血の代償」

ということだそうで。
比較的良い制限ではないかと。
ただ気になるのは《大嵐》が戻ってきたわけでもないのに《大寒波》が禁止へ行ってしまった点。
さらにガン伏せ環境が加速しますねこりゃ。

まず禁止から。
《ゴヨウ・ガーディアン》の禁止化が一番目を引くところでしょうか。
これで《ダーク・シムルグ》みたいなゴヨウに奪われて涙目になるようなモンスターたちが使いやすくなりますね。
《BF-極北のブリザード》からの切り返しもだいぶ弱体化。
《大寒波》はどうして禁止にするのか…《大嵐》返してください。
《マスドライバー》は悪さしかしてないし仕方ない。

次に制限。
《BF-月影のカルート》《ダンディライオン》《六武の門》とトップデッキから規制強化カードが。
BFに関しては《BF-極北のブリザード》が規制対象だと思っていたのでちょっと驚き。
まあ《ゴヨウ・ガーディアン》禁止と相まって結果的にブリザードも弱体化したわけですが。
《オネスト》は天使規制のつもりなんですかね。あまり影響はないように思うけど。
で、《月の書》が制限。これは良くないような。エクシーズ売りたいとかそういう意図があったりするのだろうか。

そして準制限。
《デブリ・ドラゴン》が準制限。大方の予想通りデブリダンディに規制が。
一方で《カードガンナー》が緩和されたこともあって結局は形を変えて残ってきそうですね。
《ゴッドバードアタック》規制もまあ順当なところ。
《魂を削る死霊》の緩和もちょっと驚き。こいつでがりがりハンデスしたいなあ。
《オーバーロード・フュージョン》《巨大化》の準制限はあれですか、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》使えってことですか。
《未来融合-フューチャー・フュージョン》が制限のままなので未来オーバー復活とはいかないまでも、サイバー流的には大歓迎。
《王家の生贄》は海外枠ですね。たぶん。
《大天使クリスティア》《神の警告》は強力なカードではあるけれど、3枚積むかと言われたらそうでもないだろうし実際は大して変わらなさそうな感じ。

最後に制限解除組み。何気に解除組みは全部準制限からの緩和なんですね。
《カオス・ソーサラー》《封印の黄金櫃》が無制限に。
《ゴヨウ・ガーディアン》が禁止、《月の書》が制限ということで《カオス・ソーサラー》軸のデッキとかいけそうに思えるのだが。サイカリカオスとか組んでみる?
《封印の黄金櫃》も解除なので六武衆とかサイキックはこいつでパーツ集めてぶん回す感じになるんでしょうかね。

と、こんな感じで結局そこまで環境が変わるようには思えないかなあ。
なんだかんだいってどのデッキも死んだわけではないし。BFは少しきつい?
ほぼ無傷な天使と《メンタルマスター》がスルーされたサイキックは気になるところ。
 

大会レポ バトルスピリッツ 2011/2/13


ファミコンショップジョニー マッハ店@14人スイスドロー
使用デッキ:黄色

1回戦:黄色
○○
どうも新弾のカードは入ってなかったようで。
1:相手は聖命スピリット+「星空の冠」を引いているもののこちらは冠しか引けず、
相手のライフが8でこっちのライフが1、相手の星空の冠Lv2とか言う状況に。
なんとかターンが回ってきたので「魔導双神ジェミナイズ」の効果で「ウィッグバインド」を発動、
「天王神獣スレイ・ウラノス」に「牙王ケルベロード」を合体。
相手の「きぐるみクマッター」をバウンスして回復、ケルベ効果で回復で一気に6点削り、
残りの2点を「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」とジェミナイズで削りきる。
「天星馬ペガシーダ」で出せるからと大会始まる直前に当たったスレイウラノス1枚指してみたらこの活躍。
装甲黄は優秀です。
2:ウイッグバインドを発動後「神獣ヒキュー」と「ウイングブーツ」の連続アタックで終わり。

2回戦:太陽
×○○
「プロミネンスワイバーン」軸っていうんでしょうか。
1:5ターンくらいまったく身動きが取れず。そのまま嬲り殺しに。
2:相手があんまり殴ってこないので比較的楽に。北斗+ケルベからウイッグバインド。
3:2戦目とほぼ同じ展開。ウイッグバインドは偉大。

3回戦:白
×○×
1:「ワルキューレ・ミスト」が強い。紫マジックの無力化が厳しかった。
2:ウイッグバインド。
3:相手のライフが4でスピリットがすべて疲労状態だったので北斗ケルベで勝負に出る。
1回目のアタックは通ったものの2回めのアタックに「リブートコード」。詰んだ。

4回戦:紫
×○○
1:こちらのスピリットがことごとく潰される上に「古の魔王城」が厳しい。
2:ジェミナイズ+ウイッグバインド。
3:2戦目終了時点でのこり5分とか言われる。お互いちょっと焦りつつプレイ。「砲凰竜フェニック・キャノン」で2枚除去できたのが大きかったのか紫のわりに相手の手札が減る。手札が1枚になったときに北斗ケルベ+2体で〆。


と、いうことで3-1で4位。
このお店はオポネント計算をしないんで2-1での勝ちだと上位に行きづらいのが難点。


それはさておき、新カードの使用感。
・ウイッグバインド
 やはり強い。今回は撃てたゲームはすべて取れました。
 思っていたより素でも撃てる感じなんであまりコスト踏み倒しとか考えないほうがいいかも。
 これ+北斗ケルベか軽量スピリットを大量に並べるのが強そうではある。
 
・天星馬ペガシーダ
 6・7コストのスピリットを出せるっていうけど結局何を狙って行くのがいいんだろうか。
 今回のデッキだと出せるスピリットは
 「北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン」×2
 「神獣ヒキュー」×2
 「大天使イスフィール」
 「魔導双神ジェミナイズ」
 「天王神獣スレイ・ウラノス」
 の7体。
 そして今回4回効果を発動して成功したのはヒキューを出せた1回のみ。
 どうなんだこれ。
 「堕天神龍ヴィーナ・ルシファー」は相性良さそうなんだけどなあ。
 レベル2のドロー効果の方をメインで考えてデッキ破棄の効果はついでで考えるべき?
 
・黄金の鐘楼
 ネクサスが黄色オンリーのときに限り破壊されなくなります。
 「星空の冠」が破壊されなくなるのはうれしい。確実に軽減シンボルを稼げるのもいいですね。
 ただこれ単体では軽減シンボル以上の役目はなかなか果たせないのが難。
 レベル2効果も聖命スピリットがいてこそなので。もちろん効果を発揮できれば強いけれど。
 最大の問題点はスペースですね。これを入れている余裕があるか。
 ちなみに大会では冠冠鐘楼の順で引いたおかげで冠は両方共割られましたとさ。
 
・魔導双神ジェミナイズ
 どうなんでしょうこれ。まだ1枚しか手に入っていないこともあってイマイチ使い勝手がわからないかも。
 共通効果はまあ強いんですが星魂/光導/神星っていうのがなかなか。黄色だけだと「堕天神龍ヴィーナ・ルシファー」か「天聖馬ペガシーダ」、「星馬コルット」くらいになるわけで。今回はもっぱらコルットで発動してました。大きいスピリットは引っ張ってこれなかったんですけど。
 そしておそらくはこちらがメインなレベル2,3効果。「ウイッグバインド」を踏み倒して使えるのはいいんですけどね。専用デッキを作ってこそ輝く効果だと思います。
 
 
 あとは「騎士王蛇ペンドラゴン」の影響もあってか、比較的リザーブからコアがなくなったりするんで「ヒポグリフィー」は割と活躍してました。これは緑がいなかったのが大きいとも思いますが。
 「天王神獣スレイ・ウラノス」はなんかすごく気に入った。使いつづけようかな…
 
 まあそんな感じでした。今回は比較的ペガシーダに依存していたせい(+調整不足)もあって事故が多かったので次のSBまでにはなんとか構築を固めていきたいですね。
 
 

大会レポ ヴァイスシュヴァルツ 2011/2/12


ホビースクエアにしな@28人スイスドロー
使用デッキ:とあるネオスタン一方通行軸タッチ緑

1回戦:D.C.
×
レベル0~1帯で出せるカードをあまり引いてこれなかったこともあって、
こちらがレベル3の時点で相手はまだ1-5くらいとかいう惨状。
「一方通行」のCXシナジーまでは打てたものの結局そのまま負け。

2回戦:ミハネムリームシアンとか言うんだろうか
×
WSにおけるグッドスタッフって感じなんですかね。名前だけは知ってるカードがちらほらと。
しかし効果は知らん!
レベル3を展開できずに負けたような記憶。


3回戦:スタン
×
1戦終わるまで一方通行がレベル2、3ともに1枚しか手札に来ず、しかもその1枚も場に出せなかったという。
さすがにどうしようもなかったです。

4回戦:ミルキィ

かなりギリギリの対戦で楽しかった。
相手が先にレベル3になり「けなげでひたむき シャロ」3体展開される。
このアタックでこちらもレベル3に。
ここで「一方通行」を2体並べて「学園都市最強の敵」発動。
2体にマーカーが3枚ずつ乗って応援込みで自ターン14500に。
シャロを2体潰すも返しに13500の一方通行が殴り倒される。
ダメージはマーカーで6枚使っていることもあっていい感じにキャンセル。
これをストックでアンコールかけて次のターンに「ミサカネットワークの管理者 打ち止め」を追加。
一方通行で3点、打ち止めの効果でソウルパンプしたアタックがキャンセル、
次の一方通行のアタックで4点入って勝ち。
打ち止めの支援を受けた一方通行で勝ちとかいいね。


ということで1-3で果てしなく圏外。
プロモは24人しかもらえないということで心配だったけどギリギリもらえてなにより。

今回はストックブーストに「水着の固法」を採用してみたもののイマイチだった。
活躍してたのは風紀委員要因で入れた「黒子のパートナー 初春」のほうだったり。

今月はとあるブースター&トライアルということでもうちょい強化できることを期待してます。
 

仮面ライダーオーズ 第21話「チョコと信念と正義の味方」感想



バースバスターは特に予備があるとかじゃなかったんですね。
無理やり真木さんからもう一台奪い取る上に壁の絵を外そうとする伊達さん。
伊達さんは始まりの方が好きだそうです。

好青年っぽくみせるウヴァさん。なぜかギャグっぽく見えるのはなぜだろう。

正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるとは映司の言葉。
いろいろ過去がありそうな映司だけに重みがあるな。

伊達さんは後藤さんを諭す。
「道を間違えたら誰かが教えてくれる。だから自分を信じてやりたいようにやれ。」
地味にいいこと言いますよねこの人。

今日はガタトラバスタート。やっぱりクズヤミーにはクワガタヘッド?
クズヤミーはすっかり戦闘員が板につきましたね。
地味に映司に反動が来なくなってるな。適応したのか。

カンドロイドでメダル回収を狙ってた映司と本気で映司がメダルを渡すと思っていたアンクの連携の取れなさが…
トラだけは回収できたもののクワガタバッタがウヴァの元に。

こういういろんなところでのアンクの扱いの悪さがねえ…
もうすこし扱いよくてもいいんでない?

映司曰く、目の前のことに一生懸命になるしかない。小さな幸せを守るために。

タカシの本当の欲望はお父さんに帰ってきてほしい。
このくらいの欲望だとヤミーはできないそうです。

バッタが取られたせいで足がコンドルのみに。
そりゃアンクは使わせたくないよなあw

ということでタカトラドルスタート。

バースはクレーンとドリルの同時発動。
俺にお前の攻撃は効かないとかいってたくせにセルメダル削られてコア取られるウヴァさんまじドジっこ。

タジャドルコンボでのギガスキャン。初成功がコンボでの発動ってことでまあこれはこれでよかったのかな?
やっぱりタジャドルになると一瞬ですね。
バッタヤミーがあっさり爆散したのがちょっと残念だったり。

ああ、今回のクスクシエはバレンタインデーか。
なんかもうコスプレ受け入れてるのね後藤さんはw

映司と後藤さんの説得?の甲斐もあってお父さんはまた家に戻って弁護士を目指すそうです。

今回のオチはアンクの扱いがよかったのでちょっとうれしい。
で、今回のサブタイの「チョコ」ってこれだけですか?

次回予告。
次回は珍しくグリードが2体。
さすがに次はカザリのヤミーかな。
カザリの言う進化を止めてる君では~っていうのは映司のことでいいのだろうか。

EXTREME VICTORY

恒例のフラゲでした遊戯王編。

最終結果。

レリ
《ジャンク・バーサーカー》
《TG ハルバード・キャノン》

ウル
《ジャンク・バーサーカー》
《ライフ・ストリーム・ドラゴン》×2枚
《TG ブレード・ガンナー》×2枚
《メンタルオーバー・デーモン》

スー
《ミスティック・パイパー》
《BF-天狗風のヒレン》
《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》
《TG ワンダー・マジシャン》×2枚
《透破抜き》

ノーレア
《瓶亀》
《オーロラ・アンギラス》

と、こんな感じでした。
最初に買った箱のTGがワンダーマジシャンのみという絶望。
そしてサイバーマジシャンとパワーグラディエーターが出ない。
ホロ枠はやっぱりジャンクバーサーカーでしたとさ。

米版のSTORで《真六武衆-シエン》のレリとウルが両方当たったりとかバトスピの方でホロが2枚出たりとかそっちで運を使ってしまったんですねきっと。

《TG サイバー・マジシャン》がないのは仕方ないのでとりあえずはこいつを使わない構築を考えることにします。
実際のところこいつ使わない方が強い気もするし。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。