東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.

新作が出るときだけ東方の記事書くマン。

東方Project15弾は「東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.」。
読みは「かんじゅでん」。また読みにくいし一発変換してくれず。

自機キャラは霊夢魔理沙の2人に、もはや基本キャラとなった早苗。
そして今回は新規自機キャラとしてうどんげこと鈴仙・優曇華院・イナバが登場することに。
これで紅~風までの5ボスは全員本編の自機キャラとして登場したことになりますね。

咲夜とか妖夢なんかは人間要素が入っているので、自機キャラは人間縛りでもあるのかなと思っていたんですけど、そういうわけでも無いみたいですね。
逆にこれで地霊殿以降の妖怪な5ボスも自機キャラ参戦の目が出てきたと言えそう。

前作は咲夜自機、前々作は妖夢自機、今作でうどんげ自機ということで、紅妖永意識の3作目なのかな?

*画面は開発中の物です。確実に変わるので色々推測しても無駄です。
だそうです。とは言えあれこれ予想するのは楽しいので知ったこっちゃねえぜ。

まずはタイトルの「Legacy of Lunatic Kingdom」から。
「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」「綿月のスペルカード ~Lunatic Blue」という月絡みのキャラのテーマに冠される「Lunatic」、そして自機キャラに鈴仙がいることを考えるとどっからどう見ても月が絡んでくる気しかしませんね?
「月の都の遺産」みたいな訳になるんでしょうかね。紺珠は月のアイテムかな?

次は紺珠。
とりあえずググって一番上のものを。
かん じゅ [1] 【紺▽珠】
手でなでると記憶がよみがえるという紺色の玉。唐の張説が持っていたという。

ふむ。レアアイテムっぽいなにかですね。
では唐の張説とは何者ぞや。

これもググったところ、唐の政治家、文学者らしいですね。
667―730くらいを生きた人らしい。永夜抄絡みのキャラを考えると、生年が700年前後と予想できる妹紅、ひいては輝夜が地上に居たあたりと被ってる感じがありますね。
これを考えるとやっぱり紺珠は輝夜秘蔵の月のアイテムか何かっぽい雰囲気。

システム面はまだまだ変わるんでしょうけど、複雑なシステムは排除したと言っていた輝針城に対して、かなり冒険したシステムになると言っている今作。
STGの部分はよりシンプル、とのことなので、星蓮船的なSTGとして複雑っていう感じではなさそう?
画面にもゲージとか何も無いですし。
鈴仙のキャラ選択画面のスクリーンショットにある「中断データあり」が気になるところで、セーブリセットでも出来るんですかね?

永夜抄、というか月まわりの話は好きなので、掘り下げられていく感じならいいなあと思いつつ。
スポンサーサイト

東方輝針城 ~ Double Dealing Character.

東方の記事とか久々すぎんよ。

大体二年ぶりくらいのナンバリングタイトルは
東方輝針城(とうほうきしんじょう) ~ Double Dealing Character.」。

Double Dealing、で「裏表のある」とかそう言った意味になるようで、システムや新キャラの設定あたりに「裏表」が絡んでくるんでしょうか。

「霊夢、魔理沙、咲夜の各人の武器が何故か勝手に動き始めた。
 それと同時に各所で大人しい筈の妖怪達が反逆を始めてさあ大変。
 彼女達は武器を手にとって闘うか、それとも武器を捨てるのか……?」

なのでいつもの武器を使うタイプとそうじゃないタイプで自機選択する感じになりそう。
マスタースパークもいつもの「恋符」じゃなくて「妖器」ですし。

それはさておき、一番のポイントは十六夜咲夜自機復帰!ですかね。
実に永夜抄以来、単独出演では妖々夢以来ですね。自機から外れたことで色々ネタにされたりしてたので咲夜ファンには嬉しいでしょう。

複雑なシステムは排除しました、とのことなので神霊廟の霊界ゲージみたいなものは無さげ。
いつもの左下にも何も無いので、紅魔郷の時のようなシンプルさになるんでしょうか。

神霊廟が妖々夢と星蓮船を繋げる話とのことだったので、今回は紅魔郷と風神録か地霊殿を繋げる話なんですかね。

楽しみです。

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism.(仮)

たまには東方の記事でも。

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism.(仮)ということで新書籍の発売だそうですね。

一迅社WEBとかAmazonとか。


対談集? 設定資料集? 新しい“東方Project”のカタチ
東方Projectの新作書籍が新たに登場。『東方文花帖』『東方求聞史紀』『グリモワールオブマリサ』に続き、今回も1冊丸ごとZUN氏による完全新規書き下ろし!
幻想郷の信仰と妖怪退治をめぐって、3つの勢力が主張を戦わせあう!
神道、仏教、道教……彼らの話し合いが行きつく先とは!?
人間の安全は大丈夫なのか? そもそも結論は出るのか? 最初にキレるのは誰か?
全六部に渡る対談で幻想郷の未来が決まる!
また、『東方風神録』から最新作『東方神霊廟』までのキャラクターを完全紹介。
『幻想郷縁起』『文々。新聞』『花果子念報』などの豊富な資料を交えて議論に花を添える。

とのこと。
これを見るかぎりだと求聞史紀の「阿求が書いた体の」設定資料集、みたいな感じに「作中キャラの対談の体をとった」設定資料集になるんですかね。
まあ求聞史紀2みたいなものじゃないでしょうか。

3つの勢力で神道仏教道教ということで、と思ったけどそういえば神社って2つあるな…
残り2つは仏教の命蓮寺(星蓮船)勢と道教の神霊廟勢でしょうけど。

対談だ討論だとか言ってても

symposium
【名詞】【可算名詞】
1 シンポジウム,討論会.
2 (ある問題に関して何人かの人が寄稿した)論(文)集,論叢.
3 (古代ギリシャの)酒宴,宴会. [ギリシャ語「一緒に飲む会」の意]

まあ結局宴会なんですね。いつもどおり。

なんにせよ公式で設定が掘り下げられていくのは個人的には大歓迎なのでだいぶ楽しみです。
1月26日発売らしいですがちゃんとこの日に発売するかが一番の問題ですね。 

東方Project第13弾 東方神霊廟 ~ Ten Desires.

例大祭新作だそうです。
http://kourindou.exblog.jp/14332117/

神霊廟(しんれいびょう)。
今回は難易度抑え目らしいけど神主の難易度ってあんまり当てにならないんだよなあ。
最たるものが金閣寺。

今回の主人公はいつもの二人に加えて準主人公ポジションが定着しつつある早苗さん。そしてまさかの妖夢。
妖夢の特徴は低速時ショット不可で代わりに溜め打ちできる、みたいですね。スクショ見る限りは。
と思ったけどこの書き方だと溜め打ちは共通なのかな。
共通だったら妖夢の溜め打ちは敵弾消えるみたいな特殊効果持ちとかそういう?

ストーリーは
「何か雑多な霊がワラワラと湧いたと思ったら、それは何と神霊と呼ばれる物だった。これは放っておけないと彼女は調査に出た」

ということで今回の鍵はタイトルにもなっている「神霊」のようです。
結局関係ないオチありそうだけど。またかなすわ絡んでくるとかあるのか?
早苗さんいるし絡んでるようなものではありますけど。
神霊の依り憑く月の姫さんとか出ないかな。

タイトルは「神霊」と「霊廟」をかけてる?
霊廟っていうのは大辞林によると
(1)先祖など、人の霊をまつってある建物。おたまや。みたまや。
(2)卒塔婆(そとば)のこと。

らしいので今回も地霊殿、星蓮船に続いて場所の名前なんですかねやっぱり。


地味に気になるのはタイトル画面を良く見るとSpell Placticeの文字が見えるところ。
自機も四人だし永夜抄っぽくなるんでしょうか。
まあ変わるかもしれないですが。

それにしても
風:神社
地:怨霊
星:なんか復活
ときて、今回の神霊がなんちゃら、ともしかしたら魅魔様復活あるんじゃないかとか毎回思ってる気が。

久々の正式ナンバリングタイトルということで期待してまってます。

キャラ★メル Febri vol.2 東方茨歌仙 第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」 感想的な

茨歌仙2話です。

今回のあらすじ。
 ・早苗が核融合炉の完成のために霊夢に協力を求める
 ・華扇は温泉のあたりから怨霊が沸いてくることが気に入らない様子
 ・華扇の説教的なものもあり霊夢は協力することに
 ・金山彦命(カナヤマビコノミコト)に頼みパラジウム合金を作る
 ・実験をお披露目in博麗神社

まあこの中身があるんだかないんだかよくわかんないのが東方的。
華扇かわいいなあ。

今回は前回登場した3人に加えて早苗と神奈子が登場。

その二人の二つ名は
 早苗:皮相浅薄な人間
 神奈子:独立不撓の神様

とのこと。
皮相浅薄:物事の見方や考え方がうわべだけで、浅く不十分なさま
独立不撓:他人を頼ることなく、自分の力だけでやり抜くこと

だそうで。つまり早苗さんはうわべしか見れない浅い人間だ、って言われてるのか。
神奈子さまは結構いい感じの二つ名だと思うけど、皮肉っぽく聞こえなくもない気がする。

早苗さんのキャラは完全にこういう方向性なんですね。
なんか中二病的な?割と好きだけど。
神奈子さまの「そんな非科学的な」ってセリフがいいなw

今回歌扇が怨霊を握りつぶしてたけどあれって普通にできるものなのかな。
あの右腕に秘密が?
歌扇と地底との関係が気になるところ。
歌扇はまず鬼だろうしあまり地底組と会いたくないってことかね。

ところで温泉から湧き出る怨霊。
地霊殿時点で止まってたような気がしたんだけどなあ。
地の時に止まったのはあくまで神社近辺だけなのかな?
そもそも間欠泉センターがどこにあるのかよくわからないってのが難しい。
天則での戦闘から考えて山の麓でいいのかね。

時系列がどこらへんかだけでも分かればこの辺は予測がつきそうなもんではあるが。
天則の後なのか前なのか。

今回出てきた「常温核融合」とかいうやつ。
調べてみると1989年くらいに発表されたとかで割と最近のことだった。
なんか「現象がおきた根拠はない」「存在することとエネルギーとして使えることは別問題」とかほどよく幻想っぽい。幻想郷のエネルギーとしてはいい感じ?

常温核融合に必要なパラジウムを作った金山彦命はイザナミの嘔吐物から生まれた神様だとか。
っていうかこの神様儚月抄で依姫が降ろしてるじゃないか。
げっしょーの時に正式な神降ろしの仕方は教わってきたのかなやっぱり。

今回のモブキャラ組。
イメージ:空・さとり・こいし・勇儀・パルスィ
観客:チルノ・ルナチャ・にとり・文・こいし・パチェ・ナズ・星・はたて・天子

普通にこいしが混ざってて吹いた。
無意識ってすごい。


この独特の雰囲気はやっぱり好き。
しかし次回は二ヵ月後…
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード