デッキ:遊戯王 EM魔術師

モンスター(34枚)
EMオッドアイズ・ディゾルヴァー
EMペンデュラム・マジシャン×2枚
EMドクロバット・ジョーカー
EMギタートル
EMリザードロー×2枚
EMダグ・ダガーマン×2枚
EMラディッシュ・ホース
EMセカンドンキー×2枚
虹彩の魔術師×3枚
紫毒の魔術師×3枚
黒牙の魔術師×2枚
調弦の魔術師×3枚
慧眼の魔術師×3枚
賤竜の魔術師
エキセントリック・デーモン
灰流うらら×2枚
増殖するG×2枚
幽鬼うさぎ
召喚士アレイスター

魔法(7枚)
ハーピィの羽根帚
デュエリスト・アドベント×3枚
星霜のペンデュラムグラフ
揺れる眼差し
召喚魔術

罠(4枚)
神の宣告
虚無空間
時空のペンデュラムグラフ×2枚

エクストラデッキ
覇王眷竜クリアウィング
爆竜剣士イグニスターP
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン
EMガトリングール
召喚獣メルカバー
覇王眷竜ダーク・リベリオン
No.39 希望皇ホープ
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
No.41 泥睡魔獣バグースカ
キングレムリン
星刻の魔術師
デコード・トーカー
アカシック・マジシャン
ミセス・レディエント


前回使ったEM魔術師。
《EMペンデュラム・マジシャン》の効果を軸にリソース回収をしつつ、リンク召喚からキルへ向かう。

・《召喚師アレイスター》
《星刻の魔術師》からサーチができるため、《慧眼の魔術師》を経由するパターンであれば魔術師2体のペンデュラムから、
《星刻の魔術師》で《召喚師アレイスター》サーチ、アレイスター召喚で《召喚魔術》サーチ→星刻アレイスターで《アカシック・マジシャン》リンク、
召喚魔術で《召喚獣メルカバー》をアカシックの真下に融合召喚と構えられる。
《No.41 泥睡魔獣バグースカ》+地属性を構えられない場合の展開パターンの一つであり、
2体とも残ったままターンが帰ってくればアカシックを《デコード・トーカー》に変換しつつさらにエクストラから展開が可能になる。
《召喚魔術》は手札融合限定とは言え普通に融合も可能なので、手札の《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》を利用して《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》を融合召喚したりも。

・《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》
手札誘発で戦闘破壊を無効にしつつ自身が特殊召喚され、融合召喚の起点になるモンスター…ではあるものの、ほぼ有効に使える機会が無かった。
今回用意したエクストラの中では《EMガトリングール》は一度も使わず、《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》も《召喚魔術》での融合召喚しかしなかった。
一度場に出なければいけないのにもかかわらず、レベル8でペンデュラム召喚ができないのが非常に使いにくい。
融合したいなら《デュエリスト・アドベント》からサーチできる《ペンデュラム・フュージョン》を使ったりしたほうが何かと便利そう。
《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》は貴重な無効効果持ちなので積極的に狙いたいところではあり、
ボルテックスを狙うに当たってはEMオッドアイズはほしいので、《EMオッドアイズ・ミノタウロス》《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》《EMオッドアイズ・ユニコーン》あたりにしたほうが色々と便利な気がする。

・魔術師
《賤竜の魔術師》が要らなそう。P効果もモンスター効果も便利ではあるものの、レベルも属性も合わないので場に出たときに処理する手段が融合しか無い。
この枠を《白翼の魔術師》あたりにしておくとペンマジを素材に《爆竜剣士イグニスターP》が出せたりして良いかもしれない。

・リンクモンスター
概ね問題なかったものの、やっぱりリンク4が欲しくなることがあったので、下2方向にマーカーが向いている《ヴァレルロード・ドラゴン》でも入れましょうか。でもこれだとデコード+1体ではリンクできないし、《ファイアウォール・ドラゴン》だと下1方向しか向かないしで地味にかゆいところに手が届かない感じ。

《拮抗勝負》の存在がだいぶ向かい風ではあるものの、使っていて楽しいデッキなのでもう少し考えましょう。
スポンサーサイト

大会レポ 遊戯王 2017/7/8

ホビースクエアにしな公認@16人
使用デッキ:EM魔術師

1回戦:EM魔術師
××
1:先攻取るも裏守備エンドしかできず、返しに4体ペンデュラムされる。
2:先攻取るも1伏せエンドしかできない。死亡。

2回戦:真竜召喚獣
○×○
1:先攻で《アカシック・マジシャン》《召喚獣メルカバー》と構えてメルカバーが封殺。
2:押し切れそうなところにトップ《ハーピィの羽根帚》から《WW-アイス・ベル》で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》登場。処理しきれず。
3:先攻展開から妨害しきって勝ち。

3回戦:オルターガイスト
○○
1:新規テーマで割と何してくるかわからなかったものの、素直に殴っていったら押し切れた。
2:後1《拮抗勝負》で3枚飛ばし、《EMドクロバット・ジョーカー》から展開してターンを返すとそのままリソース差で詰め。

4回戦:インフェルニティ
○×○
1:先攻《No.41 泥睡魔獣バグースカ》で押さえ込んで次のターンに展開、キルルートを止めて押し切る。
2:《虚無空間》維持で削りきれた気がするのだが、ミスで虚無が自壊。そのまま《アマゾネスの射手》でキルされる。
3:もう一度バグースカ。これを処理できるカードを引けなかったようで、そのまま勝ち。


3-1。悪くはない。
1回戦からミラーが発生した上に事故事故でゲームにならず悲しみ。
ところどころプレミで死にかけていたり、ペンデュラムで展開する位置を間違って、続くエクストラからの展開に支障が出たりもしばしば。
EM魔術師はかなり色々できて楽しく強いものの、プレイがかなり難しい気がする。
今回は新弾発売日ということで《拮抗勝負》は飛んでこなかったものの、食らうとかなりキツいのでなにか考える必要がありそう。

CIBRのテーマだと魔法使い族なオルターガイストが若干気になるところ。
汎用も含めてだいたい集まったので、オルターガイストだったりサイバースだったり、色々組んでいきたいですね。

大会レポ ヴァンガード 2017/06/25

トレカショップジョニー@11人ダブルエリミ
使用デッキ:ルアード

1回戦:なるかみ(スイープコマンド)
×
初手の6枚にヒール3枚あってわりと絶望してるところにG2タイミングでクリティカル貰って負けを覚悟。
スキップ合戦から「エアーエレメント シブリーズ」に乗ったらそこからCB管理がめちゃくちゃになって攻めきれず、
GB8が直撃、5万パンプとか言われて完ガ2回打ちながら死。完ガ3枚あったら守って返しにGB8だったけど言っても仕方ない。


2回戦:スパイクブラザーズ(ライジング)

とにかくスキップで殴りきる。単純に相手は3を引いていなかったようで、2のまま押し切り。


3回戦:ゴールドパラディン(グルグウィント)
×
スキップして殴ってたら相手のG2でクリティカル貰って、「エアーエレメント シブリーズ」からクリスタンドスタンドで死。


1-2。負け越してしまった。
普段やらないデッキと対戦するとまあこうなるよねって感じではある。
シブリーズの使い方も良くないし、シブリーズの使わせ方も良くない。
負けたゲームはどちらも取りようがあったゲームなので精進。


久しぶりに分布。
割と散っているなか、ぬばたまと同数の最大勢力ゴールドパラディン。

2 ゴールドパラディン
  2 グルグウィント
2 ぬばたま
  2 支配
1 ロイヤルパラディン
  1 サンクチュアリ
1 シャドウパラディン
  1 ルアード
1 ダークイレギュラーズ
  1 ブレイドウィング
1 かげろう
  1 ブレードマスター
1 なるかみ
  1 スイープコマンド
1 スパイクブラザーズ
  1 ライジング
1 メガコロニー
  1 ダークフェイス

大会レポ ヴァンガード 2017/06/24

ブックスにのへ
使用デッキ:ルアード

1回戦:不戦勝

2回戦:ロイヤルパラディン(ブラスター)
×
3度目の超越のドライブまでG3が「鋭牙の魔女 フォドラ」しか見えず。
「ベリアルオウル」も腐りわりとどうしようもなさ。
「暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"」でワンチャンを狙うもトリガーは捲れず死。

3回戦:かげろう(オーバーロード)

わりと存在を忘れていた「覇天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン」が直撃したり、「炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン」をケアしないといけなかったりでいまいちうまく動けない。
盤面が更地になることもちょいちょいあったものの、どうやら「炎熱機竜 ズィーゲンブルク」は入っていなかったようで事なきを得る。
結局あとはアドバンテージ獲得能力の差でそのまま押し切るのであった。


1-1。
ルアードにたどり着けないのはわりとどうしようもなかった。
FVを「クリーピングダーク・ゴート」にしたのにしっかりと外す。

大会レポ ヴァンガード 2017/06/17


ブックスにのへ
使用デッキ:Gペルソナ無しぬばたま

1回戦:ロイヤルパラディン(ブラスター)
×
後攻。
後手に加えて相手ダメトリが強く点が伸びない。
「閻魔忍竜 キンゴクテンブ」で支配しながら殴っていくも、どうしても圧力が弱い。
相手側も回りは良くなく、こちらも全然点を貰わずにキンゴクテンブに3回乗る程度には長引くゲーム。
それだけ長引くと自然にGB8までたどり着かれるわけで、相手のGB8を受けて負け。

2回戦:たちかぜ(ガイア)

後攻。
「閻魔忍竜 マグンテンブ」が無いので「ベビーカマラ」が焼けない。
相手が先乗りしてくれたのでこちらも素直に殴っていく。
超越コストがうまく確保できない相手に対して攻め込むも、事故気味のせいで後列にG1が出てこず、
「六道忍竜 ゲホウラカン」をすり抜けて「絶対王者 グラトニードグマ」を食らったりするものの、
そこまで辛くはなく、返しで詰められこそしなかったものの2度目のグラトニーのドライブが33311と死ぬほど弱かったので
無事に4ノーも成立し、その返しで勝ち。


1-1。
今回のウィナーカードは数を集めずとも良さそうだったのでシャドパラはお休み。
「閻魔忍鬼 ムジンロード」「閻魔忍竜 マグンテンブ」が無い舐めプにも程があるぬばたまで参加。

どちらのゲームも展開的には有利に進むものの、複数支配が無いせいでさっぱり点が詰まらないのが辛み。
「六道忍竜 ツクモラカン」も打てるタイミングで相手のダメージが3とかで同仕様もなさ。
「閻魔忍竜 キンゴクテンブ」をどちらのゲームでも3回使ったので、この枠がムジンロードだったら相手死んでるよなあ…みたいなあれでした。

そのあとフリーでペルソナありの体でやったら強さが全然違って泣いた。
そろそろきっちり揃えておきたいですね。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード