大会レポ 遊戯王 2017/8/12

ホビースクエアにしな公認@17人
使用デッキ:カオストリックスター

1回戦:芝刈りライロ
×○○
後攻。
1:《隣の芝刈り》こそ無いものの、誘発無しにフル展開貰って返せず。
2:今度は誘発で止めながらライフを取りきる。
3:相手が初手で動けず、動き出す前に押し切り。

2回戦:アライブインフェ
○○
後攻。
1:《ヒーローアライブ》が止まらないも、インフェルニティ要素に触られず、後1《拮抗勝負》で盤面片付けつつ《BF-朧影のゴウフウ》からリンク展開。そのまま勝ち。
2:誘発当てながら《スケープ・ゴート》から《ヴァレルロード・ドラゴン》で制圧。残ったライフをトリックスターで削りきる。


3回戦:真竜皇六武衆
○○
先攻。
1:せっかくの先攻も、《トリックスター・キャンディナ》に《灰流うらら》を貰って《スケープ・ゴート》伏せエンドに留まる。
相手の返しが《六武の門》《六武衆の結束》《真六武衆-カゲキ》《影六武衆-キザル》でうわぁ。キザルはスルーで門のサーチに《ドロール&ロックバード》で動きを止め、エンド《スケープ・ゴート》から《星杯戦士ニンギルス》、ニンギルスチェーン《コズミック・サイクロン》で門結束を処理、処理に出てきた《鳥銃士カステル》を残しながらターンを進めてワンショット。
2:わりと早々に《トリックスター・リンカーネイション》+《ドロール&ロックバード》が決まったような。

4回戦:削り真竜
先攻。
1:1伏せエンド。相手の4伏せに《ハーピィの羽根帚》を当て、出てきた《真竜拳士ダイナマイトK》は《百万喰らいのグラットン》で処理、反撃を《トリックスター・リンカーネイション》+《ドロール&ロックバード》で摘み取る。
2:相手の《真竜凰の使徒》4伏せに後1《拮抗勝負》。1枚残った《スキルドレイン》に《コズミック・サイクロン》を当ててそのまま勝ち。

4-0。
かなり久々に公認優勝したようなきがする。
最終戦は帚と拮抗でわりとクソゲー感あり。勝てば良いのだ。
あまりにもじゃんけん勝てないのでもういっそと思ってメイン《拮抗勝負》したけどなんとも。インフェルニティ戦はうまいこと決まったけどねえ。
そもそも後半2戦はじゃんけん勝ってるしなあ。

本当はブラマジ使いたかったけど、うまく組めなかったのでトリックスターに。
最近わりとカオス型が流行っているようなので、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》も使えるならと思ってこのタイプを。
トリックスターと言いながらも、誘発+スケゴとかドロバリンカーとかでトリックスターモンスターが絡まない勝ちもそれなりに。良いことではあるのか?
《スケープ・ゴート》は1枚でリンク4まで到達できるので若干オーバーパワーな気がしなくもない。次あたり規制が入るだろうか。

スポンサーサイト

大会レポ 遊戯王 2017/7/8

ホビースクエアにしな公認@16人
使用デッキ:EM魔術師

1回戦:EM魔術師
××
1:先攻取るも裏守備エンドしかできず、返しに4体ペンデュラムされる。
2:先攻取るも1伏せエンドしかできない。死亡。

2回戦:真竜召喚獣
○×○
1:先攻で《アカシック・マジシャン》《召喚獣メルカバー》と構えてメルカバーが封殺。
2:押し切れそうなところにトップ《ハーピィの羽根帚》から《WW-アイス・ベル》で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》登場。処理しきれず。
3:先攻展開から妨害しきって勝ち。

3回戦:オルターガイスト
○○
1:新規テーマで割と何してくるかわからなかったものの、素直に殴っていったら押し切れた。
2:後1《拮抗勝負》で3枚飛ばし、《EMドクロバット・ジョーカー》から展開してターンを返すとそのままリソース差で詰め。

4回戦:インフェルニティ
○×○
1:先攻《No.41 泥睡魔獣バグースカ》で押さえ込んで次のターンに展開、キルルートを止めて押し切る。
2:《虚無空間》維持で削りきれた気がするのだが、ミスで虚無が自壊。そのまま《アマゾネスの射手》でキルされる。
3:もう一度バグースカ。これを処理できるカードを引けなかったようで、そのまま勝ち。


3-1。悪くはない。
1回戦からミラーが発生した上に事故事故でゲームにならず悲しみ。
ところどころプレミで死にかけていたり、ペンデュラムで展開する位置を間違って、続くエクストラからの展開に支障が出たりもしばしば。
EM魔術師はかなり色々できて楽しく強いものの、プレイがかなり難しい気がする。
今回は新弾発売日ということで《拮抗勝負》は飛んでこなかったものの、食らうとかなりキツいのでなにか考える必要がありそう。

CIBRのテーマだと魔法使い族なオルターガイストが若干気になるところ。
汎用も含めてだいたい集まったので、オルターガイストだったりサイバースだったり、色々組んでいきたいですね。

大会レポ 遊戯王 2017/5/7

ブックスにのへ@6人シングル
使用デッキ:WW魔導ブラマジ

1回戦:剛鬼テラナイト

先攻。
順当に《ブラック・マジシャン》を手札に構え《黒の魔導陣》《マジシャンズ・ナビゲート》の構え。
相手は《星因士 デネブ》4伏せだったのでエンドナビゲートからデネブを飛ばす。
返しではキルしきれないものの、相手の行動を逐一止めて完封。

2回戦:堕天使

先攻。
ブラマジを構えられないハンドも、相手は1伏せエンドと相当に弱い。
2ターンあればこちらは動けるので《黒の魔導陣》から《マジシャンズ・ナビゲート》でライフを取る。
相手の《トレード・イン》にナビゲートの無効を当てつつ、《堕天使の戒壇》から出てきた《堕天使ゼラート》を除去して返しにフルアタック。

3回戦:青眼ライロ

後攻。
相手が事故気味。《強欲で貪欲な壺》を撃たれるも特に何もなく返ってくる。
《WW-アイス・ベル》から破壊耐性《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を投げつけ、相手の返しの《ライトロード・サモナー ルミナス》を無効に。続けて《裁きの龍》が出てくるも、破壊耐性ついてる上にルミナス消したので4000打点になっており、戦闘破壊もされずターンが帰ってきたので返しでキル。

3-0。
今のプレミアムパックを貰ったけど特に何も出ず。

新弾で《ルドラの魔導書》を手に入れ、WWという魔法使い族でありながら別の攻め手を用意できるカードを取り込み、ブラマジもわりと強化されてはいる感じ。
とはいえこれがサイド後になると《コズミック・サイクロン》やら《砂塵の大嵐》やらがガンガン飛んでくるので難儀なものである。

大会レポ 遊戯王 2017/4/1


ホビースクエアにしな店舗代表戦@15人
使用デッキ:真竜Kozmo

1回戦:竜星恐竜
×◯×
1:後攻。《竜星の九支》《源竜星-ボウテンコウ》で返されたので《ドラゴニックD》を囮に《強欲で貪欲な壺》を打つもこれに《灰流うらら》でどうしようもなく。
2:普通にKozmoの動き。相手の動きを手札誘発で抑えこんでおしきる。
3:相手の初動が《バオバブーン》召喚エンド。これは勝ちかと思うも、いまいち押し込めないハンドで、時間を稼がれてしまい《究極伝導恐獣》の着地を許す。
それに加えて《王宮の鉄壁》がオープンされてそのまま負け。


2回戦:蠱惑魔
◯◯
特にいうこともなく。

3回戦:恐竜
×◯◯
1:《Kozmo-フェルブラン》召喚エンド効果に《灰流うらら》を貰って何もできず。
2:サイキックKozmoにひたすら《幽鬼うさぎ》が飛んでくるも、全部効果でよけながら上級展開して押し切る。
3:《ドラゴニックD》に除去当ててもらってKozmoで制圧。

4回戦:竜星
◯◯
1:《増殖するG》が強い。増えた手札で終始有利も、リクルを潰せずわりとグダる。それでも最初の《真竜剣皇マスターP》が除去されず、横にKozmoを並べていって数押し。
2:またも相手の初動に《増殖するG》。今度は早々に循環を断ち切って雑にキルへ。

3-1。
4月制限かつ新マスタールール適用の初めての大会。
地味にエクストラモンスター置く場所を間違える。

Kozmoは楽しい。
最近はブラマジばっかり使っていて、良くて2-2みたいな感じだったので新鮮さを覚える。
これがデッキパワーか…みたいな。

真竜メタルKozmoが主流?みたいな雰囲気はあるけれど、メタルまで混ぜると回しきれないので真竜のみ。
真竜パーツも《ドラゴニックD》3枚と《真竜剣皇マスターP》1枚、《真竜の継承》2枚に押さえてKozmo寄りに。

1回戦は《真竜の継承》の墓地発動を忘れて《王宮の鉄壁》割らずにそのまま死んでたのでただのアホ。
さらにアホなことに、大会が終わるまで《Kozmo-エメラルドポリス》の除外回収効果の存在を完全に忘れていたことに気がつく。
大会中に、エメラルドポリスってもっと強くなかったっけ…?と思っていたけどそりゃあ弱いに決まっている。
そもそも手札から割って効果使おうとしたり、張替えで効果使おうとしたりしてさすがに効果忘れすぎで申し訳なさすぎた。

メタルを混ぜて行こうかとも考えたものの、どうにもしっくり来ないのでまずはこのまま弄ってみる。
《歯車街》と《古代の機械熱核竜》はちょっと面白そうで、リアクターと《Kozmo-ダークエクリプサー》でランク9、《真竜皇V.F.D.》が立ったりするのは楽しいかも。

大会レポ 遊戯王 2017/3/11

ホビースクエアにしな店舗代表戦@14人スイス
使用デッキ:ブラマジ魔術師

1回戦:恐竜
××
1:相手の展開パターンは大して強くもない動きで、《波流うらら》を当てて抑える。
こちらのターン、《マジシャンズ・ロッド》から《黒の魔導陣》《マジシャンズ・ナビゲート》《永遠の魂》込みで3伏せで返すとエンドに《ツインツイスター》。《おろかな副葬》から《生存境界》も落とされて魂が機能せずにそのまま負け。
2:先攻《ペンデュラム・コール》から《調弦の魔術師》で4エクシーズ《十二獣ブルホーン》。《十二獣ヴァイパー》を持ってきつつ《十二獣ドランシア》《時空のペンデュラムグラフ》を構えていく。
相手は何もできないものの、こちらも追撃に向かえず、膠着状態。《怒炎壊獣ドゴラン》でドランシアが消されるも、相手のミスもあってドゴランビートができる。
しかし結局追加のスケールが引けずに詰め切れず、《究極伝導恐獣》の着地を許しそのまま負け。

2回戦:ブラック・マジシャン
◯◯
相手が動けなくてこっちが動けるなら勝つのだ。

3回戦:カオスMAX
××
1:お互い動けずに数ターン伏せ合いするいつの遊戯王だよという感じの展開も、先に相手に《ハーピィの羽根帚》引かれて直撃、そのまま儀式からフル展開されてワンショット。
2:先攻の伏せに箒食らってそのまま負け。

1-2。
1回戦も勝てなくはない感じではあったものの、2戦目は相手事故、3戦目は箒箒でゲームにならずで若干不完全燃焼感がある。
優勝は恐竜で、1回戦の相手の人が決勝まで行って負けていた。
大会の後に真竜皇恐竜の展開を見せてもらった感じ、1回戦の人はそんなに強い構築では無かったっぽいか。
全敗してた気がするけど、アメーバコントロール使ってた人がいてわりと印象に残っている。

今回は魔術師混ぜて行ったものの、完成度が低い。
魔術師自体はスペックが高めなお陰でわりとなんとかなるものの…という。
ペンデュラム絡みは新ルールで使いにくくなるので、また考えなければならない。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード