魔導原典 クロウリー

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
魔法使い族モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「魔導書」カード3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上の魔法使い族モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


久しぶりの魔導新規。

(1)の効果はリンク召喚時に《魔導書庫クレッセン》の上位効果を発揮。
あちら同様不確定サーチなのが難点ではあるものの、魔導書0の状況から魔導書を持ってくることが出来るカード。
クレッセンとは違い《魔導書士 バテル》も対象になっているので《魔導書士 バテル》《グリモの魔導書》《ルドラの魔導書》で何かしらは動けるか。

(2)は上級魔法使いのリリース軽減。最上級だろうとリリース無しで召喚できるので、手札で腐っている《魔導法士 ジュノン》や《魔導天士 トールモンド》を出してくれというデザインだろうか。
ただ、上級魔導はトールモンドにしろ《魔導獣士 ルード》にしろ通常召喚ではなにも起きないので魔導で使ってもせいぜい事故回避(回避できてるか?)くらいにしかならず。
上級魔法使いを出しに行けるので、例えば《ブラック・マジシャン》とかなら比較的使いやすそうではある。


しかしどちらの効果も結局はこのカードを出す手間がネックになる印象。
一番魔導書を手札に持ちたい【魔導】では展開力がなさすぎて《魔導書士 バテル》×2とか別にこのカードを出す必要がないようなパターンになりがち。
下の効果も別に召喚権が増えるわけではないので、召喚権を残したままこのカードをリンクしていかないと即時発揮は厳しい。
一度雑に召喚してしまって《ルドラの魔導書》あたりで墓地に落としておいてから《ネクロの魔導書》で…などと考えては見たもののどうにも回りくどい。
魔法使い版《フォトン・サンクチュアリ》とか出ませんかね…

魔導書切れの回避は可能だし、後半の効果もあって損は無く、純粋な魔導から見ても強化されていることは確か。
ほかのヴレインズパックのカードパワーが相当なものなので若干の物足りなさは否めないけれども。

【ブラック・マジシャン】なら魔導書を3~4種類入れてやると上下両方使えて色々便利そうな印象ではある。

ところでイラストは《召喚師アレイスター》みたいですねこいつ。
アレイスター・「クロウリー」なのでそりゃそうだと言う感じではあるんですが。
「原典」だけあって魔導書作ったのがアレイスターとかそういう方向性なんだろうか。
背景世界で魔導と繋がっているなら、魔導と召喚獣がカテゴリごと繋がる可能性もあるんですかね。
アレイスターが魔法使いのまま召喚獣を武装する感じの融合体とか出てくれると嬉しいんですけども。
スポンサーサイト

大会レポ バトルスピリッツ 2017/10/22

ブックスにのへ@5人総当り
煌臨天霊的な

1回戦:神皇砲撃
○○
順当に盤面を固め、ライフを増やして負けない展開を作って押し切る。

2回戦:サジットワンショット
○○
盤面を残さないように立ち回る。
ライフが5を超えたあたりで相手のワンショットは不可能になるので特に問題はなし。

3回戦:一騎打ち武竜
○○
一度煌臨するだけで一騎打ちが機能停止してそのまま。

4回戦:煌臨砲撃
○××
1:煌臨元潰して押し切る。
2:こちらの足元が尽く焼かれていく上に、10枚入っている煌臨先が「槍煌神機ヴォーダン」しか引けずにジリ貧から煌砲撃連打されて負け。
3:2戦目とほぼ同じ引きしか出来ずにそのまま負け。

この時点で3-1が3人できたので追加2戦。

5回戦:煌臨砲撃
1:今回も煌臨先になかなかたどり着けないも、「オファニモン フォールダウンモード」の煌臨を皮切りに一気にデッキが回り、きっちり除去を構えて煌臨させずに勝ち。
2:「美食の妖精神 エクレア・シフォン」のアクセルが直撃。そのまま。

6回戦:神皇砲撃
○○
1:相手が広げたところに「美食の妖精神 エクレア・シフォン」が直撃。開いた差は大きい。
2:こちらの詰めるためのカードがさっぱり引けなかったのでひたすら盤面を硬める。「寅の十二神皇 リボル・ティーガ」を3枚出されたものの、ライフ回復の速度のほうが早く、通算20ライフくらいにはなってた感じで勝ち。

5-1。
なんだか凄いことになってしまった。
流石に5人いるのに総当りは正気の沙汰ではない。

自分以外赤しか居ないのでかなり勝ちやすくはあった。
煌臨砲撃戦も、普通に引くとこ引けば負けないもの。

デジモンのカードは「エンジェウーモン」「ホーリーエンジェモン」「オファニモン フォールダウンモード」「オメガモン」の4種を採用してみた。エンジェウーモンとフォールダウンは文句なしに強い。ホーリーエンジェモンは強いけれど普通に7コストスピリットとして使うのは若干物足りないか。オメガモンはオーバーキル気味だけれどかっこいいから良いのだ。
流石にちょっととっ散らかった感じの構築になってしまったので調整しましょう。
若干グダったときに別のフィニッシュルート欲しさを感じるので、やはりデッキ破壊カードは入れておきたい気がしますな。

大会レポ ヴァンガード 2017/10/21

ブックスにのへ
使用デッキ:ぬばたま

1回戦:ギアクロニクル
×
先攻。
適度に広げてアタックしつつ、3もないので2でスキップ。
相手は3ライドから「エアーエレメント シブリーズ」。
こちら4点の相手2面で帰ってきたので「閻魔忍竜 マグンテンブ」でFVを処理しつつアタックするも、こちらのFVが飛ばされていたこともあって2面しか作れず点が詰まらない。
相手の返しは「超刻獣 スプリット・ペガサス」でそこまで強くない展開。
完全ガードを投げながらしのぎ、「閻魔忍鬼 ムジンロード」で押していく。ここで詰めきれなかったので返しで負けかと思ったものの、ここで相手が超越できず。
おかげで生き残ったものの、こちらはこちらで超越できず、ここまでヒールも1枚も捲れないままターンが帰り、「クロノドラゴン・GG」で負け。

2回戦:スパイクブラザーズ

先攻。
相手がスパイクなのでとにかく広げて殴る。
加えて相手が1に乗れず、1ターンスキップが入ったのでこれ幸いと殴る殴る。
結局相手が3に乗った返しにそのまま終わり。

1-1。
ギアクロ戦はムジンロードのターンに「邪眼冥皇 シラヌイ」に乗って札増やしながらヒールを探しに行くべきだった気がする。
ヒールが1枚も見えなかったのは厳しかったけれども、もっと山を掘りに行くことは出来たわけですな。

大会レポ 遊戯王 2017/10/14

ホビースクエアにしな@9人
使用デッキ:サイバー・ドラゴン

1回戦:デストルドーABC
○○
1:後攻。相手の動きに誘発を当てていく。《No.41 泥睡魔獣バグースカ》でターンが帰ってきたので《壊星壊獣ジズキエル》で処理しつつ《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》を投げ、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》で吸収してビート仕切る。
2:後攻。今回もジズキエルで処理をしつつ《銀河戦士》を絡めて《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》まで。インフィニティで押さえ込みながら《ユニオン格納庫》に《灰流うらら》当てて勝ち。

2回戦:SPYRAL
○×○
1:後攻。相手の動きが悪い初動に対して《壊星壊獣ジズキエル》《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン・コア》と動くと《接触するG》。これは3体で《デコード・トーカー》を作りつつ《銀河戦士》から《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》まで行き、デコードフォートレスインフィニティの構え。一気にライフを200まで追い込み、反撃を潰して勝ち。
2:《SPYRAL-ジーニアス》《機械複製術》を食らって誘発超えられて死。
3:後攻。相手のジーニアス複製に誘発なし。相手が《SPYRAL-グレース》の2枚サーチを忘れるミスをしてくれたこともあり、3相互《トライゲート・マジシャン》1相互《ファイアウォール・ドラゴン》《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》《SPYRAL GEAR-マルチワイヤー》に留まる。ここに《ブラック・ホール》《ブラック・ホール》《ハーピィの羽根帚》と打ち込み、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》まで持ち込む。返しの止めどころをミスって《SPYRAL-ボルテックス》を許すも、《サイバー・ドラゴン・コア》から《サイバー・リペア・プラント》、《壊星壊獣ジズキエル》で処理、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》で無理やり突破してなんとか勝ち。

3回戦:サブテラー
××
1:先攻。デッキバレしており後攻を取られる。先攻でやることがない上に《強欲で貪欲な壺》に《灰流うらら》を貰って何も起きない。そのまま負け。
2:後攻を取るも動ける手札になく、《強欲で貪欲な壺》に《灰流うらら》貰って死。

2-1で3位くらい。
サイバーで結果を残した方が居たので参考にしつつサイバーを使っていく。
対SPYRALの感触は悪くない一方、伏せるタイプは若干辛い感じか。
あとは先攻取らされるとやること無くてキッツい。デッキバレは厳しさを感じますな。

SPYRAL1強環境とはいえ、個人的にはそんなに嫌いでもないので適度にやっていきたいところ。

大会レポ ウィクロス 2017/10/7

ブックスにのへ
使用デッキ:4メル

1回戦:4ママ

先攻から順当に4まで。あまりエナチャージとドローを挟めず、「コードオーダー ウェディング」も1枚しか引けずに若干の不安感。
ウェディングと「コードオーダー モツナ」を置きつつベルセルクで縛り付ける。
「イノセント・ディフェンス」で止められるも、返しに対して「落華流粋」。
続くアタックは「ダブル・チャクラム」で捌かれるものの、「因果応報」が直撃。
あとはそのまま押し切る。

1-0。
そろそろレベル5メルが欲しいところ。
プロフィール

asafu(あさふ)

Author:asafu(あさふ)

FC2カウンター
Twitter
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード